• 筒井時正玩具花火製造所 の国産線香花火を試す。

    筒井時正玩具花火製造所 国産線香花火を買ってみました。
    夏の終わりといえば、やっぱり線香花火ですよね。
    普段は花火セットの付属品を楽しむ程度ですが、今回は奮発して桐箱にはいった国産品の筒井時正玩具花火製造所製を購入してみました。

    パッケージ。桐の箱というだけで高級感がありますが、湿度調整機能もあり、ちゃんと意味があるんです。
    桐箱に焼き印が入っているのがオシャレですね。

    「線香花火 筒井時正」の焼き印。


    裏面には特に意匠はありませんが、製品シールが貼られています。


    シールを見てみましょう。
    生産者:筒井時正玩具花火製造所
    所在地:福岡県みやま市高田町竹飯1950-1
    TEL:0944-67-0764 FAX:0944-67-2347
    e-mail:info@tsutsuitokimasa.jp
    やはり日本製ということもあり、生産者の住所や連絡先もしっかりと記載されています。
    火薬の薬量は3gとなっています。


    では桐の箱を開けてみましょう。
    桐箱は精度も高く、非常にスムースな開閉が可能です。
    まさに桐たんすと同じような質感です♪


    箱を開けてみました。
    中にはカラー印字されたパンフレットが出てきました。すぐ花火の姿を見れない演出です。


    内容物を取り出してみました。カラーパンフレット以外にも花火を楽しむための説明書まで付属しています。

    「ご一読の上、お楽しみください。」と書かれていますので、しっかりと熟読しましょう☆


    花火の説明書ということで、どんなものかと開いてみました。
    非常に細かい説明が書いてあり、如何に拘って作られた製品であるかがわかりますね。


    そして、キーポイントです。
    線香花火の角度は45度がベストとの記載がありました。
    今まで真下に向けて楽しむものと考えていましたが、正しくは45度だそうです(^^


    また英語版の説明も併記されており、海外向けのお土産としても喜ばれそうですね。


    カラーパンフレットを開いてみました。
    線香花火の一生というストーリーが書かれています。
    線香花火には4つのエピソードからなる物語があったんですね。しっかりと読んでおきましょう。


    エピソード1 蕾


    点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。
    今にも弾けそうな瞬間は、さながら花を咲かせる前の「蕾」のようです。


    エピソード2 牡丹

    やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。
    迷いながらも一歩一歩進んでいく青春時代を彷彿させます。
    花火の感覚は、徐々に短く…。


    エピソード3 松葉


    やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。
    結婚や出産、子供の成長…
    優美な火のアーチを眺めていると、不思議と幸せな出来事が重なります。


    エピソード4 散り菊


    火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。
    静かに余生を送る晩年といえます。
    赤から黄に変わった火の玉が光を失った瞬間、線香花火の一生は幕を閉じるのです。


    このような壮大なストーリーに思いをはせながら楽しむのも良いものですね。

    そして裏面には花火の製造工程にまつわる話や、素材へのこだわりなどが沢山書かれています。
    読み応え十分な内容となっています。
    ちなみに線香花火は2年3年と寝かしておくことで、さらにその美しさを増すようです。
    桐の箱で保管しておくことで、良好な状態で熟成が進むとの事ですので来年用に少し残しておきましょう。

    ではいよいよ花火とご対面です。
    和紙に包まれた花火を取り出してみましょう。


    伝統のひかり、と書かれた台紙に丁寧に差し込まれた線香花火。


    一束はこのように数本がまとまった状態になっています。
    線香花火を構成する和紙も良い素材のものが使われており、適度なコシがあります。


    先端の火薬部分です。
    手作りで生産されたのが一目瞭然ですね。カラフルな安物の線香花火とは一線を画す感じです。


    そして持ち手側。
    こちらも丁寧に丸められた和紙が非常に美しい姿をしています。


    そして、このセットにのみ付属しているのがこれ!
    持ち手部分が花びらの形になった特別な線香花火です。


    花火をまとめている和紙は葉をイメージしたもの。非常に美しいですね。


    一輪の花は複数の線香花火が集まってできています。
    線香花火一本当たりひとつの花びらがついています。これが集合することで一輪の花を構成しています。


    通常の線香花火としては橙色のもの。


    また藍色のものなど、どれも美しい色合いです。


    筒井時正玩具花火製造所の花火を楽しむには、伝統の和ろうそくがふさわしいですが、非常に高価なもの。
    今回はカメヤマロウソク製の虫よけキャンドルを使ってみました。


