• カテゴリー別アーカイブ スマートフォン
  • iPhoneのアップルマークを光らせる改造

    iPhoneのアップルマークを光らせる改造というタイトルですが、実は専用のLEDキットが販売されています。
    今回は海外の友人から分けてもらった部品でiPhoneを改造してみたいと思います。

    これが光るロゴマークのパッケージ。
    各種カラーがあるようですが、これはホワイトに光るものです。
    iphone_logo_led-1

    パッケージ裏面には電源を取る場所が簡単に書かれています。
    マニュアルはこれだけなのでいろいろと考えながら組み付けてみましょう。
    iphone_logo_led-2

    パッケージを開封すると光るアップルマーク部品とテープ類が入っています。
    iphone_logo_led-3

    今回のターゲットはローズゴールドのiPhoneです。
    iphone_logo_led-4

    まずはiPhoneを分解します。
    Lightningコネクタ両端に存在するビスを専用ドライバーで外します。
    iphone_logo_led-5

    そして、画面パネルをパカッと開きましょう。
    iphone_logo_led-6

    つづいて、液晶パネルを完全に分離します。
    iphone_logo_led-7

    アップルマークを交換する必要がありますので、バッテリーの取り外しが必要です。
    まずは、バッテリーコネクタの押さえプレートを外します。
    iphone_logo_led-8

    続いてバッテリーを取り外します。
    バッテリーの取り外しは慎重に
    iphone_logo_led-9

    続いて、標準のアップルマークを外します。
    ステンレス製のプレートがはめ込まれているので、精密ピンセットなどで徐々に剥がしましょう。
    iphone_logo_led-10

    パリッとはがれました。
    リンゴの形に穴が開いていますね(^^
    iphone_logo_led-11

    続いて光るアップルマークの取付です。
    今回は超薄型の両面テープを周囲に貼り固定させました。
    この両面テープは出代調整の意味もあります。
    iphone_logo_led-12

    両面テープを貼ったことで、光るアップルマークと本体がフラットになりました。
    そのまま固定すると少しはみ出してしまい、質感が低下します。
    iphone_logo_led-13

    今回は写真のようにメイン基板の下を通す形で取付しました。
    iphone_logo_led-14

    続いて液晶パネルのこの部分にある、黒いテープを剥がします。
    すると、バックライト系の電源が出てきます。
    ここに光るアップルマークを接続するというわけです。
    iphone_logo_led-15

    このようにハンダ部分にフレキシブルケーブルの端子を接触させます。
    iPhoneはバックライト系に15ボルト以上の高電圧が使われていますので、ショート等させるとDC-DCコンバータを破損させる恐れがあります。
    ここは慎重に作業を進めましょう。
    iphone_logo_led-16

    位置が決まったら、付属のテープで上から固定します。
    iphone_logo_led-17

    付属テープだけでは不安なので、今回はカプトンテープを利用して絶対にズレないよう、しっかりと固定しました。これでショートなどの事故を防止できますね。
    iphone_logo_led-18

    接続が完了したら液晶パネルと本体を合体させます。
    iphone_logo_led-19

    そして、端子部分に重ねる形で付属のスポンジテープを貼りつけます。
    このスポンジがバッテリーとの間に挟まることで端子部をシッカリと密着させる仕組みです。
    iphone_logo_led-20

    そして組み立てて電源を入れてみましょう。
    iphone_logo_led-21
    アップルブックのようにキレイな発光です。
    バックライト系から電源を取っているため、画面輝度と連動します。

    ケース等で差をつけるのも良いですが、この改造は夜間に目立って楽しいですよ♪


  • Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICC を試す。

    Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICCを買ってみました。
    車には据え付け型の2DINナビを装着していますが、地図データの鮮度から考えればスマホナビに軍配が上がります。
    またYahoo!カーナビは普通にカーナビとして利用可能な精度を持っており、最近はスマホナビがメインとなっています。そこで専用リモコンを装着して操作性を向上させようという作戦です。

    オンラインで購入したソフトバンクセレクションのナビうまハンドルリモコン for Yahoo!カーナビです。yahoo_carnavi_remote-1

    パッケージ裏面にはリモコンの説明が書かれています。
    yahoo_carnavi_remote-2

    スマホ連携ということで、通信方式はBluetooth 4.1 Class2を採用。
    リモコン自体のバッテリーも半年程度は使えるようですね。
    yahoo_carnavi_remote-3

