• ★本サイトはSSLサイトに移行しました。 新しいアドレスは https://mazu-bunkai.com となります。 にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。



  • 液体プラスチック 5 Seconds FIX を試す。

    液体プラスチック 5 Seconds FIXという商品が気になったので買ってみました。
    UVレジンを固めて使うタイプの接着剤です。
    無色透明で仕上がりはキレイということで各種機器の修理や工作に活用できそうな感じ!
    というわけで早速買ってみました。

    amazonから届いた商品。液体プラスチックの入ったアプリケーターとUV LEDライトという構成です。

    5 Seconds FIXのマニュアルには簡単な利用方法が書かれています。
    要約すると、接着剤を塗って5秒ほどUVライトを当てるとのこと。
    厚みは3㎜程度まで大丈夫なようです。

    今回、この接着剤を利用しようと思ったのは、このイヤホンを修理するのが目的です。
    これはビクターのウッドコーンイヤホン初代モデルHP-FX500です。
    自然な音で聞き疲れしない、そんな音がお気に入りのイヤホンです。

    しかし、長年使ってくるとケーブル付け根部分の断線などが発生します。
    今回はこれを修理するために、 5 Seconds FIXを活用してみようという訳です。

    まずは練習ということで、部屋に転がっていた謎の基板でテストです(^^

    5 Seconds FIXペンのキャップを外してみます。
    黄色い先端のペンが現れました。黄色いキャップは反対側まで貫通しておりそのまま使えそうです。

    基板のコネクタ部分に少量塗布してみました。
    そこそこの粘度はありますが、時間とともに広がっていくような感じです。

    そして、付属のUV LEDライトを照射します。
    ひとまず説明書通りに5秒当ててみました。

    こんな感じでしっかりと固まっています。
    光を当てていない部分は硬化が弱いので、ライトの当たる範囲ごとに5秒ずつ固めていくのがよさそうです。

    続いて本番を前に、別のイヤホンコードで練習しておきます。
    これはイヤホンの延長コードですが、金具で固定していた部分の被覆が破れてしまいました。

    被覆の切れた部分を中心に、液体プラスチックを塗布していきます。

    そしてUV LEDライトを照射!
    ぐるっと360度一周分を固めました。

    仕上がりはこんな感じ。
    透明で不安があるかもしれませんが、強度も十分でしっかりと固まっています。

    続いてイヤホン本体の修復に入りましょう。
    様々なパターンで練習したのでもう大丈夫。今回は先端の黄色いゴム部品を外してみました。

    先ほどのコードと同じ要領で360度ぐるっとUV LEDライトで固めていきます。

    こんな感じでしなることもなく、十分な強度で接合されました。

    修復部分を拡大撮影してみました。
    無色透明になっているので、近くで見ない限りは修正したこともわかりません♪
    これでまだまだ数年は使えそうな感じで、大満足(^^

    イヤホンの修理で気分が良くなったので、他のものも試してみました。
    これはブログ写真撮影で活躍しているスピードライトスタンド。
    いつもNikon SB-5000をセットして使っています。

    純正品との大きな違いは、裏面にゴム足が装着されていること。
    しかしこれが頻繁に外れます。そこで5 Seconds FIXを使って補強してみようという作戦です。

    ゴム足の周りにぐるっと液体プラスチックを塗布しました。

    そして全体をUV LEDライトで固めます。
    ゴム足自体も光ってキレイですね(^^

    一般的な瞬間接着剤では得られない美しい仕上がり。
    ゆっくりと馴染む感じの粘度も相まって接着面積も大きいですね♪

    そしてもう一つ、これはパーツクリーナーのノズル部分ですがよく外れてしまうんです。
    ここにも5 Seconds FIXを使って少し接着してみました。

    最後に少々もったいない気もしますが、強度を試すための試験です。
    今回はノートパソコン用のメモリを用意しました。

    メモリモジュールの側面に液体プラスチックを塗布します。

    そして、もう一枚のメモリを貼り合わせて、UV LEDライトを照射します。
    面積が大きいので少しずつ移動させながら長時間かけて硬化させました。

    この通りぴったりとくっついています!

