• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • PNL-D850G 格安アルカスイス互換L型プレートを買ってみた。

    D850を購入してから真剣に?写真を撮影する機会が増えてきました。先日、人物撮影の機会がありバンガード製の三脚を購入したのですが、アルカスイス互換の雲台が装備されていました。今回はそれを活用するために、PNL-D850Gというアルカスイス互換のL型プレートを購入してみました。

    今使っているカメラ機材。
    Nikon D850 + 「MB-D18互換グリップ」、レンズはNikkor 50mm F1.8の安いやつです。

    今回新たに購入したバンガード製の三脚「VEO 2 264CB」です。
    カーボン製で軽量かつコンパクトに折りたためる構造なので、野外での撮影などにぴったり。持ち歩きも苦にならず、剛性も必要にして十分です。

    VEO 2 264CB」の雲台部分には「VEO 2 BH-50」という型式の自由雲台が付属していました。
    この部分がアルカスイス互換となっているため、カメラ側に専用のプレートを付けてみたい衝動にかられました。

    VEO 2 BH-50」にはこのような角形のプレートが付属しており、カメラに固定して使用します。

    ちなみにアルカスイス方式というのは、このようなレールになっており、クランプ側はネジで幅を調整し、プレートを挟み込んで固定するものです。
    クランプの真ん中に飛び出たピンは、プレートの脱落を防止するためのストッパーです。

    アルカスイス方式の使い方は、このようにクランプを開きます。

    そして、プレートを溝に合わせてクランプの上にはめ込みます。

    そのままクランプのネジを回すことで、簡単かつ確実な固定が可能となります。

    VEO 2 264CB」付属のプレートはこのように小型の物です。

    D850 + 「MB-D18互換グリップ」の組み合わせで装着すると、若干不安な気持ちも。

    VEO 2 264CB」で実際に固定してみると不安はなく強度は十分でした。
    しかし、運搬時にプレート自体が回転方向に回ってしまうというトラブルを経験し、あと少しでカメラを落下させるところでした(^^;

    そこで、持ち運び時の回転落下防止も含めて、大型のアルカスイス互換プレートが欲しくなったという訳です。
    今回購入したのは「SUNWAYFOTO」の「PNL-D850G」です。

    amazonにて購入しましたが、このような中国語のパッケージで届きました。
    スペックは以下の通りです。
    ・型式 PNL-D850G
    ・長さ 87mm
    ・幅 69mm
    ・高さ 134mm
    ・ネジ規格 UNC 1/4″-20
    ・重量 126g

    早速ですがパッケージを開封してみました。
    PNL-D850G本体に加え、持ち運び用の巾着袋と固定用の六角レンチ、マニュアル等が入っていました。

    VEO 2 BH-50」付属のプレートと比較すると、この存在感!

    側面にはSUNWAYFOTO PNL-D850Gと印字されていました。
    SUNWAYFOTOのロゴマークですが、日本のJIS規格〄ロゴに何故か似ているように見えるんですよね(笑)

    材質はアルミ製で、「MB-D18互換グリップ」を装着した状態で使える大型のタイプです。
    各部の角は丸く面取りされており、手で触れても痛いような箇所はありません♪

    ちなみにネジ部分はこのように設置面積が大きく確保されているので、「VEO 2 BH-50」付属の小さなプレートのような不安感は一切ありません。

    PNL-D850G」を「MB-D18互換グリップ」に装着してみました。

    プレートの接地面はグリップのカーブに合わせた設計となっており、ぴったりフィットしています。

    大きく開いたL型部分の箇所はバッテリー室と接触しないよう適度なクリアランスを確保。

    なので、プレートを固定した状態でもバッテリー交換に支障はありません。
    実によく考えられた形状ですよね。

    このようにバッテリーの出し入れも非常にスムース。快適そのものです☆

    ちなみにプレート下部には三脚ねじ用の穴が確保されており、プレート装着状態のままアルカスイス以外の方法で固定することも可能です。

    内蔵バッテリを交換する際はバッテリーグリップを取り外しますが、この着脱に際してもL型プレートは装着したままで問題ありません。

    D850 + 「MB-D18互換グリップ」+ 「PNL-D850G」という状態の写真です。
    確かに本体は大きく重くなりましたが、カメラ本体の保護にもなりますし、なにより見た目がカッコいいですよね☆

