• カテゴリー別アーカイブ 自動車
  • 新型フィットGK5 ホンダセンシング全設定一覧

    新型フィットGK5のホンダセンシング搭載車両には、このような液晶ディスプレイが装備されています。
    実はこれ、燃費計などの表示だけではなく車両の初期設定を行う画面としても利用します。
    今回は新型フィットの全設定メニューを公開したいと思います。
    カタログや試乗ではわからない、非常にきめ細かな設定項目がありますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

    普段はこのように燃費情報などが表示されています。

    ステアリング右下にあるこのボタンをポチっと押すと、設定メニューに入ることが出来ます。

    このような画面が表示されて各種設定の変更が可能です。
    ちなみに走行中は操作できないようになっているので、設定メニューに入るには、停車中かつサイドブレーキを引いておく必要があります。

    車両設定メニューに入ってみました。
    画面上部には1/8と表示されており、内部には多数の設定項目があります。

    まずは時計設定の画面を紹介していきましょう。

    階層1(メニュー) 階層2(セットアップ)
    時刻自体の設定を行う画面
    時計の表示方法に関する画面 24時間表記モード
    12時間表記モード
    時計自体を非表示とするモード


    続いてはホンダセンシングの目玉機能である、運転支援システムの設定です。


    CMBS(Collision Mitigation Brake System)
    日本語名では衝突軽減ブレーキと呼ばれるものです。
    CMBSの警告音が鳴り始める距離を設定します。
    各オーナーの運転特性や道路の地域特性などに合わせて設定することが可能ですね。


    [Far]
    遠くからでも警報が鳴るモード


    [Normal]
    普通の距離で警報が鳴るモード

    [Near]
    近い距離まで我慢して警報が鳴るモード
    普段はこのモードにしていますが、過剰な介入と感じたことはまったくありません。


    ACC(Adaptive Cruise Control)
    日本語では先行車両自動追従走行と呼ばれるものです。その機能はカメラとミリ波レーダーによるものですが、ACCによる先行車検知音の設定です。


    [有り]
    ACC有効時に先行車を検出すると音を鳴らします。

    [無し]
    ACC有効時に先行車を検知しても音をならしません。

    先行車発信お知らせ機能の設定です。
    信号待ち等でボーっとしてしまったときなど、先行車の発進に気づかずクラクションを鳴らされた経験はありませんか?
    先行車が発進した際に自車が停止していると知らせてくれる機能です。

    [標準]
    先行者の発進からお知らせるまでの時間設定です。
    標準だと少し遅いかもしれません。


    [早め]
    私は常にこの設定で使っています。
    警告までの時間が若干早めになるのですが、後続車に対していは違和感なく発進することが出来ると思います。


    [OFF]
    警告を出さないようにするモードです。

    路外逸脱抑制システムの設定です。
    これはカメラで白線を認識して、万一車が路外に飛び出しそうになった際にはハンドル操作を行い車線内にとどめてくれる機能です。

    [アシストタイミング早め]
    比較的高頻度でステアリング操作が入ります。
    安全のためにはこの設定がベストですが、運転される方にとっては若干過剰に感じるかもしれませんね。
    私はホンダセンシングの機能を体感するため、あえてこの設定を利用しています。


    [アシストタイミング標準]
    アシストのタイミングと頻度を標準的な設定にします。一般的にはこの設定で問題ないのではないでしょうか。

    [アシストタイミング遅め]
    道路状況が悪く意図的に白線をはみ出さないといけないような地域であればこの設定が有用ではないでしょうか。

    [操舵アシスト無し警報のみ]
    アシスト機能を完全にOFFするモードです。
    ハンドル操作への介入を嫌う方はこのモードが良いでしょう。もっとも安全のためにはあまり推奨されません。

    LKAS(Lane Keep Assist System)
    日本語では車線維持支援システム、レーンキープアシストシステムと呼ばれるものです。
    カメラで白線を認識し、道路の中心を走るようにアシストしてくれます。主に高速道路等で利用するもので、対応速度は65~100km/hとされています。

