• タグ別アーカイブ: 分解
  • CactusV6II ワイヤレスフラッシュトランシーバを分解してみた。

    CactusV6IIといえば、カメラで多灯ストロボ撮影を楽しまれる方にとっては有名な製品だと思います。
    私自身はD850 + SB-5000という組み合わせをメインにCactusV6IIを活用しています。
    今回はそんなCactusV6IIの内部をチェックしつつ、使い方を紹介したいと思います。

    CactusV6IIのパッケージ。新たに買い足した3台の写真です。合計5台持っています。

    CactusV6IIのパッケージを開封してみました。
    CactusV6IIを固定するスタンド、ナンバリングステッカー、マニュアル、ライティングサンプル集などが付属していました。

    CactusV6IIのマニュアルです。
    しっかり日本語対応しており、日本電波法技術適合(認証番号:017-160007)の文字も。

    こちらのカラー冊子はライティングのサンプル集となっています。

    ライティングサンプル集の中身をチェックしてみましょう。
    最初のページには、撮影した写真が掲載されています。

    そして、次のページにはライティング配置図やパワー設定など、実際の使い方を交えて紹介されています。
    01番のこれはシングルストロボのシンプルなライティング紹介です。

    10番のものは多灯ワイヤレスストロボを活用した撮影方法となっています。
    このように実際にどのような配置をして撮影したのかが紹介されているので、勉強にもなりますね☆

    CactusV6II付属のスタンドは、Cactusロゴ入りとなっています。

    基本的にはオール樹脂製となっており、三脚ねじの固定穴などもありません。
    シンプルに床置きして使う用途を想定しているようですね。

    CactusV6II本体上部の写真です。
    上部には液晶画面とパススルー出力対応のホットシューが装備されています。

    CactusV6IIの裏面です。
    3脚ねじ用の穴に加えて、ホットシュー接続用の端子が装備されています。
    TX送信側/RX受信側と用途に応じて固定方法を選ぶようにしましょう。

    ちなみにCactusV6IIのホットシュー部分はこのように金属製となっており、強度は必要にして十分確保されています。

    またピン数も多く、NikonやCanonはもちろん、その他他社製カメラにも対応するクロスプラットフォーム機となっています。
    ※SONYだけはホットシューの端子形状が違うので別型番のCactusV6IIsが必要となります。

    CactusV6IIの右側面です。
    TX/OFF/RXの表記は電源スイッチ、ゴムカバー部分はUSB端子、3.5mmジャックはトリガー端子となっています。

    ちなみにUSB端子はMini-B規格を採用。この手の周辺機器では一般的な形状ですね。

    CactusV6II正面にはLEDタイプのAF補助光を搭載。カメラ操作に連動して光るので大変便利です。
    写真左手のスイッチはトリガースイッチとなっており、半押し・押込みの2操作が可能です。

    CactusV6IIの左側面です。
    このカバーは電池カバーとなっています。

    本体後方方向へスライドさせると、バネでパチッとカバーが開きます。
    操作性も良好で、撮影中のバッテリー交換でもイライラすることはありません。

    このように90度まで大きく開きます。

    カバー側には電極が装備されており、それぞれプラス極、マイナス極が接地します。

    バッテリーは単3タイプが2本必要です。
    一般的なアルカリ電池に加え、エネループに代表されるニッケル水素電池のどちらでも使えます。

    CactusV6IIs本体後方部(手前側)です。
    ジョグダイヤルや操作スイッチ、ホットシューの固定レバーなどが見えますね。

    普段カメラに装着した状態だと、このような見え方でしょうか。
    撮影中の調整は本体上部のスイッチと手前側のジョグダイヤルを頻繁に操作します。

    では実際に電源スイッチをTX側に動かして、送信機モードで動作させてみましょう。
    まず、A/B/C/Dの各スイッチのLEDが点灯しました。

    この状態だと、CactusV6IIの液晶画面にはA/B/C/Dそれぞれが1/128という表示になっています。
    この状態では写真撮影をした際にA群、B群、C群、D群のそれぞれが1/128の点灯指令という形になります。

    この状態でC/Dを押してみましょう。
    するとC/DのLEDが消灯してA/Bのみが点灯した状態となります。

    液晶画面を見てみると、A/Bのみ1/128表示、C/Dは—表示となっています。
    この状態では写真撮影をした際にA群、B群には1/128の点灯指令、C/Dは不点灯という状態になります。

