• カテゴリー別アーカイブ 写真
  • Nikon D850のファームウェア Ver.1.03にバージョンアップしてみた。

    Nikon D850のファームウェアが更新され、Ver.1.03が公開されました。
    更新内容は「まれに AF 開始動作およびシャッターが切れるまでに時間が掛かってしまう現象を修正しました。」となっています。
    確かに今まで使っている中でシャッターが切れるまで時間がかかった事があったような。。。
    という訳で、早速新しいファームウェアにバージョンアップしてみました。

    今回バージョンアップを行うNikon D850

    バージョンアップ作業にはPC接続用のカードリーダとSDもしくはXQDのメディアが必要になります。

    今回はXQDカードを使ってファームウェアを転送してみることにしました。

    まずは、普段からカメラで使っているXQDカードをカードリーダーに挿入します。

    まずは「http://www.nikon-image.com」にアクセスしてファームウェアを探しましょう。
    「サポート」→「ダウンロード」の順にクリックしましょう。

    このページには細心ファームウェアの情報が掲載されています。
    現時点ではD850用ファームウェアが一番上に記載されてるので、それをクリックしましょう。

    するとD850のページが表示されました。
    初期値は「説明書」になっているので、画面中央部の「ファームウェア」をクリックします。

    今回は最新バージョンのVer.1.03が目的なので、迷わず、「D850用ファームウェア C:Ver.1.03」を選びましょう。

    「同意する」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックします。
    ダウンロードが完了すると、「実行」と「保存」の選択画面が表示されますが、まず「保存」してから「実行」してください。

    実行しても特に画面上は変化がありません。
    Windowsのエクスプローラを開いて、「ダウンロード」を開きます。
    すると、先ほどダウンロードしたファイルと共に「D850Update」と書かれたフォルダが作成されています。
    このフォルダを開いてみましょう。

    「D850Update」と書かれたフォルダの中には「D850_0103.bin」というファイルが保存されています。
    このファイルを右クリックし、「送る」→「NIKON D850」を選びましょう。
    ※普段使っているカードを挿入していれば、NIKON D850と表示されますが、違う場合は該当のSD/XQDを選択してください。

    ファイルの転送が完了したので、Nikon D850にファームウェアを保存したXQDカードを挿入します。

    Nikon D850のセットアップメニューを開いて、「ファームウェアバージョン」を選びます。

    すると現在インストールされているファームウェアバージョンが表示されます。
    私のD850は「C:1.01」となっていますので、若干古いですね(^^;
    続けて「バージョンアップ」を選択します。

    すると、「バージョンアップしますか?」の表示と共に更新前後のバージョンが表示されました。
    画面を確認して問題なければ、「はい」を選んで「OK」を押しましょう。

    バージョンアップが始まりました。
    この間はバッテリーの着脱は当然ながら、レンズ着脱、ホットシュー、各種ボタン類などに一切触れず、完了まで待ちましょう。

    体感的には2分程度かかったように感じます。
    もう少し待ちましょう☆

    完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。
    私は電源スイッチのOFFと共に、一度バッテリーを外して再起動させておきました。

    もう一度ファームウェアバージョンを確認すると、「C:1.03」となっており、バージョンアップが成功していることが確認できました。
    作業後は「バージョンアップファイルの削除」を選択してXQDカードからファイルを削除しておきましょう。

    続いてSB-5000スピードライトはもファームウェアが公開されていたので、ついでに作業してみることに。
    SB-5000スピードライトにはカードスロットなどは装備されていません。
    では、どうやってファームウェアをバージョンアップするのでしょうか?

    答えは、カメラに装着してカメラ経由でバージョンアップ作業を行います。

    先ほど、D850本体のファームウェアバージョンを確認しましたが、SB-5000スピードライトを装着した状態で確認してみると。。。
    Sという項目が増えており、「S:14.002」と表示されています。このSはスピードライトのSですね。
    先ほどと同じく、「バージョンアップ」を選択しましょう。

    すると、「スピードライトのファームウェアをバージョンアップしますか?」との確認が表示されます。
    今回のバージョンアップはNikon フルサイズミラーレスZ7/Z6への対応がメインですが、念のためにアップデートしてみました。

    先ほどと同じくバージョンアップには数分かかりますので、しばらく待ちましょう。

    ちなみにバージョンアップ中はSB-5000スピードライトの液晶表示が消えて、オレンジのLEDが点滅しています。

    あと少しで完了です(^^

    完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。

    カメラ本体の電源OFFを待たずして、SB-5000スピードライトは自動的に再起動しました。

    念のため、カメラ本体を再起動してからバージョン確認画面をチェックしてみました。
    すると、「S:14.003」となっており正常成功したようです。

     

