• カテゴリー別アーカイブ 分解&工作
  • RAVPowerジャンプスターター 8000mAhを分解する。

    RAVPowerジャンプスターターを買ってみました。
    今まで車にはブースターケーブルを積んでいましたが、結局のところ救援車がいない状況では役に立たず。
    というわけで、最近よく見かけるモバイルバッテリータイプのモノを探してみました。
    ジャンプスタートといえば100Aを超える大電流が流れることから、ノーブランド品には抵抗があります。

    今回は信頼できるメーカーということで、RAVPower社のRP-PB007を選びました。
    パッケージ自体は通常のモバイルバッテリーと同じようなデザイン。

    一般的なモバイルバッテリーとの違いは、この表記ですね。
    8000mAh CAR JUMP STARTER と書かれています。ジャンプスタート機能が売りのようです。

    パッケージを開けてみましょう。
    エメラルドグリーンが美しい小分けの箱が登場しました。

    さらにその箱を開けると、モバイルバッテリーが登場しました。
    これだけ見ればジャンプスターター機能があるのか!?と思ってしまいますね。

    もう一つの小箱を開けると、ブースターケーブルやポーチが出てきました。
    これを見ればジャンプスターターと一目でわかりますね(^^

    本体スペックをおさらいしましょう。
    Model:RP-PB007
    Battery Capacity:8000mAh/29.6Wh
    Input:DC 5V 2A
    Quick charge 2.0 Output:DC 5V/2.4A,9V/2A
    Starting Current:150A
    Peak Current:300A

    バッテリ容量は8000mAhと比較的大きなもので、バッテリーの充電は2Aの高速充電に対応。
    さらにUSB出力はQuick charge 2.0にも対応しているので、対応機器の急速充電も可能となっています。
    ジャンプスターターの性能としては12V150Aまで。ピークは300Aという性能です。

    USB出力コネクターはUSB3.0を連想させるブルーのもの。
    Quick chage 2.0対応というのがうれしいですね。

    さらに、LEDランプを内蔵。明るさ調整やSOS点滅などいろいろなモードがあります。
    ジャンプスターターとして使う時にもLEDランプは重宝しそうですね☆

    JUMPER CABLEと書かれたゴムキャップ。
    この奥にジャンプスターター用のコネクタが隠れています。

    ゴムキャップを開けてみました。
    大電流が流せそうな大きなコネクタが姿を現しました。
    金メッキ厚も十分といった風合いのコネクタです。

    ここに接続されるジャンパーケーブル。
    ケーブル根元には黒い箱が装備されており、ブーストボタンやLEDが並びます。

    reverseは赤いLEDが内蔵されており、逆接続時にLEDとブザー音で知らせてくれます。
    correctは緑のLEDが内蔵されており、正常接続時に点灯します。
    BOOSTボタンは完全に上がってしまったバッテリに対して、初期充電を行うボタン。

    裏面には利用方法が記載されています。
    英語表記ですが、簡単な単語ばかり並んでいるので問題ないでしょう。

    ジャンパーケーブル根元のコネクタ。
    こちらも金メッキの高級そうなコネクタになっています。
    ちなみにコネクタ真ん中の四角い穴も接点になっています。仕様上は3Pコネクタですね。

    ここでモバイルバッテリー本体のサイズを計測してみました。
    横幅は83mm

    高さは171mm

    厚みは18mm

    マニュアルにも仕様が記載されています。
    充電時間は3~4時間と大容量バッテリとしては標準的なモノ。
    これをジャンプスターター時は数秒で使い切るのですからなかなか恐ろしい代物。

    マニュアルは基本的に日本語表記なので安心ですね。

    ジャンプスターターとしての利用方法も日本語とイラストで詳細に記載されています。

    接続順序もこのマニュアルを見れば一目瞭然♪

    またトラブル時の対処方法まで記載されているので、安心して使えそうな感じです。

    ここでふとバッテリー本体に目をやると、六角ビスを発見しました♪

    というわけで、いつも愛用している精密ドライバーセットの登場です。
    あらゆる作業に対応できる便利なもの。HDDの分解などにも重宝しますね。

    今回は六角ビットをセレクト。

    精密ドライバーを差し込んで、くるくる回すだけ。

    計6本のビスが外れました。

    すると特に接着等もなく、パカッとフタが開きました♪
    やはり目につくのは極太の配線ですね!

