• カテゴリー別アーカイブ DIY
  • 磁気処理スクアラントライアソシエイツ TR-30 を試す

    磁気処理スクアランって聞いたことありますか?
    昔から販売されている特殊なオイルですが、2017年時点ではかなり入手困難になってきています。
    今回は奇跡的に2本も購入することが出来たので、うれしさのあまり記事にしてみました☆

    クロネコヤマトの宅急便で届きました。

    中の納品書には「トライアソシエイツ 磁気処理スクアラン TR-30 100ml」の文字。

    一体どんなものかというと、このように無色透明なオイルです。
    ホームセンター等で入手可能なシリコンオイルのようにも見えますが、中身は全く違うものなんです。

    パッケージから磁気処理スクアラン TR-30を取り出してみました。
    オイル本体以外にも小冊子などが含まれています。

    パッケージ裏の台紙です。
    「AV機器が甦る!!」や「クルマの性能をアップ!!」の文字が踊ります。

    そして極めつけは「スーパーオイル SQUALAN <磁気処理>」と書かれたタブ。
    メーカー自らスーパーオイルと語るほどの性能なんです(^^)

    小冊子を見てみましょう。
    TR-30 磁気処理スクアランの文字。やはり磁気処理というところに秘密がありそうですね。

    なるほど、用途としては自動車用のオイルにも使えるとの事ですが、4リットルで\83,300という価格。
    なかなか自動車用として使うには勇気がいる価格設定ですね。
    それだけ貴重なオイルという訳です。

    磁気処理スクアランの小冊子にも「車の性能アップに」という文字。
    詳細をしっかり熟読しておきましょう。

    なんとレース用エンジンですら3%もの出力向上を確認したとのこと。
    レースの世界で3%といえば非常に大きな差であることは明白です。これは凄い効能ですね。

    そして、オーディオ用の利用方法も。
    私自身はこちらの用途として購入しているので、しっかりと説明を読んでおきました。

    なんと可動部や接点以外にも、CD信号面に塗布するだけで音質が向上するとの事。
    この利用方法はまだ試していませんが、非常に興味がある使い方です。

    そして小冊子は磁気処理スクアランの開発ストーリーへ。
    まさにMADE IN JAPANの技術が結集したスーパーオイルなんですね。

    このオイルの秘密は特許技術の交流磁場による磁界処理法で、分子レベルでの安定に寄与する技術との事です。

    磁気処理スクアランの物性が記載してありました。
    凝固点 -92℃(JIS K2269)
    沸点 350℃以上
    表面張力 28.5dyn/cm2
    絶対粘度 27.0cp(25℃)
    比重 0.808(25℃)

    では磁気処理スクアラン TR-30のボトルを見てみましょう。
    「Super oil 磁気処理スクアラン TR-30」の文字が目立ちますね。

    利用方法、効能は潤滑・接点・清浄など。
    内容量は 100mlで2700円です。
    会社名は TRI トライアソシエイツとなっています。

    また別の面にはこのような表記が。
    SQUALAN (C30 H62)n
    化学式からは「トリアコンタン」が該当しそうな感じですね。

    ちなみに特許番号も記載されていました。
    特許 第1718938号との事。

    手前のモノは10年ほど前に購入したモノ。
    まだ半分位は残っていますが、今後の事を考えて2本を購入しました。
    これで一生分は確保できたかな!?

    では実際の利用方法です。
    比較的メジャーな使い方ですが、イヤホンのピンジャックに施工してみましょう。
    イヤホンのピンジャックは古くなってくると、動かしたときにガリガリとノイズが乗ることがありますよね。
    それを一発で解消する手順になります。l

    まずは綿棒等に磁気処理スクアラン TR-30を少量取ります。

    そして端子部分に塗り伸ばす要領でまんべんなく塗布します。
    この時、汚れを取るようなイメージで作業を進めましょう。

    そして、ティッシュ等でキレイにオイル分を拭き上げます。

    すると酸化被膜が除去されて、非常にクリアな端子に生まれ変わりました。
    音質面でもガリガリとノイズが入ることもなく、非常にクリアなサウンドが楽しめます。
    どうしても乾いてきてしまうものなので、定期的に施工することで良い状態を維持しましょう。

