• RAVPowerジャンプスターター 8000mAhを分解する。

    RAVPowerジャンプスターターを買ってみました。
    今まで車にはブースターケーブルを積んでいましたが、結局のところ救援車がいない状況では役に立たず。
    というわけで、最近よく見かけるモバイルバッテリータイプのモノを探してみました。
    ジャンプスタートといえば100Aを超える大電流が流れることから、ノーブランド品には抵抗があります。

    今回は信頼できるメーカーということで、RAVPower社のRP-PB007を選びました。
    パッケージ自体は通常のモバイルバッテリーと同じようなデザイン。

    一般的なモバイルバッテリーとの違いは、この表記ですね。
    8000mAh CAR JUMP STARTER と書かれています。ジャンプスタート機能が売りのようです。

    パッケージを開けてみましょう。
    エメラルドグリーンが美しい小分けの箱が登場しました。

    さらにその箱を開けると、モバイルバッテリーが登場しました。
    これだけ見ればジャンプスターター機能があるのか!?と思ってしまいますね。

    もう一つの小箱を開けると、ブースターケーブルやポーチが出てきました。
    これを見ればジャンプスターターと一目でわかりますね(^^

    本体スペックをおさらいしましょう。
    Model:RP-PB007
    Battery Capacity:8000mAh/29.6Wh
    Input:DC 5V 2A
    Quick charge 2.0 Output:DC 5V/2.4A,9V/2A
    Starting Current:150A
    Peak Current:300A

    バッテリ容量は8000mAhと比較的大きなもので、バッテリーの充電は2Aの高速充電に対応。
    さらにUSB出力はQuick charge 2.0にも対応しているので、対応機器の急速充電も可能となっています。
    ジャンプスターターの性能としては12V150Aまで。ピークは300Aという性能です。

    USB出力コネクターはUSB3.0を連想させるブルーのもの。
    Quick chage 2.0対応というのがうれしいですね。

    さらに、LEDランプを内蔵。明るさ調整やSOS点滅などいろいろなモードがあります。
    ジャンプスターターとして使う時にもLEDランプは重宝しそうですね☆

    JUMPER CABLEと書かれたゴムキャップ。
    この奥にジャンプスターター用のコネクタが隠れています。

    ゴムキャップを開けてみました。
    大電流が流せそうな大きなコネクタが姿を現しました。
    金メッキ厚も十分といった風合いのコネクタです。

    ここに接続されるジャンパーケーブル。
    ケーブル根元には黒い箱が装備されており、ブーストボタンやLEDが並びます。

    reverseは赤いLEDが内蔵されており、逆接続時にLEDとブザー音で知らせてくれます。
    correctは緑のLEDが内蔵されており、正常接続時に点灯します。
    BOOSTボタンは完全に上がってしまったバッテリに対して、初期充電を行うボタン。

    裏面には利用方法が記載されています。
    英語表記ですが、簡単な単語ばかり並んでいるので問題ないでしょう。

    ジャンパーケーブル根元のコネクタ。
    こちらも金メッキの高級そうなコネクタになっています。
    ちなみにコネクタ真ん中の四角い穴も接点になっています。仕様上は3Pコネクタですね。

    ここでモバイルバッテリー本体のサイズを計測してみました。
    横幅は83mm

    高さは171mm

    厚みは18mm

    マニュアルにも仕様が記載されています。
    充電時間は3~4時間と大容量バッテリとしては標準的なモノ。
    これをジャンプスターター時は数秒で使い切るのですからなかなか恐ろしい代物。

    マニュアルは基本的に日本語表記なので安心ですね。

    ジャンプスターターとしての利用方法も日本語とイラストで詳細に記載されています。

    接続順序もこのマニュアルを見れば一目瞭然♪

    またトラブル時の対処方法まで記載されているので、安心して使えそうな感じです。

    ここでふとバッテリー本体に目をやると、六角ビスを発見しました♪

    というわけで、いつも愛用している精密ドライバーセットの登場です。
    あらゆる作業に対応できる便利なもの。HDDの分解などにも重宝しますね。

    今回は六角ビットをセレクト。

    精密ドライバーを差し込んで、くるくる回すだけ。

    計6本のビスが外れました。

    すると特に接着等もなく、パカッとフタが開きました♪
    やはり目につくのは極太の配線ですね!

