• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • RE-F18A SHARP製電子レンジを分解してみた。

    急遽電子レンジが必要となったので、SHARP製のRE-F18Aという電子レンジを買ってみました。
    デザイン家電的なオシャレな外観とダイヤル操作だけの簡単なインターフェイスが購入の決め手です。

    なぜシャープ製電子レンジを選ぶのか。

    ちなみに、日本初の量産電子レンジも日本初のターンテーブル式電子レンジも開発したのはSHARPなんですよね。
    技術の蓄積という意味ではSHARP製を選択するのが最善でしょう。

    今回購入したRE-F18A SHARP製電子レンジです。

    シンプルな操作パネルを実現するには

    シンプル操作を実現している秘密は各種センサー類による高度な制御技術ですね。
    個人的にボタンが多数並んだ操作パネルや不安定なタッチパネルなどは好きではありません。

    2個のダイヤルと2個のボタンだけで構成されたインターフェイス。
    クリック感がしっかりとしているので、指先の感覚を頼りに操作することが可能です。

    時間設定やメニュー選択は下のダイヤルで操作します。
    こちらもクリック感がしっかりしており、時間調整も快適そのもの。

    RE-F18Aの基本スペック

    では、RE-F18Aの銘板からスペックをチェックしてみましょう。
    外観寸法は幅485mm * 奥行き375mm * 高さ305mmです。
    庫内寸法は幅285mm * 奥行き320mm * 高さ190mmとなっており、コンビニ弁当などもすっぽり収まるサイズですね。
    発信周波数は2450MHzと記載されています。2.4GhzのWifiと干渉するというのはここから読み取れますね。
    出力も比較的ハイパワーで、ヒーター出力1380w、高周波出力900Wとなっています。

    そもそも電子レンジの定義とは?

    こんな時は消費者庁の家庭用品品質表示法をチェックしてみましょう。
    電子レンジの定義は、高周波エネルギーで食物加熱を行うもの。定格高周波出力が1キロワット以下のものに限る。
    との記載がありました。この製品は定格高周波出力900W出力となっていますので、この条件に当てはまります☆
    その外にも様々な要件が記載されており、読んでいるだけで楽しいです。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

    RE-F18Aの銘板全体です。
    電気回路図も書かれており、修理の際に役立ちそうです。

    RE-F18Aの庫内をチェックしてみましょう。
    ドアは手前に開くタイプとなっており、狭いスペースでもドアを大きく開くことが可能です。
    庫内はターンテーブル無しの方式なので、大きなコンビニ弁当でも安心ですね。
    ターンテーブル無しだと加熱ムラが心配になるところですが、そこはSHARPの技術力を信じましょう☆

    ドアスイッチは2つのスイッチで構成されており、子供のいたずら等でドアを開けたまま作動させる心配もありませんね。
    もちろん、知恵を持った大人が本気をだせば解除できてしまう可能性も。大きな子供は安全スイッチで遊ばないように注意しましょう。(笑)

    庫内上部にはヒーターが入っていますね。こちらの出力は800wとなっています。

    ではRE-F18Aの裏側を見てみましょう。
    鉄板で構成されており、4つの足がある程度ですね。

    RE-F18Aの後方です。
    マグネトロンの通風孔と電源ケーブル、そしてアースケーブルが出ていますね。

    実際に分解して内部構造をチェックしてみた

    では、RE-F18Aの天板を取り外してみましょう。
    左側には電気系のパーツ、右側には庫内を構成する鉄板とヒーターで構成されています。

    本体正面から見て左側に小さな部品が搭載されています。
    部品には189Hと記載されています。

    先ほどの部品を取り外してみました。
    沢山の穴が開いた部品になってますが、これは絶対湿度センサーですね。
    オートモードの精度が高いのは湿度センサーのおかげでしょうか。

    本体上部のヒーターは100V800Wと記載されています。

    RE-F18Aの右側です。
    こちら側には電子パーツが多数並んでいますね。
    本体中央部に見えているのは電子レンジを構成するキーパーツのマグネトロンです。

    そして電子レンジの心臓部、マグネトロンへ

    RE-F18Aに採用されているマグネトロンは、WITOL製の2M339Hです。
    出力945W、アノード電流300mA、アノード電圧4200V、フィラメント電流10A、発振周波数は2458MHzとなっています。
    マグネトロンの出力としては比較的大きなものになります。この上だと出力1500W程度のものになるでしょうか。