    このように4個入りで、数回に分けて花火を楽しむには最適です。
    虫よけ成分は柑橘系の香りで、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はお気に入りです。



    では実際に点火してみましょう。
    火の散り方、大きさ、色合い、どれをとっても安物の線香花火とは全く違います。

    点火して少し時間がたつと、非常に広範囲に飛び散る火の粉。
    ゆっくりと、美しく、長時間にわたって散り続けます。

    こちらは別の日に撮影したもの。
    湿度や温度などの違いからか、先日とは違った表情を見せる線香花火。


    表情は違えど、美しいことに変わりはありません。


    写真では伝わりませんが、非常にゆっくりとした火の散り方が印象的でした。


    いかがだったでしょうか?
    筒井時正玩具花火製造所の花火を楽しんでみましたが、やはり国産ならではの高品質を体感できました。
    安物の線香花火だと燃える速度も速くあっという間に終わりますが、この線香花火は状況次第では2分以上燃え続けます。
    ぜひ、国産の本物、筒井時正玩具花火製造所製を試してみてください。


  • RAVPower 40W USB充電器を買ってみた。RP-PC026

    USB充電のガジェットが増加するなかで、旅行の際に使えそうなUSB充電器を探していました。
    amazonで検索してみると、コンパクトサイズなRAVPower 40W USB充電器を見つけたので買ってみました。
    USBポート数も4ポートあり、必要十分なスペックです。

    ポチっとした翌日に到着したRAVPower製の充電器です。
    白を基調としたシンプルなデザインのパッケージ。

    パッケージを開けてみました。
    Happy?と書かれたスマイリーが登場(^^

    内容物を取り出してみました。
    RAVPower 40W充電器本体のほかにマニュアルとスマイリーカードが入っていました。

    マニュアルは日本語対応されており、初心者の方でも安心して使えますね。
    製品スペックとしては、
    入力電圧:AC100~240V 50/60Hz
    出力電圧:5V 40W (計8A)
    サイズ:7.9cm x 7.0xm x 2.7cm
    重量:122.9g
    とコンパクトサイズながら、なかなかのパワーがあります。
    またメーカー保証も18ヶ月間あり、安心して長く使えるスペックとなっています♪

    本体をみてみましょう。
    RAVPower 40W充電器のUSBポート数は4ポートです。
    各ポートはRAVPowerのiSmart対応となっています。

    本体の印字部です。
    RAVPower 40W 4ポートUSB充電器と日本語で記載されています。もちろんPESマークもあるので日本国内でも安心して利用できますね。
    出力はトータルで8Aとなっていますが、各ポート単位での最大出力は2.4Aです。

    本体正面にはiSmartロゴがあるだけのシンプルな外観。

    もちろんコンセントは格納式となっているので、持ち運びにも便利です。
    まれに完全格納できないような設計の製品も見受けられるなか、コンパクトサイズながら完全に格納できるのはポイントが高いですね。

    RAVPower 40W USB充電器のコンセントを起こしてみました。
    ちゃんと丸穴が開いているので、コンセントにしっかりと差し込む事が可能です。

    外観チェックはこの程度にして、RAVPower 40W USB充電器の体力測定を行ってみましょう。
    今回も当サイトではおなじみの CENTURY USB POWER LOADER CT-PL-01 を使います。

    RAVPower 40W USB充電器をコンセントに接続しました。
    今回は写真撮影のため、直接壁コンセントに接続せず延長コードに差し込んでいます。
    ちなみに、まず分解。おすすめはやはり「工事物件タップ」ですね。
    一般家庭でよく見かける所謂延長コードとは一線を画す、質実剛健な感じが〇

    RAVPower 40W USB充電器には電源ランプがありませんが、その代わりにUSBポート内がうっすらと光ります。これは暗闇やベッドサイドなどでの利用に最適な感じですね。明るすぎずちょうどよい感じ☆

