• カテゴリー別アーカイブ 自動車
  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。



  • Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICC を試す。

    Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICCを買ってみました。
    車には据え付け型の2DINナビを装着していますが、地図データの鮮度から考えればスマホナビに軍配が上がります。
    またYahoo!カーナビは普通にカーナビとして利用可能な精度を持っており、最近はスマホナビがメインとなっています。そこで専用リモコンを装着して操作性を向上させようという作戦です。

    オンラインで購入したソフトバンクセレクションのナビうまハンドルリモコン for Yahoo!カーナビです。yahoo_carnavi_remote-1

    パッケージ裏面にはリモコンの説明が書かれています。
    yahoo_carnavi_remote-2

    スマホ連携ということで、通信方式はBluetooth 4.1 Class2を採用。
    リモコン自体のバッテリーも半年程度は使えるようですね。
    yahoo_carnavi_remote-3

    ではパッケージを開いてみましょう。
    マグネットパッケージになっており、見開きで詳細を見ることができます。
    yahoo_carnavi_remote-4

    箱から取り出してみました。
    リモコン本体、取付アタッチメント、ゴムバンド、マニュアルがセットになっています。
    yahoo_carnavi_remote-5

    リモコン周辺のパーツです。
    yahoo_carnavi_remote-6

    リモコンのボタンを見てみましょう。
    上半分は上下左右のカーソルキー、下半分は拡大縮小や検索コマンドなどが並びます。
    yahoo_carnavi_remote-7

    リモコンの拡大写真です。
    なれれば、リモコンを見なくても簡単に操作できる、そんな感じの配置になっていますね♪
    yahoo_carnavi_remote-8

    リモコンの周囲は丸く仕上げられており、ハンドルに装着してもスムースにハンドル操作できそうな感じ(^^
    yahoo_carnavi_remote-9

    リモコンの裏面です。
    真ん中にはリチウムコイン電池のカバーがあります。
    yahoo_carnavi_remote-10

    電池カバーを外してみました。
    日立マクセル製のCR2032が出てきました。
    一般的に入手可能な電池なので、コンビニや100均でも調達可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-11

    リチウムコイン電池を外してみました。
    プラス極、マイナス極の表示はありませんが、端子形状から判別可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-12

    では、さっそく分解してみましょう。
    スマホ分解用の工具を隙間に差し込んでグリグリ。。。
    ビスは使われていないので簡単に分解できそうな感じです(^^
    yahoo_carnavi_remote-13

    御開帳♪
    パックリと開きました。
    yahoo_carnavi_remote-14

    本体正面パネルは導電ゴムベースのスイッチと、操作部のプラスチック部品に分かれています。
    スイッチを個別の部品とすることで操作感や質感を高めているようです。
    yahoo_carnavi_remote-15

    ちなみにプラスチック製のスイッチ部品はそれぞれナンバリングされており、装着位置が一目瞭然です。
    写真を一枚撮影しておけば、分解するときも安心ですね。
    yahoo_carnavi_remote-17

    カーソル中央の丸いボタンには切り欠けが入っており、装着位置や向きのポカヨケの役割をしています。
    干渉しないようにはめれば自然と向きが合うようになっています♪
    yahoo_carnavi_remote-18

    続いて、導電ゴムが組み込まれたスイッチ部品です。
    基板の半田部分を逃げるように切り込みが入っています。左右非対称なので間違わないように注意しましょう。
    yahoo_carnavi_remote-20

    基板を取り出してみました。
    スイッチのランドは10本あります。そのほかには基板の中心部分にチップLEDが装着されていますね。
    左上のパターンはBluetoothアンテナです。
    yahoo_carnavi_remote-21

    では裏返してみましょう。
    基板中央はリチウムコイン電池格納部、左側に面実装部品が並びます。
    yahoo_carnavi_remote-22

    基板にはVEN-173C-16のシルク印字。基板の管理Noでしょうか。
    そのほかには94V-0のUL規格難燃性等級が記載されています。
    製造は2016年37週なので、今年の8月生産ということで発売の数か月前から準備されていたようです。
    yahoo_carnavi_remote-23

    続いて表面実装パーツをチェックしてみましょう。
    BluetoothコントローラにはQualcomm製の「CSR1010」を搭載。同社 µEnergyシリーズの省電力チップです。
    組み合わされるメモリはON Semiconductor製の「CAT24C512」 I2Cインターフェース COMS EEPROMです。
    yahoo_carnavi_remote-24

    Bluetoothアンテナ部分はスルーホールをふんだんに使って立体的な形状に仕上げられていますね。
    チップアンテナに頼らず基板だけで高感度を実現させているわけですね!
    yahoo_carnavi_remote-25

    続いて裏カバーを見てみましょう。
    SoftBankロゴの下には凸型の切り込み。ここはハンドルリモコンアタッチメントとの固定部になります。
    yahoo_carnavi_remote-26

    ホコリ侵入対策として裏面からは別パーツでシッカリと蓋がしてあります。
    自動車用ということで、一定程度の環境信頼性を確保する狙いのようです。
    yahoo_carnavi_remote-27

    では実際に電源を入れてみましょう。
    電源投入はリモコンのOKボタンを長押しします。
    yahoo_carnavi_remote-28

    すると青いLEDが光って電源が入りました。
    yahoo_carnavi_remote-29

    スマホのBluetoothをONにしてみると、「SB-Car-Remocon」が表示されました。
    yahoo_carnavi_remote-30

    ペアリングしてボタンを押してみましたが特に反応はありません。
    キーボードデバイス等のHIDデバイスではなさそうな雰囲気です。
    yahoo_carnavi_remote-31