    マグネトロンは強力な高周波を出力する部品なので冷却フィンが設けられています。
    空冷タイプなのでここに風をあてて冷却する必要があります。

    先ほどのフィンが本体後方に装着されているファンの風で冷却される仕組みとなっています。
    ちなみにこのファンを駆動するモーターは一般的なAC同期モーターとなっていました。
    DCモーターで省電力化などという考えは必要ないということでしょう。

    RE-F18Aの制御基板です。
    パワー系の基板なのでタブ端子等によるコネクタ接続が多いのも特徴ですね。

    先ほどの制御基板の奥にはフロントパネルを構成する表示基板があり、2階建て構造となっています。
    モデルごとに表示基板は作り替え、電子レンジを構成する大部分の設計を共通化しているのかもしれませんね。

    そして先ほどの制御基板には「Humi-Sen-P」と書かれた基板が立っていました。
    名称から考えると湿度センサーの基板っぽいですね(^^)

    先ほどから基板を中心によく見かけるロゴマークです。これはいったい何でしょうか??

    実は中国の美的集団という白物家電メーカーです。

    本体正面のドア開閉検出スイッチは一般的なリミットスイッチが使われていました。

    ちなみにリミットスイッチはこのようなカム機構を介して2個のスイッチで構成されていました。
    ドアが開いたまま動作してしまう状況は絶対に避けないといけません。
    このように2重のスイッチでドアの開閉状態を検出しているので、信頼性も高そうですね。

    ちなみに庫内を照らすライトは、このご時世でもLEDではなく、白熱電球が使われていました。
    やはり高熱や高周波を浴びても壊れないデバイスと考えればコレでしょう(笑)

    RE-F18A SHARP製電子レンジのまとめ

    実際に数ヶ月使っていますが、「冷凍食品あたため」「自動あたため」「メニューの牛乳あたため」の利用頻度が高いです。
    冷凍したご飯などもオートで問題ありません。またダイヤル操作がメインでバックライト付き液晶なので暗闇でも操作可能。

    シンプルな操作パネルと各種センサーによる簡単操作を実現した電子レンジでした。
    実際に使ってみると、良くできてるなぁと感じます。

    最後に、新品の電子レンジを購入した際は、カラ焼きで内部の油を飛ばす必要があります。
    この手順も説明書に記載してありますので、必ず熟読してから利用するようにしてくださいね♪


  • RS-WFIREX4 スマート家電リモコンで暑い夏を快適に過ごす

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンを買ってみました。今年も猛暑がやってきましたが、帰宅前にエアコンをONして快適に過ごしたい!
    そんなIoT環境を構築するべく、ラトックシステムの製品を選択したわけですが、これがとっても便利!
    赤外線リモコンで操作可能な機器であれば何でも対応可能です。では早速製品をチェックしてみましょう。

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンをチェック

    まずはRS-WFIREX4スマート家電リモコンのパッケージをチェックしてみましょう。
    外観はとてもシンプルなパッケージなので家電量販店でもそれほど目立った存在ではありませんでした。
    今回はあまり下調べしていませんでしたが、家電量販店の店頭で気になったので購入してみました。

    スマート家電リモコンとは?

    簡単な使い方や機能はパッケージに記載されていますが、情報は必要最小限ですね。
    スマート家電リモコンを自宅のWifiに接続し、スマートフォンから遠隔で赤外線リモコン信号を送信して遠隔操作することができます。
    ほかにもスマートスピーカー類と連携させたり、IFTTTによる各種自動化など様々な活用方法があります。

    詳細を知りたい人は店頭でQRコードを読み取ってサイトの情報を見てもらうような仕組みです。
    この手の製品を購入しようと考える人なら、スマホなどを活用されているはずなのでこの方法が正解かもしれませんね♪

    パッケージ横には温湿度センサーと明暗センサーの搭載、対応OSなどが記載されています。

    本体サイズは45mmx45mmx15mmと非常にコンパクト。
    対応しているWifi企画は2.4GHzのみなので注意が必要かもしれませんね。

    スマート家電リモコンを開封してみた

    パッケージを開けてみると、RS-WFIREX4本体に加えてMicroUSBケーブルが入っていました。
    USBのACアダプタ等は別売りなので、電源は別途準備しておきましょう。

    付属のMicroUSBケーブルはMicroUSB-Bタイプ。

    RS-WFIREX4の本体裏にはフックにひっかける穴があり、簡単に壁付けが可能です。
    またゴム足も装備されているので、床置きでも問題ありません。

    RS-WFIREX4本体にはWPS接続ボタン、MicroUSB端子、インジケータLEDが装備されるだけのシンプルなデザイン。

    RS-WFIREX4を分解して内部構造をチェック

    RS-WFIREX4を分解してみました。
    外側のケースはツメで固定されているだけなので、パリッと簡単に開くことができました。
    内部はメイン基板とWifi基板で構成されており、非常にコンパクトにまとめられています。