    では早速電流をながしてみましょう。
    まずは手始めに1A負荷から。

    スペック的には1ポート当たり2.4Aとなっており、1Aは余裕でクリア。
    電圧は5.27V出ています。

    続いて製品スペック上の1ポートmaxである2.4Aを流してみましょう。

    2.4A負荷でも5.16Vと非常に優秀なスペックです。
    大電流をとりだすと電圧降下して急速充電にならないような製品もあるなかで、非常にパワフルですね。

    ここから先は自己責任になりますが、2.4Aを超える電流負荷をかけてみましょう。
    まずは3A流してみました。

    3A流した状態で4.98VとようやくUSB規格の5Vになりました。

    まだまだ余裕がありそうなので、どんどん電流を増やしてテストしてみましょう。
    3.1A負荷。まだ動作しています。

    3.1A負荷で4.9Vまで電圧が下がりました。さすがに製品スペックを0.6A超過しているので仕方ないかもしれませんね。

    電圧が止まるところまで上げていきます。
    3.2Aもクリア。

    続いて3.3Aも問題ありません。

    どんどん電流を上げたところ3.5Aで出力停止しました。
    なので、最大値である3.4Aで体力測定してみました。

    製品限界スペックを1A超過した3.4A状態でも4.82Vを維持しています。
    これは今までテストした中では非常に優秀な値です。

    RAVPower 40W USB充電器は本当にパワフルですね!

    RAVPower 40W USB充電器はコンパクトサイズながら、非常にパワフル。
    各種ガジェットの充電速度も高速で本当におススメできる一品です。
    QC3.0などの機能は備えていませんが、一般的な機器に使うのであればイチ押しです☆

    これは撮影終了後にコンセントから抜いた状態です。
    USBポート内を照らすLEDがなかなか消えないんですよね。
    10秒近く光っていましたので、これは非常に大きなコンデンサを装備している証明ですね。

    このように光り続けています。
    大容量のコンデンサは価格も高いので、コストダウン対象として容量削減される事も…。
    しかしながら、性能に妥協することなく大容量のコンデンサが搭載されている事は歓迎できますね。

    いかがだったでしょうか?
    RAVPower 40W USB充電器を実際に使ってみると非常にパワフルで、スマホを複数台接続しても充電速度は落ちませんでした。
    頻繁に旅行に出かける方や、多数のスマホを持ち歩く方にはおススメできる一品です。


  • 新型フィットGK5 ホンダセンシング全設定一覧

    新型フィットGK5のホンダセンシング搭載車両には、このような液晶ディスプレイが装備されています。
    実はこれ、燃費計などの表示だけではなく車両の初期設定を行う画面としても利用します。
    今回は新型フィットの全設定メニューを公開したいと思います。
    カタログや試乗ではわからない、非常にきめ細かな設定項目がありますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

    普段はこのように燃費情報などが表示されています。

    ステアリング右下にあるこのボタンをポチっと押すと、設定メニューに入ることが出来ます。

    このような画面が表示されて各種設定の変更が可能です。
    ちなみに走行中は操作できないようになっているので、設定メニューに入るには、停車中かつサイドブレーキを引いておく必要があります。

    車両設定メニューに入ってみました。
    画面上部には1/8と表示されており、内部には多数の設定項目があります。

    まずは時計設定の画面を紹介していきましょう。

    階層1(メニュー) 階層2(セットアップ)
    時刻自体の設定を行う画面
    時計の表示方法に関する画面 24時間表記モード
    12時間表記モード
    時計自体を非表示とするモード


    続いてはホンダセンシングの目玉機能である、運転支援システムの設定です。


    CMBS(Collision Mitigation Brake System)
    日本語名では衝突軽減ブレーキと呼ばれるものです。
    CMBSの警告音が鳴り始める距離を設定します。
    各オーナーの運転特性や道路の地域特性などに合わせて設定することが可能ですね。


    [Far]
    遠くからでも警報が鳴るモード


    [Normal]
    普通の距離で警報が鳴るモード

    [Near]
    近い距離まで我慢して警報が鳴るモード
    普段はこのモードにしていますが、過剰な介入と感じたことはまったくありません。


    ACC(Adaptive Cruise Control)
    日本語では先行車両自動追従走行と呼ばれるものです。その機能はカメラとミリ波レーダーによるものですが、ACCによる先行車検知音の設定です。


    [有り]
    ACC有効時に先行車を検出すると音を鳴らします。

    [無し]
    ACC有効時に先行車を検知しても音をならしません。

    先行車発信お知らせ機能の設定です。
    信号待ち等でボーっとしてしまったときなど、先行車の発進に気づかずクラクションを鳴らされた経験はありませんか?
    先行車が発進した際に自車が停止していると知らせてくれる機能です。