    では本体上部のAスイッチを押しながら、ジョグダイヤルを回してみましょう。

    するとA群の発光パワーが1/64に変わりました。
    このように上部のボタンとジョグを組み合わせて、簡単かつダイレクトに各ストロボのパワーを調整できます。
    これは純正のカメラ内蔵コマンダーでは得られない操作感であり、とても快適です☆

    CactusV6IIをD7100に装着してみました。カメラ側に装着するものはTXモードとします。

    SB-5000側に装着するCactusV6IIは電源スイッチをRXモードとして受信用に設定します。
    またCactusV6II上部のボタンでそれぞれA群、B群に設定しました。LED表示もそのようになっています。

    カメラに装着したCactusV6IIのTX側をこのような設定にすると。。。

    SB-5000スピードライトを装着し、RXモードのA群に設定したCactusV6IIの画面は1/64と送信機で設定した内容が即座に反映されます。

    SB-5000スピードライトを装着し、RXモードのB群に設定したCactusV6IIの画面は1/16となっています。

    このようにカメラ本体内蔵のコマンダーでは得られない軽快かつダイレクトな操作感が魅力です。
    またジョグダイヤルを一度押し込むことで、発光パワーとズーム値を切り替えて操作することが可能です。
    モデルさんを待たせることなく、設定変更しながらどんどんシャッターを切りましょう♪

     

    では、つづいてCactusV6IIを分解してみましょう。
    今回分解するのは、SB-5000と共にライトスタンドごと倒れて壊れてしまったCactusV6IIです。。。

    本体裏には一般的なプラスタイプのビスがあるので、精密ドライバーでビスを外してみましょう。

    このように4本のビスで固定されていますが、ネジロック等の処置もなく簡単に外すことが出来ました。

    ビスを外したら、パカッと開きます。
    この時、フレキシブルケーブルが上下を接続していますので、勢い余って切断しないように注意しましょう。

    本体下部側のフレキシブルケーブルをコネクタから外して、無事に分離完了です。

    本体下部側のフレキシブルケーブル接続部分です。
    ここはカメラ側のホットシューと接続する個所となっています。
    ホットシュー金具とはビス3本で強力に締結されており、ネジロック材も塗布されています。一般的な利用では強度面の不安はまったくありませんね♪

    こちらの突起は本体下部の三脚穴を支える部分です。
    見た目は貧弱かもしれませんが、実際に使ってみるとかなり強度が確保されていました。

    こちらは本体上部側のホットシュー端子部分です。
    ホットシュー金具とはビス4本で強力に締結されており、ネジロック材も塗布されています。

    インジケータLEDはアクリルパーツと面実装LEDの組み合わせでした。
    輝度は十分で室内利用であれば視認性も問題ありません。

    こちらは、フロント部のAF補助光に利用される赤色LEDでリフレクタータイプとなっています。
    またLEDの横に見えるL字型の金属部品は、送受信アンテナですね。

    ちなみにAF補助光のLEDはこのように別基板に乗っており90度立てた状態になっています。

    各部のチェックが完了したので、CactusV6IIのメイン基板を取り出してみました。
    表面は液晶モジュール、操作スイッチ、CPU、無線部など薄型のパーツが集中配置されています。

    こちらは本体上部のA/B/C/Dスイッチ部です。スイッチの横に白色LEDが配置されており、それぞれのボタンを照らします。

    こちらはCPU部分と無線部分です。

    メインCPUには「Microchip社」の「ATxmega128A1U」を搭載。
    128KB Flash、8KB SRAM、2KB EEPROMを搭載したAVRマイコンですね。

    CPU裏面には「STMicroelectronics」のチップなどが数点並んでいました。

    内部は簡素な構造ですが、ストロボ撮影に際しては大変便利なCactusV6IIです。
    ちなみにCactusV6IIはクロスプラットフォームに対応しているので、NikonカメラでCanonストロボを制御するなども可能です。
    機材の有効活用にもつながりますし、なにより気持ちよく撮影できるというメリットは何事にも代えがたいもの。

    カメラ機材がどんどん増えていく中で、もしかするとマウント変更するかもしれない。。。
    そんなときでもCactusV6IIが異メーカーのストロボを相互変換してくれるので安心です。

    CactusV6IIにはこのようなステッカーが付属しています。
    各機材にA~Dのステッカーを貼り付けて識別しておくと便利ですね☆

    ちなみにファームウェアバージョンアップの際は、USB端子でPCと接続しますが、この際はバッテリー無しでも動作させることが可能です。

    という事はモバイルバッテリー等で長時間動作させることも可能ですね。
    今までの撮影でバッテリー切れを経験したことはありませんが、スタジオ等で高所に設置する際はUSB電源が活用できるかもしれません☆

