• カテゴリー別アーカイブ 自動車
  • ホンダFIT3にドリンクホルダーを増設してみた。

    フィット3を購入して約1年、すでに3万キロほど走行しました。お出かけ回数が増えると気になるのが助手席側のドリンクホルダーですよね。
    センターコンソール部分だと取り出しにくく、運転席側と同じような場所に増設を考えてました。
    するとFIT3専用設計の助手席用エアコンドリンクホルダーを見つけたので購入してみました。

    助手席の同乗者からも好評のドリンクホルダーですが取り付けの様子を紹介してみたいと思います。

    FIT3マイナー後のRS助手席側エアコン吹き出し口です。
    運転席側にはこの場所にドリンクホルダーがありますが、助手席側には何故か装備されていません。

    今回は「槌屋ヤック株式会社」から発売されている車種別専用設計のJUSTFITシリーズから、「ホンダフィット用のSYH5」を購入してみました。

    パッケージから製品を取り出してみました。
    裏面には大量の両面テープが貼り付けされており、点ではなく面で重さを分散して固定する設計のようです。
    これであれば重量のあるペットボトル系の物やスタバのドリンクでも安心ですね。

    ドリンクホルダー本体正面です。
    エアコンパネル部分は純正色に似せたサテン調のシルバー塗装が施されています。

    FIT3 GK5マイナー後のRSではこのような色合いになっています。

    こちらは槌屋ヤック製のSYH5です。
    見た感じの色合いは全く同じように感じますね。

    両面テープの離型紙を剥がさずにあてがってみました。
    フィット感はぴったりで違和感はありません♪

    GK5 RSマイナー後の内装とは若干色合いが違いますが、全面が隠れる仕様なので色の違いは気になりませんね。

    では早速取り付けしてみましょう。
    まずはエンジンを始動してエアコンを暖房全開にします。

    そしてパッケージにエアコンドリンクホルダー本体だけを入れます。

    そしてエアコン吹き出し口に当てて1分程度待ちましょう。
    こうすることで両面テープの粘着力が増すので、長期使用でも安心して使えるようになりますよ。
    とくに冬場は両面テープの粘着力が極端に弱まるので、これは必須作業になると思います。

    十分に加熱されたら、ヤケドに注意しながら両面テープ離型紙の端を少しだけめくりましょう。
    これは全面を一気に剥がしてしまうと位置決めが難しくなるので、少し剥がして作業するのがおススメです。

    仮付けして位置が定まったら、隙間から両面テープの離型紙を剥がしましょう。

    隙間なくぴったりと貼り付け出来ました。

    さらにこの状態からもう一度加熱して押さえつけるようにしましょう。
    運転中にドリンクが転落してしまうと楽しいドライブも台無しに。
    ちょっとした手間ですが、このようにキッチリと作業することで信頼性も格段にアップします☆

    ちなみにドリンクだけはなく、5.5インチ級のスマホも収まります。

    このドリンクホルダーは両面テープだけなので、すぐはがれるのでは?と思っていましたが、取り付けから1年が経過した現在でもシッカリと貼り付いています。
    夏の炎天下から極寒の冬場まで一度も落ちたりしなかったので、なかなか良い製品だと思います。

    特にFIT3にお乗りの片にはおススメしたい一品ですね(^^)


  • 大阪モーターショー2017に行ってきました

    大阪モーターショー2017の開催初日に行ってきました。
    今回は新たに購入したブログ用一眼レフ Nikon D850のテストを兼ねて☆
    やはり初日は平日ということもあって、人も少なくゆったりと回ることができました。

    まずは各社のコンセプトカーに目が行きますね。
    ホンダブースでは電気自動車ベースのコンセプトカーが展示してありました。
    柔らかなイメージですが、スパルタンな感じもありますね(^^

    ダイハツブースでは車内空間を最大限に確保したコンセプトカー。
    やはりタントなどを手がけているメーカーだけに空間の取り方が素晴らしいですね。

    そして普段なかなか見ることが出来ない、テスラモーターズの電気自動車も展示してありました。
    液晶画面を前面に押し出したメーター周りはなかなかカッコよいものです☆

    そして自動車といえば。
    国を守るための自衛隊も出展しています。中に乗ることもできて大満足♪

    スズキブースではコンセプトカー以外にも船外機が展示してありました。
    なんと350馬力ものパワーがあるそうです!

    そして新型車やコンセプトカー以外にもこんな古い車も。
    ダイハツ・コンパーノです。かなり昔のクルマですが、フロントウィンドウをみれば車検シールが!
    ということは、まだまだ現役で公道を走れるマシンなんですね。

    さらには、三輪車!?ではなく、「ダイハツ・ミゼット」も。
    どちらもとてもキレイな状態が保たれていることに驚きました。

    そしてモーターショーといえばコンパニオンのお姉さん♪
    海外電気自動車の「BiRO」ブース。カラフルな車が印象的でした。

    BMWブース。

    三菱自動車ブース。

    スバル・STIブース。

    EVスクーターの「ジーム」ブース。

    阪神高速ブース。

    マジカルカーボンでおなじみの「ハセプロ」ブース。

    なぜかモーターショーにロボホンのブースが。
    絶賛販売中でした☆

    JNCAPのブースには、オフセット前面衝突試験で実際に使用されたC-HR。
    運転席の足元やAピラーに全く損傷がないのが印象的でした。

    そして、このようなイベントでは各種ノベルティグッズや物販も楽しみのひとつ☆

    スバルブースではオリジナルのスマホスタンドを貰いました。

    パッケージを開けてみると。。。
    STIロゴの入ったバケットシートが(^^

    絶妙な角度がついたフルバケタイプのシートデザイン。

    スマホスタンドなので、このようにスマホを座らせて使います。

    この角度、スマホを横向けにセットして動画を見るのに最適でした。

    阪神高速のブースでもらったエコバッグ。

    しっかり布製なので、いろいろな用途に使えそうですね。
    コートテクトは熱反射フロントガラスのブランドだそうです。
    旭硝子のクールベールが有名ですが、これもなかなか良さそうでした。