    メイン基板はプラスタイプのビスで固定されているので、プラスドライバーで取り外しましょう。

    一般的なプラスドライバーで作業OKでした☆

    取り出したRS-WFIREX4のメイン基板です。
    こちらは裏面になりますが、下部に装着されている基板はWifiモジュール基板です。
    RATOC Systems,IncのPI-928になります。技適 018-180377として認証されていますね。
    この基板は右側にスリットが入っており、積極的に何かを分離しようとする設計が見受けられますね。

    右側には一体何があるのでしょうか。
    裏面で気になるのはU4のICですね。これは想像ですが、SENSIRION社デジタル温湿度センサーSHTC3ではないでしょうか。
    そうであれば熱源などから距離を置きたいという思想にも合致しますね。

    続いて基板の表面です。
    こちらで目立つのは、赤外線受光部とパワー系のLEDでしょうか。

    本体中央部にはIC2個に加えて、レンズ付きのパワー系赤外線LEDが2個ありますね。

    赤外線LEDの素性は不明ですが、部屋中に赤外線を飛ばすパワーなので相当な出力があると思われます。
    人の目には見えませんが、あまり直視したくありませんね(笑)

    左側に見えるICはGD25Q16Cですね。
    16MbitのFlashになります。ファームウェア等が格納されているのでしょうか。右側のSTMicro製のICは型式が読み取れませんでした。

    基板表面にもスリットの部分にICが装備されていました。
    透明なパッケージなので、照度センサーと思われます。コンパクトながらも多数のセンサー類を装備しているので様々な活用ができそうですね。

    RS-WFIREX4を実際に使ってみる

    今回はスマートスピーカー類との連携はせずに、まずは外出先からエアコンを操作できる所までを試してみたいと思います。
    基本的にはスマートフォンに専用アプリをインストールして、メールアドレスを登録して遠隔操作するイメージです。
    Android端末で設定をしてみたところ、簡単にWifi接続までができました。スマートスピーカー連携などを気にしなければ初心者の方でも簡単に接続できると思います。

    接続が完了すると最新ファームウェアのインストールが始まりました。
    このような配慮も初心者でも使いやすくということに注力されているように感じました。

    この手の製品ではリモコンを学習させて使うパターンが多いと思いますが、実はかなり多くの家電がプリセット登録されています。
    今回は、パナソニック照明器具、パナソニックエアコン、山善扇風機、東芝レグザなどを接続テストしましたが、すべてプリセットから選択するだけでOKでした。

    本当に敷居が低くて使いやすい、そんな印象です。

    この画面はリビングの照明を登録したものです。
    ちなみにリモコンにはオプションでch1~ch3までチャンネル切り替えがありますが、それにもプリセットで対応済み☆

    そしてこちらは山善の扇風機です。扇風機は照明と違いでn電源OFFというものありません。
    電源ON/OFFを1種類の信号で操作するので、どちらか分からないときは切タイマー等を併用する必要がありますね。

    東芝レグザの画面です。入力切替やチューナーも選択可能ですが、4Kは別途設定が必要なようです。

    そして今回の本命、エアコンの操作パネルです。
    基本的には温度、風量、運転モードが設定可能です。帰宅の少し前にエアコンをONしておけば、帰宅時には快適な環境となります。
    電源タイミング等を自分で遠隔コントロールできるのが非常に便利ですね。

    温度センサーの使いどころ

    RS-WFIREX4には温湿度センサーが装備されていますが、これは一体なにに使うのでしょうか。
    答えはエアコン制御の参考値として十分機能します!

    購入時はRS-WFIREX4自身が発熱しており、温度センサーの精度には疑問を感じていました。
    しかし使ってみて分かったことは、非常に正確な温度が表示されるようになっていました。

    RS-WFIREX4の電源投入直後の画面です。
    照度は取得できていますが温湿度は30分後まで取得できないと表示されます。
    これはおそらくRS-WFIREX4自身の発熱が安定するのを待って、正確な温度を表示するようにとの設計ではないでしょうか。

    電源投入後30分以上経過すると、温度湿度ともに表示されます。

    その精度はどの程度あるのでしょうか?
    実際に温湿度センサー付きの時計を横に置いて数時間後の温度を比較してみました。
    スマートフォンの画面を見ていただければ分かりますが、ほぼ誤差無しとなっています♪