    手持ちの機材を確認すると、ファームウェアバージョンは1.1.013となっていました。

    今回紹介した使い方以外にも活用方法があり、トリガー端子にケーブルを接続することでリモートシャッターとして使う事も可能です。

    多灯ストロボを楽しみたい!
    そんな時は送受信合わせて最低3セット必要となりますが、ライティングはとても楽しい世界です♪
    TTL自動制御によるストロボ撮影をマスターしたら、完全マニュアル制御によるストロボライティングに挑戦してみてくださいね。


  • PCで認識しなくなったSSDを格安修理してデータを救出してみた。

    普段使用しているノートパソコンはSSDに換装していますが、SSDの故障に遭遇してしまいました。
    機器は壊れても問題ありませんが、貴重なデータだけは救いたい。という訳でDIYでSSDを格安修理した方法を紹介します。

    それはある日突然訪れました。。。
    いつものようにPCの電源を投入すると、見慣れないメッセージ。

    「Insert system disk in drive. Press any key when ready…」
    システムディスクをセットして任意のキーを押すように要求されました。
    つまり、SSD自体がPCに認識されなくなり、起動ディスク用要求されているという状態です。
    これは非常に悪い状態で、起動はおろか、スキャンディスクすらできない状況。。。

    ひとまず、PCの電源を切ってSSDをチェックしてみることにしました。
    搭載されていたのはcrucial製のSSDであるM4シリーズでした。
    このモデルは元々不具合を抱えており、採用各メーカーより「ファームウェア更新の案内」が出されています。
    しかし、認識しなくなった今、そんなことは関係ありません。

    PC本体よりSSDを取り出してみました。
    crucial M4 SOLID STATE DRIVEのステッカーが鮮やかですね。

    少しPCに詳しい人なら持っているであろう、「SATA-USB3.0変換アダプタ」を用いてSSDの状態をチェックしてみましょう。

    PC起動時のBIOSで認識しないという状況なので、ある程度は予測できましたが、USB接続した状態でも認識しませんでした。

    念のために「HDD LOW LEVEL FORMAT TOOL 4.40」でもチェックしてみます。
    しかしながら、USB接続したCrucial製のSSDは表示されません。

    この段階で故障という事が確定したので、以前にMicroSDカードの復旧でお世話になった「http://www.anydata.jp/」さんのページをチェックしてみました。
    価格は128GBで136,000円です。今回故障したものは512GBなので単純計算で136,000円×4倍=544,000円。。。
    ちょっと悩んでしまう価格ですよね(^^;

    今回はデータの価値と価格を比較して、DIYによる修理をチャレンジしてみることにしました。
    物理障害であればデータフォーマット等の専門知識も不要なので何とかなりそうです。と簡単に考えながらスタート(^^

    Crucial製M4-SSDはプラスタイプのビスで固定されているので、一般的な精密ドライバーで簡単に分解することが可能です。

    Crucial製M4-SSDを固定しているビスを4本外しました。

    Crucial製M4-SSDを慎重に分解します。
    放熱板を兼ねたアルミ製のベース部分と、樹脂スペーサー、フタの3個に分離できました。

    Crucial製M4-SSDのベース部分はアルミ製で基板が装着されています。
    放熱ゲル等の存在があるのでしょうか、なかなか強力に張り付いていて取り外しできません。
    隙間に精密ESDピンセットを差し込んで徐々に隙間を広げていきます。

    パカッと開きました。想像通りブルーの放熱ゲルでしっかりと密着していました。
    一気に力を入れると基板を痛めてしまう恐れがあるので、慎重に作業しましょう。

    Crucial製M4-SSDの内部基板です。こちらは表面なのでコントローラチップが乗っていますね。
    コントローラチップはMarvell製の「88SS9187」です。
    SATAは6Gbps対応でNANDとの通信はONFI2.0でMode5に対応。またDDR2/3-800のキャッシュにも対応します。
    コマンド体系ではTRIMコマンドにも対応しており、現時点においても実用的なパフォーマンスを発揮します。

    Crucial製M4-SSDの内部基板です。
    これは512GBモデルという事もあり裏面にもNANDチップがぎっしりとフル実装されています。

    Crucial製M4-SSDのSATAコネクタ部分です。
    基礎的な点検としては接触不良を疑うのは基本中の基本です。まずは、半田状態をしっかりとチェック。
    この部分では半田クラックや基板のパターン浮き、ウィスカ等の発生も確認できません。正常といってよい状況です。