    スピードライトを複数台持っている方は、スピードライトを交換しながらどんどん作業を進めましょう。

    今回、SB-5000のファームウェアもアップしてみましたが、「CactusV6II」でも問題なく動作することが確認できました。
    互換性は問題なさそうですね♪

    基本的には機能改善というよりは、不具合対策がメインとなっていた「ファームウェア Ver. 1.03」でした。
    常に最新のファームウェアをインストールしておくことで、機材の性能を最大限発揮できると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


  • PNL-D850G 格安アルカスイス互換L型プレートを買ってみた。

    D850を購入してから真剣に?写真を撮影する機会が増えてきました。先日、人物撮影の機会がありバンガード製の三脚を購入したのですが、アルカスイス互換の雲台が装備されていました。今回はそれを活用するために、PNL-D850Gというアルカスイス互換のL型プレートを購入してみました。

    今使っているカメラ機材。
    Nikon D850 + 「MB-D18互換グリップ」、レンズはNikkor 50mm F1.8の安いやつです。

    今回新たに購入したバンガード製の三脚「VEO 2 264CB」です。
    カーボン製で軽量かつコンパクトに折りたためる構造なので、野外での撮影などにぴったり。持ち歩きも苦にならず、剛性も必要にして十分です。

    VEO 2 264CB」の雲台部分には「VEO 2 BH-50」という型式の自由雲台が付属していました。
    この部分がアルカスイス互換となっているため、カメラ側に専用のプレートを付けてみたい衝動にかられました。

    VEO 2 BH-50」にはこのような角形のプレートが付属しており、カメラに固定して使用します。

    ちなみにアルカスイス方式というのは、このようなレールになっており、クランプ側はネジで幅を調整し、プレートを挟み込んで固定するものです。
    クランプの真ん中に飛び出たピンは、プレートの脱落を防止するためのストッパーです。

    アルカスイス方式の使い方は、このようにクランプを開きます。

    そして、プレートを溝に合わせてクランプの上にはめ込みます。

    そのままクランプのネジを回すことで、簡単かつ確実な固定が可能となります。

    VEO 2 264CB」付属のプレートはこのように小型の物です。

    D850 + 「MB-D18互換グリップ」の組み合わせで装着すると、若干不安な気持ちも。

    VEO 2 264CB」で実際に固定してみると不安はなく強度は十分でした。
    しかし、運搬時にプレート自体が回転方向に回ってしまうというトラブルを経験し、あと少しでカメラを落下させるところでした(^^;

    そこで、持ち運び時の回転落下防止も含めて、大型のアルカスイス互換プレートが欲しくなったという訳です。
    今回購入したのは「SUNWAYFOTO」の「PNL-D850G」です。

    amazonにて購入しましたが、このような中国語のパッケージで届きました。
    スペックは以下の通りです。
    ・型式 PNL-D850G
    ・長さ 87mm
    ・幅 69mm
    ・高さ 134mm
    ・ネジ規格 UNC 1/4″-20
    ・重量 126g

    早速ですがパッケージを開封してみました。
    PNL-D850G本体に加え、持ち運び用の巾着袋と固定用の六角レンチ、マニュアル等が入っていました。

    VEO 2 BH-50」付属のプレートと比較すると、この存在感!

    側面にはSUNWAYFOTO PNL-D850Gと印字されていました。
    SUNWAYFOTOのロゴマークですが、日本のJIS規格〄ロゴに何故か似ているように見えるんですよね(笑)

    材質はアルミ製で、「MB-D18互換グリップ」を装着した状態で使える大型のタイプです。
    各部の角は丸く面取りされており、手で触れても痛いような箇所はありません♪

    ちなみにネジ部分はこのように設置面積が大きく確保されているので、「VEO 2 BH-50」付属の小さなプレートのような不安感は一切ありません。

    PNL-D850G」を「MB-D18互換グリップ」に装着してみました。

    プレートの接地面はグリップのカーブに合わせた設計となっており、ぴったりフィットしています。

    大きく開いたL型部分の箇所はバッテリー室と接触しないよう適度なクリアランスを確保。

    なので、プレートを固定した状態でもバッテリー交換に支障はありません。
    実によく考えられた形状ですよね。

    このようにバッテリーの出し入れも非常にスムース。快適そのものです☆

    ちなみにプレート下部には三脚ねじ用の穴が確保されており、プレート装着状態のままアルカスイス以外の方法で固定することも可能です。

    内蔵バッテリを交換する際はバッテリーグリップを取り外しますが、この着脱に際してもL型プレートは装着したままで問題ありません。

    D850 + 「MB-D18互換グリップ」+ 「PNL-D850G」という状態の写真です。
    確かに本体は大きく重くなりましたが、カメラ本体の保護にもなりますし、なにより見た目がカッコいいですよね☆