    またパソコンのメモリー端子などにも非常に有効です。
    なんとなく調子が悪い、エラーで起動しないなど、メモリ自体の故障でなければ高確率で回復します。
    サーバ管理者なら工具箱に磁気処理スクアランを常備、もう常識ですよね♪

    また一眼レフカメラの電子接点部にも。
    オートフォーカスエラーなどに悩んでいるときは、まず磁気処理スクアラン。

    そして拭き上げた綿棒がこのように汚れるのは、酸化被膜と共に汚れが除去された証拠です。

    これは開封から10年以上が経過した、磁気処理スクアラン。
    やはり変性が少ないとの記載通り、不純物が漂うことなく非常にきれいな状態です。

    ワイヤレス技術が進歩した現代においても、まだまだ接点は数多く存在します。
    そんな接点の救世主が、トライアソシエイツ 磁気処理スクアラン TR-30なのです。

    いかがだったでしょうか。
    オーディオ系にこだわる人はまず、接点部を見直してみてはいかがでしょうか?
    ピンジャックやRCA端子など、見違えるように音質がアップします。
    また最近あらゆる機器に装備されているUSB端子などにも施工してみると良いかもしれませんね☆


  • ホンダフィット3 純正USB端子を社外ナビに接続する。

    ホンダフィットには純正ナビ用のUSB端子が設けられていますが、ナビ側は専用端子となっており、社外ナビへの接続は出来ません。
    今回は純正USB端子を社外ナビに接続する改造を紹介したいと思います。

    車体から取り外した純正USB端子につながるケーブル。

    センターコンソール部に見えている部分は一般的なUSBコネクタになっています。

    センターコンソールにパチッとはめ込みできるように、外側にはツメなどが付いています。

    そして問題の純正ナビ側コネクタ。
    こちらも抜け止めのラッチがついたコネクタになっています。

    コネクタの中身を見るとUSBコネクタに似た雰囲気ですが、周りのハウジングが特殊形状なので純正ナビ以外には差し込めません。

    こうやって見ると、通常のUSB A-Bケーブルに見えてきますが、やはりナビ側が曲者ですね。

    こちらのコネクタには白いロック機構?のようなモノがあるので、樹脂工具で外してみましょう。

    少々強引に引きちぎる形で取り外しました。
    しかし、ケーブルとコネクタが分離する気配はありません。

    ということで、ニッパを使ってハウジングを切り開いてみました。
    樹脂内部は厳重なシールド構造になっています。ニッパで解体する際は樹脂部だけを攻撃するようにしましょう。

    樹脂ハウジングをすべて取り除いて、金属シールドを開けてみました。
    中に見えているのは赤と黒のケーブルでUSBの電源部ですね。
    ここまで分解して通常のUSB Bコネクタと同一ということが分かりました。

    裏側のシールドも解体してみましょう。
    中央の樹脂部だけ残してバラバラにすることが出来ました。

    ここまで分解してみましたが、再使用は不可能なのでニッパでチョッキン!

    網線シールド構造になっているので、絶縁被覆と共にシールドをめくってみました。

    一般的なUSBケーブルを切断した事がある人ならわかると思いますが、通常は赤、黒、白、緑の4色で構成されています。しかしホンダ純正のUSB端子は赤、黒、紫、橙というパターンの4色構成でした。
    ケーブルを見ると極太の電源ケーブルと、厳重にシールドされた信号ケーブルが印象的です。
    さすがは自動車用として作られたことだけはありますね。PC用で売っているものとは全く別物です。

    今回は汎用性を追求して、USB延長ケーブル仕様に改造してみたいと思います。
    通販で購入したUSB Aタイプのコネクタセット。
    自分で半田付けすることで自由にケーブルを製作することが可能です。

    まずは通常のUSBケーブルを参考に半田付けしてみました。
    並びは左から黒、橙、紫、赤の順になります。
    ちなみに網線シールドはこのように左右に振り分けしました。

    続いて網線シールドをコネクタの左右に半田付けしました。
    これでケーブルが抜けてしまう事も防止できます。
    もちろんノイズ対策としても接続は必須です。

    半田付けが完了したので、樹脂ハウジングをはめるところですが、ケーブルが太すぎてフタが閉まりません。
    そこでコネクタの後ろ部分をチョッキン!

