• TA-FV440 コードレスアイロンを分解してみた。

    TA-FV440 という型式の東芝製コードレスアイロンを買ってみました。今までコード付きのものばかり使っていたのでコードレスタイプは初体験です。
    早速分解してコードレスアイロンの仕組みをチェックしてみましょう。

    TA-FV440 コードレスアイロンを開封

    今回購入したTA-FV440です。
    近くの量販店にて購入しました。この手の家電は現物を見て使い勝手をチェックするのが一番ですね。

    段ボール箱から中身を取り出してみました。
    保管用のプラケースが付属しているのが便利ですね。

    プラカバーを開けてみました。
    中身はレッドのTA-FV440です。充電台へのスムースな格納具合と重量でこの機種を選択しました。


    充電台の裏側をみてみましょう。
    型式はTA-FV440となっており、充電台単品での型式は無さそうです。
    消費電力は100V 1200Wとなっています。

    TA-FV440の給電部分はシャッター付きで安全な仕様となっています。

    普段はプラスチック製のカバーを被っていますが、ドライバー等で押し込むと金属端子が露出します。
    子供のいたずら等で感電する心配もありませんね☆

    TA-FV440 コードレスアイロンを分解

    では早速充電台から分解してみましょう。
    裏面にあるプラスタイプのビスを外すだけでOK

    パカッと裏ブタが外れました。
    内部構造はAC100Vケーブルのコードリール機構と端子があるだけ。
    充電台には基板等の電子機器は搭載されておらず、非常にシンプルな構造です。

    このように先ほどの充電端子にAC100Vが直結されています。

    ということは、TA-FV440の充電機構は本体側に核心部があるということでしょう。

    TA-FV440のアイロン面はアーモンド形となっており、前後の双方向でアイロンがけが可能です。
    裏面の形状によっては前後の動きができないものもありますので、裏面形状をチェックして機種選定したいところですね。

    TA-FV440の操作部分はアナログなスイッチで構成されています。
    温度はスライドスイッチの3段階、スチーム噴射はボタンを押し込むことで操作します。
    シンプルな操作機構は操作ミスを防止し、またシンプルな回路は故障リスクを低減します。

    まずは分解に先立って、スチーム用の給水タンクを外してみました。

    スチーム水のタンク自体はプラスチックで構成されており、非常に軽量です。

    主要各部にはゴムパッキンが仕込まれており、水漏れを防止します。

    給水タンクを取り外したTA-FV440です。
    よく見るとプラスタイプのビスが見えていますね。

    というわけで分解開始です☆


    TA-FV440の中身です。
    コードレスアイロンということで、巨大なバッテリーが存在すると思っていました。
    しかしバッテリーはおろか、基板の類もみつかりません。。。

    主要コンポーネントはヒーター部品と接点だけ。

    TA-FV440 コードレスアイロンのまとめ

    この時点でようやくコードレスアイロンの意味が理解できました。
    充電式ではなく、「蓄熱式」だったのですね。
    なぜこんなに安価なのか、ずっと不思議に思っていたわけですが、軽くカルチャーショックです(笑)

    いかがだったでしょうか。
    コードレスアイロンは充電式ではなく、蓄熱式だということがわかりましたね。
    実際に購入される際は量販店で持った感じや、操作感をチェックしてみてくださいね。


  • YAMAZEN扇風機のDCモーターは日本電産製だった!