    [ON]
    白線の認識ができないときや、対応速度域を外れた場合なにレーンキープアシストシステムが解除されたことを音で知らせてくれます。

    [OFF]
    システム解除時の音をならしません。

    標識認識機能の設定です。
    カメラで制限速度や一旦停止、進入禁止など様々な標識を認識してメーターパネルに表示してくれます。

    [常駐表示ON]
    メーター内の右下に常に標識を表示します。燃費計など他の画面をメインで使う場合はこの設定がおススメです。

    [常駐表示OFF]
    メーターの設定を標識表示モードにしている場合のみ標識を表示します。


    続いてはメーター表示に関する設定です。


    メーター内に外気温度を表示する機能が備わっていますが、その温度を±3度の範囲で調整することが可能です。
    もしかするとエアコン動作の調整にも連動しているかもしれませんが、まだ未検証です。

    [-3℃]
    実温度に対して-3℃低く表示させることが可能です。

    [±0℃]
    補正なしで温度を表示します。

    [+3℃]
    実温度に対して+3℃高く表示させることが可能です。


    続いてトリップメーターの設定です。
    トリップメーターを自動リセットするタイミングを設定できます。


    [給油連動]
    給油時のガソリン増加を検出してリセットします。
    私はこの設定を利用しています。

    [IGN OFF連動]
    エンジンを停止するたびにリセットされます。
    走行ごとに燃費などを管理したい場合はこのモードですね。

    [手動のみ]
    昔ながらの手動リセットとするモードです。
    私はトリップBのみ手動に設定しています。

    トリップメーターBに対しても同じ設定が可能です。

    アンビエントメーター照明色変化設定です。
    これは燃費走行のアシスト機能としてインサイト等にも搭載された機能です。
    加速時等にアクセルを踏みすぎるとメーター内がブルーに変化し、燃費走行をすることでグリーンに変化するものです。

    [ON]
    色の変化を有効化します。


    [OFF]
    色の変化を無効にします。


    アイドリングストップ状態表示機能です。
    私は6MT車を購入しましたがちゃんとアイドリングストップ機能が付いています。
    エンジンの停止状態を表示してくれる機能です。

    [ON]
    アイドリングストップの状態を表示します。
    エアコン作動等で間もなくエンジンが始動する場合に事前に液晶画面に通知が表示されます。

    [OFF]
    アイドリングストップの状態を表示しません。


    続いてはHondaスマートキーシステムの設定です。


    キー施錠と解錠に合わせてブザー音を鳴らす機能がありますが、その設定画面になります。

    [大]
    ブザー音を大きくします。普段はこれで問題ないと思います。

    [小]
    深夜帰宅が多いなど、周りへの配慮が必要な場合はこの設定を選ぶのも良いでしょう。

    ドアハンドルを触れてキーを解錠した際にブザーを鳴らさないようにすることが出来ます。

    [作動]
    ドアハンドル操作によるい解錠でも音を鳴らします。

    [非作動]
    ドアハンドル操作による解錠では音をならしません。


    続いてはライティング設定です。
    これはルームランプやオートライトなど照明機能全体の設定を行うものです。


    インテリアライト点灯時間の設定です。
    キー解錠時に自動でループランプが点灯しますが、その点灯時間を設定できます。


    [60秒]
    キー解錠後は60秒間ループランプが点灯し続けます。

    [30秒]
    キー解錠後は30秒間ループランプが点灯し続けます。

    [15秒]
    キー解錠後は15秒間ループランプが点灯し続けます。

    オートライト感度の設定です。
    私自身はオートライト機能を使っていないのですが、その感度を調整することで不用意な点灯などを避けることが出来るようです。

    [MID]
    オートライト感度を標準的なものにします。
    通常はこの設定で問題ないでしょう。

    [LOW]
    オートライトの感度を下げます。
    高速道路の高架下などで頻繁に作動する場合はこの設定が良いかもしれませんね。

    [MIN]
    先ほどのLOW以上に感度を下げるモードです。
    必要に応じてこちらも選択しましょう。

    続いてドアに関する設定です。
    ドアといってもキー関係の設定となります。


    降車時オートドアロック機能の設定です。
    これは非常に便利な機能なのですぐに有効化しました!
    少し古い車だとカードキーなどで自動ドアロックが当たり前でしたが、少し前からはドアハンドルのボタンを操作しないとロック出来ないことが当たり前になりました。
    それを従来のように自動ドアロックさせることが可能です。


