• カテゴリー別アーカイブ 家電
  • 東芝レグザ43vと50vを分解比較してみた。50M520X vs 43M520X

    以前購入したTOSHIBA 43M520Xに引き続き、50インチの50M520Xを購入してみました。
    このテレビも分解して内部を比較してみたいと思います。分解前の予想としては電源部とパネルが違うだけでメイン基板は同じではないか?
    と考えています。
    では実際に分解してみましょう☆

    43インチモデルの徹底分解記事はコチラ

    東芝レグザ50M520Xをチェック

    今回購入した東芝レグザ50M520Xです。
    新4K放送対応のチューナーを搭載した機種としては比較的安価なモデルです。

    パッケージにはBS/CS 4K視聴チップ搭載品のシールが貼り付けされています。
    これは43インチモデルの43M520Xと同じですね。

    梱包重量は22.5Kgとなってます。
    一人で運べない事もないですが、階段等の運搬には気を付けたいところですね。


    東芝レグザ50M520Xを開封してみた

    まずは付属品からチェックしてみましょう。
    ・スタンド
    ・固定用ビス
    ・電源ケーブル
    ・単四電池
    ・リモコン
    などが出てきました。

    スタンドの裏側です。
    基本的には樹脂製となっており剛性は高くありませんが、必要にして十分なサイズ。
    転倒防止のためには付属のビスでガッチリと固定しておく事を忘れずに☆

    では東芝レグザ50M520Xの本体をチェックしてみましょう。
    本体は画面を守るために段ボールとビニールで厳重に梱包されています。

    本体裏面をチェックしてみましょう。
    基本的には43インチモデルの43M520Xと同じデザインのサイズ違いといったところ。

    下部スピーカーの開口部は43インチモデルよりも一回り大きなサイズになっています。
    もっとも音質的には褒められたものではなく、外部スピーカー前提と考えておくのが正解でしょうか。

    東芝レグザ50M520の端子部をチェック

    背面入力端子です。
    有線LAN、HDMI入力2~4、光デジタル音声出力、コンポジット入力、USB録画端子が装備されています。
    これは43インチモデルの43M520Xとまったく同じ配列ですね。

    つづいて側面のコネクタ部です。
    地上デジタルアンテナ、BS110度CSアンテナ、HDMI入力1、アナログ音声出力、USB端子、B-CASスロットが装備されています。
    ここも43インチモデルの43M520Xとまったく同じ配列ですね。

    この辺りから、43インチモデルと50インチモデルのメイン基板が同じものではないか。という線が濃厚になってきました。

    50M520Xの銘版です。
    消費電力は146Wとなっており、43M520Xの121Wと画面サイズが大きくなった分、増加していますね。
    インチ当たり消費電力は50M520Xが2.92wで43M520Xが2.81wとなっています。
    効率面では43インチモデルがお得!?

    東芝レグザ50M520Xの4K視聴チップを確認

    続いて4K視聴チップを見てみましょう。
    背面の電源スイッチ部分のカバー内部に4K視聴チップが搭載されています。
    これは43インチモデルと同じですね。


    背面カバーをパカッと開けてみましょう。
    中からTOSHIBAと記載された4K視聴チップが現れました。

    43インチモデルと同じ形状のA-CASチップですね。
    今は過渡期という事もありますが、コストダウンや不正改造防止の為に、いずれは機器に内蔵される形となるのでしょう。

    見た目はUSB3.0のコネクタですが、電気的なピンアサインも不明なため、パソコン等に差し込む勇気はありません。

    最近の液晶テレビは狭枠仕様のものが標準的になっており、画面破損の注意書きが貼り付けてありました。

    東芝レグザ50M520Xを分解してみる

    構造的には43インチモデルと変わりないので、いつもの手順でサクッと分解してみましょう。

    東芝レグザ50M520Xの裏ブタをパカッと開けてみました。
    電源基盤が大きくなった印象を受けますが、それ以外は43インチモデルと同じ??