    ここまで切断して、なんとかケーブルが収まりそうな感じですね。

    ハウジングを切断して極太ケーブルが何とか収まりましたが、仕上がりの違和感はありませんね☆

    これで見た目もUSB延長ケーブルになりました。
    どんな機器でも接続できるので、ナビを買い換えても問題ありませんね。

    なぜ苦労して純正ケーブルを改造したのか?という答えはここからです。
    勘の良い方は、もうお判りでしょうか。

    これはナビに付属するような一般的なUSB延長ケーブルです。

    電流負荷をかけて体力測定してみましょう。
    まずは2.4Aほど。

    大幅に電圧降下しており、4.59Vまで低下しています。
    かなり抵抗値が高いケーブルのようですね。

    では続いて、ホンダ純正USB端子を改造したケーブルで同様のテストを実施してみましょう。
    まずは2.4A。

    結果は4.81Vとなりました。
    先ほどより0.2V以上高い電圧を維持しています。

    少し電流を下げて1.5A負荷で様子を見てみましょう。

    なんと電圧は4.99Vです。ほぼ電圧降下はゼロといって良いでしょう。
    この差がスマホ接続時に充電できるか、逆に放電していくか、そのような差になるんですよね。

    最後にUSB規格を完全に無視して3.5Aもの負荷をかけてみました。

    3.5A流しても4.6Vを維持しています。
    一般的なUSB延長ケーブルと比較しても1.5倍以上は大電流に耐えられるようです。

    このように自動車用に使われるケーブルは総じて高品質、高耐久なんですよね。

    今回は自動車メーカー規格の高品質ケーブルを最大限活用する形で延長ケーブルを作ってみました。
    一般的な延長ケーブルよりも高品質で、内装とのフィッティングもぴったり。

    皆さんも簡単なDIYで美しい内装処理を目指してみてはいかがでしょうか。


  • FIT3ナビ装着用スペシャルパッケージにNX717を取り付けしてみた。

    FIT3ナビ装着用スペシャルパッケージへの適合確認を兼ねて、先日購入したクラリオンNX717を装着してみました。
    今回装着するFIT3です。
    当然オーディオやナビは未装着の状態で納車されているので、穴が開いた状態です。

    カーナビ無しでは少々寂しいので、チンアナゴ君を装着していましたが、いよいよお別れです(^^;

    ナビ装着にあたり、FIT3純正のオーディオパネルを外す必要があります。
    まずはこの部分に注目。

    左上のホールにビスが隠れているので、プラスドライバーで外しましょう。

    外れました。ドライバーは2番推奨です。

    ビスを外したら、力を入れて引っ張りましょう。
    樹脂のツメで固定されているだけなので、パリッと外れました。

    3本のケーブルが伸びているので、それぞれ外しておきましょう。

    USB部分はコネクタごとごっそり外れました。
    写真下部に見える横長の部品はHondaスマートキーのアンテナになります。
    ここに接続されるコネクタを外した状態ではエンジン始動などが出来なくなりますので注意しましょう。

    続いてFIT3メーター周りのパネルを取り外します。

    外し方は簡単。
    FIT3のステアリングゴラム上部に柔らかい素材で構成された部分があるので、そこに指を入れて手前に引っ張るだけ。

    パリッとツメが外れました。

    あとは全体を引っ張ると各部のツメが外れてフリーになります。

    ステアリングを一番下に下げた状態で、メーター周りのパネルが取り出せました。

    続いてエアコン吹き出し口の取り外しです。
    FIT3の場合は引っ張る部分が少ないので手で作業するのは困難です。

    こんな時は不要なケーブル(電線)を用意してこの穴に通して輪を作りましょう。
    そして一気に引っ張る事で簡単に外すことが出来ます。

    このように簡単かつ安全に取り外すことが出来ました。
    ドライバー等で抉るとキズの原因になったりするので、FIT3の場合はケーブルで引っ張ると覚えておきましょう。

