• カテゴリー別アーカイブ スマートフォン
  • DOOGEE BL12000 Proを分解してバッテリーを見てみた。

    DOOGEE BL12000 Proを入手したので、その特徴的ともいえる大容量バッテリーをチェックするべく分解してみました。
    やはりギネス登録されたとも言われている12000mAhというバッテリーが気になりますよね。

    では実際にスマホの開封から簡単な分解までやってみたいと思います。
    DOOGEE BL12000 Proのパッケージ。ブラックを基調としたシックなデザインです。
    パッケージにDOOGEE BL12000 Pro Be long time , belong to youの文字。
    やはり大容量バッテリー搭載というのがメーカー的にも売りのようですね♪

    DOOGEE BL12000 Proパッケージの裏側です。
    カラーはLake Bule。RAM 6GB + ROM 64GBとなかなかのハイスペックな仕様となっています。
    デュアルSIM仕様という事でIMIE番号は2番号付与されています。

    DOOGEE BL12000 Proのパッケージを開けてみました。
    まず見えたのは本体ですが、白い袋に包まれています。

    内容物をすべて取り出してみました。
    ・DOOGEE BL12000 Pro本体
    ・ACアダプタ
    ・OTGケーブル
    ・MicroUSBケーブル
    ・SIMカードスロットピン
    ・液晶保護フィルム x2(1枚は貼り付け済み)
    ・背面保護フィルム x2(1枚は貼り付け済み)
    ・取り扱い説明書
    ・保証カード

    まずはACアダプタとケーブル類をチェックしてみましょう。
    DOOGEE BL12000 Pro付属品の基本カラーはすべてブラックで統一されています。

    まずは付属のUSBケーブル。
    最近はやりのTYPE-Cではなく、一般的なMicroUSB Type-Bを採用。
    どちらを採用するかというところではユーザーの環境によりますが、まだまだType-Bの方が一般流通量も多いのではないでしょうか。

    続いて付属のOTGケーブル。
    もちろんこちらもMicroUSB Type-B仕様です。

    続いてSIMカードスロットピン
    金属板1枚の物でなく、樹脂で持ち手が形成されており扱いやすいですね☆

    続いてACアダプタです。
    差し込み口は一般的にCタイプやSタイプといわれるヨーロッパ向けタイプです。

    充電にはFast Charger 3.0と書かれた付属のACアダプタが便利そうです。
    Fast Chager 3.0と書かれていますが、出力電圧が5V/7V/9V/12Vそして各電圧での電流は3Aとなっており、規格的にはMediaTek PumpExpress+に相当するもののようです。
    Helio P23のPumpExpressバージョンに関する情報が見つからないのですが、DOOGEE BL12000 Pro本体側はおそらくMediaTek PumpExpress3.0に対応した物だとおもわれます。
    日本では一般的なQualcomm Quick Charge3.0とは違う規格のなので、この付属のアダプタは変換プラグ等を利用して大切に使用しましょう。

    ではDOOGEE BL12000 Proをチェックしてみましょう。
    こちらは表面ですが、フレーム周辺のレイクブルーのカラーが鮮やかですね。

    そして裏面です。
    元からカバーが装着されていたので、まずはカバー装着状態で写真を撮ってみました。

    DOOGEE BL12000 Pro本体正面です。
    特徴的なのはフロントカメラまでもデュアルカメラになっている点ですね。
    右側はワイドアングルカメラ、左側が通常のカメラとなっているようです。
    その他ボリュームキーと電源キーの配置も一般的なモノなの使いやすいのではないでしょうか。

    つづいてDOOGEE BL12000 Proの裏側です。
    こちらもフロントに続いてデュアルカメラ仕様です。つまり合計4基ものカメラを搭載しています。
    カメラの下には指紋センサーも搭載。DOOGEEの技術力はなかなかものですね(^^)

    では最初から貼られている保護ふぃむるを剥がしてみました。
    新品状態で液晶保護フィルムが貼り付けされているので、汚れたりするまではこのまま使えそうです。
    6インチフルHD+液晶という事で、解像度は2160*1080となかなかのモノ。