    [作動]
    エンジン停止後に車から降りて、ドアを閉めた後に車から離れると自動的にドアロックしてくれます。
    両手に荷物を持っている場合などは大変便利です。

    [非作動]
    自動ドアロックを無効化し、ドアハンドルのボタンを操作してロックするようにします。

    キーレスアンサーバックの機能を設定します。
    キー解錠、施錠に連動してウインカーランプを点灯させることが出来ますが、その機能の設定です。

    [作動]
    キーレス操作に連動してランプを光らせます。

    [非作動]
    キーレス操作に連動したランプ点灯を無効にします。

    キーレスリロック時間の設定です。
    これはキーレスによって解錠したのちにドアを開けずに放置した際、自動的にドアロックするまでの時間を設定します。

    [90秒]
    キー操作後に90秒間放置すると自動的にドアロックされます。


    [60秒]
    キー操作後に60秒間放置すると自動的にドアロックされます。


    [30秒]
    キー操作後に30秒間放置すると自動的にドアロックされます

    セキュリティー機能の設定です。
    これは純正搭載のセキュリティーを設定するものです。
    基本的にはONで良いと思いますが、社外品のセキュリティー装置などを搭載する場合は必要に応じてOFFしましょう。

    [作動]
    純正のセキュリティーを有効化します。

    [非作動]
    純正のセキュリティーを無効化します。

    オートリトラミラー格納に関する設定です。
    これも大変便利な機能で、キー解錠と施錠に連動させて自動開閉させることが可能です。


    [キーレス連動]
    キーの解錠状態と連動するので、キー解錠時に自動オープン、キー施錠時に自動クローズします。
    遠くからでもキーロックの状態がわかるので便利だと思います。


    [手動のみ]
    ドアミラーをたたまないポリシーの方や、バッテリやモーターの消耗が気になる方はこちらを。
    またイベントなどでの写真撮影時にも有効ですね☆

    以上がホンダセンシング搭載車両での設定画面一覧となります。
    未搭載車ではこのような設定ができるのかわかりませんが、カスタマイズを楽しむという点においてもホンダセンシング搭載車両にはメリットがありますね(^^

    設定をいじり倒して元に戻らない場合は、初期化設定を行えば購入時の状態に戻すことが出来ます。
    恐れることなくどんどん設定変更して自分仕様にしちゃいましょう。

    またホンダセンシングに関する設定では、走行中でないと設定できないものもあります。
    さすがに走行中の写真撮影は危険なのでやっていませんが、マニュアルを熟読の上試してみてくださいね。

    フィットというコンパクトカークラスにここまでの機能が搭載された事は本当に驚きです。
    車選びという中で、安全面からホンダセンシング搭載車を検討されてみることも良いのではないでしょうか。

    というわけで、走行性能からも安全面からもホンダフィットGK5おススメです!


  • 新型ホンダフィット買いました♪ GK5 Honda SENSING

    購入から1か月が経過しましたが、新しいホンダフィットGK5 Honda SENSINGを購入しました。
    今回は外観を中心に車両の紹介をしたいと思います。

    購入したグレードはRSのGK5で Honda SENSING搭載車となっています。
    Honda SENSINGの技術に興味があり、このグレードを選択しました。

    正面から写真を撮ってみました。
    カラーはブリリアントスポーティーブルー・メタリックというカラーで、落ち着きと鮮やかさを備えた深みあるブルーです。
    今回はRSグレードを選択したのでバンパー下部にオレンジのラインが入っています。

    横からの写真。
    タイヤサイズは16インチ。
    初期装着タイヤはダンロップ製のSP SPORTS 2030で185/55R16 83Vが装着されていました。

    斜めリアからの写真。
    リアバンパー下部にもオレンジのラインが入っています。

    リアからの写真です。
    今回のマイナーチェンジでテールランプ部分の形状が一部変わっていますね。
    またバンパー下部サイドのダクト部分も先代では三角形だったものが、シャープな印象になっています。