    最後はオーディオパネルです。
    すでにエアコン吹き出し口が外れているので、手で引っ張るだけでOK。

    くッと力を入れると簡単に外れました。

    このようにGK5 FIT3の場合はオーディオパネルだけが外れるので、作業性はなかなかよさそうですね。
    初代フィットだとエアコン操作パネルも一体だったのでそれと比べれば雲泥の差です。

    パネルを外した内部です。
    様々なコネクタが見えていますね。

    私はこの段階でFIT3純正のUSBコネクタケーブルを外しておきました。
    これは後々改造して流用する予定です。

    オーディオパネル部には様々なアンテナコネクタなどが出ています。
    これはFIT3ナビ装着用スペシャルパッケージの装備になります。

    続いてNX717付属の電源ケーブルと、FIT3用取り付けキットNKK-H83Dのケーブルを接続します。

    こちらはNX717付属の電源ケーブルです。
    長いケーブルと短いケーブルがあるので、まずは作業性確保のため分離しておきます。

    黄色いケーブルは常時電源に接続します。
    このように分岐タイプになっているので、後々の拡張にも便利な仕様となっています。

    接続は基本的に規格モノなので同じ色のケーブルを差し込んでいくだけ。

    あっという間に完成ですね。
    電源、イルミネーション、スピーカーなどは同じ色を接続するだけ。
    ステアリングリモコン等は色が違う可能性もあるので、事前にマニュアルをチェックしておきましょう。

    FIT3に装着する場合、長いケーブルは不要なのでブチっと切ってしまいましょう。
    ピンクは車速パルス、紫はバック信号、黄緑はサイドブレーキ信号となっています。

    まずは車速パルスを接続します。
    FIT3の場合はオーディオ用電源ケーブルに信号が出てきているので、単純に接続するだけ。

    まずは先ほど接続したケーブルにギボシ端子を装着しましょう。
    今回は入手が容易なーモン製のギボシ端子セットと、圧着工具にマーベル製の600-Aを用意しました。

    まずはマーベル製600-Aの出番です。
    工具の根元部分がケーブルストリッパとなっているので、被膜を除去しましょう。

    被膜が除去出来たら軽く折り返しておきましょう。
    これは装着時のヒゲ防止と、各自な圧着をするためのおまじないです。

    続いてケーブルにギボシ端子のカバーを通しましょう。
    折り返し処理をしてあるので、簡単に通せましたね(^^)

    続いてオスのギボシ端子を通します。
    ここでも折り返しのおかげで、ヒゲになることもなく、ポロっと外れることもなく。

    マーベル600-Aで1回目の圧着です。
    工具をしっかりと握ってカシメましょう。

    続いて2回目の圧着はケーブル被膜部での抜け防止固定です。
    こちらもしっかりと握ってカシメましょう。

    こんな感じでキレイに圧着できました。
    マーベル製の600-Aは仕上がりも良く、なかなかおススメの工具ですね。

    続いて最初に通しておいたカバーをスライドさせれば末端処理の完了です。

    先ほどと同じようにギボシ端子を差し込むだけでOK

    しっかりと固定できました。
    このようにケーブル同士を接続する際はギボシ端子を使うことで、ショートや接触不良の防止にもつながります。
    ハンダ付けといういう方法もありますが、熱や振動など悪条件の中では早々と接触不良になることも。
    自動車内ではスプラインやギボシを基本としておきたいですね。

    続いてバックカメラ変換コネクタの配線です。
    最近はこのような挟み込み式のPTコネクタ(通称パックン)をよく見かけますが、これも接触不良の元。

    潔く切断して、ギボシ化しておきましょう(^^)

    バックカメラはRCA端子で接続しますが、このままだと振動等で抜けてしまう事も。

    そこでテーピング処理を施しますが、耐熱アセテート粘着テープを使いましょう。

    所謂絶縁テープと異なり、布地の基材になります。
    手で簡単にちぎれて、長期利用後もべた付かないなど、そのメリットは計り知れません。
    もう絶縁テープ生活ともお別れしちゃいましょう。

