• カテゴリー別アーカイブ DIY
  • iPhone7 画面割れを格安修理する方法。 LCD REPAIR 液晶交換

    iPhone7マットブラックですが、ちょっとした不注意で液晶パネルを割ってしまいました。
    アップルケアにも未加入なので修理は高額になりそうな予感。そこで今回はDIYにて格安修理する方法を紹介したいと思います。

    iPhone7マットブラック 128GBモデル。
    艶消しのボディと艶ありのアップルマークを組み合わせたカラーリングがお気に入りです。


    無残にも割れてしまった液晶パネル。
    画面表示は正常で、タッチパネルも問題はありません。


    落下時に地面に直撃した部分は激しく割れています。
    それ以外は画面全体に亀裂が入っているものの大きく破損はしていません。さすがは化学強化ガラスですね。


    修理ということで、まずはiPhone7の電源をオフにします。


    左側の赤いフィルムが貼られたものは、今回交換用に購入したiPhone7用LCDパネルです。


    iPhoneシリーズの分解ではお馴染みの0.8星形ドライバーです。
    頻繁に利用される方は、金属製のしっかりしたものを利用すると安心ですね。


    まずは、Lightning端子両サイドのビスを外します。


    このように非常に小さなビスです。なくさないように注意しましょう。


    続いて液晶パネルの取り外し工具です。
    iPhone7では防水のためにシーリングされていますので、この手の工具は必須でしょう。


    本体下部側から吸盤で隙間を作り、樹脂工具で徐々に広げていきます。


    パカッと開きました。
    真ん中に見える黒いものは、本体と液晶パネルを接続するフレキシブルケーブルです。
    勢いよく開くと切断してしまう恐れがあるので、慎重に作業してくださいね。


    このように比較的短いフレキシブルケーブルです。
    これ以上開くと切れてしまいそう。。。


    というわけで、iPhone7はこのように横向けに開くの正解です。
    iPhone6s以前の機種とは若干ことなりますので、注意しましょう。


    本体と液晶パネルの接続部は2か所です。
    こちらは本体下側の接続部。液晶パネル、タッチパネル、指紋センサーが接続されています。


    こちらは本体上部側の接続部。
    フロントカメラ、近接センサ、スピーカーなどが接続されています。


    ちなみにiPhone7での大きな変化点は新種ビスの採用です。
    このようにY字型になったビスが使われていますので、従来の工具では太刀打ちできません。


    そこで今回はY0 0.6サイズのドライバーを用意しました。
    金属製でしっかりした作り。長持ちしそうな感じです♪


    まずは本体下部のフレキシブルケーブルを外します。
    ここにはY字ビスが使われているので、先ほどのドライバーを使って4本のビスを外します。


    ビスを外すと、プレートが外れました。
    続いてバッテリーからのコネクタを外しましょう。


    取り外したビスはこのように外した並びで配置しておくと、戻すときに長さを間違うことはありません。
    ちょっとした工夫でミスを防止するようにしましょう。


    バッテリーコネクタに続いて、液晶パネルと接続されているコネクタを外します。
    もちろん作業には安心安全な樹脂工具を使うようにしましょう。

    コネクタが外れました。
    ダスト防止用のガスケットも装備されており、信頼性には細心の注意を払って設計されているようですね。


    続いて本体上部側のコネクタを外します。
    こちらは通常のプラスドライバーでOK。


    ビスを2本外して、プレートを取り外しました。


    続いてカメラ等のコネクタを外していきます。

    以上の作業で、本体と液晶部分が分離しました。
    左から、iPhone7本体、割れた液晶、交換用液晶となります。


    本体側の周囲には両面テープが残っています。
    きれいに除去して新しい液晶パネルの装着に備えましょう。


    パーツクリーナーや綿棒などを併用して掃除することで、こんなにスッキリ。


    では、外した液晶パネルと交換用の液晶パネルを比較してみましょう。
    交換用の液晶にはフロントカメラやスピーカーなどの部品が装着されていません。移植作業が必要ですね。


    続いて、液晶下部側。
    こちらもTouchIDセンサーなどが装着されていないので、要移植です。


    では移植作業を進めていきましょう。
    まずは、iPhone7の顔ともいえる新型TouchIDセンサーから。
    ここもセキュリティの観点からか、Y字ビスが使用されています。
    専用ドライバーを使ってビスを外しましょう。


    ビス4本を外すことで、プレートが外れました。


    続いて液晶パネルとTouchIDセンサーを接続しているコネクタを外します。
    ここにもダスト防止用のガスケットが採用されています。


    液晶パネルとTouchIDセンサーの基板は両面テープで貼り付けされているので、破損させないように慎重に外しましょう。


    続いて画面上部側、フロントカメラやスピーカーを取り外します。
    ここは通常のビスが使用されています。


    ビスをすべて外しました。


    まずは固定用プレートを外します。
    このような金属には非磁性体ESDピンセットがぴったり。


    続いて通話用兼スピーカーを外します。
    なかなか強力なマグネットで音量を稼いでいるようですね。


    続いて、フロントカメラや近接センサーを含むフレキシブルケーブルを外しました。
    このときカメラレンズや各種センサーに触れないよう注意しましょう。


    そして交換用の液晶パネルに部品を装着していきます。
    今回購入したものはセンサーフレーム部品があらかじめ装着されていました。
    そうでない場合は、クリア色の樹脂パーツを事前に移植して接着しておきましょう。