    そして背面です。パネルの仕上げも大変美しく、安価な中華スマホとは思えない仕上がりの良さです。

    本体下部には通話用マイク、ステレオスピーカー、充電用MicroUSB端子を搭載。
    厚みを感じさせないデザインとなっています。

    リアカメラ部分です。1600万画素+1300万画素のデュアルカメラとなっています。
    画像合成による、いわゆるポートレートモードも使えるようになっています。

    カメラ部分を拡大してみました。
    ちなみに1300万画素側のカメラはPhase Detection AF、つまり像面位相差AF搭載となっており高速なAFが可能。
    2基のカメラはレンズ形状が異なっており、異なる画角の写真を同時にとり、ソフトウェア合成することが可能となっています。
    また単純にズームレンズとしての運用も可能で、x1.5倍の工学ズームによる撮影が可能です。

    特徴的なフロントカメラも見てみましょう。
    こちらもデュアルカメラとなっており、F2.0 800万画素のスペック。
    リアカメラ同様に違ったレンズを搭載する仕様となっています。

    つづいてサイドボタン部分。
    上から音量大、音量小、電源ボタンの順に並んでいます。一般的な配置なので使いやすさは問題ありません。

    また側面部は美しくデザインされており、掌に触れる部分は角がとられたデザインです。
    厚みを感じにくいように細心の注意が払われていますね。

    続いて本体上部。
    昨今ではどんどん廃止されていくイヤホンジャックですが、DOOGEE BL12000 Proではもちろん搭載。
    Bluetoothの腐った音では満足できないあなたも大丈夫ですね(笑)

    続いて本体サイズを計測してみましょう。
    幅は76mmと、最近のスマホでは一般的なサイズですね。

    そして高さは163mmほど。
    こちらも最近のフルHD+液晶を採用するモデルとしては一般的ですね。

    最後に厚みです。
    15mmという事で、これも一般的。。。ではありませんね(笑)
    手に持ってみると中々の存在感があります。

    ちなみに重量はSIMカード、SDカード無しの状態で320gとiPad mini4より16gも重たいです。
    これは世界最大容量のバッテリーを搭載している関係上仕方ありませんが、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がないという点では軽さにつながるかもしれませんね。
    たとえば、「Anker PowerCore 10000」だと重量は180g、これにケーブル類を持つことを考えれば十分許容範囲だと思います。

    SIMカードスロットは左側面に装備されています。

    付属のSIMカードスロットピンを使ってトレイを抜き出してみましょう。

    SIMカードトレイです。
    NanoSIM+NanoSIMまたはNanoSIM+MicroSDによる運用が可能となっています。
    本体側のROM容量は64GBありますので、デュアルSIM運用としても問題なさそうですね。

    ではここでマニュアルをチェックしてみましょう。
    しっかりと日本語で書かれたマニュアルもあります。また怪しげな翻訳などもなく安心して使えますね。
    とくに大容量バッテリーに関する注意事項は何度も書かれており、「電子レンジやストーブなどで電池を加熱すると爆発することがあり危険なのでやめてください。」の文言は1ページに2度も登場します。やはりメーカーとしての責任、安全意識の高さがうかがえますね(笑)

    本体スペックなども日本語で書かれており安心感があります。
    ・SOC Helio P23 MT6763T,cortex-A53@2.5GHz*8
    ・GPU mail-G71 770MHz
    ・RAM 6GB
    ・ROM 64GB
    ・バッテリー 12000mAh