    ジャンプスターター用のコネクタにはCP-3000と書かれた青いコネクタを装備。

    コネクタの先はリチウムバッテリーに直結されています。
    モバイルバッテリー内にはヒューズ等の保護系統は装備されていません。

    USB出力部分を見てみましょう。
    最近のモバイルバッテリーとしては若干部品点数が多め。

    USB出力部のチップには「fitipower」の「FP6600Qを採用。
    Qualcomm® QC 2.0/3.0両対応のチップとなっていますが、本バッテリでは2.0対応機能のみ利用されているようです。

    もう一つ目立つICは「HOLTEK」の「HT66F0185」を搭載。
    EEPROM搭載の組み込み向けマイコンですね。

    基板裏面を見てみましょう。
    コイルとICが並んでいますね。充電用の昇圧回路でしょうか。
    コイルの横には「NCEPOWER」の「NCE30P25S」が装着されていました。
    P-Channel Power MOSFETですね。

    このモバイルバッテリーはジャンプスタート時の監視機能なのか、バッテリーにも多数の配線が伸びています。

    太い線はジャンプスタート用ですが、それ以外に赤、白、黒と複数伸びていますね。

    さらにバッテリーにはサーミスタも装備されていました。
    最近のモバイルバッテリーではサーミスタを省略した製品が多いですが、しっかりと外付けしているのは安心感がありますね。

    さらに基板表面からも配線が一本。
    CP-3000というコネクタに伸びていますので、ジャンプスターター用の信号線となっているようです。

    となると、先ほどの黄色い線の行き先が気になりますね。
    このようにジャンパーケーブルの根元には黒い箱が付いているので、この中身も調査したいところ。

    ジャンプスタート用ということで、強力なワニ口もついています。
    バネもなかなか強力で、しっかりと電流を流せそうな感じ。

    ケーブルには10AWGの極太線を採用。
    長さが短いことも相まって、電力供給用としては十分ではないでしょうか。

    先ほどの根元の黒い箱がやっぱり気になりますよね。
    という訳で、様々な工具を用意してみました。

    格闘すること数分。。。
    何とか先が見えてきました(^^

    苦労の末、パカッと開きました。
    このような作業をする際は、手をケガしないように工具の持ち方、力を入れる向きなど、しっかりと考えてからおこないましょう。

    開いたというよりは割ったに近い断面(笑)

    黒いボックスの内部に格納されていた基板です。
    黒い線は直結、赤い線は何か表面のデバイスを経由しているようです。

    基板を裏返してみました。
    赤い線から伸びているデバイスは大容量のリレーでした。

    搭載される大容量リレーは自動車用グレードのもの。
    hongfa」の「HFV7-P」です。
    リレー本体には70Aと書かれていますが、モータのような誘導負荷には150Aまで耐えられるようです。

    続いて基板を眺めてみましょう。
    逆接続時の警告ブザーやLEDなどが目立ちますね。

    唯一搭載されているICはは「HOLTEK」の「HT66F004」を搭載。
    本体側と似通ったチップが採用されていますね。

    リレー付近には逆接続検出用の回路が装備されていました。

    その他にはスイッチや三端子レギュレータなど、一般的な部品で構成されていました。

    基板内部を通過する配線の半田状況をみてみましょう。
    しっかりと大量の半田で処理されていますね。

    リレー側も同様に大量の半田で接続されています。
    これであれば接触不良や電流不足による不具合も皆無でしょう。

    この黒い箱にはリレーによる安全回路が組み込まれていました。

    恐ろしいことですが、世の中にこのような安全装置が存在しないジャンプスターターも流通しているそうです。
    皆様もジャンプスターターを購入される際は、価格だけではなく、安全性という面からも製品選びをされてみることをお勧めします。


  • テクノコアインターナショナル TC-S40Nを分解する。

    テクノコアインターナショナルのTC-S40N急速充電器を分解してみました。
    ニッケル水素電池を急速充電しながらもメモリ効果を発生させないIC&C方式の充電制御がされています。
    また大電流のパルス充電を行うことで少し弱ったバッテリが元気に復活する効果も。
    こんなに素晴らしい充電器ですが、数年前に採算等の面から販売が終了しており、今では入手困難となっています。

    予備を含めて2台所有しているもの。
    デジイチのストロボ用バッテリの充電用に重宝しています。
    ホワイトとシルバーの2色がありますが、基本的にどちらも同じものです。

    本体正面の印字を見てみましょう。
    Ultra High Speed Battery Charger with advanced I.C&Cと書かれています。

    裏面の銘版を見てみましょう。
    超高速充電器 形式:TC-S40N
    製造はもちろん日本製です。
    バッテリー1本当たりの出力電流は驚異の1.8V/3.5Aというスペック。この大電流をパルス印可することでメモリー効果を抑制しつつ高速充電を可能としているんですね。

