• カテゴリー別アーカイブ 音楽
  • 磁気処理スクアラントライアソシエイツ TR-30 を試す

    磁気処理スクアランって聞いたことありますか?
    昔から販売されている特殊なオイルですが、2017年時点ではかなり入手困難になってきています。
    今回は奇跡的に2本も購入することが出来たので、うれしさのあまり記事にしてみました☆

    クロネコヤマトの宅急便で届きました。

    中の納品書には「トライアソシエイツ 磁気処理スクアラン TR-30 100ml」の文字。

    一体どんなものかというと、このように無色透明なオイルです。
    ホームセンター等で入手可能なシリコンオイルのようにも見えますが、中身は全く違うものなんです。

    パッケージから磁気処理スクアラン TR-30を取り出してみました。
    オイル本体以外にも小冊子などが含まれています。

    パッケージ裏の台紙です。
    「AV機器が甦る!!」や「クルマの性能をアップ!!」の文字が踊ります。

    そして極めつけは「スーパーオイル SQUALAN <磁気処理>」と書かれたタブ。
    メーカー自らスーパーオイルと語るほどの性能なんです(^^)

    小冊子を見てみましょう。
    TR-30 磁気処理スクアランの文字。やはり磁気処理というところに秘密がありそうですね。

    なるほど、用途としては自動車用のオイルにも使えるとの事ですが、4リットルで\83,300という価格。
    なかなか自動車用として使うには勇気がいる価格設定ですね。
    それだけ貴重なオイルという訳です。

    磁気処理スクアランの小冊子にも「車の性能アップに」という文字。
    詳細をしっかり熟読しておきましょう。

    なんとレース用エンジンですら3%もの出力向上を確認したとのこと。
    レースの世界で3%といえば非常に大きな差であることは明白です。これは凄い効能ですね。

    そして、オーディオ用の利用方法も。
    私自身はこちらの用途として購入しているので、しっかりと説明を読んでおきました。

    なんと可動部や接点以外にも、CD信号面に塗布するだけで音質が向上するとの事。
    この利用方法はまだ試していませんが、非常に興味がある使い方です。

    そして小冊子は磁気処理スクアランの開発ストーリーへ。
    まさにMADE IN JAPANの技術が結集したスーパーオイルなんですね。

    このオイルの秘密は特許技術の交流磁場による磁界処理法で、分子レベルでの安定に寄与する技術との事です。

    磁気処理スクアランの物性が記載してありました。
    凝固点 -92℃(JIS K2269)
    沸点 350℃以上
    表面張力 28.5dyn/cm2
    絶対粘度 27.0cp(25℃)
    比重 0.808(25℃)

    では磁気処理スクアラン TR-30のボトルを見てみましょう。
    「Super oil 磁気処理スクアラン TR-30」の文字が目立ちますね。

    利用方法、効能は潤滑・接点・清浄など。
    内容量は 100mlで2700円です。
    会社名は TRI トライアソシエイツとなっています。

    また別の面にはこのような表記が。
    SQUALAN (C30 H62)n
    化学式からは「トリアコンタン」が該当しそうな感じですね。

    ちなみに特許番号も記載されていました。
    特許 第1718938号との事。

    手前のモノは10年ほど前に購入したモノ。
    まだ半分位は残っていますが、今後の事を考えて2本を購入しました。
    これで一生分は確保できたかな!?

    では実際の利用方法です。
    比較的メジャーな使い方ですが、イヤホンのピンジャックに施工してみましょう。
    イヤホンのピンジャックは古くなってくると、動かしたときにガリガリとノイズが乗ることがありますよね。
    それを一発で解消する手順になります。l

    まずは綿棒等に磁気処理スクアラン TR-30を少量取ります。

    そして端子部分に塗り伸ばす要領でまんべんなく塗布します。
    この時、汚れを取るようなイメージで作業を進めましょう。

    そして、ティッシュ等でキレイにオイル分を拭き上げます。

    すると酸化被膜が除去されて、非常にクリアな端子に生まれ変わりました。
    音質面でもガリガリとノイズが入ることもなく、非常にクリアなサウンドが楽しめます。
    どうしても乾いてきてしまうものなので、定期的に施工することで良い状態を維持しましょう。

    またパソコンのメモリー端子などにも非常に有効です。
    なんとなく調子が悪い、エラーで起動しないなど、メモリ自体の故障でなければ高確率で回復します。
    サーバ管理者なら工具箱に磁気処理スクアランを常備、もう常識ですよね♪

    また一眼レフカメラの電子接点部にも。
    オートフォーカスエラーなどに悩んでいるときは、まず磁気処理スクアラン。

    そして拭き上げた綿棒がこのように汚れるのは、酸化被膜と共に汚れが除去された証拠です。

    これは開封から10年以上が経過した、磁気処理スクアラン。
    やはり変性が少ないとの記載通り、不純物が漂うことなく非常にきれいな状態です。

    ワイヤレス技術が進歩した現代においても、まだまだ接点は数多く存在します。
    そんな接点の救世主が、トライアソシエイツ 磁気処理スクアラン TR-30なのです。