    では早速電源を入れてみましょう。
    OSはAndroid7.1搭載となっており、違和感なく利用できます。

    DOOGEE BL12000 Proでは、日本語での表示も問題ありません。

    液晶画面に関しては、視野角、発色、輝度などいずれも格安スマホとは思えない仕上がり。

    液晶画面の角は丸い仕上がりとなっており、最近のトレンドはしっかり採用されていますね。

    本体を起動するとAndroid7.1.1へのアップデートが始まりました。

    再起動中の画面ですが、解像度が高く何が書いてあるのか分かりませんね。

    目を凝らしてみると、「システムアップデートをインストールしています」の文字でした☆

    では動作確認を兼ねてベンチマークなどもやってみましょう。
    中華スマホでは初期不良なども何度か経験しているので、これは必須作業です。

    まずは最大負荷をかけるという事で、設定画面からバッテリーモードを「高性能モード」へ

    Antutuベンチの結果は83241でした。なかなか健闘していますね。

    また中華スマホでは必須の真偽判定。今回の端末はすべて公式スペック通りという事で、純正品の判定でした☆

    端末スペックの確認画面です。

    RAM 6GB/ROM 64GBと公式スペック通り。

    ディスプレイ解像度は1080*2160と最近はやりのワイドタイプ。

    マルチタッチ数は最大5でした。

    画面上のバッテリー容量は11500mAhとなっていましたが、まぁ誤差の範囲でしょう。

    続いてカメラ機能をチェックしてみましょう。
    カメラのオプションは様々ありますが、ZSDや顔検出など必要と思われる機能は一通り押さえていますね。

    続いて撮影プレビュー画面の様子です。
    これはボケモード(bokeh mode)の画面です。左右のスライドバーでボケ味を調整できますが、基本的には周辺ボケ仕様のようです。

    DOOGEE BL12000 Proで実際に撮影してみました。
    通常モードで撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    つづいてボケモード最大(Bokeh mode max)で撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    つづいてボケモード最小(Bokeh mode min)で撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    最後はフロントで撮影した生データです。(Jpeg取って出し)

    カメラ画質に関しては暗部が弱い、中華スマホのソレといった感じです。
    しかしが、解像感などは数年前のメイン800万画素時代の物とは比較にならないほどの進歩ですね。あの時代の中華スマホのカメラは酷かったですから。。。

    では、そろそろバッテリーの様子を調べてみることに事にしましょう。
    DOOGEE BL12000 Pro本体の4隅を見てみると、プラスタイプのビスがあります。

    試しに精密ドライバーでクルクル回してみると。。。
    4本とも簡単に外すことが出来ました。

    あとは隙間を広げながらバックパネルを剥がすだけ。
    バッテリー固定金具に両面テープで強力に接着されていますが、バッテリー本体とは別部品なので力を入れて引っ張ってもバッテリー本体へのダメージはありません。
    気合を入れて一気に剥がしましょう♪

    DOOGEE BL12000 Proの分解写真です。
    基本的には以前に分解した「DOOGEE X5 Pro」と同じ設計思想の部品配置となっていますね。

    本体上部にはデュアルカメラ、指紋センサー、カメラフラッシュなどが装備されています。
    上部のシール状のものはアンテナ部品ですね。

    そしてDOOGEE BL12000 Proのバッテリー本体です。
    12000mAh ORIGINAL BATTERYと記載されています。
    基本的なスペックは以下の通り。
    ・Standard Voltage 3.8V
    ・Battery Type Li-ion 12000mAh(45.60Wh)
    ・Model BL12000 Pro
    ・Charging Vlotage Limiting 4.35V

    ちなみにバッテリー本体はこのように金属製バンドで本体に固定されています。
    大容量ゆえに、外部からの衝撃で簡単に外れるような構造では危険という事でしょうか。

    バッテリ本体を横から見てみましょう。
    なんと2階建て構造になっており、それぞれ6000mAhのセルになっているようです。
    バッテリーの入手性を考えれば、同社BL5000で採用しているようなクラスのセルを複数搭載することにメリットがあったのでしょう。
    見てわかる通りバッテリーだけが巨大ではなく、本体自体は無駄なスペースもなくキッチリと作りこまれている印象です。