    このようにクルクルと巻いておけばOK。

    続いて車両側コネクタにもギボシ処理を施しましょう。
    この茶色と青のケーブルは、バック信号とサイドブレーキ信号です。

    パチッと切断してメスのギボシ処理。
    専用コネクタだったものが汎用性の高いケーブルに生まれ変わりました。

    今後、電装品が増えることも考えてこのようなケーブルを作ってみました。
    沢山のアースを一気にとることが出来るので、小物を増設する際に便利です☆

    NX717の電源ケーブルとNKK-H83Dのケーブルが合体しました。
    このように長さを合わせておくことでコンパクトにまとまります。

    続いてNX717固有のケーブルを接続していきましょう。
    これはハンズフリー通話用のマイクです。

    こちらはGPSアンテナです。

    ここでナビ取り付け用スペシャルパッケージの本領発揮です。
    これはGPSアンテナのコネクタですが、クラリオン製ナビはGT5コネクタ、そしてFIT3もGT5コネクタ。
    つまり新たにGPSアンテナを装着することなく、車両に初期搭載されているアンテナがそのまま使えます。

    ちなみにFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージ以外の車両の場合はアンテナ取り付けが必要です。
    実はアンテナ取り付けはダッシュボード上である必要はありません。

    GPSアンテナに両面テープを貼って、エアコンダクトの上部などにペタリ。
    これでも十分実用的な感度で受信可能なんですよ。アンテナの上部に金属部品が無いことだけ確認しておきましょうね。

    続いてFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージの本領発揮、第二弾です。
    これは地デジTV用アンテナですが、 クラリオン製ナビはGT13Sコネクタ、そしてFIT3もGT13Sコネクタ。
    またも車両に初期搭載されているアンテナがそのまま使えます。
    TVアンテナはフィルムタイプのモノを貼り付けるのが手間なのでこれは有難いですね。
    社外ナビは4チューナーx4アンテナとなっていますが、純正は2アンテナです。

    続いてラジオ用アンテナです。これはNKK-H83D付属の変換ケーブルで接続します。
    グレーのコネクタ内にはアンテナ用の同軸端子とブースター用電源の端子がありますね。

    難しいことは考えずパチッと差し込むだけでOK。

    続いてFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージの本領発揮、第三弾です。
    これはバックカメラ用コネクタですが、市販の変換ケーブルを使うことで社外ナビにも車両に初期搭載されているカメラがそのまま使えます。

    パチッと差し込むだけでOK。
    バックカメラを後付けした経験のある方はわかると思いますが、本当に大変な作業なんですよね。
    これだけで済むのは本当にうれしいです♪

    一通り接続が完了しました。
    車両側はこの程度のケーブル量で接続できました。非常にコンパクトにまとまっていますね。

    NX717側の接続状況です。
    地デジTVアンテナは2本しか接続していませんが、特に支障はありません。4個あるコネクタのうち任意の2箇所に差し込んでおけば大丈夫です。

    ではFIT3に仮設置して動作を確認してみましょう。
    まずはナビの基本GPSから。今回はFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージの標準アンテナを利用しましたが受信感度は良好です。
    アメリカのNAVSTARは当然ながら、日本の準天頂衛星システムQZSS(みちびき)も受信OK。

    続いて地デジTVもチェックしてみましょう。
    今回はFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージの標準アンテナを利用したので、2アンテナ仕様ですが全く問題ありませんね。

    最後はバックカメラです。
    今回はFIT3ナビ取り付け用スペシャルパッケージの標準カメラを利用しましたが動作は良好。
    ガイドラインこそ表示されませんが、カメラに頼って車庫入れすることもないので、全く問題ありません(笑)

    一通り動作確認が出来たので、NKK-H83D付属の金具をNX717に装着しましょう。

    あとは逆の手順で車体に固定すればOKです。

    いかがだったでしょうか。
    FIT3に限らずHonda車を購入する際は、ナビ取り付け用スペシャルパッケージを選ぶメリットが伝わったのではないでしょうか。特にクラリオン製ナビとの親和性はかなりのモノだと思います。
    取り付け時間の短縮だけでなく、簡単に装着できるので初めてのDIYにも良いかもしれませんね。