    ではパッケージを開いてみましょう。
    マグネットパッケージになっており、見開きで詳細を見ることができます。
    yahoo_carnavi_remote-4

    箱から取り出してみました。
    リモコン本体、取付アタッチメント、ゴムバンド、マニュアルがセットになっています。
    yahoo_carnavi_remote-5

    リモコン周辺のパーツです。
    yahoo_carnavi_remote-6

    リモコンのボタンを見てみましょう。
    上半分は上下左右のカーソルキー、下半分は拡大縮小や検索コマンドなどが並びます。
    yahoo_carnavi_remote-7

    リモコンの拡大写真です。
    なれれば、リモコンを見なくても簡単に操作できる、そんな感じの配置になっていますね♪
    yahoo_carnavi_remote-8

    リモコンの周囲は丸く仕上げられており、ハンドルに装着してもスムースにハンドル操作できそうな感じ(^^
    yahoo_carnavi_remote-9

    リモコンの裏面です。
    真ん中にはリチウムコイン電池のカバーがあります。
    yahoo_carnavi_remote-10

    電池カバーを外してみました。
    日立マクセル製のCR2032が出てきました。
    一般的に入手可能な電池なので、コンビニや100均でも調達可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-11

    リチウムコイン電池を外してみました。
    プラス極、マイナス極の表示はありませんが、端子形状から判別可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-12

    では、さっそく分解してみましょう。
    スマホ分解用の工具を隙間に差し込んでグリグリ。。。
    ビスは使われていないので簡単に分解できそうな感じです(^^
    yahoo_carnavi_remote-13

    御開帳♪
    パックリと開きました。
    yahoo_carnavi_remote-14

    本体正面パネルは導電ゴムベースのスイッチと、操作部のプラスチック部品に分かれています。
    スイッチを個別の部品とすることで操作感や質感を高めているようです。
    yahoo_carnavi_remote-15

    ちなみにプラスチック製のスイッチ部品はそれぞれナンバリングされており、装着位置が一目瞭然です。
    写真を一枚撮影しておけば、分解するときも安心ですね。
    yahoo_carnavi_remote-17

    カーソル中央の丸いボタンには切り欠けが入っており、装着位置や向きのポカヨケの役割をしています。
    干渉しないようにはめれば自然と向きが合うようになっています♪
    yahoo_carnavi_remote-18

    続いて、導電ゴムが組み込まれたスイッチ部品です。
    基板の半田部分を逃げるように切り込みが入っています。左右非対称なので間違わないように注意しましょう。
    yahoo_carnavi_remote-20

    基板を取り出してみました。
    スイッチのランドは10本あります。そのほかには基板の中心部分にチップLEDが装着されていますね。
    左上のパターンはBluetoothアンテナです。
    yahoo_carnavi_remote-21

    では裏返してみましょう。
    基板中央はリチウムコイン電池格納部、左側に面実装部品が並びます。
    yahoo_carnavi_remote-22

    基板にはVEN-173C-16のシルク印字。基板の管理Noでしょうか。
    そのほかには94V-0のUL規格難燃性等級が記載されています。
    製造は2016年37週なので、今年の8月生産ということで発売の数か月前から準備されていたようです。
    yahoo_carnavi_remote-23

    続いて表面実装パーツをチェックしてみましょう。
    BluetoothコントローラにはQualcomm製の「CSR1010」を搭載。同社 µEnergyシリーズの省電力チップです。
    組み合わされるメモリはON Semiconductor製の「CAT24C512」 I2Cインターフェース COMS EEPROMです。
    yahoo_carnavi_remote-24

    Bluetoothアンテナ部分はスルーホールをふんだんに使って立体的な形状に仕上げられていますね。
    チップアンテナに頼らず基板だけで高感度を実現させているわけですね!
    yahoo_carnavi_remote-25

    続いて裏カバーを見てみましょう。
    SoftBankロゴの下には凸型の切り込み。ここはハンドルリモコンアタッチメントとの固定部になります。
    yahoo_carnavi_remote-26

    ホコリ侵入対策として裏面からは別パーツでシッカリと蓋がしてあります。
    自動車用ということで、一定程度の環境信頼性を確保する狙いのようです。
    yahoo_carnavi_remote-27

