• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • 衣類スチーマー ZNT-E301を試す。

    衣類スチーマーというジャンルの製品、最近よく見かけるので気になっていました。
    普段はアイロンがけもしないし、どの製品を買ってよいのかわかりません(笑)
    今回は入門編?ということで、amazonで売られていたZNT社のZNT-E301という製品を買ってみました。

    amazonから届いたZNT-E301、白いボディと白い箱。白物家電ってやつですね(^^

    パッケージに書かれた特徴を見てみましょう。
    なんとハンガーに掛けたまま使えたり、ニオイ消しにも使えたり、なかなか便利そう!

    ZNT社と聞いても、知らない人が多いと思います。私も先日まで知らなかったです(^^
    たまたま購入した「USBシガーアダプタ」がこのメーカー製で非常に性能が良かったため、最近はお気に入りメーカーのひとつになっています(笑)
    PSEマークもあるので、安心して使えますね。

    パッケージから内容物を取り出してみました。
    本体以外にも先端アダプタや耐熱グローブなどが入っています。

    衣類スチーマー本体です。
    白いボディに青い水位窓があり清潔感がありますね。

    本体裏面の銘版です。
    消費電力は700W、水タンクの容量は130mlです。

    本体サイズを計測してみました。
    本体の直径は85mmほどとスリムなボディです。

    高さは133mmです。
    ほぼ水タンクの容量分だけといった感じですね。

    スチーム吹き出し口の先端ノズルです。

    ノズル部分の幅は70mm以上あり、コンパクトサイズながらもワイドな気流を実現しているようです。

    上記吹き出し口は5ノズルあり、スリットも入っています。
    なかなかよさそうな感じですね。

    ちなみに、本体とノズルの接続部分にはシリコンゴムのガスケットが装着されており、高温の蒸気や水が漏れだす心配は皆無です。
    格安製品なのにしっかりと作られている印象を受けます(^^

    先端ノズルの着脱は、このキー溝に合わせてノズルを差し込みます。

    先端ノズルを差し込むと、矢印マークがあるのでぴったりと合うところまで回します。

    こんな感じでマークがぴったり合えば、ロック完了です。
    先ほどのシリコンゴムの効果で節度感ある締め付け感覚が安心感を与えてくれます。

    先端ノズルを装着するとこんな感じです。
    ZNT社のロゴマークが可愛いですね(笑)

    ちなみにマニュアルは日本語のものが入っています。
    使い方は簡単なので読む必要はないかもしれませんが、高温のスチームを扱う製品なので一読しておきましょう。

    ヤケド等につながる事項については、安全上の注意が書かれたカードが別途添付されています。

    では、早速水を注いでみましょう。使った水は普通の水道水です。

    ひとまず、MAXラインまで水を入れてみました。

    コンセントを差し込んで、スイッチをONすると赤いLEDが点灯します。

    そして10秒たらずでヒーター部分に気泡が発生しました。
    なかなかの速さで加熱してくれる感じです。

    30秒程度でグツグツと沸騰が始まりました。もうスチームが発生してますね。

    今回は撮影のために、先端ノズルを外した状態で加熱しましたが、安全のため先端ノズルを装着してから通電するようにしましょう。

    沸騰中はこんな感じで水位窓の中で水の沸騰する姿が見えます。

    さあ、いよいよ試してみる時がやってきました。

    今回はこのようにシワの入ったシャツで実験です。

    マニュアルの手順通り、ハンガーに掛けてスチームーを当ててみました。
    上から下にスライドさせる感じで、あっという間に作業完了♪

    作業自体は数十秒といった具合ですが、こんなにキレイになりました☆

    本来であれば、アイロン台とアイロンを用意してシワ伸ばしするのが正しいのかもしれません。
    しかし、ハンガーに掛けたまま気になる部分だけをサッとシワ伸ばし。
    こんなに便利ならもっと早く買えばよかった!!

    衣類スチーマーは様々なメーカーから発売されていますが、私の使用頻度から考えれば高価な大手メーカー製はオーバースペック(笑)
    これくらいがちょうどいい!と感じました。皆様もぜひお試しを。


  • GPPLTE 4G+ 2017年4月発売の最新SIMロック解除アダプタを試す。

    GPPLTE 4G+ という2017年4月に発売されたばかりの最新SIMロック解除アダプタを試してみました。
    結論から言うとソフトバンク回線のiPhone6でDocomo系格安SIMのLTE通信がOKでした!
    従来よく使われていたR-SIMシリーズだと3G専用になりましたが、GPPLTE 4G+ならば4GつまりLTE通信が可能なんです!
    圏外病に陥ることもなく非常に安定して動作しています。
    今回はGPPLTE 4G+を紹介したいと思います。

    Amazonにて購入したGPPLET 4G+

    ビニールパッケージからカードを取り出してみました。
    GPPLET 4G+と書かれおり、「www.gpplte.com」と「www.china3gpp.com」のアドレスが記載されています。