    本体の電源はAC100-240Vまで対応。
    ノートPCなどと同じタイプの電源コードで接続します。

    大電流充電ということで発熱に対応させるための冷却ファンも装備。万全の体制です。

    さらに冷却ファンと反対側には大型の通風孔を装備。中には銅板も見えており、放熱には気を使った設計のようです。

    トルクスドライバーで分解可能なので早速開けてみましょう。
    ちなみに、こちらはメインで使っているホワイト機。冷却ファンのスリットを切り取って放熱性を向上させています。

    ビス4本を外すとパカッとひらきました。
    冷却ファンの配線が切れないように注意しましょう。

    まず基板を見て驚くことは、充電器とは思えないほど豪華な部品構成でしょうか。
    銅の放熱板2枚が目立ちますが、その周辺にもパワー系デバイスが多数備わっています。
    赤いシールが貼られてたものはワンチップマイコンで充電を制御しているソフトウェア等が格納されているようです。

    では基板の表面も見てみましょう。
    電源用のスイッチングトランスの周辺には大量の電解コンデンサを装備。
    3.5Aもの充電電流に対応した電源回路となっています。

    基板のこの部分だけを見ていると、汎用のスイッチング電源基板を見ているかのようです。
    ここまで作りこまれたニッケル水素充電器はなかなか見かけないですよね(^^

    中央の青い部品はセラロックです。
    これは従来の水晶発振子に代わるもので、充電がソフトウェア制御されている証ですね。

    この充電器は4本のバッテリーが同時充電可能となっていますが、実態は1本ずつ順番に充電するものです。
    そのため、電池ボックス1本ごとに同様の構成の充電回路が装備されています。
    同じ回路構成が4本並んでいるような感じです。

    この銅板は放熱用というよりは、裏面に装着されているAD/DCコンバータ「TOP246PN」のEMIシールド用のようですね。

    こちらのダイオードは大電流に対応するため銅板で放熱をしていますね。
    新電元「SF10SC4」のようですね。

    購入から数年ぶりに分解してみましたが、非常にお金がかかった設計になっていますね。
    今のところ2台とも調子よく動いていますが、故障すると同じものが手に入らないのは痛いところです。
    どこか国内メーカーでI.C&C方式の充電器を販売してくれないものでしょうか。


  • クラシックミニスーパーファミコンを分解してみた。

    今年も発売になったニンテンドークラシックミニ。
    今回はスーパーファミコン版となっていますので、昨年同様に分解してみました。
    コンパクトボディに21本ものゲームソフトが搭載されており、懐かしのゲームを楽しむことが出来ます。
    CLV-S-SHVF Mini Super Famicom TearDown!!

    まずは外観ですね。
    当時のカラーリングをリアルに再現したパッケージ。そのままコンパクトになったイメージ♪

    裏面には搭載ソフトウェアの紹介と本体の説明などが書かれています。
    F-ZEROやマリカーなど対戦レースが大好きだったので、今回も友人たちとたっぷり楽しめそうです(^^

    パッケージ緑面を見てみましょう。
    本体以外にもUSB電源アダプタが必要なこと、クラシックミニファミリーコンピュータと同じものが使えることも書いてあります。さすがは任天堂ですね。

    パッケージ黄色面です。
    ここには内容物が書かれています。
    セット内容は、
    ●本体1台(CLV-301)
    ●専用コントローラー2個(CLV-202)
    ●ハイスピードHDMIケーブル1本
    ●USBケーブル(電源供給用)1本
    ●取り扱い説明書・保証書
    保証書に関しては分解した時点で無効なので捨てておきましょう(^^;

    ではパッケージを開けてみました。
    クラシックミニスーパーファミコンも段ボール製のトレイになっており、昔ながらの発泡スチロール製パッケージには出会えませんでした。時代の流れですね。

    内容物をとりだしてみました。
    本体より大きなコントローラーが目立ちますね☆
    内容物としては本体、コントローラー、ケーブル類になります。

    本体裏面をみてみましょう。
    4本のゴム足がある程度で、これといった特徴はありません。
    本体型式はCLV-301と刻印されています。

    本体背面です。
    スリットの形状など、スーパーファミコンの特徴を忠実に再現。
    このように雰囲気が再現されるのはうれしいですね♪
    コネクタ類はMicroUSBコネクタとHDMIコネクタに変更されています。

    つづいて本体正面です。
    この角度からみると当時のスーパーファミコンと全く変わりませんね。

    スイッチのRなど当時のモノとそっくり。
    個人的には電源スイッチの感触が大好きだったのですが、同じ形状というだけでも涙モノです。
    ちなみにカートリッジ部は固定式でシャッターも開きません。
    3Dプリンタ等で可動式に改造してみるのも楽しいかもしれませんね。

    スーパーファミコンといえば、このロゴマーク!
    本体への印刷ではなく、別部品となっておりシールが貼り付けされていました。

    付属のハイスピードHDMIケーブル。Nintendoロゴ入りの専用品が採用されています。

    MicroUSBケーブルにNintendoロゴはありませんでしたが、太めの高品質なものが採用されていました。
    これならば電力供給にも不安はありませんね。

    ではコントローラーと本体を接続してみましょう!
    あれっ、コネクタ形状が違います。。。
    もしかして付属品のキッティング不良でしょうか??