    実際に使ってみて、温度計の数値もかなり信頼が置けるものと分かりました。
    これなら安心してエアコンや扇風機の遠隔制御に使えますね。

    ちなみに本日帰宅時に部屋の温度を測ってみると、猛暑の影響か38.1℃まで上昇していました。
    もちろん、スマートにエアコンのスイッチをONして帰宅したので、帰宅直後に汗をかくことなく快適に過ごせました。

    RS-WFIREX4スマート家電リモコンまとめ

    実際に使ってみて非常に便利な製品であると感じました。また温度センサーの補正など非常に考えて作られておりその使用感には大満足しています。
    エアコンの遠隔操作なんて不要だと考える人も多いかとは思いますが、温度までモニタ出来るのでペット等を飼われている方にも安心ではないでしょうか。
    例えば、エアコンを入れてい外出や旅行などしているときに、もし停電等でエアコンが止まったら??
    そんな時にエアコンを再起動することもできますし、部屋の温度が見えるだけでも安心感がありますよね。

    工事も必要なく、部屋に置いておくだけでOKという手軽さです。ぜひ安心のためにも導入を検討されてはいかがでしょうか。


  • TA-FV440 コードレスアイロンを分解してみた。

    TA-FV440 という型式の東芝製コードレスアイロンを買ってみました。今までコード付きのものばかり使っていたのでコードレスタイプは初体験です。
    早速分解してコードレスアイロンの仕組みをチェックしてみましょう。

    TA-FV440 コードレスアイロンを開封

    今回購入したTA-FV440です。
    近くの量販店にて購入しました。この手の家電は現物を見て使い勝手をチェックするのが一番ですね。

    段ボール箱から中身を取り出してみました。
    保管用のプラケースが付属しているのが便利ですね。

    プラカバーを開けてみました。
    中身はレッドのTA-FV440です。充電台へのスムースな格納具合と重量でこの機種を選択しました。


    充電台の裏側をみてみましょう。
    型式はTA-FV440となっており、充電台単品での型式は無さそうです。
    消費電力は100V 1200Wとなっています。

    TA-FV440の給電部分はシャッター付きで安全な仕様となっています。

    普段はプラスチック製のカバーを被っていますが、ドライバー等で押し込むと金属端子が露出します。
    子供のいたずら等で感電する心配もありませんね☆

    TA-FV440 コードレスアイロンを分解

    では早速充電台から分解してみましょう。
    裏面にあるプラスタイプのビスを外すだけでOK

    パカッと裏ブタが外れました。
    内部構造はAC100Vケーブルのコードリール機構と端子があるだけ。
    充電台には基板等の電子機器は搭載されておらず、非常にシンプルな構造です。

    このように先ほどの充電端子にAC100Vが直結されています。

    ということは、TA-FV440の充電機構は本体側に核心部があるということでしょう。

    TA-FV440のアイロン面はアーモンド形となっており、前後の双方向でアイロンがけが可能です。
    裏面の形状によっては前後の動きができないものもありますので、裏面形状をチェックして機種選定したいところですね。

    TA-FV440の操作部分はアナログなスイッチで構成されています。
    温度はスライドスイッチの3段階、スチーム噴射はボタンを押し込むことで操作します。
    シンプルな操作機構は操作ミスを防止し、またシンプルな回路は故障リスクを低減します。

    まずは分解に先立って、スチーム用の給水タンクを外してみました。

    スチーム水のタンク自体はプラスチックで構成されており、非常に軽量です。

    主要各部にはゴムパッキンが仕込まれており、水漏れを防止します。

    給水タンクを取り外したTA-FV440です。
    よく見るとプラスタイプのビスが見えていますね。

    というわけで分解開始です☆


    TA-FV440の中身です。
    コードレスアイロンということで、巨大なバッテリーが存在すると思っていました。
    しかしバッテリーはおろか、基板の類もみつかりません。。。

    主要コンポーネントはヒーター部品と接点だけ。

    TA-FV440 コードレスアイロンのまとめ

    この時点でようやくコードレスアイロンの意味が理解できました。
    充電式ではなく、「蓄熱式」だったのですね。
    なぜこんなに安価なのか、ずっと不思議に思っていたわけですが、軽くカルチャーショックです(笑)

    いかがだったでしょうか。
    コードレスアイロンは充電式ではなく、蓄熱式だということがわかりましたね。
    実際に購入される際は量販店で持った感じや、操作感をチェックしてみてくださいね。