• カテゴリー別アーカイブ パソコン
  • 格安XQDカードリーダーを試す。

    格安XQDカードリーダーを試してみました。XQDといえば数有るメモリーカードの中でも高性能・高価格というイメージがありますよね。
    そこで今回は最近amazonで売られている格安XQDリーダーを試してみました。

    格安XQDカードリーダーとは

    今回購入した格安XQDリーダーです。
    XQD以外にもSDXCカード、USBポートまで装備されています。

    今回はソニー製の高価格XQDリーダーである、MRW-E90と比較する形でその性能を検証してみたいと思います。


    格安XQDカードリーダーを開封してみる

    格安XQDリーダーのパッケージを開封してみました。
    今回はシルバーモデルが出てきました。

    格安XQDリーダーの対応規格をチェックしてみましょう。
    PC側のインターフェイスはUSB3.0に対応。
    その他はXQD2.0、SD2.0に対応となっています。

    格安XQDリーダーの外観図です。
    よく見ると、XQD(USB)と記載がありますね。これはおそらくUSBと表記のあるXQDカード以外では利用できないものです。
    今回比較用に準備したMRW-E90であれば(USB)表記が無くても利用可能ですが、格安XQDリーダーだと対応カードを選ぶようですね。
    ちなみにMRW-E90はUSB3.1とSDXC UHS-IIにも対応している点が大きな違いですね。

    XQDカードリーダー本体です。
    ケーブルは太く、短く。これは安心感がありますね。

    ソニー製のMRW-E90と比較してみました。
    ケーブル込みという事を考えると、サイズ感は同じようなモノでしょうか。
    どちらもコンパクトサイズなのでノートパソコンと組み合わせてフィールドでの利用に便利な感じですね。

    格安XQDリーダーはUSB3.0対応となっており、SSマーク入りのUSBコネクタになっています。

    格安XQDカードリーダーの全面です。XQD、SDXC、USB3.0の各ポートが並んでいます。

    まず分解。ということで頑張ってみましたが、全周がガチガチに接着されており、今回は断念する結果に。。。
    申し訳ありません。

    格安XQDカードリーダーをベンチマークテスト

    今回はXQDカード以外にもSDカードの速度も比較してみたいと思います。
    左から順に、
    ・Sandisk Extreme UHS-I 64GB
    ・TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB
    ・Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB
    となっています。

    それぞれ裏面を見てみましょう。
    UHS-II対応の物はピンが2段構成になっており、高速通信対応のリーダーを利用する場合は2段目のピンも利用されます。
    なお、従来のカメラ機器でも利用可能となっているので、将来のために買っておく場合でも安心して選べると思います。

    まずは、ソニー製のMRW-E90でLexar XQD 2933x 64GBをテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / SONY MRW-E90
    リード200MB/s、ライト97MB/sと非常に高速な数字をマーク。流石は信頼のソニー製です。

    続いて格安カードリーダーとLexar XQD 2933x 64GBの組み合わせでテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / 格安Reader
    なんとソニー製のMRW-E90を凌ぐ速度をマーク。リード202MB/s、ライト115MB/sと大きな差が出ました。
    これはおそらくMRW-E90はUSBタイプ以外のXQDにも対応させるため、あえてカードリーダー内部でUSB変換しておりオーバーヘッドが存在するようです。

    続いて、ソニー製のMRW-E90でSandisk ExtremePro UHS-II 64GBをテストしてみましょう。
    私はNikonD850をメインに利用しており、UHS-II対応のSDカードが使えることがMRW-E90のメリットだと感じています。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード207MB/s、ライト189MB/sと書き込みが非常に高速ですね。

    では同じカードを格安カードリーダーで試してみましょう。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード91MB/s、ライト80MB/sとピーク速度は大幅に低下。これはUHS-II非対応であることが原因ですね。

    続いてTOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBをソニーMRW-E90でテストしてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード212MB/s、ライト125MB/sとなっています。Sandisk製のUHS-IIカードに比べて書き込み速度が遅いようですね。
    これはD850で使っているときにも体感している事なので、このカードは予備用として利用することが多いですね。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBを格安カードリーダーに入れてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード92MB/s、ライト73MB/sとなりました。やはりUHS-II非対応ゆえのピーク速度の落ち込みです。ランダムアクセス自体には速度差はありませんね。

    続いてSandisk Extreme UHS-I 64GBとソニー製MRW-E90の組み合わせです。
    UHS-II対応のカードリーダーでUHS-I対応のカードを使ってみる実験です。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / SONY MRW-E90
    リード93MB/s、ライト54MB/sという事で、リード速度はカードに記載された速度を上回っていますね。

    最後はSandisk Extreme UHS-I 64GBと格安カードリーダーの組み合わせです。
    これが最も一般的な使い方かもしれませんね。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / 格安Reader
    リード93MB/s、ライト54MB/sとなっていますが、ランダムアクセス系はSONY MRW-E90よりも高速ですね。