    この状態でYahoo!カーナビを起動してみました。
    yahoo_carnavi_remote-32

    設定画面を見てみると、「リモコン接続設定」の項目が見つかりました。
    標準状態では「オフ」になっています。
    yahoo_carnavi_remote-33

    「リモコン接続」を「ON」に変更しました。
    下のSB-Car-Remoconは「接続可」の表示です。
    yahoo_carnavi_remote-34

    リモコンのLEDが点滅しながらSB-Car-Remoconが「接続中」に変わりました。
    yahoo_carnavi_remote-35

    しばらくすると、SB-Car-Remoconの左に青いマークが表示され、「接続済み」の表示になりました。
    yahoo_carnavi_remote-36

    設定が完了したので、実際に自動車に装着してみましょう。
    まずはアタッチメントにゴムバンドを組み付けます。
    ゴムバンドは2つ穴と3つ穴がありますので、まずは2つ穴を固定します。
    yahoo_carnavi_remote-40

    このようにハンドルに巻き付けて、手前側で3つ穴のゴムを固定しましょう。
    固定は穴にはめるだけなので、シッカリと固定出来たことを確認しておきましょう。
    yahoo_carnavi_remote-39

    続いてハンドルリモコンをアタッチメントに固定します。
    外れ防止のため、少し硬いですが、パチッと手ごたえが有るところまで差し込みましょう。
    様々な太さのハンドルに適合するよう、ゴムバンドはたくさんの穴が開いています。ぴったりの場所を見つけましょう。
    yahoo_carnavi_remote-38

    ハンドル以外にも丸いものであれば何でも装着できます。
    たとえばサイドブレーキなど。ハンドルに余計なモノを装着したくない場合はアリですね(^^
    yahoo_carnavi_remote-41

    今回はマニュアルに従い、ハンドルに固定した状態としました。
    yahoo_carnavi_remote-42

    実際にYahoo!カーナビ専用リモコンでの操作を試してみました。
    リモコンの青い矢印ボタンを押すと、即座に現在地が表示されます。
    カーソルキーでの位置移動や、拡大縮小などすべてリモコンだけでOK。
    yahoo_carnavi-2

    つづいてマイクボタンを押してみました。
    すぐにスマホが音声認識モードに切り替わります。
    そのまま話すことで目的地を設定できます。カーナビ専用機とは違い音楽が鳴った状態でもしっかり認識してくれました。
    yahoo_carnavi-3

    続いて、ルート選択です。画面下部に「おすすめ」「高速優先」「一般優先」の項目がありますが、リモコンの左右カーソルキーでそのまま選択できます。
    OKを押すことで案内が開始されました。非常に使いやすいインターフェースです。
    yahoo_carnavi-4
    そのほかにも図形情報へのショートカットなど設定できるようです。
    yahoo_carnavi-1

    いかがだったでしょうか?
    運転中のスマホ操作は事故の原因となり大変危険です。しかしこのリモコンを使うことでカーナビ専用機に劣らない操作性を実現します。
    Yahoo!カーナビを頻繁に利用される方は安全のためにも是非導入を検討してくださいね。


  • ヘッドライトガチコートを試す② ヘッドライトコーティング編

    前回の作業に続いて、ヘッドライトガチコートのコーティングをやってみたいと思います。

    コーティング作業に手の油分などは厳禁なので、新しい手袋を装着して作業に臨みます。
    DSC_0182

    研磨の未完了させたヘッドライト。
    黄色いクモリはきれいに除去されていますが、コーティングしないと紫外線ですぐに変色してしまうでしょう。
    DSC_0183

    ヘッドライトガチコートの説明書を確認すると、白い不織布と黒いスポンジをアプリケーターに使用するようです。
    DSC_0184

    まずは黒いスポンジに白い不織布を巻いていきます。
    このとき不織布の表面に砂埃や油分が付着しないように注意して作業しましょう。
    DSC_0185

    キレイに巻けたらアプリケーターにコート剤を適量塗布します。
    DSC_0186

    そして直線を描くように一度で塗り切ります。
    同じ場所を何度も塗布するとムラになりますので、必ず「一直線に一度だけ」を守りましょう。
    ※撮影のため手袋を外していますが、作業には必ず手袋を装着しましょう。
    DSC_0187

    塗布直後の様子です。
    表面を見てわかる通り、非常に分厚い皮膜が形成されています。
    このまま乾くのを待つだけですが、24時間程度は触れたり濡れたりしないように注意しましょう。
    DSC_0188

    乾燥後の様子です。
    見ての通り、とにかく分厚い皮膜か形成されています。
    シリコンオイルを縫ってごまかすだけの製品とは全く違う仕上がり具合ですね!!
    DSC_0198

    表面はこのように、ヌメヌメした質感に仕上がりました。
    この分厚い皮膜が紫外線などからヘッドライトを長期間守ってくれるという事ですね♪
    DSC_0193

    こちらは研磨作業前のヘッドライト。
    ざらざらになった樹脂部分で光が拡散してしまっています。
    DSC_0190

    こちらは研磨後・コーティング後のヘッドライト。
    先ほどとは違い、ざらざら感がなくなっています。
    実際にヘッドライトも明るくなっており、全走車に反射する感じもパリッとしたものに変わっています♪
    DSC_0189

    いかがでしょうか?
    簡単な作業でここまで回復させることができました。
    価格も安いので、専門業者に出す前に一度試してみてはいかがでしょうか。