    強度試験ということで、少し盛って補強しておきました。

    では実験開始です。
    メモリモジュールに重量物を置いてみました。
    なかなか過酷な試験だと思いますが壊れることなく耐えてくれました。

    この試験をしていて思いついたのは、電子基板のコーティングにも使えそうということです。
    適度な弾性を有しており、ケーブル類の固定など様々な用途が思いつきますね。

    今回は3本買ってみましたが、一本あれば非常に便利な5 Seconds FIX。
    ぜひご家庭に一本いかがでしょうか。


  • Nikon SB-5000ファームウェアバージョンアップ

    Nikon SB-5000ファームウェアバージョンアップをやってみました。今回は2017/03/02公開のVer.14.002を適用してみます。
    内容としては細かな不具合の修正ということですので、実施しておいて損はないでしょう。

    スピードライトのファームウェアアップデートは、Nikon製カメラを経由して行えますのでサービス機関等に持ち込む必要はありません。

    2台のSB-5000です。購入は2016年12月ですが、ファームウェアはどのようになっているのでしょうか?

    両方ともVer14.001だったので、今回のバージョンアップ対象です♪

    ファームウェアはNikonサイトからダウロードできます。
    SB-5000ファームウェア」 ←クリックでページが開きます。
    ページ内を開いたら、ファームウェアをクリック。

    今回はWindows10のパソコンを使うので、「Windows」をクリック。

    ダウンロードの確認が表示されるので、「同意する」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリック。

    F-SB5000-V14002W.exeというファイルがダウンロードされるので、「保存」をクリック。

    つづいてセキュリティスキャン実施後に「実行」をクリック。

    圧縮ファイルが解凍されるので、「ダウンロード」の項目を開いてみましょう。
    「SB5000Update」というフォルダが作成されています。

    「SB5000Update」のフォルダを開くと、「SB500014002.bin」というファイルが見つかりました。

    ここで、普段カメラで使用しているSDカードをパソコンに挿入します。
    今回はNikon純正のNikon D7000仕様カードを使いました。

    カードを挿入した状態で先ほどの「SB500014002.bin」を右クリックします。
    つづいて、「送る」、対象のSDカードをクリックします。
    これで必要な場所にファームウェアが転送されました。

    続いてスピードライトのファームアップに必要なカメラを準備しましょう。
    今回はNikon D7100を使ってみました。

    Nikon D7100にNikon SB-5000を装着し、先ほどのSDカードを挿入します。
    SDカードはメイン側の1番スロットに装着しましょう。

    カメラの電源を入れてメニューを開くと、「ファームウェアバージョン」の項目が見つかります。

    開くと、現在のバージョンが表示されました。
    手持ちのものは、C 1.03 / L 1.009 / S 14.001となっています。

    つづいて、カーソルを「バージョンアップ」に合わせて「OKボタン」を押しましょう。

    すると、「スピードライトのファームウェアをバージョンアップしますか?」との確認が表示されます。
    今回はバージョンアップを行うので、「はい」を選択し「OKボタン」を押しました。

    すると、バージョンアップ中の画面が表示されます。
    「数分かかります。処理中は電源スイッチをOFFにしないでください。」と表示されるので静かに待ちましょう。
    カメラ本体の電源は当然ですが、SDカードの抜き差し、スピードライトの着脱等も厳禁です!

    バージョンアップ中は、SB-5000の液晶表示が消えて、チャージランプが点滅します。

    完了し電源が切れたのでバージョンを確認してみましょう。
    右側のスピードライトは「Ver14.002」となっており、無事成功です。

    続いてもう一台も同じ手順でバージョンアップしました。
    SDカード内のファイルは保持されるので、複数のスピードライトを利用されている方は、次々と交換しながら進めていきましょう。

    2台目もバージョンアップが完了しました。

    これで両方とも「Ver14.002」となっており、大成功です。

    カメラ本体を経由してお手軽にバージョンアップができるのは、純正ならではの利点ですね。
    利用場面での不具合を感じていないなくても、常に最新版のソフトウェアを利用するよう心掛けたいですね☆

    いかがだったでしょうか?
    今回はカメラを経由したセルフアップデートにチャレンジしてみました。
    難しいこともありませんので、是非皆さんもお試しくださいね!