    ちなみにPNL-D850Gを装着した状態でも、カメラの各種インターフェイスへのアクセスは問題ありません。

    では実際に「VEO 2 264CB」へ装着してみましょう。
    一般的な使い方としては、このように本体下部のプレートをクランプで挟んで固定します。
    重心センター部には白いラインが印字されているので、それを目安に装着すると良いでしょう。
    またプレート側にも落下防止のビスが打ち込んでありますので、安心感が高いです。不要な方は付属の六角レンチで取り外すことも可能です。


    ちなみにL型プレートのメリットはこのように縦撮りでも使えること。
    縦横どちらでも装着できる形状なのでL型プレートと呼ばれています。

    落下防止のビスも打ち込んでありますので、このような方向で使っても安心ですね。

    しっかりとした三脚があれば、縦横自由自在に使えるアルカスイスプレートは大変便利です。
    実際に野外で使ってみてもっと早い段階で導入しておくべきだったと感じました。

    ある程度の投資金額は必要ですが、撮影効率や安心感のためにも導入を検討されてみてはいかがでしょうか?



  • DOOGEE BL12000 Proを分解してバッテリーを見てみた。

    DOOGEE BL12000 Proを入手したので、その特徴的ともいえる大容量バッテリーをチェックするべく分解してみました。
    やはりギネス登録されたとも言われている12000mAhというバッテリーが気になりますよね。

    では実際にスマホの開封から簡単な分解までやってみたいと思います。
    DOOGEE BL12000 Proのパッケージ。ブラックを基調としたシックなデザインです。
    パッケージにDOOGEE BL12000 Pro Be long time , belong to youの文字。
    やはり大容量バッテリー搭載というのがメーカー的にも売りのようですね♪

    DOOGEE BL12000 Proパッケージの裏側です。
    カラーはLake Bule。RAM 6GB + ROM 64GBとなかなかのハイスペックな仕様となっています。
    デュアルSIM仕様という事でIMIE番号は2番号付与されています。

    DOOGEE BL12000 Proのパッケージを開けてみました。
    まず見えたのは本体ですが、白い袋に包まれています。

    内容物をすべて取り出してみました。
    ・DOOGEE BL12000 Pro本体
    ・ACアダプタ
    ・OTGケーブル
    ・MicroUSBケーブル
    ・SIMカードスロットピン
    ・液晶保護フィルム x2(1枚は貼り付け済み)
    ・背面保護フィルム x2(1枚は貼り付け済み)
    ・取り扱い説明書
    ・保証カード

    まずはACアダプタとケーブル類をチェックしてみましょう。
    DOOGEE BL12000 Pro付属品の基本カラーはすべてブラックで統一されています。

    まずは付属のUSBケーブル。
    最近はやりのTYPE-Cではなく、一般的なMicroUSB Type-Bを採用。
    どちらを採用するかというところではユーザーの環境によりますが、まだまだType-Bの方が一般流通量も多いのではないでしょうか。

    続いて付属のOTGケーブル。
    もちろんこちらもMicroUSB Type-B仕様です。

    続いてSIMカードスロットピン
    金属板1枚の物でなく、樹脂で持ち手が形成されており扱いやすいですね☆

    続いてACアダプタです。
    差し込み口は一般的にCタイプやSタイプといわれるヨーロッパ向けタイプです。

    充電にはFast Charger 3.0と書かれた付属のACアダプタが便利そうです。
    Fast Chager 3.0と書かれていますが、出力電圧が5V/7V/9V/12Vそして各電圧での電流は3Aとなっており、規格的にはMediaTek PumpExpress+に相当するもののようです。
    Helio P23のPumpExpressバージョンに関する情報が見つからないのですが、DOOGEE BL12000 Pro本体側はおそらくMediaTek PumpExpress3.0に対応した物だとおもわれます。
    日本では一般的なQualcomm Quick Charge3.0とは違う規格のなので、この付属のアダプタは変換プラグ等を利用して大切に使用しましょう。

