• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。



  • 液体プラスチック 5 Seconds FIX を試す。

    液体プラスチック 5 Seconds FIXという商品が気になったので買ってみました。
    UVレジンを固めて使うタイプの接着剤です。
    無色透明で仕上がりはキレイということで各種機器の修理や工作に活用できそうな感じ!
    というわけで早速買ってみました。

    amazonから届いた商品。液体プラスチックの入ったアプリケーターとUV LEDライトという構成です。

    5 Seconds FIXのマニュアルには簡単な利用方法が書かれています。
    要約すると、接着剤を塗って5秒ほどUVライトを当てるとのこと。
    厚みは3㎜程度まで大丈夫なようです。

    今回、この接着剤を利用しようと思ったのは、このイヤホンを修理するのが目的です。
    これはビクターのウッドコーンイヤホン初代モデルHP-FX500です。
    自然な音で聞き疲れしない、そんな音がお気に入りのイヤホンです。

    しかし、長年使ってくるとケーブル付け根部分の断線などが発生します。
    今回はこれを修理するために、 5 Seconds FIXを活用してみようという訳です。

    まずは練習ということで、部屋に転がっていた謎の基板でテストです(^^

    5 Seconds FIXペンのキャップを外してみます。
    黄色い先端のペンが現れました。黄色いキャップは反対側まで貫通しておりそのまま使えそうです。

    基板のコネクタ部分に少量塗布してみました。
    そこそこの粘度はありますが、時間とともに広がっていくような感じです。

    そして、付属のUV LEDライトを照射します。
    ひとまず説明書通りに5秒当ててみました。

    こんな感じでしっかりと固まっています。
    光を当てていない部分は硬化が弱いので、ライトの当たる範囲ごとに5秒ずつ固めていくのがよさそうです。

    続いて本番を前に、別のイヤホンコードで練習しておきます。
    これはイヤホンの延長コードですが、金具で固定していた部分の被覆が破れてしまいました。

    被覆の切れた部分を中心に、液体プラスチックを塗布していきます。

    そしてUV LEDライトを照射!
    ぐるっと360度一周分を固めました。

    仕上がりはこんな感じ。
    透明で不安があるかもしれませんが、強度も十分でしっかりと固まっています。

    続いてイヤホン本体の修復に入りましょう。
    様々なパターンで練習したのでもう大丈夫。今回は先端の黄色いゴム部品を外してみました。

    先ほどのコードと同じ要領で360度ぐるっとUV LEDライトで固めていきます。

    こんな感じでしなることもなく、十分な強度で接合されました。

    修復部分を拡大撮影してみました。
    無色透明になっているので、近くで見ない限りは修正したこともわかりません♪
    これでまだまだ数年は使えそうな感じで、大満足(^^

    イヤホンの修理で気分が良くなったので、他のものも試してみました。
    これはブログ写真撮影で活躍しているスピードライトスタンド。
    いつもNikon SB-5000をセットして使っています。

    純正品との大きな違いは、裏面にゴム足が装着されていること。
    しかしこれが頻繁に外れます。そこで5 Seconds FIXを使って補強してみようという作戦です。

    ゴム足の周りにぐるっと液体プラスチックを塗布しました。

    そして全体をUV LEDライトで固めます。
    ゴム足自体も光ってキレイですね(^^

    一般的な瞬間接着剤では得られない美しい仕上がり。
    ゆっくりと馴染む感じの粘度も相まって接着面積も大きいですね♪

    そしてもう一つ、これはパーツクリーナーのノズル部分ですがよく外れてしまうんです。
    ここにも5 Seconds FIXを使って少し接着してみました。

    最後に少々もったいない気もしますが、強度を試すための試験です。
    今回はノートパソコン用のメモリを用意しました。

    メモリモジュールの側面に液体プラスチックを塗布します。

    そして、もう一枚のメモリを貼り合わせて、UV LEDライトを照射します。
    面積が大きいので少しずつ移動させながら長時間かけて硬化させました。

    この通りぴったりとくっついています!

    強度試験ということで、少し盛って補強しておきました。

    では実験開始です。
    メモリモジュールに重量物を置いてみました。
    なかなか過酷な試験だと思いますが壊れることなく耐えてくれました。

    この試験をしていて思いついたのは、電子基板のコーティングにも使えそうということです。
    適度な弾性を有しており、ケーブル類の固定など様々な用途が思いつきますね。

    今回は3本買ってみましたが、一本あれば非常に便利な5 Seconds FIX。
    ぜひご家庭に一本いかがでしょうか。


  • GeForceGTX1060のヒートシンクを外してみた。

    GeForceGTX1060を買ってきました。早速分解してみましょう。
    普段はゲームなどしないのですが、ビデオ編集でのCUDA活用を試したいのと、今後のディスプレイ4K化なども視野に入れた投資です。

    今回購入したのはエルザジャパン製の「ELSA GeForce GTX 1060 S.A.C」です。
    メモリは6GBと3GBの2種類がありましたが、ゲームはやらないので3GBをチョイス。