    バッテリー本体は8本のビスで本体フレームにガッチリと固定されているので、落としたりした程度では飛び出す心配はなさそうです。

    ちなみに本体は基本的に樹脂製となっていますので、バッテリーの事を考えても過度の衝撃などは避けた方がよさそうですね。もっともスマホ全般に言えることですが。。

    最後にベンチマーク時の動画を載せておきます。



  • レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを分解してみた。

    レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを入手したので早速分解&改造してみることに。
    まず分解。は基本的にAndroid派なのです。
    今回はケースを装着してみたい気持ちから、ほとんど使ってないiPhoneを取り出してみました。

    数か月ぶり?に充電すると無事に起動したiPhone7
    一応SIMフリーで128GBあるのでそれなりには使えるハズ(^^;

    裏面にはどこの家庭にも転がっている、カッティングプロッタで切り出したURLステッカー。
    今回のケースを装着すると見えなくなるというオチもありますが。。

    今回購入したiPhone用ケースです。
    iPhone7/8両対応なので、カメラ穴は大きめになっています。

    そして何故かケース内側に電池ホルダーのようなものが。。。
    ココにはCR2032バッテリが入るようになっています。

    なぜ電池が必要なのか??
    そう、この形状からわかる通り実際にゲームが出来るiPhoneケースになっています。

    では早速分解してみましょう。
    ケース内面のシールにはビスが隠された場所があります。
    指で押さえればすぐにわかるので、そのまま精密ドライバーを突き刺して分解しましょう。

    というわけで、数本のビスを外すと、内ブタがパカッと開きました。

    基板と液晶モジュール、スピーカーなどを取り外します。
    特に固定もされていないので、持ち上げるだけで簡単に外れました。

    ケース内面はこのようになっています。
    液晶部分にはプラスチック製の保護カバー、各種ボタンはメンブレン仕様です。

    ボタンはブラック、グレー、レッドとゲームボーイ風のカラーを再現。

    メイン基板と液晶モジュールをチェックしてみましょう。
    こちらの面は基板に部品は搭載されていません。液晶モジュールと基板はヒートシールコネクタで接続されています。

    反対面を見てましょう。

    メイン基板の要は、中央部の黒いCOBパッケージ。
    チップコンデンサ等の外部部品は見当たりません。なかなかの集積度ですね(笑)

    このようなケースで気になるのは、画面部分へのホコリの侵入でしょうか。
    幸いこのプラスチック製の窓は全周が両面テープで接着されており、ホコリの侵入は大丈夫な感じ。

    しかし、裏面は液晶が置いてあるだけで隙間だらけなんですね。
    このままだと持ち運びしている間にホコリが侵入しそうです。

    そこで、今回は特殊な両面テープを用意しました。
    主にスマートフォンの防水シールや液晶パネルの固定に使われている高機能な両面テープです。

    このように細く、薄いので今回のようなシール作業には最適です。

    液晶パネルが接触する部分全周に両面テープを貼り付けました。
    角の部分を含めて隙間ができないように施工しましょう。

    そして離型紙を剥がしましょう。
    この時、画面部分に傷をつけたり汚れを付けないように注意が必要です。

    そして液晶モジュールをペタリと貼り付けます。
    シッカリと押さえつけて接着しましょう。

    最後にメンブレンのボタン類を戻してから、基板を戻します。

    無事に組みあがった、ゲームボーイ風iPhoneケース。
    これでボタン部分やカメラ穴部分からのホコリ侵入にも強くなりました。
    また液晶をキッチリと接着したことでケース自体の剛性も格段にアップしています。

    正面から見ればiPhoneそのもの。特に違和感のないデザインが良いですね。

    このようにiPhoneの携帯性を損ねることなく、ゲームボーイ風のデザインに仕上がっています。
    電池を入れなくてもケースとしてもなかなかの質感で、ボタンが押せるあたりなかなか楽しいですね。

    ケースとしては少々厚みがありますが、iPhone本体をしっかり保護してくれると考えれば問題ないレベルです。

    実際に持ち歩いてみると、ゴム製のボタンが滑り止めの役目も果たすため、思った以上に機能性の高いケースでした。
    もしiPhoneのバッテリが切れても、ゲームボーイ部分はボタン電池のみで動作するので、暇つぶしにもぴったり。

    思いのほか高い質感に満足しています。
    ゲームボーイ風のイラストが印字されたようなケースとは一線を画す、素晴らしいケースです。
    価格も安いので試してみてはいかがでしょうか?


