Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

アース電池でノーマットを分解してみた。

レビュー
スポンサーリンク

アース電池でノーマットを買ってきました。
3Dプリンタを使用しているとやはり部屋の換気が必要なので、基本的にエアコンが使えず窓全開となる事が多いです。
するとこの季節は虫さんが沢山入ってきて。。。
DSC_0131

裏面を見ると、薬剤残量ランプなるものが装着されているとの事。
以前購入したフマキラーの物は電池切れまで使える仕組みでしたが、これは違う方式のようですね。
DSC_0132

本体のほかに、電池と薬剤が入っていました。
DSC_0133

本体の薬剤室カバーを外します。
大きなファンが見えますね。
DSC_0134

そして、謎の接点が。
DSC_0135

コチラにも。
DSC_0136

本体裏には電池ボックス。単三電池が2本です。
DSC_0137

上部には電源ランプと蚊のマークが付いた薬剤ランプ。
DSC_0138

では薬剤を取り出してみましょう。
メッシュ構造の樹脂?のようなものに薬剤がしみこませてあります。
DSC_0139

スポンサードリング

裏面にはLR44のような電池が装着されています。
DSC_0140

電池をセットして電源を入れて見ます。
DSC_0141

すると薬剤交換ランプが点灯しました。
先ほどの薬剤に装着されているボタン電池に秘密がありあそうですね。
DSC_0142

本体を分解してみました。
DSC_0161

ファンを回しているモーターはブラシ付きDCモーターです。
DSC_0162

そして基板には沢山の部品が。
フマキラー製のものよりも複雑な構造ですね。
先ほどのボタン電池を使って、薬剤残量を表示させる仕組みのようです。
DSC_0163

ちなみに、ボタン電池が無い状態でも本体は問題なく動作します。
あくまでインジケーターの制御用として使われているようです。


音も静かで効果もあるので、自宅は蚊取り線香をやめてコレを使うようにしています♪

 

コメント