    実はコネクタ形状はだけは従来のモノとは違っていたんですね。
    本体裏面にこのようなスリットがありますので、ピロっと引き出してみましょう。

    すると。。。
    奥から違う形状のコネクタが出てきました(^^

    こんな感じです。
    スーパーファミコンのイメージとは違いますが、新しい規格のコネクタとなっています。

    コントローラーを差し込んでみました。
    一旦差し込んでしまえば当時のイメージと変わりませんね。
    懐かしく新しい、そんな感じです☆

    ここで昨年発売のご先祖様と並べてみました。
    本体サイズはスーパーファミコンの方が小さいですね。
    高性能になったのにダウンサイジングを実現。まさに任天堂の電子技術のなせる業です。

    ではもう一枚、ご先祖様と比較してみましょう。
    背面同士をならべて写真をパチリ。あれっ、配置が似ていますが気のせいでしょうか。。。

    では、早速ですが分解作業にはいりましょう。
    まずは本体裏面にある黒いゴム足をはがしましょう。

    ゴム足の奥には普通のプラスねじが隠れていますので、一般的な精密ドライバーで取り外しできます。

    この通り、普通のビスです。分解作業が捗りますね(^^

    外したビス。4本とも同じサイズ、形状となっていました。

    先ほどのビスを4本外すだけで、パカッと開きました。
    開けるときはメイン基板とスイッチ基板をつなぐフレキシブルケーブルを切断しないように注意しましょう。

    ファミコンの時は本体側に2枚の基板が搭載されていましたが、今回はカバー側にも搭載されています。
    まずは切断の恐れがある、フレキシブルケーブルを先に外しておきましょう。

    まずはスイッチ基板を外してみましょう。
    3本のビスで固定されているので、それを外すだけでOK。ここも通常の精密ドライバーで大丈夫です。

    取り外したスイッチ基板。
    スライド式の電源スイッチと、リセットスイッチが実装されています。
    リセットスイッチの電極パターンはファミコン版とは違いますね。こちらの方が接触不良が少なそうな形状です。
    基板の型式はFTM-SHVC-Doughter-01となっています。ドーターボード1ってことですね(^^
    1P-1172X01-2010というのは図面番号でしょうか。

    ここもファミコン版との大きな違い。
    赤いLEDが搭載されています。ここはぜひ再現してほしかったところなので嬉しい☆

    カバー側の抜け殻です。
    基本的にはすべてはめ込みとなっていますので、カスタムはやりやすそう!
    カセット部分の開閉機構を組み込むには少し工夫が必要かもしれませんね。

    続いて本体側を分解してみましょう。
    ファミコン版と違い、コントローラーがコネクタ式になっているので、まずは基板とコネクタを分離する必要があります。

    まずはコントローラー1側のコネクタを外します。

    続いてコントローラー2側のコネクタを外します。
    どちらもロック機構等はありませんので、グイッと引っ張るだけでOK。

    それよりも気を付けたいのはこちら側。
    シールドフレームに直接半田付けされているので、あまり配線を引っ張ったりすると切れてしまいそうです。
    慎重に作業を進めましょう。

    続いてメイン基板の取り外しです。
    基板を覆うシールド板の4隅にビスがあるので、外していきましょう。

    最後にHDMIとMicroUSBの間にあるビスも外します。
    基板は5本のビスで固定されているので、外し忘れがないように注意しましょう。

    メイン基板の摘出が完了しました。
    コントローラーと比較すると基板の小ささが際立ちますね。

    メイン基板が外された本体。
    基板下スペースは大きな空間となっているので、モバイルバッテリの搭載など改造の夢が広がりますね。

    続いてメイン基板を覆う、シールド板を外してみましょう。
    CPU冷却用の放熱ゲルで張り付いているので、スライドさせずに垂直に持ち上げましょう。

    慎重を期す方は専用の工具で隙間を広げていくと良いでしょう。
    生産されてからの日が浅いせいか、今回は簡単にペロッとはがすことが出来ました。

    シールド板を取り外したメイン基板です。
    ブルーの熱伝導ゲルシートはシールド板側にくっついていました。

    ではメイン基板の裏面から見てみましょう。
    ファミコン版と似通った構成となっていますが、再検証が必要ですね。

    まずは映像出力用のHDMIインターフェースICです。
    EPMI社の「EP952」を搭載。一般的なHDMI1.4対応となっておりどのテレビとも相性良く接続そうです。
    生産ロットは17年18週となっており、今年前半に生産されたチップのようです。