    メイン基板から液晶パネルまでの部分も43インチモデルと同等に見えますね。

    電源基板です。
    こちらはヒートシンクの数が増加しており、43インチモデルとは別部品ですね。

    液晶パネル型式は「HE500T5U51TA」となっていましたが、詳細なデータは見当たりませんでした。
    43インチモデルは「HE425T5U51TA」が搭載されていましたので、同じシリーズのサイズ違いでしょう。

    50インチモデルのスピーカーは10W品が採用されています。
    お世辞にも高音質とは言い難いので、おまけ程度に考えておきましょう。

    43インチモデルとの大きな違いである電源基板です。
    ヒートシンクやコンデンサが増加しており、電源容量が増えているという事でしょう。

    分解してすぐに目についた点はこのフレキシブルケーブルですね。
    43インチモデルでは2本だったものが、50インチモデルでは4本に増加しています。

    50M520Xのメイン基板です。

    型式は「V28A001612B1」Rev.Bとなっており、43インチモデルとまったく同じ。

    先ほどの電源基板に戻りましょう。
    このフレキシブルケーブルが伸びている箇所の基板ですが、液晶バックライトのLEDドライバ基板です。

    iW7027」と「PIC24FJ32GA002」の組み合わせは43インチモデルと同じですね。

    ただし、43インチモデルとの違いとしてこのチップが増えているという点は変化があります。

    4N10AEと書かれたチップ、素性は不明ですがLEDドライバICという事で間違いはないでしょう。
    液晶パネルの大型化で、バックライトLEDのチャンネル数が増えたと考えるのが自然ですね。

    採用されているコンデンサはNFCと記載されており、「韓国SAMYOUNG ELECTRONICS」のものです。

    NXA記載のこちらも同様ですね。

    CapXonと書かれたコンデンサは「台湾CAPXON ELECTRONIC IND.CO.,LTD.」の物ですね。
    基本的に43インチモデルと同じメーカーのパーツで構成されているようです。

    電源基板のメーカーは「HISENSE Japan Corporation」となっています。
    電源出力は、5V 1.4A、12V 4A、18V 2A、54V 1.9Aとなっています。
    43インチモデルは5V 1.4A、12V 3.5A、18V 2A、54V 1.4Aとなっていました。
    一回り大きな電源容量となっていますね。

    レグザ分解43インチ⇔50インチの違いまとめ

    いかがだったでしょうか。
    今回は43インチモデルと50インチモデルの両方を比較してみましたが、基本的な設計は同じという結果になりました。
    電源とパネルが違うだけですが、原価と販売価格の違いが気になるところですね(笑)

    基本的には安価で4K放送が受信できるという事で、良いテレビだと思います。
    個人的にはスピーカーが残念な音質なので、外部スピーカーの利用を強く推奨したいですね☆



  • RE-F18A SHARP製電子レンジを分解してみた。

    急遽電子レンジが必要となったので、SHARP製のRE-F18Aという電子レンジを買ってみました。
    デザイン家電的なオシャレな外観とダイヤル操作だけの簡単なインターフェイスが購入の決め手です。

    なぜシャープ製電子レンジを選ぶのか。

    ちなみに、日本初の量産電子レンジも日本初のターンテーブル式電子レンジも開発したのはSHARPなんですよね。
    技術の蓄積という意味ではSHARP製を選択するのが最善でしょう。

    今回購入したRE-F18A SHARP製電子レンジです。

    シンプルな操作パネルを実現するには

    シンプル操作を実現している秘密は各種センサー類による高度な制御技術ですね。
    個人的にボタンが多数並んだ操作パネルや不安定なタッチパネルなどは好きではありません。

    2個のダイヤルと2個のボタンだけで構成されたインターフェイス。
    クリック感がしっかりとしているので、指先の感覚を頼りに操作することが可能です。

    時間設定やメニュー選択は下のダイヤルで操作します。
    こちらもクリック感がしっかりしており、時間調整も快適そのもの。

    RE-F18Aの基本スペック

    では、RE-F18Aの銘板からスペックをチェックしてみましょう。
    外観寸法は幅485mm * 奥行き375mm * 高さ305mmです。
    庫内寸法は幅285mm * 奥行き320mm * 高さ190mmとなっており、コンビニ弁当などもすっぽり収まるサイズですね。
    発信周波数は2450MHzと記載されています。2.4GhzのWifiと干渉するというのはここから読み取れますね。
    出力も比較的ハイパワーで、ヒーター出力1380w、高周波出力900Wとなっています。

    そもそも電子レンジの定義とは?