    カード裏面。こちらも内容はほぼ同じ。

    カードにはSIMロック解除アダプタ「GPPLTE 4G+」がパッキンされています。

    裏面にはNewの文字。最新式という事でしょう。

    さらにダミーのNanoサイズSIMも付属しています。

    これはR-SIM10を利用しているSBM向けiPhone6の画面です。
    R-SIM10は3G固定しないと電波を見失う仕様なので、画面上部には「docomo 3G」の文字。

    設定画面を開いてみます。
    キャリアは「NTT DOCOMO」となっており、「インターネット共有」の項目は見当たりません。

    一般設定を開いて詳細を見てみましょう。
    R-SIM10はキャリアは「ソフトバンク 28.3」となった状態で、ネットワークのみ「NTT DOCOMO」になる仕様です。

    もちろん、4Gは手動でオフの状態。

    では不要になったR-SIM10を取り外しましょう。

    続いて今回購入したGPPLTE 4G+を開封します。
    SIMロック解除アダプタはシールで密封されているので、シールをはがして取り出しましょう。

    取り出したGPPLTE 4G+ SIMロック解除アダプタ。
    左側は比較用のR-SIM10です。
    見た目はほとんど同じようなものですね。

    続いて表面です。
    特徴的なのはGPPLTE 4G+の方がチップのサイズが大きいです。
    高機能の証でしょうか。なかなか気になるところ(^^

    チップ表面をよく見るべく、露出を調整して再撮影。
    なんとGPPLTE 4G+のチップ表面には矢印の模様が入っています。
    機能上必要という訳ではありませんが、おしゃれな演出です(^^

    ではSIMロック解除アダプタをiPhoneに装着していきましょう。
    GPPLTE 4G+に限らず、SIMロック解除アダプタは非常に精密なもの。極力端子部分に触れないようにして取り扱いましょう。
    私は基本的にESD対策品のピンセットを利用するようにしています。

    まずはiPhone6のSIMトレイにGPPLTE 4G+を装着しました。

    続いて、MVNOの格安SIMを重ね置きしましょう。

    こんな感じで収まりました(^^

    が、やはりSIMロック解除アダプタの厚み分だけ浮いています。

    このまま装着すると二度とiPhoneから取り出せなくなる恐れがあるので、少し対策をしておきましょう。
    カプトンテープを適量切り出します。

    このようにSIMトレイとSIMカードを押さえつけるように貼り付けることで、取り出し不能になるリスクを回避できます。

    裏面から見ると、Newの文字とGPPLTEロゴが見えています。

    では、いざ挿入!

    SIMトレイを差し込むと、「アクティベーションが必要です」のメッセージ。

    まずは指示に従い、iPhoneのアクティベート作業を行います。
    「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」と出ていますので、操作せず気長に待ちましょう。

    なお、アクティベーションには端末と紐づけられているApple IDが必要になります。
    登録しているメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

    無事にアクティベーションが完了し、iPhoneのメニュー画面が表示されました。

    本来必要ありませんが、念のためシャットダウンして再起動してみます。

    再起動が完了したらアクティベーションに利用したWi-Fiを一旦オフにしましょう。

    Wi-Fiをオフにすると、画面上部の表示が「docomo 3G」になりました。

    では設定画面の「モバイルデータ通信」を開きましょう。
    先ほどまで利用していたR-SIM10用に「4Gをオンにする」をオフにした状態ですので、これをオンに変えます。

    今回はデータ専用SIMを装着したので、「データ通信のみ」を選択しました。
    ちなみに私のテストでは「音声通話とデータ」を選んでも問題なく利用できています。

    すると画面上部の表示が「docomo 4G」になりました。
    大成功です。
    さらにGPPLTE 4G+の凄いところは画面下部の項目。

    先ほどまでは「ソフトバンク 28.3」と表示されていましたが、「ドコモ 28.3」に変わりました!

    圏外病が発生しないか不安なので、再起動を数十回くりかえしましたが全く問題なし。

    そして設定メニューを開くと、、、なんとR-SIM10ではマスクされていた「インターネット共有」が利用可能になっています。

    「インターネット共有」の画面を開くとWi-FiやBluetoothによるテザリングが利用可能に。
    これは思わぬ副作用といったところですが、通信もばっちりOKでした☆

    このように完全にdocomo端末の動きになってしまう、GPPLTE 4G+
    2017年4月、現時点では間違いなく最強のSIMロック解除アダプタでしょう。

    ちなみに、GPPLTE 4G+を取り外してもキャリア情報は「ドコモ 28.3」のまま!?