  • ZenFone3 ZE520KL 画面割れをDIYで格安修理する。

    ZenFone3を転落させて画面が割れてしまいました。一番簡単な方法でDIY修理してみたので、その方法を紹介したいと思います。
    今回は液晶パネルと本体フレームがセットになった部品を入手出来たので、基板や周辺パーツを移植する方法で作業しました。

    落下破損させてしまった、ZenFone3 ZE520KLです。

    画面上部は激しく損傷していますが、タッチ操作や画面表示は全く正常となっており、フロントのガラスのみ壊れた状態です。


    また裏面のガラスも割れてしまっており、こちらも交換が必要な状態ですね。。。

    修理という事でまずは電源をOFFにしましょう。
    またバッテリー着脱を含む作業となるので、バッテリーは可能な限り放電させてエネルギー量を減らしておきましょう。
    今回は撮影のために20%程度まで放電させて作業しましたが、実際には0%に近い方が良いです。

    電源をOFFにした、ZenFone3 ZE520KLです。
    画面は割れているものの他はキレイな状態なのが惜しいです。

    今回はイメージチェンジを狙ってホワイト用の補修部品を買ってみました。
    液晶は本体フレームとセットになった物で、バックパネルもホワイトでそろえてみました。

    明らかに取り外し品といった状態の部品ですが、外観は新品状態でした。
    おそらく工場で不良となったモノの流出部品でしょうか。amazonで普通に売っていたけども(笑)

    分解に際しては、まずSIMカードやMicroSDカードを取り出しておきましょう。

    続いてパネル剥がしには必須作業となる加熱作業。今回はアンダーパワーの家庭用ドライヤーで試してみました。
    なお、ZenFone3は本体裏側から分解する必要があるので、バックパネル下部を集中的に加熱しています。

    加熱すれば両面テープが緩くなるので、隙間に樹脂工具を差し込んでゆっくりと開きましょう。

    剥がしたい部分を徐々に加熱していきましょう。
    ただし、バックパネルの奥には熱に弱いリチウムイオンバッテリーが入っているという事も忘れずに。
    爆発事故を防ぐため、周辺部分のみ短時間だけ加熱するように心がけましょう。

    というわけで、パカッと開きました。
    バックパネルを開く際にバッテリーを傷つけると爆発炎上の可能性があります。
    作業される方は、この写真でバッテリーの位置関係を覚えておいてくださいね。

    本体上部にはカメラやメイン基板、中央部にバッテリーというZenFone伝統のレイアウトになっています。

    交換用に購入したホワイトのZenFone3液晶部品です。
    こちらに部品を移植していくスタイルで作業を進めます。
    液晶パネルだけの交換であれば、メイン基板の取り外し等は不要かと思いますが、今回は外装のリフレッシュも目的の一つです。

    まずは本体上部の基板を固定しているプラスチックカバーを外します。
    すべて通常のプラスネジが使われているので、一般的な精密ドライバーで簡単に作業できます。

    一部にこのような分解禁止の封印が貼られたビスがありますが、気にせず作業を進めましょう。

    封印シールは剥がさずにそのままドライバーを突き刺せばビスを緩めることが出来ます。
    剥がすのは面倒なのでこのやり方で時間短縮していきましょう。

    本体下部の押さえパーツが外れました。
    樹脂パーツには各種アンテナパターンやスピーカーが一体化しています。

    そして本体上部の押さえ部品も外しました。
    こちらはレンズカバー、指紋センサー、アンテナパターンなどが実装されており、単純な押さえ部品という訳ではありません。

    また指紋センサーのコネクタも一体化しているので、取り外し前には忘れずにコネクタを外しましょう。

    現時点で取り外したビスと押さえ部品です。
    このようにビス位置が分かるように分解しておけば、次の組み立て時にビスを間違う心配もありません。
    ちょっとしたひと工夫ですが有用ですよ。