    暑い夏に備えて省電力のDCモーター扇風機を買ってみました。今回は高さの有るモデルとしてYAMAZENのYHR-CKD351を選びましたが、なんと核心部のモーターは日本電産製でした(^^)
    お求めやすい価格に超一流メーカーのモーターを搭載しており、お買い得品といえるのではないでしょうか。
    早速内部構造をチェックしてみましょう。

    YAMAZEN扇風機 YHR-CKD351をチェック

    今回購入したYAMAZENYHR-CKD351です。
    売りはDCモーター搭載、7枚羽で風量1.5倍といったところ。
    今回はリビングに設置するのでこのサイズ感がぴったりなので選定してみました。

    YHR-CKD351を開封してみる

    早速パッケージを開封してみました。
    最初に出てきたのは扇風機のベース部分です。

    このベース部分は基本的にプラスチック部品のみで構成されており、電気系のパーツは一切ありません。

    続いて扇風機の顔ともいえる羽根部分です。

    カバーの中央部にはヘアライン仕上げの化粧パネルが装備されています。

    裏から見るとABS樹脂製でした。

    ではYHR-CKD351自慢の7枚羽根を見てみましょう。

    7枚羽根の直径は仕様通り35cmとなっています。
    真円度も高く回転バランスはよさそうな感じでした。

    中央部の羽根はコアンダ効果を狙ったものでしょうか。
    最近の扇風機のトレンドになっている形状ですね。
    各社様々な工夫がされている箇所になりますが、YHR-CKD351では中央部にホールを設けた羽根となっていました。

    羽根部分を横から見てみました。きれいなカーブを描いており、静音性もかなり期待できそうです。

    ちなみにベース部分は羽根より一回り大きいサイズなので、設置時の安定性は十分です。

    ではいよいよYHR-CKD351本体を見てみましょう。

    YHR-CKD351の首振りは昔ながらのつまみを上げ下げするタイプ。
    リモコンでON・OFFできる製品ではありませんが、特にリモコン操作の必要性を感じないので☆

    ちなみに設計上の標準使用期間は6年間となっています。
    6年で償却するとして年間コストは1500円程度ですね。

    YHR-CKD351本体のシャフト部分です。
    銘版には製造年とサポート連絡先も記載されています。
    また消費電力は21wとなっており、旧来のACモータータイプと比較して電気代は半分で済みそうですね。

    YHR-CKD351のモーター部を分解

    YHR-CKD351本体のモーターヘッド部分です。
    DCモーター搭載ですが、ヘッド部が極端に薄いことも無くコンベショナルな形状です。

    YHR-CKD351本体のモーターシャフト部分です。グリスがしっかりと付されておりネジ部分の精度も必要にして十分確保されています。
    羽根を固定するナット側も金属製なので信頼性も高そうですね(^^
    安物の扇風機だとすぐにクラックが入る樹脂だったりしますが、そんな心配も無用です。

    では早速分解してみましょう。
    まずはYHR-CKD351本体のモーターヘッド部後方にある穴にドライバーをいれてビスを外します。

    パカッと外れました。
    グレーの樹脂部品は首振り駆動用のギアユニットとクラッチユニットですね。
    無駄にモーターの数が増えることは信頼性低下に直結しますので、長年使われてきた方式が一番ですね。

    続いてYHR-CKD351本体モーターヘッド部の前カバーを外してみましょう。
    4本のビスで固定されているだけなので、取り外しは簡単です。

    YHR-CKD351のモーターが見えました。
    なんと驚いたのはベアリングが打ち込んであること。
    普通はメタルなどを使っているイメージでしたが、ボールベアリングが使われていることに驚きました。

    搭載されるベアリングは608Zタイプ。

    ちなみにメーカーは超一流のNSK(日本精工株式会社)です!
    それほど高い扇風機ではありませんが、永く使えそうな設計が嬉しいです。
    まず分解。的にはベアリング交換を楽しんだり、そんな事も考えてしまいますね(笑)

    では続いてYHR-CKD351の心臓部ともいえるモーターをチェックしてみましょう。
    DCモーター搭載なので、従来のACモーターとは違い基板や回転センサーで構成されています。

    そしてモーターをよく見ると見慣れたロゴマークが!
    Nidec(日本電産株式会社)のモーターです☆
    型式は48F704でDC24V駆動のPWM制御モーターで、最大回転数は4800rpmとなっています。