    [標準]
    先行者の発進からお知らせるまでの時間設定です。
    標準だと少し遅いかもしれません。


    [早め]
    私は常にこの設定で使っています。
    警告までの時間が若干早めになるのですが、後続車に対していは違和感なく発進することが出来ると思います。


    [OFF]
    警告を出さないようにするモードです。

    路外逸脱抑制システムの設定です。
    これはカメラで白線を認識して、万一車が路外に飛び出しそうになった際にはハンドル操作を行い車線内にとどめてくれる機能です。

    [アシストタイミング早め]
    比較的高頻度でステアリング操作が入ります。
    安全のためにはこの設定がベストですが、運転される方にとっては若干過剰に感じるかもしれませんね。
    私はホンダセンシングの機能を体感するため、あえてこの設定を利用しています。


    [アシストタイミング標準]
    アシストのタイミングと頻度を標準的な設定にします。一般的にはこの設定で問題ないのではないでしょうか。

    [アシストタイミング遅め]
    道路状況が悪く意図的に白線をはみ出さないといけないような地域であればこの設定が有用ではないでしょうか。

    [操舵アシスト無し警報のみ]
    アシスト機能を完全にOFFするモードです。
    ハンドル操作への介入を嫌う方はこのモードが良いでしょう。もっとも安全のためにはあまり推奨されません。

    LKAS(Lane Keep Assist System)
    日本語では車線維持支援システム、レーンキープアシストシステムと呼ばれるものです。
    カメラで白線を認識し、道路の中心を走るようにアシストしてくれます。主に高速道路等で利用するもので、対応速度は65~100km/hとされています。

    [ON]
    白線の認識ができないときや、対応速度域を外れた場合なにレーンキープアシストシステムが解除されたことを音で知らせてくれます。

    [OFF]
    システム解除時の音をならしません。

    標識認識機能の設定です。
    カメラで制限速度や一旦停止、進入禁止など様々な標識を認識してメーターパネルに表示してくれます。

    [常駐表示ON]
    メーター内の右下に常に標識を表示します。燃費計など他の画面をメインで使う場合はこの設定がおススメです。

    [常駐表示OFF]
    メーターの設定を標識表示モードにしている場合のみ標識を表示します。


    続いてはメーター表示に関する設定です。


    メーター内に外気温度を表示する機能が備わっていますが、その温度を±3度の範囲で調整することが可能です。
    もしかするとエアコン動作の調整にも連動しているかもしれませんが、まだ未検証です。

    [-3℃]
    実温度に対して-3℃低く表示させることが可能です。

    [±0℃]
    補正なしで温度を表示します。

    [+3℃]
    実温度に対して+3℃高く表示させることが可能です。


    続いてトリップメーターの設定です。
    トリップメーターを自動リセットするタイミングを設定できます。


    [給油連動]
    給油時のガソリン増加を検出してリセットします。
    私はこの設定を利用しています。

    [IGN OFF連動]
    エンジンを停止するたびにリセットされます。
    走行ごとに燃費などを管理したい場合はこのモードですね。

    [手動のみ]
    昔ながらの手動リセットとするモードです。
    私はトリップBのみ手動に設定しています。

    トリップメーターBに対しても同じ設定が可能です。

    アンビエントメーター照明色変化設定です。
    これは燃費走行のアシスト機能としてインサイト等にも搭載された機能です。
    加速時等にアクセルを踏みすぎるとメーター内がブルーに変化し、燃費走行をすることでグリーンに変化するものです。

    [ON]
    色の変化を有効化します。


    [OFF]
    色の変化を無効にします。


    アイドリングストップ状態表示機能です。
    私は6MT車を購入しましたがちゃんとアイドリングストップ機能が付いています。
    エンジンの停止状態を表示してくれる機能です。

