• Ticwatch E防水スマートウォッチが浸水故障した。

    Ticwatch Eをamazonにて購入したのですが、気が付くと浸水して故障していました。
    精密なスマートウォッチですが、ダメもとで分解して修理できるかチャレンジしてみました。

    Ticwatch Eの浸水状況です。
    防塵防水性能は「IP67」となっていますが、この有様です。
    この窓は心拍数センサーの部分です。

    浸水時の基本的な対処としては、電源を切断して乾かすことですが、内蔵バッテリをすぐに切断することはできません。
    まずはシリカゲル乾燥剤と密閉袋を用意して、Ticwatch Eを乾かすことに。

    一週間ほど放置してみましたが、内部の水気は取れていないようです。

    スマートウォッチ本体を見ると、トルクスタイプのビスを発見しました。

    iPhone用のトルクスドライバーが適合するようで、簡単に外すことができました。
    ビスの根元にはゴムガスケットが装備されていますが、ここに水分はありませんでした。

    先ほどのビスを外すと、パカッと本体が開きました。
    ビス一本とツメ固定という事を考えると、防水性能はあまり期待できないような気が。。。

    Ticwatch Eの裏蓋内部です。
    右に見えるのは充電端子用のバネ接点です。
    そして中央の穴は先ほどの浸水写真にあった心拍数センサーの穴になります。

    そしてTicwatch E本体側です。
    中央の心拍数センサーあたりの浸水が激しいですね。。。

    今回の浸水で発生したのかわかりませんが、充電端子部も激しく損傷しています。

    有機ELディスプレイ側はキレイない状態ですが、若干水分が残っていました。

    Ticwatch Eのメイン基板裏面です。
    大部分はシールド板に格納されており、内部構造は不明です。

    結局、Ticwatch E内部は水浸し、バッテリーまで水分を含んで膨らんでいる状態です。

    取り出した全バーツです。
    時計としては筐体の剛性不足を感じる設計です。

    このバラバラ状態で再び、Ticwatch Eを乾燥処理します。

    乾燥処理後に細部をチェックしてみました。
    有機ELディスプレイ部の端子ですが、半田部を中心に腐食が発生しています。

    こちらはメイン基板ですが、やはりコネクタ部を中心に腐食がありますね。。

    コネクタ部以外でも、各部が激しく腐食しており復旧は難しそうです。

    浸水の原因となった心拍センサー部分です。
    その横にはSIMスロットらしきものがあり、セルラーモデルも用意される予定があったのでしょうか。

    再び組み立てて充電をしてみましたが、やはり復旧させることは不可能でした。

    今回の浸水は中央部の心拍センサー部分が原因と思われます。
    実際にはボディ全体の剛性不足、それに加え防水設計の悪さが影響して浸水したと思われます。

    スマートウォッチはまだまだ新しい分野の製品ですが、こういった初歩的な問題に関しては時計メーカー製の物を選択するのも良いかもしれませんね。


  • プレイステーションクラシックを分解してみた。

    プレイステーションクラシックを分解してみました。
    手のひらサイズの本体に懐かしいゲームが沢山内蔵されています。
    2018年12月3日 本日発売日です。amazonにて午前着で手配しており、先ほど到着したので早速初めていきましょう(^^)
    SCPH-1000R PlayStationClassic TearDown!!

    まずは外観から。
    昔懐かしい雰囲気のパッケージ。CD読み取り部分が良く故障して何度も購入した記憶がありますね(笑)

    内蔵ソフトウェアは20タイトルとという事ですが、当時は大容量のCD-ROMで販売されていたことを考えると、これが小さな本体に内蔵できてしまうのは凄い技術の進歩ですね。
    ちなみに個人的に気になるタイトルは、
    ・JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
    ・闘神伝
    などプレイステーション初期に3Dの未来を感じさせてくれたソフトたちですね。

    SCPH-1000RJ JANコード4948872414791パッケージ側面には保証書などが印字されています。
    間もなく失効してしまいますが(笑)

    懐かしい外観の外箱を開けて中身を取り出してみました。
    すると、プレイステーションロゴの入った段ボール箱が出てきました。

    プレイステーションロゴの白い段ボール箱を開封すると。。。
    再び段ボールに包まれたプレイステーションクラシックが登場しました。
    この段階でマニュアルにもご対面です。