    ジャンプスターター用のコネクタにはCP-3000と書かれた青いコネクタを装備。

    コネクタの先はリチウムバッテリーに直結されています。
    モバイルバッテリー内にはヒューズ等の保護系統は装備されていません。

    USB出力部分を見てみましょう。
    最近のモバイルバッテリーとしては若干部品点数が多め。

    USB出力部のチップには「fitipower」の「FP6600Qを採用。
    Qualcomm® QC 2.0/3.0両対応のチップとなっていますが、本バッテリでは2.0対応機能のみ利用されているようです。

    もう一つ目立つICは「HOLTEK」の「HT66F0185」を搭載。
    EEPROM搭載の組み込み向けマイコンですね。

    基板裏面を見てみましょう。
    コイルとICが並んでいますね。充電用の昇圧回路でしょうか。
    コイルの横には「NCEPOWER」の「NCE30P25S」が装着されていました。
    P-Channel Power MOSFETですね。

    このモバイルバッテリーはジャンプスタート時の監視機能なのか、バッテリーにも多数の配線が伸びています。

    太い線はジャンプスタート用ですが、それ以外に赤、白、黒と複数伸びていますね。

    さらにバッテリーにはサーミスタも装備されていました。
    最近のモバイルバッテリーではサーミスタを省略した製品が多いですが、しっかりと外付けしているのは安心感がありますね。

    さらに基板表面からも配線が一本。
    CP-3000というコネクタに伸びていますので、ジャンプスターター用の信号線となっているようです。

    となると、先ほどの黄色い線の行き先が気になりますね。
    このようにジャンパーケーブルの根元には黒い箱が付いているので、この中身も調査したいところ。

    ジャンプスタート用ということで、強力なワニ口もついています。
    バネもなかなか強力で、しっかりと電流を流せそうな感じ。

    ケーブルには10AWGの極太線を採用。
    長さが短いことも相まって、電力供給用としては十分ではないでしょうか。

    先ほどの根元の黒い箱がやっぱり気になりますよね。
    という訳で、様々な工具を用意してみました。

    格闘すること数分。。。
    何とか先が見えてきました(^^

    苦労の末、パカッと開きました。
    このような作業をする際は、手をケガしないように工具の持ち方、力を入れる向きなど、しっかりと考えてからおこないましょう。

    開いたというよりは割ったに近い断面(笑)

    黒いボックスの内部に格納されていた基板です。
    黒い線は直結、赤い線は何か表面のデバイスを経由しているようです。

    基板を裏返してみました。
    赤い線から伸びているデバイスは大容量のリレーでした。

    搭載される大容量リレーは自動車用グレードのもの。
    hongfa」の「HFV7-P」です。
    リレー本体には70Aと書かれていますが、モータのような誘導負荷には150Aまで耐えられるようです。

    続いて基板を眺めてみましょう。
    逆接続時の警告ブザーやLEDなどが目立ちますね。

    唯一搭載されているICはは「HOLTEK」の「HT66F004」を搭載。
    本体側と似通ったチップが採用されていますね。

    リレー付近には逆接続検出用の回路が装備されていました。

    その他にはスイッチや三端子レギュレータなど、一般的な部品で構成されていました。

    基板内部を通過する配線の半田状況をみてみましょう。
    しっかりと大量の半田で処理されていますね。

    リレー側も同様に大量の半田で接続されています。
    これであれば接触不良や電流不足による不具合も皆無でしょう。

    この黒い箱にはリレーによる安全回路が組み込まれていました。

    恐ろしいことですが、世の中にこのような安全装置が存在しないジャンプスターターも流通しているそうです。
    皆様もジャンプスターターを購入される際は、価格だけではなく、安全性という面からも製品選びをされてみることをお勧めします。


  • 有村ほろさん@スーパー耐久2017in岡山

    岡山国際サーキットで開催されたスーパー耐久の観戦に行ってきました。
    今回はディーゼルマシンを駆るチームNOPROの応援です。

    チームNOPROピットの17号車アクセラ。
    レースクイーンの方は有村ほろさんです。

    アクセラのドライバーシートにはS耐公式キャラクターの「すぱーく」が座っていました(^^

    チームNOPROは17号車のアクセラと、37号車のデミオの2車種でエントリー。
    ピットウォークの際はアクセラが展示してありました。
    ここでも、有村ほろさんをパシャリ!

