• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを分解してみた。

    レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを入手したので早速分解&改造してみることに。
    まず分解。は基本的にAndroid派なのです。
    今回はケースを装着してみたい気持ちから、ほとんど使ってないiPhoneを取り出してみました。

    数か月ぶり?に充電すると無事に起動したiPhone7
    一応SIMフリーで128GBあるのでそれなりには使えるハズ(^^;

    裏面にはどこの家庭にも転がっている、カッティングプロッタで切り出したURLステッカー。
    今回のケースを装着すると見えなくなるというオチもありますが。。

    今回購入したiPhone用ケースです。
    iPhone7/8両対応なので、カメラ穴は大きめになっています。

    そして何故かケース内側に電池ホルダーのようなものが。。。
    ココにはCR2032バッテリが入るようになっています。

    なぜ電池が必要なのか??
    そう、この形状からわかる通り実際にゲームが出来るiPhoneケースになっています。

    では早速分解してみましょう。
    ケース内面のシールにはビスが隠された場所があります。
    指で押さえればすぐにわかるので、そのまま精密ドライバーを突き刺して分解しましょう。

    というわけで、数本のビスを外すと、内ブタがパカッと開きました。

    基板と液晶モジュール、スピーカーなどを取り外します。
    特に固定もされていないので、持ち上げるだけで簡単に外れました。

    ケース内面はこのようになっています。
    液晶部分にはプラスチック製の保護カバー、各種ボタンはメンブレン仕様です。

    ボタンはブラック、グレー、レッドとゲームボーイ風のカラーを再現。

    メイン基板と液晶モジュールをチェックしてみましょう。
    こちらの面は基板に部品は搭載されていません。液晶モジュールと基板はヒートシールコネクタで接続されています。

    反対面を見てましょう。

    メイン基板の要は、中央部の黒いCOBパッケージ。
    チップコンデンサ等の外部部品は見当たりません。なかなかの集積度ですね(笑)

    このようなケースで気になるのは、画面部分へのホコリの侵入でしょうか。
    幸いこのプラスチック製の窓は全周が両面テープで接着されており、ホコリの侵入は大丈夫な感じ。

    しかし、裏面は液晶が置いてあるだけで隙間だらけなんですね。
    このままだと持ち運びしている間にホコリが侵入しそうです。

    そこで、今回は特殊な両面テープを用意しました。
    主にスマートフォンの防水シールや液晶パネルの固定に使われている高機能な両面テープです。

    このように細く、薄いので今回のようなシール作業には最適です。

    液晶パネルが接触する部分全周に両面テープを貼り付けました。
    角の部分を含めて隙間ができないように施工しましょう。

    そして離型紙を剥がしましょう。
    この時、画面部分に傷をつけたり汚れを付けないように注意が必要です。

    そして液晶モジュールをペタリと貼り付けます。
    シッカリと押さえつけて接着しましょう。

    最後にメンブレンのボタン類を戻してから、基板を戻します。

    無事に組みあがった、ゲームボーイ風iPhoneケース。
    これでボタン部分やカメラ穴部分からのホコリ侵入にも強くなりました。
    また液晶をキッチリと接着したことでケース自体の剛性も格段にアップしています。

    正面から見ればiPhoneそのもの。特に違和感のないデザインが良いですね。

    このようにiPhoneの携帯性を損ねることなく、ゲームボーイ風のデザインに仕上がっています。
    電池を入れなくてもケースとしてもなかなかの質感で、ボタンが押せるあたりなかなか楽しいですね。

    ケースとしては少々厚みがありますが、iPhone本体をしっかり保護してくれると考えれば問題ないレベルです。

    実際に持ち歩いてみると、ゴム製のボタンが滑り止めの役目も果たすため、思った以上に機能性の高いケースでした。
    もしiPhoneのバッテリが切れても、ゲームボーイ部分はボタン電池のみで動作するので、暇つぶしにもぴったり。

    思いのほか高い質感に満足しています。
    ゲームボーイ風のイラストが印字されたようなケースとは一線を画す、素晴らしいケースです。
    価格も安いので試してみてはいかがでしょうか?


  • aceyoon製の汎用ノートPC用AC変換プラグを買ってみた。

    先日の記事で「FINsix DART風アダプタ」について掲載しましたが、付属プラグの本数が少なくThinkPadに対応できないなど致命的な問題点も。
    という訳で、電圧さえ合えば問題ないとの考えでamazonを探したところ「変換プラグ38個セット」という物を見つけてしまいました。
    しかも価格は980円と格安なので、これは試してみるしかないでしょう(^^

    ポチッとして翌日に届いた変換プラグセット。
    右側はFINsix DART風のINLONG製の65Wアダプタです。

    変換プラグは「aceyoon」という中国のメーカーになります。


    ビニール袋を開けてみました。
    中には記載通り38種類のプラグが入っています。
    それにしても凄い種類と本数です。USB TYPE-Cは含まれていませんが、それ以外なら何でも対応できそうな勢いです。