    つづいてYHR-CKD351のベース部分を見てみましょう。

    裏側に穴が開いているのでプラスドライバーでビスを外していきましょう。

    パカッと開きました。
    中身はシンプルでスイッチング電源と制御基板で構成されています。

    スイッチング電源はこのようにシールドされてツメでベース部分に固定されています。

    制御基板は操作スイッチもあることから5本のビスでしっかりと固定されていますね。
    ちなみに片面基板となっており、単純にPWM出力の制御だけやっている感じです。
    電源は一度制御基板に入っているものの、ヒューズを介してモーターに直結です。

    制御はPICマイコンでしょうか??
    型式等は読み取れませんでしたが、ワンチップでリモコン受信からPWM制御までやっているようです。

    制御基板表面はLEDやスイッチ、ブザー類があるのみで非常にシンプルな構成でした。

    YHR-CKD351を分解してみたまとめ

    いかがだったでしょうか。
    今回はリビング用にデザインとサイズ感、そしてDCモーター搭載という観点からYAMAZENYHR-CKD351を購入してみました。
    結果、中身は超一流メーカーのパーツで構成され、値段はお求めやすいという製品になっていました。

    購入から1週間たちますが、音も静かで非常に快適です☆


  • 個人資産の保護に最適なポータブル金庫を買ってみた。SentrySafe 1200

    繰り返される自然災害など、様々な脅威から個人資産を守るのに何が必要か??そんな時に私の出した答えはポータブル耐火金庫を購入することでした。
    今回はアメリカでもっとも信頼されているブランドであるセントリー社製のものを購入してみました。

    個人向けのポータブル金庫とは

    今回購入したポータブル金庫はSentrySafe PortableSeries1200です。


    パッケージ横にはスペックが記載されています。
    金庫の基本性能としては以下の仕様に適合しています。
    ・UL30分耐火テスト合格
    ・UL爆発テスト合格
    ・ETLデジタルメディア耐火テスト認定

    サイズは内径H89mm×W305mm×D191mmとなっており、B5サイズの書類が入ると考えていただければ分かりやすいです☆
    ちなみにアメリカの会社らしく、銃の格納には使えない旨の表記がありますね(^^;

    SentrySafe 1200を取り出してみた

    パッケージからSentrySafe PortableSeries1200を取り出してみました。
    カラーはホワイトをチョイス。

    ドアの開閉ロックはキー式となっており、スペアを含めた2本が付属されています。

    SentrySafe PortableSeries1200のドアを開けてみました。
    内部もホワイトカラーとなっています。内容量は5.2リットルです。


    念のため内径を再チェックしてみましょう。
    内径幅は305mm

    内径奥行きは89mm

    内径高さは89mm

    SentrySafe 1200に色々と入れてみた

    今回購入したポータブル金庫は、ETLデジタルメディア耐火テスト認定にも合格しています。
    つまり、このようなストレージ保管を主体とした使い方にもピッタリ。

    このように2.5インチタイプのSSDであれば立てて収容することも可能です。

    またコンパクトサイズということもあり、SDXCカードやUSBメモリなどの保護・保管にも最適ですね。

    また人によっては個人情報が満載されたスマートフォンなどを格納してもよさそうですね。

    ちなみに内部にWifiルーターを設置した状態で扉を閉めてみましたが、4G LTE / Wifiともに電波は透過していました。

    中に入っている説明書は日本語表記で、日本でサポートを受けることが可能です。

    保証体制もバッチリ!
    これなら安心して使うことができますね。

    SentrySafe 1200のまとめ

    いかがだったでしょうか?
    火災や盗難からデジタルデータを守る方法として今回はポータブル金庫を利用してみました。
    データの保管に限って言えば、クラウドサービスに保存するもの良いと思いますが、手元に置いておく安心感はやはり違います(^^
    価格も安く、コンパクトなのでぜひ、一家に一台、一人一台持っておきたいアイテムですね☆