    ではDOOGEE BL12000 Proをチェックしてみましょう。
    こちらは表面ですが、フレーム周辺のレイクブルーのカラーが鮮やかですね。

    そして裏面です。
    元からカバーが装着されていたので、まずはカバー装着状態で写真を撮ってみました。

    DOOGEE BL12000 Pro本体正面です。
    特徴的なのはフロントカメラまでもデュアルカメラになっている点ですね。
    右側はワイドアングルカメラ、左側が通常のカメラとなっているようです。
    その他ボリュームキーと電源キーの配置も一般的なモノなの使いやすいのではないでしょうか。

    つづいてDOOGEE BL12000 Proの裏側です。
    こちらもフロントに続いてデュアルカメラ仕様です。つまり合計4基ものカメラを搭載しています。
    カメラの下には指紋センサーも搭載。DOOGEEの技術力はなかなかものですね(^^)

    では最初から貼られている保護ふぃむるを剥がしてみました。
    新品状態で液晶保護フィルムが貼り付けされているので、汚れたりするまではこのまま使えそうです。
    6インチフルHD+液晶という事で、解像度は2160*1080となかなかのモノ。

    そして背面です。パネルの仕上げも大変美しく、安価な中華スマホとは思えない仕上がりの良さです。

    本体下部には通話用マイク、ステレオスピーカー、充電用MicroUSB端子を搭載。
    厚みを感じさせないデザインとなっています。

    リアカメラ部分です。1600万画素+1300万画素のデュアルカメラとなっています。
    画像合成による、いわゆるポートレートモードも使えるようになっています。

    カメラ部分を拡大してみました。
    ちなみに1300万画素側のカメラはPhase Detection AF、つまり像面位相差AF搭載となっており高速なAFが可能。
    2基のカメラはレンズ形状が異なっており、異なる画角の写真を同時にとり、ソフトウェア合成することが可能となっています。
    また単純にズームレンズとしての運用も可能で、x1.5倍の工学ズームによる撮影が可能です。

    特徴的なフロントカメラも見てみましょう。
    こちらもデュアルカメラとなっており、F2.0 800万画素のスペック。
    リアカメラ同様に違ったレンズを搭載する仕様となっています。

    つづいてサイドボタン部分。
    上から音量大、音量小、電源ボタンの順に並んでいます。一般的な配置なので使いやすさは問題ありません。

    また側面部は美しくデザインされており、掌に触れる部分は角がとられたデザインです。
    厚みを感じにくいように細心の注意が払われていますね。

    続いて本体上部。
    昨今ではどんどん廃止されていくイヤホンジャックですが、DOOGEE BL12000 Proではもちろん搭載。
    Bluetoothの腐った音では満足できないあなたも大丈夫ですね(笑)

    続いて本体サイズを計測してみましょう。
    幅は76mmと、最近のスマホでは一般的なサイズですね。

    そして高さは163mmほど。
    こちらも最近のフルHD+液晶を採用するモデルとしては一般的ですね。

    最後に厚みです。
    15mmという事で、これも一般的。。。ではありませんね(笑)
    手に持ってみると中々の存在感があります。

    ちなみに重量はSIMカード、SDカード無しの状態で320gとiPad mini4より16gも重たいです。
    これは世界最大容量のバッテリーを搭載している関係上仕方ありませんが、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がないという点では軽さにつながるかもしれませんね。
    たとえば、「Anker PowerCore 10000」だと重量は180g、これにケーブル類を持つことを考えれば十分許容範囲だと思います。

    SIMカードスロットは左側面に装備されています。

    付属のSIMカードスロットピンを使ってトレイを抜き出してみましょう。

    SIMカードトレイです。
    NanoSIM+NanoSIMまたはNanoSIM+MicroSDによる運用が可能となっています。
    本体側のROM容量は64GBありますので、デュアルSIM運用としても問題なさそうですね。

    ではここでマニュアルをチェックしてみましょう。
    しっかりと日本語で書かれたマニュアルもあります。また怪しげな翻訳などもなく安心して使えますね。
    とくに大容量バッテリーに関する注意事項は何度も書かれており、「電子レンジやストーブなどで電池を加熱すると爆発することがあり危険なのでやめてください。」の文言は1ページに2度も登場します。やはりメーカーとしての責任、安全意識の高さがうかがえますね(笑)