    SATAコネクタを補強するプレート部分には基板のパターン剥離が見受けられましたが、今回の故障とは関係ありません。
    Crucial製M4-SSDでは非常に小さなパターンに対して固定されていますが、強度が必要であればもう少し大きなベタパターンが適切ではないでしょうか。

    続いて電源周りのチップを確認してみましょう。
    外観目視では燃えたチップ等も見当たらず、匂いも正常です。

    Crucial製M4-SSDを基板単体で再テストしてみます。
    各部の電圧チェックや異常発熱などを見つけるのが目的です。
    この状態では放熱ゲル等もありませんので、長時間の通電は故障を拡大させる恐れがあります。短時間で済ませるようにしましょう。

    色々と試した結果、故障個所を特定しました。
    写真のようにコントローラチップを洗濯バサミで挟むと一瞬認識することが分かりました。
    Crucial製M4-SSDではコントローラー部に放熱ゲルが仕込んでありましたが、その部分の半田不良が発生しているようです。
    発熱が多いBGAタイプの部品は熱膨張率の違いから半田不良が発生しやすいんですよね。

    故障個所が判明すれば、あとは修理するだけです。
    今回のコントローラチップはBGAタイプのパッケージです。
    BGAとは(Ball Grid Array/ボールグリッドアレイ)の略称で現代の電子機器では一般的なモノです。
    しかしながら半田面が見えているわけではないので、修理には特殊な工法が必要となります。

    一般的には半田コテなどが有名ですが、今回はヒートガンを利用して半田修正します。

    この作業に欠かせないのは、ヒートガンと共に使用する薬品であるフラックスです。
    これは一度硬化した半田に塗布して再加熱することで半田自体の表面張力をさげたり、酸化被膜を除去する効果があります。
    フラックス無しでは絶対に失敗しますので、忘れずに準備するようにしてください。


    まずはCrucial製M4-SSDの基板を縦向けにセットします。
    私はSATAコネクタ側を下向けにしました。

    そしてフラックスをハケにとり、コントローラチップの隙間に流し込んでいきます。

    フラックスは流動性の高い液体なので、このように少しずつ塗布していきます。

    別の角度から。このようにハケを寝かせてと塗布するのも良いかもしれませんね。
    周辺の部品やチップサイズなどに応じて塗布しましょう。

    何度か塗布して、この写真のように4隅からフラックスが溢れ出てきたところで塗布作業は終了です。
    続いてヒートガンによる加熱作業に入りましょう。

    加熱時は基板を起こして水平にしましょう。
    立て向けたままだと、半田が解けた際にチップがはがれたりズレたりする可能性があります。

    そしてヒートガンでチップを加熱してリフロー工法で半田を溶かします。
    温度プロファイルについては周辺パーツやチップサイズなどで変化しますが、私はフラックスの乾燥状態などを見ながら勘でやりました。
    ヒートガンの温度は300℃程度でしょうか。

    再溶融が完了するとこのようにフラックスが乾燥して色が変わります。
    チップが冷えるのを待ってテストに備えましょう。
    この際、保冷材や冷風等で一気に冷却すると熱収縮の違いで半田が割れてしまうので、焦る気持ちを抑えてゆっくり待つようにしましょう。

    修理が完了したCrucial製M4-SSDをUSBで接続してみました。無事ドライブが認識されました(^^

    念のために「HDD LOW LEVEL FORMAT TOOL 4.40」でもチェックしてみます。
    先ほどとは違い、M4-CT512 M4SSD2がしっかりと認識されています。修理完了ですね☆

    まだSSDがバラバラの状態なので、放熱等を考慮して元通りに戻してからデータ復旧作業を行うようにしましょう。

    分解したSSDを元に戻して、SSDのデータをチェックしてみました。
    するとすべてのデータは正常となっており、救出に成功しました。

    また前半で不具合のあるSSDと書いていましたが、現在は対策ファームウェアが公開されているので、それを適用しておきましょう。
    手順についてはドスパラのページでも紹介されていますので、参考までにリンクを貼っておきます。
    Crucial SSD M4シリーズ 不具合対処方法

    今回のSSDは M4-CT512M4SSD2 で ファームウェアは 000F となっています。

    最新版を適用することで、000F → 070Hにバージョンアップすることが出来ました。

    データバックアップを取った後なので、もう故障は怖くありません。
    PCに接続して起動させてみるテストも無事にクリアし、正常な状態として再び利用が可能となりました。