    [ON]
    アイドリングストップの状態を表示します。
    エアコン作動等で間もなくエンジンが始動する場合に事前に液晶画面に通知が表示されます。

    [OFF]
    アイドリングストップの状態を表示しません。


    続いてはHondaスマートキーシステムの設定です。


    キー施錠と解錠に合わせてブザー音を鳴らす機能がありますが、その設定画面になります。

    [大]
    ブザー音を大きくします。普段はこれで問題ないと思います。

    [小]
    深夜帰宅が多いなど、周りへの配慮が必要な場合はこの設定を選ぶのも良いでしょう。

    ドアハンドルを触れてキーを解錠した際にブザーを鳴らさないようにすることが出来ます。

    [作動]
    ドアハンドル操作によるい解錠でも音を鳴らします。

    [非作動]
    ドアハンドル操作による解錠では音をならしません。


    続いてはライティング設定です。
    これはルームランプやオートライトなど照明機能全体の設定を行うものです。


    インテリアライト点灯時間の設定です。
    キー解錠時に自動でループランプが点灯しますが、その点灯時間を設定できます。


    [60秒]
    キー解錠後は60秒間ループランプが点灯し続けます。

    [30秒]
    キー解錠後は30秒間ループランプが点灯し続けます。

    [15秒]
    キー解錠後は15秒間ループランプが点灯し続けます。

    オートライト感度の設定です。
    私自身はオートライト機能を使っていないのですが、その感度を調整することで不用意な点灯などを避けることが出来るようです。

    [MID]
    オートライト感度を標準的なものにします。
    通常はこの設定で問題ないでしょう。

    [LOW]
    オートライトの感度を下げます。
    高速道路の高架下などで頻繁に作動する場合はこの設定が良いかもしれませんね。

    [MIN]
    先ほどのLOW以上に感度を下げるモードです。
    必要に応じてこちらも選択しましょう。

    続いてドアに関する設定です。
    ドアといってもキー関係の設定となります。


    降車時オートドアロック機能の設定です。
    これは非常に便利な機能なのですぐに有効化しました!
    少し古い車だとカードキーなどで自動ドアロックが当たり前でしたが、少し前からはドアハンドルのボタンを操作しないとロック出来ないことが当たり前になりました。
    それを従来のように自動ドアロックさせることが可能です。


    [作動]
    エンジン停止後に車から降りて、ドアを閉めた後に車から離れると自動的にドアロックしてくれます。
    両手に荷物を持っている場合などは大変便利です。

    [非作動]
    自動ドアロックを無効化し、ドアハンドルのボタンを操作してロックするようにします。

    キーレスアンサーバックの機能を設定します。
    キー解錠、施錠に連動してウインカーランプを点灯させることが出来ますが、その機能の設定です。

    [作動]
    キーレス操作に連動してランプを光らせます。

    [非作動]
    キーレス操作に連動したランプ点灯を無効にします。

    キーレスリロック時間の設定です。
    これはキーレスによって解錠したのちにドアを開けずに放置した際、自動的にドアロックするまでの時間を設定します。

    [90秒]
    キー操作後に90秒間放置すると自動的にドアロックされます。


    [60秒]
    キー操作後に60秒間放置すると自動的にドアロックされます。


    [30秒]
    キー操作後に30秒間放置すると自動的にドアロックされます

    セキュリティー機能の設定です。
    これは純正搭載のセキュリティーを設定するものです。
    基本的にはONで良いと思いますが、社外品のセキュリティー装置などを搭載する場合は必要に応じてOFFしましょう。

    [作動]
    純正のセキュリティーを有効化します。

    [非作動]
    純正のセキュリティーを無効化します。

    オートリトラミラー格納に関する設定です。
    これも大変便利な機能で、キー解錠と施錠に連動させて自動開閉させることが可能です。


    [キーレス連動]
    キーの解錠状態と連動するので、キー解錠時に自動オープン、キー施錠時に自動クローズします。
    遠くからでもキーロックの状態がわかるので便利だと思います。


    [手動のみ]
    ドアミラーをたたまないポリシーの方や、バッテリやモーターの消耗が気になる方はこちらを。
    またイベントなどでの写真撮影時にも有効ですね☆

    以上がホンダセンシング搭載車両での設定画面一覧となります。
    未搭載車ではこのような設定ができるのかわかりませんが、カスタマイズを楽しむという点においてもホンダセンシング搭載車両にはメリットがありますね(^^

    設定をいじり倒して元に戻らない場合は、初期化設定を行えば購入時の状態に戻すことが出来ます。
    恐れることなくどんどん設定変更して自分仕様にしちゃいましょう。

    またホンダセンシングに関する設定では、走行中でないと設定できないものもあります。
    さすがに走行中の写真撮影は危険なのでやっていませんが、マニュアルを熟読の上試してみてくださいね。

    フィットというコンパクトカークラスにここまでの機能が搭載された事は本当に驚きです。
    車選びという中で、安全面からホンダセンシング搭載車を検討されてみることも良いのではないでしょうか。

    というわけで、走行性能からも安全面からもホンダフィットGK5おススメです!