    リアバンパーはディフューザー形状の部分とその他の部分で2色に分かれています。

    テールランプは内側がブラックアウト処理されており、シャープな印象。

    ドアハンドルにはドア施錠用のボタンが装着されています。
    これはメーター内の設定画面からボタン操作不要に設定変更できます。

    ミラーはブラック。
    艶ありの処理がされています。

    ヘッドライトも印象が変わりませした。
    今回は標準でLEDヘッドライトとなっており、明るさは必要にして十分といったところ。

    フロント部にはRSの文字。
    ホンダマークが樹脂封止タイプとなっていますが、これはHonda SENSING装着の証です。
    この中に超音波ソナーが内蔵されています。

    フロントガラス上部にはHonda SENSINGのカメラモジュール。

    Honda SENSINGでは単眼カメラと超音波ソナーを併用することで高性能を実現しています。
    これはTOYOTA Safety Sense P と同じ方式で、この価格帯の車両に搭載されることが驚きです。
    また、スバルのアイサイトではデュアルカメラのみで処理していますが、今後どちらが生き残るのでしょうか。

    ドアミラーのサイド部分にはLEDのウィンカーも内蔵されています。

    装着したオプションは無限製ドアバイザー。
    これ、実は純正の標準ドアバイザーと同じ価格なんです。装着するなら換気機能を備えたこちらがおススメです。

    もう一つは、ステアリングガーニッシュ。
    RSは内装の各部にオレンジのラインが入っているのでそれに合わせる形で装着。
    装着に当たってはHDSによる初期設定も必要との事でした。

    ステアリング右側のボタンです。
    Honda SENSINGに関連したボタンが並びます。

    ステアリング右側下部。
    これはメーター内の表示や車両の初期設定を行うボタンです。

    運転席には多数のボタンがあります。
    緑に光っているものは車線逸脱防止機能のスイッチ、その上はCMBSブレーキシステム、左側はVSAのスイッチです。

    ステアリング左側を見てみましょう。
    こちらはナビやオーディオ関係のスイッチが並びます。

    その下には電話関係のスイッチ。
    Bluetooth等でナビをスマホを連動した際に活用できるものです。

    ウインカーレバーはいたって普通。
    今回はLEDフォグも標準装備されているので、そのスイッチもありますね。

    こちらはワイパースイッチ。
    走行速度に応じて速度が変わったり、いろいろな機能があるようです。

    そしてセンターコンソール部分。
    いわゆるシガーソケットに加えて、USB端子とHDMI端子も装備されています。

    カバーを開けてみました。
    今回はナビ装着用スペシャルパッケージを選択したのですが、ナビは未装着です。
    という訳でUSBは動作せず、HDMIに至っては端子すら存在しません(笑)

    今回のマシンは3ペダル。

    つまり6MTということです。
    ギア比は比較的クロスしており、街乗りでも6速までガンガン使えます。
    100Km/h時に6速で3000Rpm程度の回転域です。サーキットでもそのまま活用できそうな感じ。

    そして、アイドリングストップ機構も標準装備。
    これは機能無効化のボタンですが、2ペダルATよりも人の感性に近い制御がされています。
    信号待ちなどでも、ギアをニュートラルにしてサイドを引いて止まる、そいうったシチュエーションでのみ動作します。AT車でありがちな右折街でエンストしたり、そのような不快感はありません。
    マニュアルだからこそ違和感なく装備できた機能だと感じました。

    メーターです。
    Honda SENSING装着車はメーターがかなり違う印象です。
    まずメカニカルな針式のメーターはスピードメーターだけです。
    左側はTFT液晶ディスプレイ、タコメーターも液晶方式です。

    タコメーターはS2000のようなバーグラフ方式。
    メカニカルな針式メーターよりレスポンスは良いのかもしれませんね。

    いかがだったでしょうか?
    まだ外観が中心の紹介となりましたが、Honda SENSINGのテストなど含めて今後も記事にしていきたいと思います。


  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。