    いかがだったでしょうか?
    SSDは振動や衝撃に強いという事が広まった感はありますが、HDDと比較した場合の信頼性については??
    絶対故障しないという魔法のデバイスではありませんので、普段からバックアップを心掛けるようにしましょう。


  • レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを分解してみた。

    レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを入手したので早速分解&改造してみることに。
    まず分解。は基本的にAndroid派なのです。
    今回はケースを装着してみたい気持ちから、ほとんど使ってないiPhoneを取り出してみました。

    数か月ぶり?に充電すると無事に起動したiPhone7
    一応SIMフリーで128GBあるのでそれなりには使えるハズ(^^;

    裏面にはどこの家庭にも転がっている、カッティングプロッタで切り出したURLステッカー。
    今回のケースを装着すると見えなくなるというオチもありますが。。

    今回購入したiPhone用ケースです。
    iPhone7/8両対応なので、カメラ穴は大きめになっています。

    そして何故かケース内側に電池ホルダーのようなものが。。。
    ココにはCR2032バッテリが入るようになっています。

    なぜ電池が必要なのか??
    そう、この形状からわかる通り実際にゲームが出来るiPhoneケースになっています。

    では早速分解してみましょう。
    ケース内面のシールにはビスが隠された場所があります。
    指で押さえればすぐにわかるので、そのまま精密ドライバーを突き刺して分解しましょう。

    というわけで、数本のビスを外すと、内ブタがパカッと開きました。

    基板と液晶モジュール、スピーカーなどを取り外します。
    特に固定もされていないので、持ち上げるだけで簡単に外れました。

    ケース内面はこのようになっています。
    液晶部分にはプラスチック製の保護カバー、各種ボタンはメンブレン仕様です。

    ボタンはブラック、グレー、レッドとゲームボーイ風のカラーを再現。

    メイン基板と液晶モジュールをチェックしてみましょう。
    こちらの面は基板に部品は搭載されていません。液晶モジュールと基板はヒートシールコネクタで接続されています。

    反対面を見てましょう。

    メイン基板の要は、中央部の黒いCOBパッケージ。
    チップコンデンサ等の外部部品は見当たりません。なかなかの集積度ですね(笑)

    このようなケースで気になるのは、画面部分へのホコリの侵入でしょうか。
    幸いこのプラスチック製の窓は全周が両面テープで接着されており、ホコリの侵入は大丈夫な感じ。

    しかし、裏面は液晶が置いてあるだけで隙間だらけなんですね。
    このままだと持ち運びしている間にホコリが侵入しそうです。

    そこで、今回は特殊な両面テープを用意しました。
    主にスマートフォンの防水シールや液晶パネルの固定に使われている高機能な両面テープです。

    このように細く、薄いので今回のようなシール作業には最適です。

    液晶パネルが接触する部分全周に両面テープを貼り付けました。
    角の部分を含めて隙間ができないように施工しましょう。

    そして離型紙を剥がしましょう。
    この時、画面部分に傷をつけたり汚れを付けないように注意が必要です。

    そして液晶モジュールをペタリと貼り付けます。
    シッカリと押さえつけて接着しましょう。

    最後にメンブレンのボタン類を戻してから、基板を戻します。

    無事に組みあがった、ゲームボーイ風iPhoneケース。
    これでボタン部分やカメラ穴部分からのホコリ侵入にも強くなりました。
    また液晶をキッチリと接着したことでケース自体の剛性も格段にアップしています。

    正面から見ればiPhoneそのもの。特に違和感のないデザインが良いですね。

    このようにiPhoneの携帯性を損ねることなく、ゲームボーイ風のデザインに仕上がっています。
    電池を入れなくてもケースとしてもなかなかの質感で、ボタンが押せるあたりなかなか楽しいですね。

    ケースとしては少々厚みがありますが、iPhone本体をしっかり保護してくれると考えれば問題ないレベルです。

    実際に持ち歩いてみると、ゴム製のボタンが滑り止めの役目も果たすため、思った以上に機能性の高いケースでした。
    もしiPhoneのバッテリが切れても、ゲームボーイ部分はボタン電池のみで動作するので、暇つぶしにもぴったり。

    思いのほか高い質感に満足しています。
    ゲームボーイ風のイラストが印字されたようなケースとは一線を画す、素晴らしいケースです。
    価格も安いので試してみてはいかがでしょうか?