    では実際に電源を入れてみましょう。
    電源投入はリモコンのOKボタンを長押しします。
    yahoo_carnavi_remote-28

    すると青いLEDが光って電源が入りました。
    yahoo_carnavi_remote-29

    スマホのBluetoothをONにしてみると、「SB-Car-Remocon」が表示されました。
    yahoo_carnavi_remote-30

    ペアリングしてボタンを押してみましたが特に反応はありません。
    キーボードデバイス等のHIDデバイスではなさそうな雰囲気です。
    yahoo_carnavi_remote-31

    この状態でYahoo!カーナビを起動してみました。
    yahoo_carnavi_remote-32

    設定画面を見てみると、「リモコン接続設定」の項目が見つかりました。
    標準状態では「オフ」になっています。
    yahoo_carnavi_remote-33

    「リモコン接続」を「ON」に変更しました。
    下のSB-Car-Remoconは「接続可」の表示です。
    yahoo_carnavi_remote-34

    リモコンのLEDが点滅しながらSB-Car-Remoconが「接続中」に変わりました。
    yahoo_carnavi_remote-35

    しばらくすると、SB-Car-Remoconの左に青いマークが表示され、「接続済み」の表示になりました。
    yahoo_carnavi_remote-36

    設定が完了したので、実際に自動車に装着してみましょう。
    まずはアタッチメントにゴムバンドを組み付けます。
    ゴムバンドは2つ穴と3つ穴がありますので、まずは2つ穴を固定します。
    yahoo_carnavi_remote-40

    このようにハンドルに巻き付けて、手前側で3つ穴のゴムを固定しましょう。
    固定は穴にはめるだけなので、シッカリと固定出来たことを確認しておきましょう。
    yahoo_carnavi_remote-39

    続いてハンドルリモコンをアタッチメントに固定します。
    外れ防止のため、少し硬いですが、パチッと手ごたえが有るところまで差し込みましょう。
    様々な太さのハンドルに適合するよう、ゴムバンドはたくさんの穴が開いています。ぴったりの場所を見つけましょう。
    yahoo_carnavi_remote-38

    ハンドル以外にも丸いものであれば何でも装着できます。
    たとえばサイドブレーキなど。ハンドルに余計なモノを装着したくない場合はアリですね(^^
    yahoo_carnavi_remote-41

    今回はマニュアルに従い、ハンドルに固定した状態としました。
    yahoo_carnavi_remote-42

    実際にYahoo!カーナビ専用リモコンでの操作を試してみました。
    リモコンの青い矢印ボタンを押すと、即座に現在地が表示されます。
    カーソルキーでの位置移動や、拡大縮小などすべてリモコンだけでOK。
    yahoo_carnavi-2

    つづいてマイクボタンを押してみました。
    すぐにスマホが音声認識モードに切り替わります。
    そのまま話すことで目的地を設定できます。カーナビ専用機とは違い音楽が鳴った状態でもしっかり認識してくれました。
    yahoo_carnavi-3

    続いて、ルート選択です。画面下部に「おすすめ」「高速優先」「一般優先」の項目がありますが、リモコンの左右カーソルキーでそのまま選択できます。
    OKを押すことで案内が開始されました。非常に使いやすいインターフェースです。
    yahoo_carnavi-4
    そのほかにも図形情報へのショートカットなど設定できるようです。
    yahoo_carnavi-1

    いかがだったでしょうか?
    運転中のスマホ操作は事故の原因となり大変危険です。しかしこのリモコンを使うことでカーナビ専用機に劣らない操作性を実現します。
    Yahoo!カーナビを頻繁に利用される方は安全のためにも是非導入を検討してくださいね。


  • R-SIM10でSoftbank版iPhone6のSIMロックを解除してみた。

    R-SIM10というSIMロック解除の下駄を買ってみました。
    これで手持ちのSoftbank版iPhone6をdocomo系の格安SIMで運用してみたいと思います。

    まずはR-SIM10のパッケージから。
    黄色い南京錠デザインのパッケージで届きました。

    iphone6_r-sim_unlock-13

    裏面にはコピー品ではなく正規品であることを確認できるQRコードが貼り付けされています。
    正常に動作したので、確認していませんが正規品だったようですね♪
    iphone6_r-sim_unlock-14