    センサー類はガラスの窓に合わせて装着していきます。
    ここまで装着出来たら、スピーカーを乗せましょう。


    さらにスピーカーの上からフロントカメラモジュールを装着し、金属プレートで固定します。


    続いて、液晶パネル裏のシールドプレートを移植します。
    このプレートもY字ドライバーが必要です。


    無事にシールドプレートが外れました。


    新しい液晶パネルの保護フィルムをはがします。


    そして先ほど取り外したシールドプレートを装着します。
    液晶部の配線処理はこのような引き回しが正解です。


    続いてTouchIDセンサーを新しい液晶パネルの表側から挿入します。


    先ほどと逆の手順でビスを締めていけばOKです。


    ここまで作業出来たら、本体と液晶パネルを仮装着して動作テストを実施しましょう。


    電源をいれてみましょう。
    画面表示の正常性はもとより、タッチパネル動作を良くチェックしましょう。
    iPhone系のパネルでタッチパネル不良が多い場合、先ほどのシールドプレートの再装着で直ることも多いです。
    部品不良を疑うことも必要ですが、交換作業を見直してみることで直る場合もありますよ♪


    今回は正常に動作したので、金属プレートを装着して修理完了としましょう。
    まずは本体上部側の金属プレートを固定します。


    続いて本体下部側の金属プレートを固定します。
    最後に液晶パネルを閉じてLightingコネクタ両サイドの星形ビスを固定して完了です。


    最後に画面保護として、ガラスフィルムを貼り付けしておきました。
    これで少々の落下でも安心でしょう。


    いかがだったでしょうか?
    iPhone6やiPhone6sの修理をやったことがある方なら、比較的簡単に作業できるかと思います。
    Y字ビスが数多く使われているので、しっかりしたY字ドライバーを準備しておくと安心ですね♪


  • ニンテンドークラシックミニ改造①ステッカー制作

    ニンテンドークラシックミニですが、ゲームも一通り楽しんだので、改造に着手してみたいと思います。
    まずは分解を伴わない簡単なものから。ということでステッカーを作ってみました。

    ニンテンドークラシックミニ。
    当時の面影を残した機体ですが、若干物足りない部分も。
    dsc_0477

    当時のファミコンには、この部分に透明なシールが貼られていたんですよね。
    dsc_0478

    ここの拡張端子にも赤い文字のシールがあったと記憶しています。
    dsc_0479

    というわけで、ディティールをアップさせるべくシールの制作に着手しました。
    私はペイントソフトなどを所持していないので、ブログを作成するために購入したホームページビルダーを利用しました(笑)
    ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーツールです。なかなか使える子なんです(^^
    webarttool

    こんな感じでA4普通紙に印刷してみました。
    サイズ感はなかなか良さそうな感じ。
    dsc_0481

    ハサミで簡単に切り抜いてみました。
    dsc_0482

    お手軽に両面テープで貼りつけしてみましょう。
    なかなか良い感じですが、紙が白くてちょっと浮いてしまっていますね。。。
    dsc_0483

    というわけで、当時のファミコンを再現すべく透明なシールを買ってきました。
    dsc_0484

    エーワン社の29394です。
    インクジェットプリンター専用で、耐水、光沢、透明と今回の条件にぴったり。
    4枚入りなので、失敗してもやり直しが効くのが良いですね!
    dsc_0486

    フィルムに印刷してみました。
    今回はブラザー社のインクジェット複合機 MFC-J877Nを利用しましたが、発色やインクのノリも問題ありません♪
    dsc_0487

    NT カッタープロシリーズ AD-2Pでサクッと切り出しました。
    フィルム自体は硬めの厚みがあるもの。より良い仕上がりを目指すため、切れ味の良いカッターを使いましょう。
    dsc_0491

    離形紙を剥がすとなかなか透明感のあるシールであることが確認できました♪
    早速本体に貼り付けしていきましょう。
    dsc_0492

    なかなか良い感じですね。
    注意書きはあえて当時の文面を残すことで、ファミコン感を高めるようにしています。
    dsc_0499

    もちろん、ダミーの拡張端子にも同様に当時の文面を再現。
    dsc_0500

    全体を見たときに、よりファミコンらしく見えるようになりました。
    dsc_0493

    いかがだったでしょうか。
    プリンターがあれば簡単にできる工作ですので、皆様オリジナルの文面で楽しんでみるのも良さそうですね。


    シールデータダウンロード①
    シールデータダウンロード②
    シールデータダウンロード③


  • Nikon D7100 イメージセンサークリーニングをやってみた。

    Nikon D7100は普段使い用のカメラとして活用していますが、イメージセンサー部分のゴミが気になってきたのでDIYにて清掃してみました。
    結果は簡単な作業にも関わらず大成功♪
    目立つゴミ以外にも細かなダストが沢山除去できた結果、写真の画質もパリッとキレイになりました。

