Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

タペット調整 ホンダフィット GD3

自動車

タペット調整作業です。対象はホンダフィット GD3 20万キロ走行車です。
エンジンのヘッドカバーを分解するということで、デジイチ片手に高解像度で撮影しました(^^
今回の対象は HONDA FIT GD3 1500cc 5MT 平成16年式車両です。

まずはボディに傷を付けないように、作業用カバーをかぶせます。

DSC_4205

続いてエンジン上部の化粧カバーを外します。
ボルト2本で簡単に固定されているだけです。

DSC_4204

化粧カバーを外すと、アルミ製のヘッドカバーと、樹脂製のインテークマニホールドが見えました。
この車はインテークマニホールドがヘッド上部を通過しているので、まずはこれを外す必要がありますね。。。

DSC_4203

インテークマニホールドです。
最近は高機能樹脂が色々あるので、このような高温部でも平気で使える時代になったんですね。
インマニ=アルミ という考えはもはや時代遅れのようです(汗

DSC_4207

エアクリーナーBOXを外しました。
写真中央はスロットルバルブですが、若干加工しているため、通常のものより内径が大きくなっています。
写真から肉厚の薄さが分かるでしょうか?

DSC_4209

普段からKUREエンジンコンディショナーを利用しているので、スロットル部の汚れはほぼ皆無ですね(^^
効果を実感できてよかったです。

スロットルボディのインマニ側です。
若干ススがたまっているようですが、20万Kmの走行距離を考えれば、概ね状態は良好だと思います。
コチラもKUREエンジンコンディショナーの効果が出ているようです。

DSC_4226

インテークマニホールドを外しました。
ここはスロットルボディとの接合部ですが、ゴムパッキンでしっかりと密着するようになっていますね。

DSC_4210

続いてインテークマニホールドのエンジン側です。
左端のポートが若干汚れているような気もしますが、EGRの影響だと思います。

DSC_4212

続いて、ヘッドカバーを固定しているボルトを緩めいていきます。
後方排気エンジンということもあり、この工程に到達するまでが大変ですね。

DSC_4213

すべてのボルトを外すと、パカッとヘッドカバーが外れました。
DSC_4214

取り外したヘッドカバーの様子。
オイル交換時期に作業したこともありオイル色は褐色です。
スラッジ等の付着は無く、問題なさそうですね。
DSC_4227

エンジンカム部分です。
ここもアルミの鋳肌が見えていますので、汚れという汚れは付着していません。
やはりオイル色が気になるところです。
ちょうど2900kmほど使用したオイルでこの色になっています。
DSC_4218

タイミングベルトはチェーン式のエンジンなので、ここもオイル潤滑がされていますね。
DSC_4217

ロッカーアーム部の拡大写真。
今回はマクロレンズを利用したので、色々な角度から写真を撮りました。
このネジを調整して、バルブ部分とのクリアランスを調整する作業になります。
DSC_4219

ちなみにホンダフィットのロッカアームはローラーロッカー式。
このようにカムとの接触部分にローラーが装備されており、接触抵抗を減らすようになっています。
DSC_4224

ローラーロッカーの接触するカム部分です。当たり面は色が違っていますが、特段磨耗している様子は見られません。
この方式のロッカーアームはローラー部のガタで音が出る場合もあります。
DSC_4223

圧縮上死点を出すためには、運転席側のタイヤを外してクランクシャフトを回します。
このネジ部にレンチ等を差し込んで、手で回すとOKです。
カム部スプロケの合いマークが上部に来るまでまわします。
DSC_4230

その状態で、シクネスゲージを差し込んで規定値にあわせこんでいきましょう。
DSC_4231

このようにマイナスドライバーとメガネレンチを使って隙間を調整し、固定します。
固定した後は確認のために再度計測すると良いでしょう。
DSC_4232

ちなみにスキマの規定値はIN側/OUT側でも違ってきますし、エンジンによっても違います。
またレース用などでは独自のノウハウで調整されることもあるそうです♪

コメント