iPhoneバッテリー交換失敗による炎上

iPhoneバッテリー交換失敗の事例です。
バッテリー交換はポピュラーな作業だと思われますが、高容量のリチウムイオン電池は非常に危険な存在です。
今回はバッテリー交換における安全面のお話をしておきたいと思います。

【安全作業のポイント】
●バッテリー交換前にはバッテリー残量をゼロにしておく。
●作業中のショートを防ぐため、外したコネクタにテープを巻いておく。
●やむ得ず、ヘラ等を使用する場合は、樹脂製の幅広タイプを使う。

最近ではサムスン製のギャラクシーノート7爆発が世界各国で発生しており、リチウムイオンバッテリーの危険性も世の中に浸透してきたのではないかと思います。

この写真はiPhone5Sですがバッテリーを引き剥がす際に無理な力を加えた結果、バッテリーが発火したという事例?です。
(※知り合いから頂いた写真です)
1449295051758

交換用バッテリーはAmazon等でも簡単に入手できますが、作業の前に一読いただければ安全を確保できると思います。
特にiPhone5以降の機種ではバッテリーの両面テープが非常に強力なものとなっており、無理に引き剥がすとバッテリーセルをキズ付けて恐ろしい事故に発展する恐れがあります。

iPhone5C/iPhone5S/iPhone6の場合は両面テープを横から引っ張ることで取り外す仕組みとなっています。
ヘラ等で無理にはがすと、最初の写真のような事故につながりますので、注意しましょう。
DSC_0692

バッテリー下部の黒いタブを引っ張ると、白い両面テープが伸びて出てきます。
このように作業することで、バッテリーセルに力を加えることなく、簡単に外すことが可能です。
作業の際は周辺部品に引っ掛けないように注意しましょう。
DSC_0713

慎重に引き抜くと、バッテリーが安全かつ簡単に外れます。
もし、途中で両面テープがちぎれてしまった場合は、ヘラ等の出番になります。
この際も極力バッテリーセルに力を加えないようにしましょう。
DSC_0714

こちらはバッテリーがパンパンに膨れあがって、液晶画面が外れてしまったもの。
DSC_0883

なかなかの膨れ具合ですね。
バッテリー残量はほぼゼロなので、事故発生の確率は非常に低いと思います。
DSC_0884

では実際にバッテリーをはずしてみましょう。
作業写真は省略しますが、最初に書いた内容を守っておけば、まず大丈夫でしょう。
DSC_0885

取り外したバッテリーセル。2013年製でした。
DSC_0888

バッテリーコネクタをマクロ撮影してみました。
端子は3ピンになっており、バッテリーと端末間で通信を行っているものと思われます。
DSC_0889

バッテリー下部には、樹脂製のカバーがあるので開けてみました。
なにやら細かい電子パーツのようなものが見えますね。
DSC_0890

裏面からマクロ撮影。
非常に小さな部品ですが、プリント基板に間違いありません。
DSC_0891

表面からマクロ撮影。
バッテリーの電子回路といえば、温度センサー程度だと考えていました。
しかし、この写真からみて分かるとおり、明らかにCPU的なモノが装備されています。
これら半導体がバッテリーの状況を監視することで安全を確保していると言う訳ですね。
DSC_0892

通販で簡単にバッテリーが入手できる時代ですが、作業の前に少し知識をつけておくだけで安全に作業できると思います。



【安全作業のポイント】
●バッテリー交換前にはバッテリー残量をゼロにしておく。
●作業中のショートを防ぐため、外したコネクタにテープを巻いておく。
●やむ得ず、ヘラ等を使用する場合は、樹脂製の幅広タイプを使う。
※今回はブログ撮影用に画面や基板の無い、壊れたiPhoneを入手してみました。
※国内正規品の場合は画面上に”技術基準適合証明情報”を表示することが可能なようです。
この場合、ネジを外したりするだけでも電波を出してはいけないとの事です。
Wi-fiやTD-LTEを含め電波を出さなければ運用可能かもしれません。
私のように修理を楽しんだ後は、分解して廃棄するというのが安心ですね♪


iPhoneバッテリー交換失敗による炎上への1件のコメント

  1. アバター 0Vの電池セルを分解して燃やした人
    0Vの電池セルを分解して燃やした人 コメント投稿者

    端子電圧ほぼ0Vでバッテリー残量ほぼゼロだと思ってもセル内部で短絡すると燃えますよ

    • 0Vの電池セルを分解して燃やした人さん、こんにちは。

      確かにリチウムバッテリーは高エネルギーなため、危険であるという認識はしています。
      ただ、知識不足から満充電のまま作業される人もおられると思います。
      少しでもエネルギー密度を下げておく事で、万が一の短絡の際に熱暴走にまで至る事故を避けることには有効だと考えています。

      リチウムイオン電池の熱暴走に関して興味のある方は、JIS C8714あたりの資料を読んでおくと良いかと思います。