    パッケージに書かれた仕様は3GB GDDR5。

    このボードを選んだ理由の一つは出力ポートの構成です。
    今後のことを考えればDisplayPortが多いのが良いとの考えからDP*3/HDMI*1/DMV-D*1というこのボードを選びました。
    ちなみにGeForce10シリーズからはアナログ出力が廃止されています。
    しかしながらDPは変換アダプタでアナログ出力にもなるので、旧来の資産を活用したいなら必須だと思います。

    パッケージを開けてみました。
    白いマニュアルが入っています。

    その奥にビデオカードが格納されていました。

    静電袋から取り出した「ELSA GeForce GTX 1060 S.A.C
    2基の大きなファンが目立ちますね。

    ファン裏側のヒートシンクにはヒートパイプを装備。
    よく冷えそうな構造です。

    HDMI以外の出力ポートにはダストカバーが装備されていました。
    不要なのですべて取り外します。

    出力コネクタです。
    DVI-D出力以外はコンパクトにまとまっていますね
    スリット面積も多いので冷却面でも有利に働くでしょう。



    ビデオカード裏面です。

    ビデオカードにはNVIDIA CORP / MODEL:PG410の文字。
    昔と違ってリファレンスデザインのカードばかりの時代。あまり面白くありませんね(^^;

    カードは2016年38週製造。

    GeForce1060チップ裏面の様子です。
    やはり大電力を消費することもあって、チップコンデンサが大量に並んでいます。

    基盤裏面も見飽きたので、表面の六角ネジを外してみましょう。
    一般的なサイズのものなので、ミリ規格の六角レンチで簡単に外せます。

    6本とも外れました。

    六角ネジを外し終えたビデオカード。

    ネジで止まっていた黒いカバーを持ち上げると、簡単に外れました。

    この化粧カバーはプラスチックかと思いきや、粉体塗装のアルミ製でした。
    放熱効果は謎ですが高級感という点ではなかなか良いのではないでしょうか。

    アルミ製の化粧カバーを外すと、冷却ファンロック用のツメがありました。

    爪を持ち上げることでファンは簡単にはずせます。

    ファンのケーブルとヒートシンクが接触する部分には、被覆保護用のシールが貼られていました。
    なかなかキッチリと作りこんでありますね。

    搭載されるファンは、「COLORFULL」ブランドのもの。
    スリーブベアリング仕様の12V 0.28A品です。

    両方のファンを外しました。大きなヒートシンクが目立ちますね!

    ちなみにファンは左右同一型番ですが、右側は4ピン仕様、左側は3ピン仕様となっていました。
    通常時は両方のファンが停止しており非常に静かなのも良いところ。

    ヒートシンク自体の厚みはそれほどありません。
    通常の2スロット仕様品といった感じ。

    ヒートパイプ部もキレイに仕上げられています。

    では先ほどのヒートシンクを外してみましょう。
    GPUチップの4隅にスプリング付きのネジがあるので、プラスドライバーで外します。

    すべて外れました。
    黒いシートはショート防止用の絶縁シートなので、剥がさずそのままにしておきましょう。

    ヒートシンクが外れました。

    ヒートシンクとGPUチップの接触面は一般的なサーマルグリス仕様。

    ヒートシンクが外されたビデオカードです。
    まだ黒いカバーに覆われていますね。

    GeForceGTX1060 GP106-400コアです。
    クロック1506MHzですが、GPU Boost機能によって1709MHzまでクロックが可変するようです。

    GPUは関係のないところまでグリスが付着していますが、ほっときましょう(笑)

    では、続いて残ったアルミプレートを外します。
    ネジは裏面の様々な箇所に点在していますので、忘れずに取り外しましょう。

    計7本のネジを外しました。

    アルミプレートがパカッと外れました。
    裏面には放熱用の熱伝導ゲルシートが貼り付けされていますね。

    冷却対象はメモリチップ。

    もう一つは電源用のFETチップでした。

    冷却用パーツをすべて取り外した状態です。

    搭載メモリはSamsungの「K4G41325FE-HC25」を搭載。
    4Gb 170PinFBGAパッケージのDRAMです。

    電源ICにはALPHA&OMEGA SEMICONDUCTORの「AOE6930」を搭載。
    30V デュアル非対称型NチャンネルMOSFETですね。

    電源は4系統あり、GPU用に3フェーズ、一つはメモリ用でしょうか?

    映像出力コネクタ周りは完全デジタル化に伴い、部品はほとんどありません。

    このカードはおよそ120Wの消費電力なので、補助電源コネクタは6ピンタイプが一つ。

    いかがだったでしょうか?
    物々しいヒートシンクを外せば、出てきたものは非常にシンプルな基板でした。
    映像出力を含めて完全デジタル化されており、分解してもあまり面白味はないかもしれません(笑)

    ビデオカードといえば各社横並びの性能ではありますが、ファン停止機能による静音性や、出力コネクタの汎用性などは、おススメしたいポイントになりますね♪