• カテゴリー別アーカイブ レビュー
  • 格安XQDカードリーダーを試す。

    格安XQDカードリーダーを試してみました。XQDといえば数有るメモリーカードの中でも高性能・高価格というイメージがありますよね。
    そこで今回は最近amazonで売られている格安XQDリーダーを試してみました。

    今回購入した格安XQDリーダーです。
    XQD以外にもSDXCカード、USBポートまで装備されています。

    今回はソニー製の高価格XQDリーダーである、MRW-E90と比較する形でその性能を検証してみたいと思います。


    格安XQDリーダーのパッケージを開封してみました。
    今回はシルバーモデルが出てきました。

    格安XQDリーダーの対応規格をチェックしてみましょう。
    PC側のインターフェイスはUSB3.0に対応。
    その他はXQD2.0、SD2.0に対応となっています。

    格安XQDリーダーの外観図です。
    よく見ると、XQD(USB)と記載がありますね。これはおそらくUSBと表記のあるXQDカード以外では利用できないものです。
    今回比較用に準備したMRW-E90であれば(USB)表記が無くても利用可能ですが、格安XQDリーダーだと対応カードを選ぶようですね。
    ちなみにMRW-E90はUSB3.1とSDXC UHS-IIにも対応している点が大きな違いですね。

    XQDカードリーダー本体です。
    ケーブルは太く、短く。これは安心感がありますね。

    ソニー製のMRW-E90と比較してみました。
    ケーブル込みという事を考えると、サイズ感は同じようなモノでしょうか。
    どちらもコンパクトサイズなのでノートパソコンと組み合わせてフィールドでの利用に便利な感じですね。

    格安XQDリーダーはUSB3.0対応となっており、SSマーク入りのUSBコネクタになっています。

    格安XQDカードリーダーの全面です。XQD、SDXC、USB3.0の各ポートが並んでいます。

    まず分解。ということで頑張ってみましたが、全周がガチガチに接着されており、今回は断念する結果に。。。
    申し訳ありません。

    今回はXQDカード以外にもSDカードの速度も比較してみたいと思います。
    左から順に、
    ・Sandisk Extreme UHS-I 64GB
    ・TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB
    ・Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB
    となっています。

    それぞれ裏面を見てみましょう。
    UHS-II対応の物はピンが2段構成になっており、高速通信対応のリーダーを利用する場合は2段目のピンも利用されます。
    なお、従来のカメラ機器でも利用可能となっているので、将来のために買っておく場合でも安心して選べると思います。

    まずは、ソニー製のMRW-E90でLexar XQD 2933x 64GBをテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / SONY MRW-E90
    リード200MB/s、ライト97MB/sと非常に高速な数字をマーク。流石は信頼のソニー製です。

    続いて格安カードリーダーとLexar XQD 2933x 64GBの組み合わせでテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / 格安Reader
    なんとソニー製のMRW-E90を凌ぐ速度をマーク。リード202MB/s、ライト115MB/sと大きな差が出ました。
    これはおそらくMRW-E90はUSBタイプ以外のXQDにも対応させるため、あえてカードリーダー内部でUSB変換しておりオーバーヘッドが存在するようです。

    続いて、ソニー製のMRW-E90でSandisk ExtremePro UHS-II 64GBをテストしてみましょう。
    私はNikonD850をメインに利用しており、UHS-II対応のSDカードが使えることがMRW-E90のメリットだと感じています。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード207MB/s、ライト189MB/sと書き込みが非常に高速ですね。

    では同じカードを格安カードリーダーで試してみましょう。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード91MB/s、ライト80MB/sとピーク速度は大幅に低下。これはUHS-II非対応であることが原因ですね。

    続いてTOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBをソニーMRW-E90でテストしてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード212MB/s、ライト125MB/sとなっています。Sandisk製のUHS-IIカードに比べて書き込み速度が遅いようですね。
    これはD850で使っているときにも体感している事なので、このカードは予備用として利用することが多いですね。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBを格安カードリーダーに入れてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード92MB/s、ライト73MB/sとなりました。やはりUHS-II非対応ゆえのピーク速度の落ち込みです。ランダムアクセス自体には速度差はありませんね。

    続いてSandisk Extreme UHS-I 64GBとソニー製MRW-E90の組み合わせです。
    UHS-II対応のカードリーダーでUHS-I対応のカードを使ってみる実験です。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / SONY MRW-E90
    リード93MB/s、ライト54MB/sという事で、リード速度はカードに記載された速度を上回っていますね。

    最後はSandisk Extreme UHS-I 64GBと格安カードリーダーの組み合わせです。
    これが最も一般的な使い方かもしれませんね。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / 格安Reader
    リード93MB/s、ライト54MB/sとなっていますが、ランダムアクセス系はSONY MRW-E90よりも高速ですね。

    今回は格安XQDカードリーダーの実力をチェックしてみました。
    XQDカードの利用に限れば全く問題なく利用できました。

    UHS-II対応のSDXCカードもXQDカードも高速に使いたい、そんな用途であればソニー製のMRW-E90ですね。
    逆にXQDカードさえ快適に利用できれば問題ないのであれば、今回のような格安XQDリーダーもオススメできます☆