    スーパー耐久では初めて見かけたレースクイーンさんなので、沢山撮影しました☆

    いよいよスタートを控えたデミオ。
    スターティンググリッドで最終調整が行われています。
    路面状況はウェットなので、スリックではなくレインタイヤを装着しているようです。

    ここでも、有村ほろさんを発見!
    37号車デミオと一緒にパシャリ(^^

    デミオはディーゼルエンジンということで、ストレートの速さなどはライバルのFITが優勢。
    しかしながら、耐久レースなので燃費の良さとディーゼルのフラットなトルクを生かした走りを続けます。

    レース終盤、残り数分となったピット。
    現在マシンはトップを走行中です。チームのみんなが固唾を飲んで見守ります。

    そしてゴールの瞬間!
    監督がマシンに向かって手を振ります。

    雨と燃費を味方につけた、チームNOPROのデミオがトップでチェッカー!
    単純な速さだけでは勝てない、そんなところも耐久レースの面白さですね♪

    トップでチェッカーを受けたデミオ。
    クラッシュなどのダメージもなく、マシンはキレイな状態。

    しかしマシンの後ろを見ると、煤だらけに。。。
    これはディーゼルマシンの宿命でしょうか。
    それにしても燃費が良いだけではなく、速さまで手にしたディーゼルエンジンは凄いですね。

    レースのインターバルには、再び有村ほろさんを撮影☆

    レースクイーンステージをやっているイベント会場で撮影させていただきました。

    写真を沢山撮らせていただきました(^^
    しばらく写真が続きます♪

    有村ほろさん@ピットウォークにて

    有村ほろさん@ピットウォークにて

    有村ほろさん@ピットウォークにて

    有村ほろさん@ピットウォークにて

    昼からは17号車アクセラの決勝レースです。
    マシンの最終チェックをおこなうメカニック。

    雨足が強くなってきたこともあり、各車ともレインタイヤを装着してスタートする模様。

    37号車アクセラのスタートドライバーは谷川達也選手。

    降りしきる雨の中、順調に周回を重ねるアクセラ。
    しかし、アクセラはマシン投入からの年数が短いこともあり、現時点ではライバルが優勢の模様。

    表彰台には行けなかったものの、マシンは3時間を走りぬいて無事完走!
    走行を終えて、ピットへと戻ってくる谷川達也選手。お疲れさまでした。

    レースの合間に再び写真撮影☆
    有村ほろさん@イベント広場にて

    有村ほろさん@イベント広場にて

    有村ほろさん@イベント広場にて

    イベント広場で見つけた巨大ピストン!
    これはトラック用エンジンの物ということでした。

    こちらは巨大コンロッド。これもトラック用です。

    そして燃料噴射用の巨大インジェクター。
    こんなサイズのモノは初めて見ました(笑)

    耐久レースは一周の速さだけを追求するのではなく、まず完走することも重要なレース。
    中にはこのように瀕死のダメージを受けながらも走行を続けるマシンも。
    マシントラブルの対処やピット交代のタイミングなど、チームの総合力が勝ち負けを左右する世界です。

    今回はスーパー耐久レースの様子について書いてみました。
    レース観戦にはピット作業やマシンを身近でみれる、パドックパスがオススメですよ♪


  • 段ボール熊本城で復興支援☆

    段ボール熊本城を買ってみました。熊本地震は2016年4月14日に発生しましたが、間もなく1年半が経過しようとしています。
    地震当時はボランティア活動や義援金活動などが頻繁に報道されていましたが、そのような思いを風化させないためにもこのタイミングで段ボール熊本城を紹介させていただきます。

    詳細は熊本城組み立て募金のサイトを見てくださいね!

    今回購入した段ボール熊本城。売上金は全額熊本城復活のために寄付されるそうです!
    桜と熊本城のイラストが美しいパッケージですね。

    裏面の説明を見てみましょう。
    段ボール熊本城は、ベース部分のサイズが8×8cmと非常にコンパクト。
    ここに段ボール製のパーツを差し込むだけで完成するお手軽なペーパーモデルです。


    対象年齢は15歳以上となっており、すこし難易度が高めの設定になっているようです。
    そしてもちろん日本製です。MADE IN JAPANと書かれています。
    製造はサクラパックス株式会社です。


    パッケージから内容物を取り出してみました。
    4色の段ボール部品と共にマニュアルなどが同梱されていました。


    段ボール熊本城ですが、正式名称は「カードボードキャッスル熊本城」です。
    復興に向けたメッセージなどが書いてありますので、組み立て前に熟読しておきましょう。


    段ボール熊本城の組み立てマニュアルです。


    基本的にはベース部分から順にパーツを差し込んで組み立てていく方式のようです。
    組み立てに際しては接着剤やテープの類は不要との事。さすが高品質、高精度を誇るMADE IN JAPANですね。