    ちなみにPNL-D850Gを装着した状態でも、カメラの各種インターフェイスへのアクセスは問題ありません。

    では実際に「VEO 2 264CB」へ装着してみましょう。
    一般的な使い方としては、このように本体下部のプレートをクランプで挟んで固定します。
    重心センター部には白いラインが印字されているので、それを目安に装着すると良いでしょう。
    またプレート側にも落下防止のビスが打ち込んでありますので、安心感が高いです。不要な方は付属の六角レンチで取り外すことも可能です。


    ちなみにL型プレートのメリットはこのように縦撮りでも使えること。
    縦横どちらでも装着できる形状なのでL型プレートと呼ばれています。

    落下防止のビスも打ち込んでありますので、このような方向で使っても安心ですね。

    しっかりとした三脚があれば、縦横自由自在に使えるアルカスイスプレートは大変便利です。
    実際に野外で使ってみてもっと早い段階で導入しておくべきだったと感じました。

    ある程度の投資金額は必要ですが、撮影効率や安心感のためにも導入を検討されてみてはいかがでしょうか?



  • TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nのフード改造。

    サーキットや野鳥撮影で使っているA022Nですが、レンズのサイズが大きい事もあり、フィールドでのレンズ交換には少々苦労が伴います。
    センサーのダスト対策なども考えれば、本来はレンズフード側を下にしてレンズ交換したいのですが、環境によっては難しい事も。
    そこで、標準のフードに溝ゴムを取り付けすることで、この問題を解決することが出来ましたので、その手法を紹介します。

    TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nです。

    普段はこのように、カメラボディ側を下に置いた状態で交換するしかありません。

    しかしセンサーのダスト対策を考えれば、このようにレンズを下側に置いて交換したいところ。
    室内等であれば問題ありませんが、野外のフィールドで同じ事をやればフードは短期でボロボロになりそうです。

    まだまだキレイなレンズフード。この状態を維持したいところ(^^

    というわけで、ホームセンターコーナンで溝ゴムを買ってきました。


    溝ゴムとはこのようにV字やU字の形に形成されたゴムの事です。
    これをエッジ部分に差し込む事で、エッジ部を保護したり、エッジ部でケガすることを防いだり、そんな用途のゴムです。

    購入したものは「八幡 溝ゴム ボビン巻 #94 100m」です。
    JANコードは4979874025333となっており、どこでも購入可能です。
    今回はホームセンターでの切り売り品を1m購入しました。

    レンズフードの先端部分は直径が125mmほどあります。

    この数字をもとに円周率をかけて必要な溝ゴムの長さを算出しましょう。
    125mm×3.141592

    393mmという結果になりました。

    という訳で、溝ゴムを必要量切り出します。

    そして、あとはレンズフード先端に差し込んでいくだけ!!
    と言いたいところですが、やはり固定が弱いです(^^;

    そこで今回は0.2mmの激強力両面テープを活用して固定してみたいと思います。

    この激強力両面テープは基材レス仕様なので、長期使用でも安定した接着力を実現しています。
    購入したものは「和気産業 激強力両面テープ マルチ ( 8511200 )」です。
    JANコードは4903757301221となっており、どこでも購入可能です。

    このようにエッジ部分に折り返すように両面テープを施工します。

    そして溝ゴムを押し込むように接着していきます。

    ぴったり一周巻き終わりました。
    両面テープの施工個所を多めに取ることで、強度もしっかりしており外れる心配もなさそうです。

    溝ゴムなので、フード内側へのはみだしも最小限。
    ケラレ等の画像影響も皆無なので安心して撮影に望めます。

    溝ゴムを施工したことで、レンズフードを装着したまま地面においても大丈夫になりました。

    実際にサーキット等でコンクリートやアスファルトの上に置いて使っていますが、安定度は抜群です。
    レンズ交換もカメラ側を回すように操作することで、簡単かつ確実に作業できるようになりました。

    今回の内容は非常に簡単な加工です。
    同じレンズをお使いの方はぜひやってみてはいかがでしょうか。
    レンズフードをキズから守るだけではなくレンズ交換が容易になるので、レンズ交換時の落下事故なども防止できるのではないでしょうか。