    半信半疑で購入した最新型のSIMロック解除アダプタですが、非常に高性能で動作も安定しています。
    格安で中古市場に出回っているソフトバンクモバイル端末をdocomo系MVNOで格安運用するのには最高の一枚ですね。

    今までかなりの種類のSIMロック解除アダプタを試してきましたが、これは完成系だと思います。
    皆様もぜひお試しを☆


  • Nikon SU-800 格安販売の互換機を試す。

    Nikon SU-800 ワイヤレススピードライトコマンダーですが、SB-5000導入に伴い購入を検討していました。しかし純正品は価格が高いことと、電源としてCR123Aリチウム電池を必要とします。今回はそのような点でアドバンテージのあるサードパーティー品を購入してみました。
    メーカーは「DEBAO」で、型式は純正と同じ「SU-800」となっています(^^

    赤いパッケージとなっているSU-800、Nikonとはイメージカラーが違いますね(笑)

    パッケージを開封してみました。
    DEBAO SU-800の文字。最初に出てきたのはユーザーマニュアルです。

    マニュアルと本体を取り出してみました。
    なんと本体は携帯用ポーチまで付属しています。格安品なのに素晴らしいサービス♪

    携帯用ポーチから、本体を取り出してみました。
    心配していた「DEBAO」のロゴマークはなく、ブラックで統一されたシンプルなデザインが好印象。

    背面の操作パネル。液晶パネルとプッシュボタンで構成されています。

    本体下部のマウント部。
    本体シューとの固定はネジタイプ。接点数の多さがi-TTL対応の証ですね。

    本体上部のカバーを開いてみました。
    Nikon純正はCR123Aリチウムバッテリーが必要ですが、DEBAO製は一般的な単3電池が利用可能♪
    これは非常に大きなアドバンテージですね。

    今回はエネループを2本セットしてみました。
    どこでも簡単に入手できるバッテリーが使えるのは本当にありがたいです。
    そして、発光パワーの強さやチャージサイクルの短さなど、バッテリーからくる恩恵も大きいんですよね。


    電源をいれてみました。
    青いバックライトが特徴的な液晶画面です。
    デフォルトではグループA、グループBともにTTLモードとなっていました。

    マニュアルによるとTTL表示はNikonで言うi-TTLモードということです。

    TTLモードですが、グループごとに0.3EV単位での発光量調整が可能です。
    これは純正スピードライトと通信して明るさを調整する機能が備わっている証拠です。

    ちなみに調整幅は明るい方に最大で+3.0EVまで調整可能。

    暗い方は -3.0EVまでと、広範囲に調整可能です。
    これがグループ別に個別設定できますので、スタジオ撮影等でライティングを楽しむ方にも問題はなさそうですね。

    またリピーティング発行など、特殊な発光コマンドに関してもSU-800から制御可能です。

    すこしマニュアルに目を通してみましょう。
    このページは先ほど紹介したi-TTLベースの制御にEV調整を行う内容が記載されています。
    普段使いとしては最もよく使うモードではないでしょうか?

    これはグループBに対して、スピードライト内蔵センサーによるオート発光をさせる設定。
    グループAはi-TTL、グループBはオートと個別に設定可能です。

    これはグループCに対して、完全マニュアル制御の信号を送信するパターンです。
    複数のスピードライトにi-TTL、オート、マニュアルと違う制御信号を同時送信可能です。

    SU-800さえあれば、コマンダーモードを持たないD3x00/D5x00シリーズでもワイヤレスライティングを楽しむ事が可能です。
    実際にサブで利用しているD3300に装着してみました。

    一般的なクリップオンストロボよりもコンパクトなので、エントリー機に装着しても違和感はありませんね♪

    ちなみに、AF補助光の機能も備わっており、SU-800では赤色レーザーが装備されています。
    純正のムギ球とは違う感じですね。

    ちなみにSU-800のAF補助光ですが、このようなレーザー式エイミングになっています。
    カメラ本体の内蔵補助光と比較すると、高速でフォーカシングしてくれるように感じます。
    被写体が平面のものであってもレーザー式なのでキッチリと合わせられるのは大きなメリットですね。

    SU-800を上から見るとこのような感じです。
    バッテリーは装着したまま上部から交換可能で、無駄なロゴもなくスッキリした感じ☆

    ちなみに純正品にはない特徴として、ヘッドの角度が調整可能なんです。
    何段階かでクリック感があり細かく設定可能です。

    ちなみに最大まで回すと、、、なんとこんな所まで調整可能です。

    右も左も同様に-130°~+130°の範囲で角度が調整できます。
    縦撮りや後ろに設置したスピードライトに関してもしっかりと制御信号を届けることが可能です。

    DEBAO製マニュアルに記載されているSU-800の仕様書です。

    ニコン純正とDEBAO製でスペック比較してみました。

    Nikon純正 SU-800 DEBAO製 SU-800
    発光パワー 13W 20W
    到達距離 20メートル 35メートル
    ヘッド角度 正面固定 -0° 左右可変 -130°~+130°
    発光サイクル 4秒以下 2秒以下
    使用バッテリー CR123A 単3電池(eneloop)

    ほぼすべての項目で純正品を上回るスペックを実現しています。
    発光サイクルが半分以下であること、これに関しては撮影時のストレス軽減にも直接影響する部分ですので、バリバリ撮影する方はぜひ試していただければと思います。
    また発光パワーが強いということは、野外での撮影でもワイヤレススピードライトが発光しない!といった状況を回避できる可能性が高くなります☆


    いかがだったでしょうか?
    スピードライトは純正命!という方も多いようですが、ライティング関連はサードパーティー製が豊富ですので、まずは色々なモノを試してから判断されるのも良いかと思います♪