    今回、イメージセンサークリーニングにチャレンジしてみたNiokn D7100
    dsc_0018

    まずはイメージセンサー部分をマクロ撮影してみました。
    撮影にはD3300と接写用リングライトを組み合わせたAF-S DX Micro-NIKKOR 40mm f/2.8Gを使いました。
    拡大写真を見てみると、目視できるダストからそうでないものまで多数の汚れが。。。
    dsc_0020

    では清掃に入る前に、実際のダスト付着状況を確認してみましょう。
    ダスト付着はレンズの絞りを最大にセットして、白い紙などを撮影すると良く見えます。
    今回は絞りをF22、ISO100の設定で撮影してみました。
    dsc_0037

    レンズのフォーカスは無限遠∞を選択します。
    dsc_0040

    この状態で真っ白な紙などを撮影してみましょう。
    dsc_0038

    これが実際に撮影したファイルです。
    拡大するとダストの付着がよく見えると思います。
    dsc_7990

    清掃時の基準としてダスト付着部分にしるしをつけてみました。
    黄色部分は大きなダスト、赤い部分は細かなダストとしています。
    簡単にチェックしただけですが40か所以上のダスト付着。これは撮影画像への影響も大きそうです。
    dsc_7990-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    というわけで、慌てて近所のヨドバシカメラへ。。
    店員さんに相談していろいろと使えそうなグッズを買ってきました。
    dsc_0022

    まずは、 DDR-15 APS-Cセンサークリーニング棒
    これは10本入りのスティック状になった清掃アイテムです。
    APS-Cセンサーの幅に合わせて作ってあるので、初心者でも簡単に使えそうな感じ!
    dsc_0024

    内容物を取り出すと、個装で真空パックされており非常にクリーンな印象ですね。
    dsc_0026

    他には英文マニュアルが同梱されていました(^^
    dsc_0027

    合わせてイメージセンサークリーニングに使うための無水エタノールも買ってきました。
    dsc_0025

    そして、こちらはお手軽クリーニング?に最適なペンタックス純正の清掃キット。
    Nikonのカメラでも問題ないでしょう。ということで買ってみました。
    dsc_0023

    中身は分厚い日本語マニュアルと、オレンジのピッタンコ、クリーニングシートが入っています。
    dsc_0028

    オレンジのピッタンコはGELシートのようなもので、ダストや油分を付着させて清掃する仕組みになっています。
    今回はこれを使って清掃にチャレンジしてみました。
    dsc_0031

    まずはクリーニングシートのフィルムを剥がします。
    そこにピッタンコをくっつけて、ピッタンコの汚れをシートに転写します。
    dsc_0032

    そしてイメージセンサー部分にピッタンコを押し当てます。
    左右に動かしたりせず、静かに落として持ち上げる。という手順です。
    dsc_0033

    持ち上げたピッタンコには油分やダストが沢山付着しています。
    dsc_0034

    再びシートに汚れを転写して、ピッタンコをクリーンな状態にします。
    あとはこの作業を繰り返してカメラのイメージセンサー部分全体を清掃しましょう。
    ちなみにクリーニングシートは一度使用した個所にはダストが付着していますので、毎回新しい面を使うようにしてくださいね。
    dsc_0032

    そして清掃が終わったので、再びダスト確認のため撮影してみました。
    にこれが実際に撮影したファイルです。
    拡大してもダストは発見できません。清掃成功ですね♪
    dsc_7991

    イメージセンサークリーニングで高画質が復活したカメラを持ってお出かけ♪
    岡山国際サーキットで開催されているスーパー耐久へ行ってみました。

    TEAM SPOONのピットにて、ドライバーの中島選手
    dsc_8232

    スターティンググリッドでレース開始を待つマシン
    dsc_8658

    リアビュー、ハードトップがカッコいいですね♪
    dsc_8663

    ドライバーの松井選手
    dsc_8674

    走行中のS2000 リジカラ号
    dsc_8254

    お隣のピットはS2000のチーム、 SKRエンジニアリング
    清原怜奈さんと、滝沢いおりさん。

    dsc_8042
    清原怜奈さん 滝沢いおりさん
    dsc_8043
    清原怜奈さん 滝沢いおりさん

    こんな感じでカメラの画質もバッチリ復活。
    皆様も定期的に清掃してみてはいかがでしょうか。サーキットなど野外での利用が多いとゴミの混入が多いかもしれませんよ(^^