    ちなみに、付属マニュアルは日本語表記なので、プラグ仕様もわかりやすくて良いですね。

    一部サイズの大きなプラグは固定されていませんでした。DELL用やHP用がそれにあたります。

    このように非常に細いプラグや、イヤホンジャック形状の物まで含まれています。
    使い方を誤ると非常に危険ですね(笑)

    このプラグセットは入力側がすべて同一形状で、外径5.5mm/内径2.1mmの汎用DCプラグとなっています。
    なのでこのタイプの出力に対応したアダプタであればすべて変換OKです。

    今回はINLONG製の65Wアダプタに、外径5.5mm/内径2.1mmで電圧19Vのアダプタをセットしました。
    この先端に38種類すべてが接続可能となります。

    INLONG製の65Wアダプタにaceyoon製変換プラグをセット。
    まさに夢のコラボレーションです。

    INLONG製の65Wアダプタが標準で対応していなかったThinkPadにも対応。
    若干電圧が低いですが、問題なく充電にも対応できています。

    この写真ではTOSHIBA、LENOVO、DELLと主要ノートメーカーすべてでテストしてみました。
    いずれも正常に動作しており、活用の幅が広がりました(^^

    このように大変便利な変換プラグですが、電気の事を理解したうえで利用するようにしてくださいね。
    電圧や電流など基本知識が無い状態で、プラグ形状のみで接続すると大変危険です。

    あくまで自己責任での世界となりますが、電圧などの関係を良くチェックしてから使うようにしましょう。



  • FINsix DART風の格安ACアダプタを買ってみた。

    愛用していたFINsix DARTが故障したので、amazonでそれっぽい格安のアダプタを買ってみました。
    名称はFINsixではなく、INLONGというもので、価格が非常に安価なのでお試しにはよさそうな感じ(^^

    早速届いたINLONG製の65Wアダプタ。
    デザインは某アダプタ(笑)のソックリさんですね。付属のプラグはビニール袋に入っていました。

    INLONG製アダプタの付属プラグを袋から出してみました。
    プラグの種類は6種類とFINsix DARTに比べると少なめです。


    INLONG製ACアダプタの表示部。
    品名:MINI CHARGER
    入力:100-240V 1.5A 50/60Hz
    出力:18.5-20V 3.65A
    FCC、CE、RoHSなどの各種規制に対応しているようです。。。

    ではINLONG製ACアダプタのサイズを測ってみましょう。
    長さは69mmとなっており、本家FINsixの70mmと比較して1mmコンパクトに。

    ちなみにACプラグ部分を含めた長さでも86mmとコンパクトです。

    幅は35mmとなっており、本家FINsixの33mmより少し大きめ。

    そして奥行きは30mmと本家FINsixの27mmに比較して3mmのサイズアップ。

    体積的には少し大きい感じもしないでもないですが、感覚的には変わらないですね。
    そして大きな違いとして、本家FINsixでは着脱式となっていた本体側のプラグが一体化。
    自分的にはコネクタが増えることはトラブルの元と考えているので、これは有難い配慮ですね。

    そしてプラグ部分のコネクタは3P使用となっています。
    詳細は調査していませんが、抵抗値で出力電圧を切り替えるタイプでしょうか。

    では付属プラグをチェックしてみましょう。
    付属は6種類となっており、対応機種は若干少なめ。

    本家FINsixより優れた点もあり、このように出力電圧が記載されています。
    これは使うときの安心感としてぜひ表示してほしいモノです。単純にうれしい配慮☆

    では実際にINLONG製ACアダプタを使ってみましょう。

    まずはACアダプタのタイプが判別可能なDELL製ノートでチェック。
    FINsixでは正しく65Wと認識されていましたが、INLONG製ACアダプタは65Wにも関わらず90Wとして認識。
    要求電力の小さなサブノート類では問題ありませんが、ワークステーションタイプのノートには注意が必要ですね。

    では実際に電源を入れてみましょう。
    ノートパソコンはバッテリ搭載状態で22wの消費電力。この状態では発熱含めて全く問題ありませんね。

    ではINLONG製ACアダプタのフルパワーに近いテストという事で、バッテリーを外してベンチマーク起動です。
    消費電力は53Wという事で、約80%程度の負荷となります。(ACからDCの変換効率は無視してます)

    この状態で1時間ほど放置してみました。
    故障することなく正常に動作し続けていますが、筐体温度は45~46℃の状態で安定しました。
    本家FINsixでも45℃程度だったことを考えるとなかなか頑張っていますね(^^

    ではINLONG製ACアダプタですが、価格はFINsixの4分の1程度と非常に安価ですが今のところ問題なく利用できています。
    電源波形など詳細は調査できていませんが、この価格であれば気軽に試してみようと思えるのが良いですね。