    こんな時は消費者庁の家庭用品品質表示法をチェックしてみましょう。
    電子レンジの定義は、高周波エネルギーで食物加熱を行うもの。定格高周波出力が1キロワット以下のものに限る。
    との記載がありました。この製品は定格高周波出力900W出力となっていますので、この条件に当てはまります☆
    その外にも様々な要件が記載されており、読んでいるだけで楽しいです。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

    RE-F18Aの銘板全体です。
    電気回路図も書かれており、修理の際に役立ちそうです。

    RE-F18Aの庫内をチェックしてみましょう。
    ドアは手前に開くタイプとなっており、狭いスペースでもドアを大きく開くことが可能です。
    庫内はターンテーブル無しの方式なので、大きなコンビニ弁当でも安心ですね。
    ターンテーブル無しだと加熱ムラが心配になるところですが、そこはSHARPの技術力を信じましょう☆

    ドアスイッチは2つのスイッチで構成されており、子供のいたずら等でドアを開けたまま作動させる心配もありませんね。
    もちろん、知恵を持った大人が本気をだせば解除できてしまう可能性も。大きな子供は安全スイッチで遊ばないように注意しましょう。(笑)

    庫内上部にはヒーターが入っていますね。こちらの出力は800wとなっています。

    ではRE-F18Aの裏側を見てみましょう。
    鉄板で構成されており、4つの足がある程度ですね。

    RE-F18Aの後方です。
    マグネトロンの通風孔と電源ケーブル、そしてアースケーブルが出ていますね。

    実際に分解して内部構造をチェックしてみた

    では、RE-F18Aの天板を取り外してみましょう。
    左側には電気系のパーツ、右側には庫内を構成する鉄板とヒーターで構成されています。

    本体正面から見て左側に小さな部品が搭載されています。
    部品には189Hと記載されています。

    先ほどの部品を取り外してみました。
    沢山の穴が開いた部品になってますが、これは絶対湿度センサーですね。
    オートモードの精度が高いのは湿度センサーのおかげでしょうか。

    本体上部のヒーターは100V800Wと記載されています。

    RE-F18Aの右側です。
    こちら側には電子パーツが多数並んでいますね。
    本体中央部に見えているのは電子レンジを構成するキーパーツのマグネトロンです。

    そして電子レンジの心臓部、マグネトロンへ

    RE-F18Aに採用されているマグネトロンは、WITOL製の2M339Hです。
    出力945W、アノード電流300mA、アノード電圧4200V、フィラメント電流10A、発振周波数は2458MHzとなっています。
    マグネトロンの出力としては比較的大きなものになります。この上だと出力1500W程度のものになるでしょうか。

    マグネトロンは強力な高周波を出力する部品なので冷却フィンが設けられています。
    空冷タイプなのでここに風をあてて冷却する必要があります。

    先ほどのフィンが本体後方に装着されているファンの風で冷却される仕組みとなっています。
    ちなみにこのファンを駆動するモーターは一般的なAC同期モーターとなっていました。
    DCモーターで省電力化などという考えは必要ないということでしょう。

    RE-F18Aの制御基板です。
    パワー系の基板なのでタブ端子等によるコネクタ接続が多いのも特徴ですね。

    先ほどの制御基板の奥にはフロントパネルを構成する表示基板があり、2階建て構造となっています。
    モデルごとに表示基板は作り替え、電子レンジを構成する大部分の設計を共通化しているのかもしれませんね。

    そして先ほどの制御基板には「Humi-Sen-P」と書かれた基板が立っていました。
    名称から考えると湿度センサーの基板っぽいですね(^^)

    先ほどから基板を中心によく見かけるロゴマークです。これはいったい何でしょうか??