    格安XQDカードリーダーの検証まとめ

    今回は格安XQDカードリーダーの実力をチェックしてみました。
    XQDカードの利用に限れば全く問題なく利用できました。

    UHS-II対応のSDXCカードもXQDカードも高速に使いたい、そんな用途であればソニー製のMRW-E90ですね。
    逆にXQDカードさえ快適に利用できれば問題ないのであれば、今回のような格安XQDリーダーもオススメできます☆


  • 突然Access2010が強制終了する。原因はKB4461614だった。

    突然Access2010が強制終了する症状に見舞われました。色々調査していると「KB4461614」のセキュリティパッチに原因があると特定できました。
    今回はその症状と対処方法を紹介したいと思います。

    Office2010の強制終了に遭遇

    2019/01/09にリリースされたWindowsUpdateを適用してからパソコンが極度の不調に。。。
    どのような症状かというと、Excel等で作成したデータをAccessに貼り付けると強制終了するというもの。

    Access2010が強制終了する検証

    今回はテスト用にAccessデータベースを作成し、TableDefというテーブルを作成しました。
    その中にTEST01、TEST02、TEST03というフィールドを作成し、そこにデータを貼り付けてみたいと思います。

    Excel側は新しいワークシートにテスト01、TEST02、TEST03というヘッダーでデータを作成。
    そしてその中身をコピーして、Accessに貼り付けしてみたいと思います。

    まずは通常通りExcel側でデータを範囲指定して、右クリックメニューからコピーを選択します。

    そして、Access側のレコードを選択し貼り付けしてみましょう。
    ココまでは通常よく使う手順なのですが。。。

    いつも同じ作業が出来ていたにも関わらず、今日の朝からは絶不調。
    何度試してみてもエラーで強制終了します。

    Access2010が強制終了する対策は

    色々試していると、Excel側のヘッダーをAccessと揃えると問題なく貼り付けできました。
    この症状は昨年末にも経験したような。。。
    そう、2018/11/16のWindowsUpdateで配信された新元号パッチ、「KB2863821」と「KB4461522」の不具合と同じ症状です。

    自宅のパソコンはWsus3.0にてパッチ配信を管理しているので、まずは配信状況を確認。
    2018/11/16配信の「KB2863821」と「KB4461522」に関しては配信は停止したまま。つまりそれ以外のパッチが犯人のようです。
    今回は2019/01/09配信の「KB4461614」パッチが原因と分かりましたので、配信をキャンセルしました。

    ここからはもしインストールして不具合が発生してしまった場合の対処方法です。
    まずはコントロールパネルから「プログラムと機能」を開きます。

    そして画面左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。

    すると、WindowsUpdateで配信されたプログラムが表示されるので、「Security Update for Microsoft Office 2010 (KB4461614)」と書かれたものを探しましょう。
    それを右クリックして「アンインストール」をクリックすればOK。

    アンインストールの確認画面が表示されるので、迷わず「アンインストール」をクリックしましょう。

    KB4461614」のアンインストールが実行されます。

    アンインストール後は再起動の確認が表示されるので、「はい」をクリックして再起動しましょう。

    再起動が終わったので先ほどのAccess2010とExcel2010を起動して同じ操作を試してみましょう。
    今回は先ほど不具合の発生した、ヘッダー違いの条件で試してみましょう。
    Excel2010でセルのデータをコピー。

    そしてAccess2010側でレコードに貼り付け。

    パッ!と貼り付け成功です。

    Access2010強制終了のまとめ

    Windowsを使っていると避けられないセキュリティアップデートですが、会社PCなどで一斉に発生すると取り返しがつきませんね。
    WSUSなどを活用して一部端末から順番にインストールできるような方法も検討しておくと安心ですね。
    業務上どうしても必要なOSやアプリケーションですので、うまく付き合っていくようにしましょう。


  • EaseUS Todo Backup Homeのシステムバックアップに救われた件

    EaseUS Todo Backup Homeというソフトをご存知でしょうか?
    実はブログ更新専用に使用していたPCのOSが起動不良となり、それの復旧に大いに役立ったソフトなんです(^^;
    今回はSSDだから故障しないという考えは間違いであるという事を再認識しました。

    起動不良となったPCです。
    分解を試みるも、SSDはSATAタイプではなく手持ちの機器ではデータを救い出す事は出来ませんでした。

    症状としてはWindowsUpdateの途中で動作がおかしくなった感じです。

    ディスクチェックの画面が繰り返し表示されます。

    ドライブをスキャンするも、復旧には至らず。

    何度も繰り返される悪夢。
    見飽きた画面です。。。

    ブログ用のPCは重要な機器として扱っているので、数か月ごとにEaseUS Todo Backup Homeというソフトでシステム全体のバックアップを取っていました。
    今回はそれを使って復旧させてみることにしました。
    私はUSBメモリにWindowsPEブートイメージ、SDカードにシステムバックアップを保存するようにしています。