    本体スペックなども日本語で書かれており安心感があります。
    ・SOC Helio P23 MT6763T,cortex-A53@2.5GHz*8
    ・GPU mail-G71 770MHz
    ・RAM 6GB
    ・ROM 64GB
    ・バッテリー 12000mAh

    では早速電源を入れてみましょう。
    OSはAndroid7.1搭載となっており、違和感なく利用できます。

    DOOGEE BL12000 Proでは、日本語での表示も問題ありません。

    液晶画面に関しては、視野角、発色、輝度などいずれも格安スマホとは思えない仕上がり。

    液晶画面の角は丸い仕上がりとなっており、最近のトレンドはしっかり採用されていますね。

    本体を起動するとAndroid7.1.1へのアップデートが始まりました。

    再起動中の画面ですが、解像度が高く何が書いてあるのか分かりませんね。

    目を凝らしてみると、「システムアップデートをインストールしています」の文字でした☆

    では動作確認を兼ねてベンチマークなどもやってみましょう。
    中華スマホでは初期不良なども何度か経験しているので、これは必須作業です。

    まずは最大負荷をかけるという事で、設定画面からバッテリーモードを「高性能モード」へ

    Antutuベンチの結果は83241でした。なかなか健闘していますね。

    また中華スマホでは必須の真偽判定。今回の端末はすべて公式スペック通りという事で、純正品の判定でした☆

    端末スペックの確認画面です。

    RAM 6GB/ROM 64GBと公式スペック通り。

    ディスプレイ解像度は1080*2160と最近はやりのワイドタイプ。

    マルチタッチ数は最大5でした。

    画面上のバッテリー容量は11500mAhとなっていましたが、まぁ誤差の範囲でしょう。

    続いてカメラ機能をチェックしてみましょう。
    カメラのオプションは様々ありますが、ZSDや顔検出など必要と思われる機能は一通り押さえていますね。

    続いて撮影プレビュー画面の様子です。
    これはボケモード(bokeh mode)の画面です。左右のスライドバーでボケ味を調整できますが、基本的には周辺ボケ仕様のようです。

    DOOGEE BL12000 Proで実際に撮影してみました。
    通常モードで撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    つづいてボケモード最大(Bokeh mode max)で撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    つづいてボケモード最小(Bokeh mode min)で撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    最後はフロントで撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    カメラ画質に関しては暗部が弱い、中華スマホのソレといった感じです。
    しかしが、解像感などは数年前のメイン800万画素時代の物とは比較にならないほどの進歩ですね。あの時代の中華スマホのカメラは酷かったですから。。。

    では、そろそろバッテリーの様子を調べてみることに事にしましょう。
    DOOGEE BL12000 Pro本体の4隅を見てみると、プラスタイプのビスがあります。

    試しに精密ドライバーでクルクル回してみると。。。
    4本とも簡単に外すことが出来ました。

    あとは隙間を広げながらバックパネルを剥がすだけ。
    バッテリー固定金具に両面テープで強力に接着されていますが、バッテリー本体とは別部品なので力を入れて引っ張ってもバッテリー本体へのダメージはありません。
    気合を入れて一気に剥がしましょう♪

    DOOGEE BL12000 Proの分解写真です。
    基本的には以前に分解した「DOOGEE X5 Pro」と同じ設計思想の部品配置となっていますね。

    本体上部にはデュアルカメラ、指紋センサー、カメラフラッシュなどが装備されています。
    上部のシール状のものはアンテナ部品ですね。

    そしてDOOGEE BL12000 Proのバッテリー本体です。
    12000mAh ORIGINAL BATTERYと記載されています。
    基本的なスペックは以下の通り。
    ・Standard Voltage 3.8V
    ・Battery Type Li-ion 12000mAh(45.60Wh)
    ・Model BL12000 Pro
    ・Charging Vlotage Limiting 4.35V

    ちなみにバッテリー本体はこのように金属製バンドで本体に固定されています。
    大容量ゆえに、外部からの衝撃で簡単に外れるような構造では危険という事でしょうか。

    バッテリ本体を横から見てみましょう。
    なんと2階建て構造になっており、それぞれ6000mAhのセルになっているようです。
    バッテリーの入手性を考えれば、同社BL5000で採用しているようなクラスのセルを複数搭載することにメリットがあったのでしょう。
    見てわかる通りバッテリーだけが巨大ではなく、本体自体は無駄なスペースもなくキッチリと作りこまれている印象です。