    内容物を確認してみましょう。
    SCPH-1000R プレイステーション本体
    SCPH-1000R コントローラー 2台
    MicroUSBケーブル
    HDMIケーブル


    プレイステーションクラシック本体です。
    1994年発売のプレイステーションと見た目に違いはありませんね。
    素晴らしい再現度です♪

    メモリーカードスロットはダミーになっていますが、コントローラーは着脱式となっています。

    コントローラーの端子はUSBタイプとなっており、当時の丸穴端子とは違うものです。
    それでも差し込み口の周辺は懐かしい形状を再現していますね。

    プレイステーションクラシック本体サイド面のスリットです。
    ダミー形状ではなく、しっかりとスリットになっています。
    当時は放熱に苦しんで縦向けてゲームをしたり、懐かしい記憶が甦ります(笑)

    本体背面です。
    HDMI端子とMicroUSB端子のみのシンプルなデザインです。
    拡張端子もあるように見えますが、形状だけで開くことはできませんでした。

    HDMIコネクタ周辺です。
    出力コネクタが一機だけなので、初代プレイステーションの豪華さとはかけ離れていますね。
    当時は高画質を求めてS端子等でゲームを楽しんだものですが、今やこのコネクタ一本でOKなのは便利ですよね。

    電源供給側のMicroUSB端子です。
    グレーの樹脂でデザインされているのがうれしいですね。

    本体裏面です。
    本体裏面には4隅の脚や放熱スリットなどが見えます。

    本体表面。
    当時のデザインそのものなので、写真だと違いが分かりませんね。

    本体四隅の脚ですが、ゴムではなく当時と同じフェルト製です。
    この触った感覚が懐かしいですね。
    CD-ROMではなく振動対策は不要となった中でも、これを採用してくれたのはうれしいポイントです。

    プレイステーションクラシック本体は一般的なプラスタイプのビスが使われています。
    早速ドライバーを差し込んでみましょう。

    本体裏面は4本のビスで固定されていました。

    パカッと開いた、プレイステーションクラシック
    基板は小型で本体全面を覆うようなサイズではありません。

    ちなみに裏面カバーにはこのようなアルミテープが貼り付けされていました。
    これの役目はシールド板ではありません。

    この裏面スリットから見えるシールド板をデザインして模したものなんですよね。
    コストをかけた再現処理に思わずにっこり。

    では本体基板を眺めてみましょう。
    当時はAC-DC電源が内蔵されていましたが、今回はMicroUSB電源のみ。
    というわけで、電源基板はなくメイン基板一枚の構成となっています。

    ちなみに放熱スリットは内部で塞いであり、発熱は少ないという事でしょう。
    ホコリ侵入防止のために、でもしっかりデザインしたいという思いが伝わってきますね。

    メイン基板にはLM-11 SIDE B 1-984-020-21 Sony Interactive Entertainmento Inc.の文字。
    もうSCEIじゃないんですよね。。。

    そろそろ分解に戻りましょう。
    メイン基板も通常のプラスタイプのビスなので、普通のドライバーで外してみましょう。

    本体裏面のビスとは長さが違うので、組み立て時に間違わないように注意しましょう。

    本体基板の表面です。
    巨大なシールド板兼放熱板が現れました。
    ビス等で固定されているわけではないので、ぺりっと剥がしてみましょう。

    放熱板の裏には放熱ゲルが貼り付けされていました。
    メインCPUのみ冷却が必要なようですね。

    メイン基板です。
    LM-11 SIDE A 1-984-020-21となります。
    任天堂のクラシックミニシリーズよりは搭載チップが多めですね。

    メイン基板裏面を再び見てみましょう。
    こちらはチップコンデンサなどを中心にチップ周辺に一部搭載されているだけでシンプルな構造。

    周辺パーツからみて電源ICでしょうか。
    MediaTek」の「MT6392A」が搭載されています。

    こちらは「Realtek」のRTS5482です。
    データシートがみあたらず、用途は不明です。。。

    フラッシュメモリには16GB/HS400タイプのeMMCを搭載。
    SAMSUNG」の「KLMAG1JETD-B041」ですね。

    メインメモリにはDDR3タイプのDRAMを2基で1GB搭載。
    SAMSUNG」の「K4B4G1646E-BYMA」ですね。

    メインCPUは「MediaTek」の「MT8167A」を搭載。
    ARM Cortex-A35 @ 1.5GHz x4で、PowerVR GE8300を搭載しています。