    まずはUSBブートが可能な状態へBIOS設定を変更しましょう。
    これは機器によって画面が違いますので、お手持ちのマニュアルを参考にしてくださいね。
    メーカーや機器によってさまざまですが、電源投入後に「DEL」、「F2」、「F10」、「ESC」などを連打していると入れることが多いです。

    事前に作成していた、USBメモリとバックアップデータのSDカードを挿入して、PCの電源をONしましょう。
    するとWindowsPEブートイメージから、EaseUS Todo Backup Homeが起動しました。
    これはバックアップやリカバリーの専用ソフトなので、この状態ではWindowsを操作することはできません。

    画面にある「Browse to Recover」をクリックしましょう。

    するとバックアップ済みのデータが表示されます。
    今回は「2018/08/09 23:53」にバックアップを取ったデータが見つかりました。
    このデータからPCを復旧させるので「Recovery」をクリックしましょう。

    するとリカバリー対象のディスクイメージの選択画面が表示されます。
    通常は一番上にチェックを入れて「Next」をクリックしましょう。

    続いて書き戻し先のディスクを選択する画面が表示されます。
    これも通常は一番上にチェックを入れるだけでOKです。「Next」をクリックしましょう。

    するとディスクの上書き警告が表示されますが、すでに起動不能となったPCです。
    気にせず「Yes」をクリックしましょう。

    すると即座にリカバリーが開始されました。
    時間がかかる作業なのでコーヒーでも用意しながらゆっくりと待ちましょう。

    と思ったのもつかの間、5分程度でリカバリーが完了してしまいました!
    今回はSDカードとSSDという組み合わせなので短時間で完了したのかもしれませんが、まさに爆速といえる感じですね。

    期待半分、不安半分といったところですが、PCを起動させてみました。
    アップデート等の関係か何度か再起動が繰り返されます。。。

    そして見事に復活することが出来ました。

    EaseUS Todo Backup Homeですが、USBメモリやSDカードを使ってバックアップできる手軽さや、簡単な操作は初心者の方にもおススメです。
    写真や音楽などのデータだけ外付けHDDにコピーしている方も多いかと思いますが、Windowsの状態まで完全にバックアップできるのは大変心強い存在です。

    バックアップというと難しいと感じるかもしれませんが、故障したときの強い味方になりますね。
    今回は身をもって体感し、嬉しさのあまりブログ記事のネタにしてみました(笑)

    そんな感じでブログ記事を書き始めましたが、ついでなのでバックアップの取得方法についても紹介しておきたいと思います。
    まずはEaseUS Todo Backup Homeを起動します。

    メニューから「ブータブルディスクの作成」を選択しましょう。
    これが先ほどのWindowsPEブートイメージUSBを作成する手順になります。
    それほど大きな容量は不要ですので、適当なUSBメモリをPCに接続して、「作成」をクリックしましょう。

    すると「WinPE ISOを作成中…」というメッセージが表示されます。

    続いてUSBメモリに書き出す作業が始まりました。

    USBメモリが削除されるので、「選択したデバイスはフォーマットする必要があります。続行しますか?」と聞かれます。
    本当に削除して問題ないUSBメモリであれば、「OK」をクリックしましょう。

    すると、「WinPE ISOがエクスポートされました。」と表示され作業は完了です。
    時間にして2分程度でしょうか。非常に快適でサクサクと作業が進む感じですね。
    「完了」をクリックして完了です(^^

    画面が戻ると「システムバックアップ」というボタンが現れました。
    「システムバックアップ」をクリックしましょう。

    対象となるディスクやWindowsのバージョンなどが表示されます。
    今回はSDカードに保存するので、宛先だけ変更しましょう。

    このようにバックアップの保存先も様々な箇所を選択することが出来ます。
    今回はSDカードですが、ネットワーク上の他のPCに保存したり、NASに保存したりとなかなか便利なバックアップソフトですね。

    保存先を選んだら、「実行」をポチっとクリックしましょう。
    これだけでバックアップが開始されます。

    バックアップ中はこのように進行状況が逐次表示されます。

    私の環境だと5分足らずでバックアップ作業が完了しました。

    このようにわずか数分の作業で安心を得ることが出来るのが、バックアップソフトの役目なんですね。
    競合他社の物なども使ったことがありますが、EaseUS Todo Backup Homeは3980円と価格が安いので試しやすいのが良いですね。
    またダウンロード販売もされているので、amazon等でCD版のソフトを買う必要もありません。

    今回はシステムバックアップ機能しか使っていませんが、ほかにもメールのバックアップやスケジュールによる自動バックアップなどの機能も実装されています。
    メーカーページでは無料体験版も配信されているようなので、まずは無料体験でバックアップソフトを体験してみてはいかがでしょうか?
    https://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html