    バッテリー本体は8本のビスで本体フレームにガッチリと固定されているので、落としたりした程度では飛び出す心配はなさそうです。

    ちなみに本体は基本的に樹脂製となっていますので、バッテリーの事を考えても過度の衝撃などは避けた方がよさそうですね。もっともスマホ全般に言えることですが。。

    最後にベンチマーク時の動画を載せておきます。



  • PRN3D EVOLUTION KIT 拡張コントローラを買ってみた。

    久しぶりの3Dプリンタネタです。今も依然組み立てたマイクロファクトリー製PRN3Dを使っていますが、スタンドアローン動作が可能になるエボリューションキットというものが追加発売されたので購入してみました。

    オンラインで注文して数日で到着したパッケージ。早速開封してみましょう。

    開封すると伝票が入っていました。
    価格は約2万円ほど、そこそこのお値段ですがメーカー純正のキットという事で安心して使えることを考えると妥当な価格でしょうか。

    外箱を開封してみました。中にはさらに段ボール箱がはいっており、その他には樹脂成型パーツやケーブル類などが入っています。
    順番にチェックしていきましょう。

    まずはビス類の入った袋とリストです。

    このように個別に梱包されているので、組み立て時に間違って使う事もありませんね。
    ちょっとしたことですが、うれしい配慮です(^^

    続いて樹脂成型パーツです。
    PRN3Dで作られたもので、精度はそれなりです。
    データも公開されているので、オリジナルでカスタムしながら作り直せば大丈夫ですね。

    まだ説明書などはチェックしていませんが、完成イメージはこんな感じでしょうか。

    LCDパネル部分にはMICRO FACTORYのロゴも入っています。
    ここは、mazu-bunkai.com仕様に変更しようかなとも考えています♪

    樹脂ケースの裏側です。
    基板やLCDパネルが収まるように工夫された形状になっています。

    段ボール箱の中にはコントローラ基板が格納されていました。

    そしてもう一つはLCDパネル付きの基板セットです。

    既存のPRN3Dに組み込むための各種ケーブル類も付属しており、簡単に装着できそうですね。

    まずはコントローラ基板からチェックしてみましょう。
    すでにモータードライバも実装された状態となっていますね。

    まずはコントローラ基板の裏面です。
    特に部品は実装されておらず、MKS Makerbaseのロゴが印字されています。

    ではコントローラ基板の表面をチェックしてみましょう。
    ここでは撮影のためにコントローラ基板からモータドライバを取り外しています。
    基板型式は「MKS Gen_L V1.0」となっています。
    モータードライブ回路は計5回路実装されており、エクストルーダー系が2系統コントロール出来るようです。

    搭載チップはATMEL製のATMEGA2560です。
    256KBフラッシュ搭載で16BitPWMが12chとコントローラ基板にははぴったりですね。

    ヒーター系の駆動には40N03 FETを搭載しています。
    最大40Aまで対応したチップなので容量的には安心ですね。

    コントローラ基板から取り外したモータードライバです。
    X軸、Y軸、Z軸、エクストルーダーと4系統装備されています。

    モータードライバはMKS 8825 Ver1.1を搭載。
    標準搭載のDRV8816からDRV8825に変更となりますので、動作音にも変化が出そうですね(^^

    つづいてLCDパネル付きの基板です。
    バックライト付きの液晶パネル基板と、赤い基板がセットになっています。

    赤い基板にはRepRapDiscount Full Graphic Smart Controllerと記載されています。

    赤い基板にはマイクロスイッチ、圧電スピーカー、ロータリーエンコーダが装備されています。

    LCDパネル付きの基板の裏面を見てみましょう。
    コントローラ基板に接続される黒いコネクタが2個とSDカードスロットが装備されています。

    樹脂パーツに装着して装着イメージを確認してみましょう。
    専用設計のパーツという事もあり、ぴったり収まって良い感じですね☆

    すべて組み上げてみると中々良い感じですね♪
    PRN3D自体も様々なカスタムを行っているので、そのまま装着は出来ませんがそこも含めて楽しんでみたいと思います。