    ちなみにメイン基板の各種コネクタは着脱の応力に耐えるようにリードタイプの部品で構成されています。
    こちらはHDMIコネクタとMicroUSBコネクタ。

    こちらはコントローラ側のUSBコネクタです。

    ちなみにディスクトレイ開閉スイッチはマイクロスイッチに接続されるのみなので、開閉可能にるす改造もやってみたいですね。

    続いてコントローラ側です。
    コントローラ本体のサイズはそのままに、コネクタ部分がMicroUSB端子となっており小型化されています。

    一般的なUSBコネクタなので、PC等に接続しても何かできそうな予感ですね。

    ちなみにコントローラー側の型番もSCPH-1000Rなっており、本体と同一型番でした。

    こちらも通常のプラスタイプのビスなので、ドライバーで取り外ししてみましょう。

    ビスはメイン基板を固定していたものと同様に短いタイプです。

    コントローラ内部です。
    基板も小さくシンプルな構造ですね。

    あれっ?
    よく見ると本体内部にはMicroUSBのようなケーブルが。。。

    外してみると、やはりMicroUSBケーブルでした。

    MicroUSBケーブルを取り外してみると、このようなスペースがありました。
    簡単にケーブル交換できるので故障時の交換も容易なのは有難いですね。

    続いて基板に接続されているフレキシブルケーブルを取り外して、基板を取り出しましょう。

    コントローラ基板の表面です。
    チップには10KBC 837AZ03と刻印がありますが、詳細は不明です。

    コントローラ基板の裏面にはなにも部品は装備されていませんでした。

    コントローラ本体のフレキシブルケーブルが接続された部品は、ツメで固定されているだけなので簡単に取り外しできます。

    フレキシブルケーブル部分を取り外してみました。

    こちらは方向キー側のパターンです。

    こちらは△□×〇ボタン側。方向キーとパターン形状が違うのにも理由がありそうですね。

    こちらはスタート、セレクトボタンの部分です。

    コントローラ本体ボタンはこのようなゴムパーツで構成されており、耐久性なども問題なさそうに感じました。

    いかがだったでしょうか?
    コストダウンして作った本体というよりは、様々なこだわりや再現性の高さに驚きました。
    まずは懐かしのゲームを楽しんでみたいと思います♪




  • EaseUS Todo Backup Homeのシステムバックアップに救われた件

    EaseUS Todo Backup Homeというソフトをご存知でしょうか?
    実はブログ更新専用に使用していたPCのOSが起動不良となり、それの復旧に大いに役立ったソフトなんです(^^;
    今回はSSDだから故障しないという考えは間違いであるという事を再認識しました。

    起動不良となったPCです。
    分解を試みるも、SSDはSATAタイプではなく手持ちの機器ではデータを救い出す事は出来ませんでした。

    症状としてはWindowsUpdateの途中で動作がおかしくなった感じです。

    ディスクチェックの画面が繰り返し表示されます。

    ドライブをスキャンするも、復旧には至らず。

    何度も繰り返される悪夢。
    見飽きた画面です。。。

    ブログ用のPCは重要な機器として扱っているので、数か月ごとにEaseUS Todo Backup Homeというソフトでシステム全体のバックアップを取っていました。
    今回はそれを使って復旧させてみることにしました。
    私はUSBメモリにWindowsPEブートイメージ、SDカードにシステムバックアップを保存するようにしています。


    まずはUSBブートが可能な状態へBIOS設定を変更しましょう。
    これは機器によって画面が違いますので、お手持ちのマニュアルを参考にしてくださいね。
    メーカーや機器によってさまざまですが、電源投入後に「DEL」、「F2」、「F10」、「ESC」などを連打していると入れることが多いです。

    事前に作成していた、USBメモリとバックアップデータのSDカードを挿入して、PCの電源をONしましょう。
    するとWindowsPEブートイメージから、EaseUS Todo Backup Homeが起動しました。
    これはバックアップやリカバリーの専用ソフトなので、この状態ではWindowsを操作することはできません。