    今回実験に使用するiPhone6です。
    SB版のMG4J2J/Aモデル 64GB版になります。
    容量もそこそこあるので音楽プレイヤーなどに使えそうですね。
    iphone6_r-sim_unlock-15

    では早速セットアップしてみましょう。
    まずはSIMカードを取り外します。
    iphone6_r-sim_unlock-3

    そしてメイン画面から「設定」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-1

    続けて「モバイルデータ通信」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-3

    続いて、「通信のオプション」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-4

    「4G通信をオンにする」が有効になっていますので、オフにしましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-5

    こんな感じで、「4Gをオンにする」が無効になりました。
    iphone6_r-sim_unlock-6

    ではR-SIM10を取り出してみましょう。
    パッケージ内にはSIM変換トレイとSIM抜きピン、そしてR-SIM10本体が入っています。
    iphone6_r-sim_unlock-1

    R-SIM10の拡大写真です。
    フレキシブルケーブルタイプの基板にCOBチップが載っていますね。
    iphone6_r-sim_unlock-2

    R-SIM10をパッケージから取り出してみました。
    非常に薄いチップが搭載されています。
    iphone6_r-sim_unlock-4

    iPhone6のSIMトレイ、R-SIM10、SIMカードの順に並べてみました。
    R-SIM10はSIMカードと同じサイズになっていますね。
    iphone6_r-sim_unlock-5

    まずはiPhone6のSIMトレイにR-SIM10をセットします。
    iphone6_r-sim_unlock-6

    裏面から見るとこのような感じで、R-SIMと書かれたツバの部分がトレイからはみ出す感じでOKです。
    iphone6_r-sim_unlock-7

    続けて、今回使用するMVNOのSIMを装着しました。
    iphone6_r-sim_unlock-8

    この状態ではR-SIM本体の厚み等があり、SIMが少し浮き上がった状態になっています。
    このまま押し込んでも使用可能ですが、取り出し困難になることが予測されます。
    iphone6_r-sim_unlock-9

    そこで、カプトンテープで取り出し方向の段差をなくすように細工しました。
    iphone6_r-sim_unlock-10

    こんな感じで取り出し方向には段差がなくなりましたので、SIMトレイが抜けなくなることもないでしょう♪
    iphone6_r-sim_unlock-11

    ではiPhone6本体にR-SIMを装着します。
    iphone6_r-sim_unlock-12

    装着すると、R-SIMに内蔵されたソフトウェアが起動し、キャリア等の選択画面が表示されました。
    今回はソフトバンク版の本体を利用するので、「JP SoftBank」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-7

    続けて、装着するSIMの種類は「TMSI.2G3G4G」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-8
    バージョンはM1とM2がありますが、今回は「M2(iOS8-iOS9)」を選択しました。
    ちなみにこのiPhone6はiOS10にアップデートしていますが、この選択で問題ありません。
    iphone6_r-sim_unlock-9
    最後に確認画面がでるので、「了解」をタップし、端末を再起動しましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-10

    再起動が完了すると、画面左上の表示が「docomo」に変わりました!
    iphone6_r-sim_unlock-11

    続けて契約キャリアのAPN設定をインストールしましょう。
    今回はBB.exciteのSIMでテストしていますので、BB.exciteのwebサイトからダウンロードしたプロファイルをインストールします。
    iphone6_r-sim_unlock-13

    iPhone6のパスコードを入力します。
    iphone6_r-sim_unlock-14

    APN構成プロファイルと表示されるので、「次へ」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-15

    未署名の警告が出ますが、正常ですので「インストール」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-16

    最終確認画面が表示されるので、「インストール」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-17

    これで、基本的な設定は完了です。
    実際に通信できるか確認するため、Wi-Fiをオフにした状態で通信テストをしてみましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-18

    無事にウェブサイトの表示が確認できました!!
    iphone6_r-sim_unlock-19

    ちなみに設定画面を見ると、ネットワークは「NTT DOCOMO」でキャリアは「ソフトバンク26.0」となっています。
    この状態で正常に通信できるのはR-SIM10が頑張っている証拠ですね♪
    iphone6_r-sim_unlock-20


    いかがだったでしょうか?
    3G通信に限定されてしまいますが、格安SIMで運用するにはちょうど良いのではないでしょうか。
    ドコモ系の中古端末は価格が高いので、値段の安いソフトバンク系で遊んでみたい方には良い選択かと思います。