    大阪モーターショーは12月11日の月曜日まで開催されています。
    近場の方はぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。


  • ホンダフィット3 純正USB端子を社外ナビに接続する。

    ホンダフィットには純正ナビ用のUSB端子が設けられていますが、ナビ側は専用端子となっており、社外ナビへの接続は出来ません。
    今回は純正USB端子を社外ナビに接続する改造を紹介したいと思います。

    車体から取り外した純正USB端子につながるケーブル。

    センターコンソール部に見えている部分は一般的なUSBコネクタになっています。

    センターコンソールにパチッとはめ込みできるように、外側にはツメなどが付いています。

    そして問題の純正ナビ側コネクタ。
    こちらも抜け止めのラッチがついたコネクタになっています。

    コネクタの中身を見るとUSBコネクタに似た雰囲気ですが、周りのハウジングが特殊形状なので純正ナビ以外には差し込めません。

    こうやって見ると、通常のUSB A-Bケーブルに見えてきますが、やはりナビ側が曲者ですね。

    こちらのコネクタには白いロック機構?のようなモノがあるので、樹脂工具で外してみましょう。

    少々強引に引きちぎる形で取り外しました。
    しかし、ケーブルとコネクタが分離する気配はありません。

    ということで、ニッパを使ってハウジングを切り開いてみました。
    樹脂内部は厳重なシールド構造になっています。ニッパで解体する際は樹脂部だけを攻撃するようにしましょう。

    樹脂ハウジングをすべて取り除いて、金属シールドを開けてみました。
    中に見えているのは赤と黒のケーブルでUSBの電源部ですね。
    ここまで分解して通常のUSB Bコネクタと同一ということが分かりました。

    裏側のシールドも解体してみましょう。
    中央の樹脂部だけ残してバラバラにすることが出来ました。

    ここまで分解してみましたが、再使用は不可能なのでニッパでチョッキン!

    網線シールド構造になっているので、絶縁被覆と共にシールドをめくってみました。

    一般的なUSBケーブルを切断した事がある人ならわかると思いますが、通常は赤、黒、白、緑の4色で構成されています。しかしホンダ純正のUSB端子は赤、黒、紫、橙というパターンの4色構成でした。
    ケーブルを見ると極太の電源ケーブルと、厳重にシールドされた信号ケーブルが印象的です。
    さすがは自動車用として作られたことだけはありますね。PC用で売っているものとは全く別物です。

    今回は汎用性を追求して、USB延長ケーブル仕様に改造してみたいと思います。
    通販で購入したUSB Aタイプのコネクタセット。
    自分で半田付けすることで自由にケーブルを製作することが可能です。

    まずは通常のUSBケーブルを参考に半田付けしてみました。
    並びは左から黒、橙、紫、赤の順になります。
    ちなみに網線シールドはこのように左右に振り分けしました。

    続いて網線シールドをコネクタの左右に半田付けしました。
    これでケーブルが抜けてしまう事も防止できます。
    もちろんノイズ対策としても接続は必須です。

    半田付けが完了したので、樹脂ハウジングをはめるところですが、ケーブルが太すぎてフタが閉まりません。
    そこでコネクタの後ろ部分をチョッキン!

    ここまで切断して、なんとかケーブルが収まりそうな感じですね。

    ハウジングを切断して極太ケーブルが何とか収まりましたが、仕上がりの違和感はありませんね☆

    これで見た目もUSB延長ケーブルになりました。
    どんな機器でも接続できるので、ナビを買い換えても問題ありませんね。

    なぜ苦労して純正ケーブルを改造したのか?という答えはここからです。
    勘の良い方は、もうお判りでしょうか。

    これはナビに付属するような一般的なUSB延長ケーブルです。

    電流負荷をかけて体力測定してみましょう。
    まずは2.4Aほど。

    大幅に電圧降下しており、4.59Vまで低下しています。
    かなり抵抗値が高いケーブルのようですね。

    では続いて、ホンダ純正USB端子を改造したケーブルで同様のテストを実施してみましょう。
    まずは2.4A。

    結果は4.81Vとなりました。
    先ほどより0.2V以上高い電圧を維持しています。

    少し電流を下げて1.5A負荷で様子を見てみましょう。

    なんと電圧は4.99Vです。ほぼ電圧降下はゼロといって良いでしょう。
    この差がスマホ接続時に充電できるか、逆に放電していくか、そのような差になるんですよね。

    最後にUSB規格を完全に無視して3.5Aもの負荷をかけてみました。

    3.5A流しても4.6Vを維持しています。
    一般的なUSB延長ケーブルと比較しても1.5倍以上は大電流に耐えられるようです。

    このように自動車用に使われるケーブルは総じて高品質、高耐久なんですよね。

    今回は自動車メーカー規格の高品質ケーブルを最大限活用する形で延長ケーブルを作ってみました。
    一般的な延長ケーブルよりも高品質で、内装とのフィッティングもぴったり。

    皆さんも簡単なDIYで美しい内装処理を目指してみてはいかがでしょうか。