    では続いてメイン基板に接続されているバッテリーコネクタを外しましょう。
    ショート事故防止のため、必ず樹脂製の工具を使用してくださいね。

    続いてバッテリーの取り外しです。
    バッテリーは強力な両面テープで固定されているので、強引に剥がすと絶縁層が破壊されて炎上事故につながります。
    iPhoneバッテリー交換失敗による炎上」←こちらも参照ください。

    安全な外し方は、バッテリー下部に見えている黒いタブをゆっくりと引き抜きます。

    このように白い両面テープがびろーんと伸びてきますので、ちぎらないよう、ゆっくりと引っ張りましょう。

    左右2か所の両面テープを引き抜いて、安全にバッテリーを取り外すことが出来ました。

    続いてメイン基板の取り外しです。
    メイン基板には計6か所のコネクタが刺さったままになっています。忘れずに取り外しましょう。
    ・下部基板へのコネクタ
    ・液晶パネルコネクタ
    ・サイドスイッチコネクタ
    ・バックカメラコネクタ
    ・フロントカメラコネクタ
    ・ヘッドホン端子コネクタ

    コネクタをすべて取り外したら、基盤右下のビスを忘れずに外します。
    この状態で基板はフリーになりますので、ゆっくりと持ち上げて取り出しましょう。

    続いて本体下部の基板も取り外します。
    バイブレーターモーターは両面テープで固定されているので、破損させないように取り外しましょう。

    ※液晶モジュールのみを交換する場合は、この状態で液晶パネルを剥がして交換してください。あとは同様の手順で部品を戻していく形になります。

    続いては残った部品を新しい本体フレームに移植していく作業です。
    まずはヘッドホン端子のビスを緩めて移植しましょう。
    ヘッドホン端子横のシリコンマイクもセットになっているので、フレキシブルケーブルを切断しないよう注意して移植しましょう。

    続いてバックカメラの移植です。
    EMI仕様の両面テープと放熱グリスで固定されています。
    すべてカメラ動作に必要な部材ですので、キレイに剥がして移植しましょう。

    続いて通話用スピーカーの移植です。
    ダスト対策のメッシュがはがれやすいので、破壊しないようにゆっくりと持ち上げて外しましょう。

    続いて下部基板と接続されるフレキシブルケーブルを移植しましょう。
    強力な両面テープで固定されているので、ドライヤーで温めて取り外すと安心ですね。

    新しい本体フレームにそのまま貼り付けることが出来ました。

    続いてサイドボタン基板の移植です。
    位置がずれるとクリック感が希薄になったり無くなったり、キッチリと位置を合わせましょう。

    そしてメインCPUの裏面にはシリコングリスが塗られていましたが、すでに基板着脱でボロボロに。
    というわけで半導体用の放熱ゲルシートを貼り付けました。

    これで全部品が移植できたので、メイン基板と下部基板を移植して完了です。

    動作テストには下部基板へのアクセスは必要ありませんので、樹脂カバーとビスで完全に固定しました。
    この状態でバッテリーを仮装着して液晶の表示品質やタッチ操作、カメラパーツなどの動作テストを実施します。

    一通りテストしてすべて正常に動作していることが確認できました。
    一度電源を切って続きの作業を行いましょう。

    最後に上部基板の押さえカバーとビスを装着してメインの作業は完了です。

    最後に画面保護用のガラスフィルムを貼り付けておきました。
    これで痛ましい事故から救ってくれることでしょう。

    バックパネルも新品交換したのでとてもきれいな状態。
    指紋センサーがブラックなのは仕方ありませんがアクセントとしては悪くありませんね。

    その流れで、SIMトレイのカバーもブラックですが、特に違和感はありません。

    いかがだったでしょうか?
    今回はホワイトのハウジング一式を交換することで外装自体を新品状態にしてみました。
    比較的交換作業も簡単なZenFone3ですので、みなさんもDIY修理にチャレンジしてみてはどうでしょうか。