    実は中国の美的集団という白物家電メーカーです。

    本体正面のドア開閉検出スイッチは一般的なリミットスイッチが使われていました。

    ちなみにリミットスイッチはこのようなカム機構を介して2個のスイッチで構成されていました。
    ドアが開いたまま動作してしまう状況は絶対に避けないといけません。
    このように2重のスイッチでドアの開閉状態を検出しているので、信頼性も高そうですね。

    ちなみに庫内を照らすライトは、このご時世でもLEDではなく、白熱電球が使われていました。
    やはり高熱や高周波を浴びても壊れないデバイスと考えればコレでしょう(笑)

    RE-F18A SHARP製電子レンジのまとめ

    実際に数ヶ月使っていますが、「冷凍食品あたため」「自動あたため」「メニューの牛乳あたため」の利用頻度が高いです。
    冷凍したご飯などもオートで問題ありません。またダイヤル操作がメインでバックライト付き液晶なので暗闇でも操作可能。

    シンプルな操作パネルと各種センサーによる簡単操作を実現した電子レンジでした。
    実際に使ってみると、良くできてるなぁと感じます。

    最後に、新品の電子レンジを購入した際は、カラ焼きで内部の油を飛ばす必要があります。
    この手順も説明書に記載してありますので、必ず熟読してから利用するようにしてくださいね♪


  • TA-FV440 コードレスアイロンを分解してみた。

    TA-FV440 という型式の東芝製コードレスアイロンを買ってみました。今までコード付きのものばかり使っていたのでコードレスタイプは初体験です。
    早速分解してコードレスアイロンの仕組みをチェックしてみましょう。

    TA-FV440 コードレスアイロンを開封

    今回購入したTA-FV440です。
    近くの量販店にて購入しました。この手の家電は現物を見て使い勝手をチェックするのが一番ですね。

    段ボール箱から中身を取り出してみました。
    保管用のプラケースが付属しているのが便利ですね。

    プラカバーを開けてみました。
    中身はレッドのTA-FV440です。充電台へのスムースな格納具合と重量でこの機種を選択しました。


    充電台の裏側をみてみましょう。
    型式はTA-FV440となっており、充電台単品での型式は無さそうです。
    消費電力は100V 1200Wとなっています。

    TA-FV440の給電部分はシャッター付きで安全な仕様となっています。

    普段はプラスチック製のカバーを被っていますが、ドライバー等で押し込むと金属端子が露出します。
    子供のいたずら等で感電する心配もありませんね☆

    TA-FV440 コードレスアイロンを分解

    では早速充電台から分解してみましょう。
    裏面にあるプラスタイプのビスを外すだけでOK

    パカッと裏ブタが外れました。
    内部構造はAC100Vケーブルのコードリール機構と端子があるだけ。
    充電台には基板等の電子機器は搭載されておらず、非常にシンプルな構造です。

    このように先ほどの充電端子にAC100Vが直結されています。

    ということは、TA-FV440の充電機構は本体側に核心部があるということでしょう。

    TA-FV440のアイロン面はアーモンド形となっており、前後の双方向でアイロンがけが可能です。
    裏面の形状によっては前後の動きができないものもありますので、裏面形状をチェックして機種選定したいところですね。

    TA-FV440の操作部分はアナログなスイッチで構成されています。
    温度はスライドスイッチの3段階、スチーム噴射はボタンを押し込むことで操作します。
    シンプルな操作機構は操作ミスを防止し、またシンプルな回路は故障リスクを低減します。

    まずは分解に先立って、スチーム用の給水タンクを外してみました。

    スチーム水のタンク自体はプラスチックで構成されており、非常に軽量です。

    主要各部にはゴムパッキンが仕込まれており、水漏れを防止します。

    給水タンクを取り外したTA-FV440です。
    よく見るとプラスタイプのビスが見えていますね。

    というわけで分解開始です☆


    TA-FV440の中身です。
    コードレスアイロンということで、巨大なバッテリーが存在すると思っていました。
    しかしバッテリーはおろか、基板の類もみつかりません。。。

    主要コンポーネントはヒーター部品と接点だけ。

    TA-FV440 コードレスアイロンのまとめ

    この時点でようやくコードレスアイロンの意味が理解できました。
    充電式ではなく、「蓄熱式」だったのですね。
    なぜこんなに安価なのか、ずっと不思議に思っていたわけですが、軽くカルチャーショックです(笑)

    いかがだったでしょうか。
    コードレスアイロンは充電式ではなく、蓄熱式だということがわかりましたね。
    実際に購入される際は量販店で持った感じや、操作感をチェックしてみてくださいね。