    いかがだったでしょうか。
    オーディオ系にこだわる人はまず、接点部を見直してみてはいかがでしょうか?
    ピンジャックやRCA端子など、見違えるように音質がアップします。
    また最近あらゆる機器に装備されているUSB端子などにも施工してみると良いかもしれませんね☆


  • ZNT PocketNeko bluetooth スピーカーを買ってみた♪

    ZNT PocketNeko bluetooth スピーカーを買ってみました。
    購入の決め手はスマホで手軽に使えるのと、やはり見た目の可愛さでしょう(^^)

    amazonでポチっとした翌日に届いたスピーカー。
    パッケージもニャンコ仕様で可愛いですね。

    パッケージを開けると、袋に包まれたニャンコが。
    うっすらとニャンコの顔が見え隠れ(笑)

    内容物をすべて取り出してみました。
    スピーカー本体、マニュアル、USBケーブル、LINEケーブル、ストラップと沢山の付属品。

    一番のウリであるニャンコの顔をアップにしてみました。
    表面は布地になっていて手触りは良い感じ。
    PocketNekoという名称にも納得ですね。

    ニャンコを逆から撮影してみました。
    なんとリバーシブル仕様なので、逆から見ても大丈夫です(笑)

    ニャンコの目と口はスイッチになっており、電源や音量はここで操作します。
    目を押すのは痛そう(^^;

    本体裏面です。
    ラバーコートされており、しっとりした感触が印象的。
    ZNTロゴの下にはマグネットが内蔵されているので、金属面にペタッと貼り付け可能です。
    またマグネット周りは柔らかいゴム素材なので、対象物をキズ付ける心配も皆無です。

    裏面の上部には付属ストラップを通す穴があいています。
    大きめの穴なので、付属品以外のストラップも難なく通せると思います。フックに引っ掛けたり様々な活用ができそう!

    そして裏面下部にはゴム製の防水カバーが装備されています。

    パカッと開いてみました。
    端子は全部で3種類。

    左からライン入力、充電用MicroUSB、ライン出力と様々なものが装備されています。
    ライン出力と書かれていますが、ヘッドホンを装着するとスピーカ本体からの出力は停止します。
    実際にはヘッドホン用と考えて問題なさそうです。

    ゴムカバーはスライド式になっており、適度な硬さがあり、自然に開くことはなさそうです。

    使用前にまずは充電です。
    今回はankerのモバイルバッテリーから給電してみました。
    充電中はネコちゃんの口が赤く光ります。

    ニャンコ好きの人のためにズーム撮影!(笑)

    そして電源を入れると、今度はブルーに光ります。
    なかなか面白い演出ですね。

    充電しながらスマホ接続してみました。
    一般的なBluetoothデバイスと同様に簡単ペアリングできました。
    ネコちゃんの目は選曲や音量調整などの機能も備えています。

    そしてマグネット機能を試してみました。
    思いのほか強力でどこにでもペタッと貼って音楽を楽しめます。

    こんな不安定な面でもシッカリ装着。強力マグネットとゴム素材の相乗効果ですね。
    聴きたい時に、聞きたい場所で、なかなか便利なニャンコです。

    説明書からスペックシートを見てみましょう。
    製品仕様:ZNT PocketNeko
    無線規格:Bluetooth 4.0
    バッテリ容量:2200mA
    防水:IPX5
    再生時間:8時間
    ポータブルスピーカーとしては一般的な数値ですね。やはり売りはニャンコ!?

    マニュアルにはLEDの説明や各種ボタンの使い方など、日本語で詳しく書かれています。

    ペアリング方法も日本語で書かれているので、初心者の方でも簡単に使えそうですね。
    さすがにNFC付きの高級機とは違いますが、必要にして十分な説明だと思います。

    そのほかにもハンズフリーモードなども装備されており、なかなか使える子です。

    いかがだったでしょうか?
    音楽をじっくり楽しむというよりは、持ち出したり好きな場所で気軽に楽しむアイテムです。
    ニャンコのキャラを生かして話のネタにしたり、使い方はいろいろですね(^^)

    スマホ側のイコライザーで低音ブーストすることで低音もそれなりに出てる感じがします。
    この季節、野外で使ったり、仲間との楽しいひと時に華を添えるアイテムとして活用できそうです!