    画面にある「Browse to Recover」をクリックしましょう。

    するとバックアップ済みのデータが表示されます。
    今回は「2018/08/09 23:53」にバックアップを取ったデータが見つかりました。
    このデータからPCを復旧させるので「Recovery」をクリックしましょう。

    するとリカバリー対象のディスクイメージの選択画面が表示されます。
    通常は一番上にチェックを入れて「Next」をクリックしましょう。

    続いて書き戻し先のディスクを選択する画面が表示されます。
    これも通常は一番上にチェックを入れるだけでOKです。「Next」をクリックしましょう。

    するとディスクの上書き警告が表示されますが、すでに起動不能となったPCです。
    気にせず「Yes」をクリックしましょう。

    すると即座にリカバリーが開始されました。
    時間がかかる作業なのでコーヒーでも用意しながらゆっくりと待ちましょう。

    と思ったのもつかの間、5分程度でリカバリーが完了してしまいました!
    今回はSDカードとSSDという組み合わせなので短時間で完了したのかもしれませんが、まさに爆速といえる感じですね。

    期待半分、不安半分といったところですが、PCを起動させてみました。
    アップデート等の関係か何度か再起動が繰り返されます。。。

    そして見事に復活することが出来ました。

    EaseUS Todo Backup Homeですが、USBメモリやSDカードを使ってバックアップできる手軽さや、簡単な操作は初心者の方にもおススメです。
    写真や音楽などのデータだけ外付けHDDにコピーしている方も多いかと思いますが、Windowsの状態まで完全にバックアップできるのは大変心強い存在です。

    バックアップというと難しいと感じるかもしれませんが、故障したときの強い味方になりますね。
    今回は身をもって体感し、嬉しさのあまりブログ記事のネタにしてみました(笑)

    そんな感じでブログ記事を書き始めましたが、ついでなのでバックアップの取得方法についても紹介しておきたいと思います。
    まずはEaseUS Todo Backup Homeを起動します。

    メニューから「ブータブルディスクの作成」を選択しましょう。
    これが先ほどのWindowsPEブートイメージUSBを作成する手順になります。
    それほど大きな容量は不要ですので、適当なUSBメモリをPCに接続して、「作成」をクリックしましょう。

    すると「WinPE ISOを作成中…」というメッセージが表示されます。

    続いてUSBメモリに書き出す作業が始まりました。

    USBメモリが削除されるので、「選択したデバイスはフォーマットする必要があります。続行しますか?」と聞かれます。
    本当に削除して問題ないUSBメモリであれば、「OK」をクリックしましょう。

    すると、「WinPE ISOがエクスポートされました。」と表示され作業は完了です。
    時間にして2分程度でしょうか。非常に快適でサクサクと作業が進む感じですね。
    「完了」をクリックして完了です(^^

    画面が戻ると「システムバックアップ」というボタンが現れました。
    「システムバックアップ」をクリックしましょう。

    対象となるディスクやWindowsのバージョンなどが表示されます。
    今回はSDカードに保存するので、宛先だけ変更しましょう。

    このようにバックアップの保存先も様々な箇所を選択することが出来ます。
    今回はSDカードですが、ネットワーク上の他のPCに保存したり、NASに保存したりとなかなか便利なバックアップソフトですね。

    保存先を選んだら、「実行」をポチっとクリックしましょう。
    これだけでバックアップが開始されます。

    バックアップ中はこのように進行状況が逐次表示されます。

    私の環境だと5分足らずでバックアップ作業が完了しました。

    このようにわずか数分の作業で安心を得ることが出来るのが、バックアップソフトの役目なんですね。
    競合他社の物なども使ったことがありますが、EaseUS Todo Backup Homeは3980円と価格が安いので試しやすいのが良いですね。
    またダウンロード販売もされているので、amazon等でCD版のソフトを買う必要もありません。

    今回はシステムバックアップ機能しか使っていませんが、ほかにもメールのバックアップやスケジュールによる自動バックアップなどの機能も実装されています。
    メーカーページでは無料体験版も配信されているようなので、まずは無料体験でバックアップソフトを体験してみてはいかがでしょうか?
    https://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html