    段ボール熊本城を構成するパーツを取り出してみました。
    思ったよりもコンパクトに感じたのが第一印象です。


    段ボールというと製品の梱包などに使われているものというイメージが強いですが、この段ボール熊本城に使われているものはグレードが違いますね。
    この通り、非常に高精度にレーザーカットされたパーツばかり。
    十字になっている部分が差し込みのメス側になる箇所です。


    またカットライン以外の模様などもレーザーカットで再現。
    スケールと比較するとわかりますが、とても細かい部分までレーザー加工されています。


    さらに段ボール熊本城のパーツを拡大してみましょう。
    この通り、もはや子供のおもちゃというよりは、大人が楽しむ工作のようなイメージですね。


    では早速ですが、段ボール熊本城の組み立てに入りましょう。
    まずはベース部分を構成する緑色の段ボールを切り出してみました。


    段ボールの断面を見てみると、こんなに精密で目が細かいです。
    一般的な梱包用グレードとは一線を画すモノですね。


    段ボール熊本城の組み立ての基本はこのような溝を差し込む。というやり方になります。


    このように溝どおしを重ねて差し込みます。
    段ボールのカット精度が非常に高く、しっかりとした差し込み感があります。


    グサッと刺さりました。
    もう抜けるような感覚もなく、適切な強度で接合されています。


    反対面を見ると、丸く加工されたカットラインになっています。
    これは先ほどの十字にカットされた穴に差し込むモノです。


    マニュアルに従って、段ボール熊本城のベース部分を完成させました。


    続いてグレーのパーツを差し込んでいきます。
    この段階ですでにしっかりとした強度感があります。ガッチリといった言葉が適切でしょうか。


    さらに上層階にすすんでいきましょう。
    段ボール熊本城の2階部分!?にまで到達しました。


    ここから難易度がアップします。
    今までは壁と床の部品ばかりでしたが、ついに屋根と思われる部品の実装が始まりました。


    屋根部品の連続です。
    段ボール熊本城の一番難しい箇所かもしれませんね(^^;


    屋根の上に床部品を装着すると、屋根部品がガッチリ固定されるので一安心です(^^


    段ボール熊本城の天守閣最上階付近です。
    この通り、非常に細かい差し込みがありますが、各パーツの精度も高く全く干渉等はありません。


    少し横から見てみましょう。
    段ボールの目が一定方向になると見た目も美しくなるので、指定がない場所でも方向を合わせておきたいところ。


    ちなみに、この個所はマニュアル上ではこのように表現されています。
    番号をしっかり確認しながら進めていきましょう。


    片方の天井が完成しました。
    続いてもう片方にも着手しましょう。


    すべて完成しました。
    段ボール熊本城です。


    最後に芝生の部分に熊本応援メッセージや人のパーツを配置しましょう。


    ここのレイアウトは特に指定はありません。皆さんのオリジナリティを表現できるところ。
    見栄えだったり、独自のストーリー感だったり、そういったものをイメージしながら組み立てましょう。


    まず分解。ではこのような配置で並べてみました。


    親子だったり、兄弟だったり、イメージしながら組み立てると楽しさ倍増ですね!


    段ボール熊本城の正面配置です。
    正方形パーツに関しては正面側に折り目をもってきました。

    側面から見た写真です。
    床部分はまっすぐの線ばかりが見えるようになっています。


    様々な角度から。
    細かなディティールもばっちりですよね。


    段ボール熊本城を後ろから。


    段ボール熊本城、築城完了です☆

    残ったパーツも非常に高精度に切り抜かれたモノなので捨てるのが惜しいですよね。
    使い道はありませんが、ちゃんと保存しています(^^


    プラモデルであればクリア塗装などで仕上げるのが普通ですよね。
    という訳で、段ボール熊本城にもトップコート処理をやってみることに。


    段ボール熊本城ということもあり、段ボール感は残したい!
    という訳で、Mr.プレミアムトップコートのつや消しタイプを選びました。


    トップコート処理後の段ボール熊本城。
    表面の雰囲気も変わらず、ばっちり保護してくれています。


    近くで見ても違和感はありませんね。


    接合部に対しては多めにトップコートを吹いたので、パーツ外れに対しても強くなっています。


    段ボール熊本城は楽しく組み立てしながら募金活動にも繋がる素晴らしいプロジェクトだと思います。
    このような作品をSNS等で広めることで、熊本地震を風化させない、そのような観点から協力できればと思っています。