  • JVC HA-FW02 WOOD インナーイヤーヘッドホンを買ってみた。

    JVCのHA-FW02イヤホンを買ってみました。従来から自宅のオーディオにウッドコーンオーディオのEX-A3を使っていたり、ステレオミニヘッドホンHP-FX500を持っていたりと、実はJVC製品を愛用しています。
    今回は久しぶりに新しいモノをということで、WOOD 02 inner (HA-FW02)を買ってみました。

    HA-FW02のパッケージ。
    シッカリとした重みと十分なサイズ感もあり、なかなか高級な感じが漂っています。
    パッケージにも「日本製」の文字が印字してあったり、品質にこだわっているところも伝わってきますね。

    パッケージ背面にはHA-FW02の内部構造が記載されています。
    今回のシリーズ構成は HA-FW01、HA-FW02、HA-FW03と3機種で構成されています。
    それぞれ価格も違いますし、高いモノが一番!という考え方もあるかもしれませんが、店頭でよく試聴して今回のモデルに決めました。

    通販等で値段の一番高い機種を買う!とかではなく、ちゃんと聞いて選んでほしいですね。
    それほどに3モデルの音の性格は違います。

    パッケージを開けてみました。
    内部にはさらに箱が入っています。

    箱のタブ部には「より良い音質で楽しむために、イヤーピースは耳穴にフィットしたものをご使用ください。」とわざわざ印字してあります。マニュアルを読まない人に配慮した設計ですね。

    内箱を取り出してみました。
    CLASS-Sと書かれたシンプルなデザイン。

    パッケージをパカッと開いてみました。
    内部にはイヤホン本体以外に、多数のイヤーピースが同梱されています。

    イヤホン本体を取り出すために、スポンジの緩衝材を取り出しました。

    パッケージも開封時の魅せ方にこだわった仕様ですね。
    取り出すまでにひと手間かかりますが、なかなか楽しい時間です(^^

    HA-FW02本体を取り出してみました。

    プラグはL型になっており、スマートフォンやポータプルプレイヤーでの利用にも便利そうです。

    HA-FW02本体部。
    ハウジングはもちろんWOOD仕様です。
    木の質感や色がたまりませんね。

    イヤーピースにはL/Rの方向も印字されていますが、装着時には外部から見えない場所ですのでデザイン的にも問題はありません。

    リアにはJVCの文字が入ったウッドパーツ。これは今回モデルで新開発されたウッドスタビライザーです。
    にごりのないクリアなサウンドを実現するパーツの一つですね。
    また周囲に配されたピンクゴールドのアルミパーツも音響に配慮されたもので、トリプルメタルハーモナイザーを構成する1部品です。不要な振動を抑制すると共に美しい響きを実現するためのものです。

    このようにデザインだけではなく、しっかりと個々に機能があるというのも所有欲を満たしてくれます。

    HA-FW02本体部の接続はMMCX端子仕様です。
    ケーブルを好みのモノに変えたり、そのような楽しみ方にも対応するようになっています。
    受け側のメッキ厚も十分ありそうなのでリケーブルも楽しめそうです。

    付属ケーブルのMMCX端子部です。
    こちらも十分なメッキ厚がありそうな感じ。付属品といえどこだわって製作されているように感じます。

    中央のピン部分です。
    もともとMMCXとは通信機器用に使われているコネクタですので信頼性は十分。
    ただし頻繁な着脱を想定して設計されているわけではなさそうですので、着脱は最小限に抑えたいところ。

    付属のイヤーピースを外してみました。
    先端部は目の細かいメッシュとなっています。
    サイズは一般的なイヤーピースが装着できそうですが、音にこだわって作られている付属品から試しましょう。

    ちなみに今回のイヤーピースは、このようにスパイラルドットが配されたもの。
    これもクリアなサウンドを実現するための機構だそうです。
    100均で売っているようなイヤーピースに交換することだけは避けましょう(笑)

    こちらはCLASS-Sと書かれた、キャリングポーチです。
    このような付属品も所有欲を満たしてくれますし、なにより運搬時に傷めることがないという安心感が大きいですね。

    パカッと開いてみました。
    マグネット仕様なので開閉は容易かつ、パチンと節度感のあるもの。

    内部はこのように赤い生地が使われており、宝石を入れるケースのような質感。

    実際にHA-FW02を入れてみました。
    専用ポーチということもあり、サイズはぴったり。持ち出す際は積極的に使ってみたいと思います。

    そのほかにはケーブルクリップなども同梱されていました。

    これは今まで使っていた所謂初代ウッドイヤホンHP-FX500とHA-FW02の比較です。
    ケーブルの太さや本体の大きさなど、約9年の歳月でここまで進化したと実感しました。

    ちなみにHP-FX500はほぼ毎日使っていますが、まだまだ現役。
    購入時は高いかと思ったものの、これだけ長く使えれば逆に安価に感じますね(^^

    ユーザー登録のカードも入っていたので、ぜひ登録しておきましょう。

    いかがだったでしょうか?
    9年ぶりに新しいイヤホンを買ったわけですが、前回購入時と違い、世の中にはたくさんの「高額」?「高級」?なイヤホンが沢山売られています。
    値段だけで選ぶのではなく、実際に自分の機器に接続して、自分に合ったものを選んでほしいですね。
    ここは感性の世界だとおもうので、この記事や雑誌記事などを鵜呑みにせず自分の耳で選びましょう♪