    そして、ここに注目!
    ファミコン版では搭載されていなかった、470μFの電解コンデンサが搭載されています。
    電力不足によるトラブルを回避するためなのか、スーパーファミコン化されて必要な電力が増えたのか。
    いずれにせよ電源の安定化にはうれしい装備ですね。

    では続いてメイン基板表面を見てみましょう。
    目立つのは4個のICですね。

    メイン基板の型式はFTM-SHVC-Main-01となっています。
    そして図番と思われる表記は1P-0172X00-4010です。

    では搭載部品の構成を調査していきましょう。
    メインCPUはALLWINNER社の 「ALLWINNER R16」が搭載されていました。
    Cortex-A7クアッドコアですね。
    組み合わされるメモリも同様にSK hynix社の「H5TQ2G63GFR」となっていました。
    JEDEC準拠の256MB DDR3 SDRAMです。
    つまりこの構成は昨年のファミコン版と全く同じです。
    伝播遅延のパターンなども同様でした。

    続いてソフトウェア格納用のフラッシュメモリを見てみましょう。
    ファミコンとスーパーファミコンではソフトの容量が根本的に違いますので、メモリが大容量化されているのではないでしょうか。
    搭載チップはMACRONIX社の「MX30LF4G18AC」なので、512MB SLCフラッシュです。これもファミコンと同様ですね。

    最後のチップは電源ICです。
    X-Powers社の「AXP223」を搭載ということで、これも昨年と同じ仕様。
    周辺部品の配置やパターンに至るまで感動的なほど同一設計です。

    HDMIコネクタとMicroUSBコネクタです。固定部がリード形状となっており、抜き差しに対する耐久性は高そうです。

    このようにスルーホールでガッチリ固定されています。

    そして今更ですが、シールド板も昨年と同じ板金でした。

    ここまでの内容でまとめてみると、
    ・メイン基板そのものは新設計となっている。
    ・搭載チップは基本的に同じもの。
    ・各チップ周辺のパターンはモジュール化されている。
    ・電源部は少し強化された。
    という状況です。つまりソフトの焼き直しだけでスーパーファミコン化したということですね。
    ファミコン版が再販されるという噂が出た時点である程度予測はしていましたが(^^)

    では、続いて新設計のコントローラーを分解していきましょう。
    発売当時は4色のボタンが新鮮だった記憶があります。

    コントローラー裏面です。
    5本のビスで固定されているので強度は高そうですね。

    型式はCLV-202となっています。

    では早速分解してみましょう。
    ここも普通のビスなので、一般的な精密ドライバーでOK。

    パカッと開きました。

    配線は4芯となっています。ファミコン版と同じ信号仕様でしょうか!?

    ちなみにLRボタン部分んは別基板となっており、細い配線で接続されています。
    ここも分解時には切断しやすい場所なので慎重に作業してくださいね。

    コントローラー基板を取り外しました。
    LRキーのプラスチックは別部品となっていました。

    スイッチ部は基本的にメンブレン仕様。

    十字キーを外してみました。
    ゴムパーツはファミコン版とは違うものとなっています。

    そして特徴的なA/B/X/Yボタンです。
    誤組付け防止のポカヨケ形状になっており、完全にバラバラにしても元通りに戻せますね。

    セレクトボタンとスタートボタンはゴムスイッチだけで構成されていました。

    取り出したコントローラー基板です。
    電極部のパターンはファミコン版と同様の電極形状ですが、十字キー部の絶縁距離が少し大きくなっていますね。

    型式はFTM_SHVC_Controller VA_01となっています。
    図番は1P-0174S00-1030でした。

    搭載チップにも変化がみられます。
    TSSOP20パッケージのチップは、STmicro製の「SMT8S」です。
    ファミコン版ではWCP 405が搭載されていましたが、ここは大きな変化点ですね。

    コントローラー基板と配線の接続部は直接半田付けされていました。
    昨年のファミコン版より半田付けがうまくなったような!?(笑)

    では純粋にゲームを楽しんでみたいと思います。

    現時点では非常に入手困難となっているようですが、皆さんも頻繁にamazon等をチェックしてみてくださいね。