  • HUAWEI WATCH GTを買ってみた。

    HUAWEI WATCH GTをクリスマスにプレゼントしていただきました(^^)
    先日、「Ticwatch E防水スマートウォッチが浸水故障した。」という事故があり落ち込んでいたのですが、一気に元気回復です♪
    今回はHUAWEI WATCH GTの特徴や使用感などを紹介したいと思います。

    相方にプレゼントしてもらったHUAWEI WATCH GTです。
    艶消しブラックのパッケージにゴールドのHUAWEIロゴ。

    パッケージ側面には「HUAWEI WATCH GT」のロゴが入っています。
    以前購入したTICWatchなどとは違い高級感のあるパッケージですね。



    裏面には電子機器らしく、Buletoothロゴなどが印字されています。
    Model: FTN-B19 / Color:Black Stainless Steel / Wristband Type:Graphite Black Silicone Strap
    JAN/GTIN 6901443262328

    ではHUAWEI WATCH GTのパッケージを開けてみましょう。

    パッケージを上に持ち上げて開けると、HUAWEI WATCH GTが姿を現しました。
    パッケージ内部も高級感ある仕上がりで所有欲を満たしてくれます(^^)

    PULLと書かれたタブがあるので、サッと持ち上げてみましょう。

    すると内部の仕切りが現れました。
    それにしてもHUAWEI WATCH GTは美しいですね。

    仕切りを開けると、マニュアルや充電用ケーブルなど梱包されていました。

    HUAWEI WATCH GTの内容物をすべて取り出してみました。
    HUAWEI WATCH GT本体
    ・充電クレードル
    ・MicroUSB TYPE-Cケーブル
    ・クイックスタートガイド
    ・保証カード

    ちなみにマニュアルは日本語対応しているので初心者の方でも安心して利用可能です。

    HUAWEI WATCH GTを構成する素材も詳細に書かれています。
    本体はステンレスSUS316Lを採用しており、耐食性にすぐれた素材なので安心です。
    本体裏のカバーはポリアミド樹脂+グラスファイバーの複合素材を採用。ポリアミド樹脂自体は温度変化に強く、引っ張りなどに対しても良好な特性を示します。
    そこにグラスファイバーを配合することでさらに強度や質感を増した素材という事ですね。

    またHUAWEI WATCH GT本体は1年保証、周辺機器は3か月保証となっています。

    付属のケーブルはUSB TYPE-Cを採用しています。
    極性なく両面使えるので大変便利ですよね。

    充電クレードル側も当然USB TYPE-C。



    HUAWEI WATCH GTの充電クレードルは接触式なので端子が露出しています。
    ちなみに本体側の充電パッド部はSUS316Lを採用しているので、錆の心配は一切ありません(^^

    充電クレードル裏面には製造番号のバーコードが印字されていました。
    このような小さな部品でもトレーサビリティが行われているんですね。
    こちらの型式はAF38-1となっています。

    ちなみに充電クレードルはマグネットリンク方式。
    金属製のドライバーなどを近づけると、パチッと貼り付きました。

    また裏面もマグネットが効いているので、充電クレードルの固定にも活用できそうですね。

    ではHUAWEI WATCH GTを詳細に見ていきましょう。
    まずは本体を斜めから。時計としての質感も高くビジネス用途でも使えそうですね。

    HUAWEI WATCH GTのバンド部はシリコン素材を採用。
    スポーツタイプという扱いではありますが、好みのバンドに交換することも可能です。

    HUAWEI WATCH GTのフロントフェイスです。
    ステンレスSUS316Lを採用しており、非常に高強度です。仕事柄サーバラックやコンクリート面に接触させた事もありますが、キズ一つ入っていません☆
    5分刻みでの数字が入っており、画面オフの状態でも時計らしさを感じれますね。

    HUAWEI WATCH GTの操作部は2つのボタンとタッチパネルで構成されています。

    ではHUAWEI WATCH GTの裏面を見てみましょう。
    ここはステンレスではなく樹脂素材を採用しています。なので冬場でも冷たい感覚はなく快適です。

    HUAWEI WATCH GTの裏面には光学式の心拍センサーをデュアルで搭載。
    光学式センサーは腕との密着度合い等にも影響を受けますから、デュアルセンサーはうれしい配慮ですね。
    心拍センサー両脇の金属端子はステンレスSUS316L製の充電パッドです。

    HUAWEI WATCH GTのバンドは22mmタイプで任意の物に交換可能です。
    フロントフェイスは一般的な時計のデザインなので、金属製バンドや革バンドも似合いそうですね。

    HUAWEI WATCH GTの裏蓋はトルクスタイプのビスで固定されていました。

    ステンレス部分と樹脂部分のフィッティングも良好で防水性も安心ですね。
    またTICWatchとの大きな違いは裏蓋の樹脂部を含めて剛性感がとても高い事です。

    HUAWEI WATCH GTはバンド幅22mmとなっていますが、念のために再計測。。。
    やはり22mmでした(笑)

    HUAWEI WATCH GTのディスプレイは36mmサイズです。
    36mmタイプの汎用ガラスフィルムも装着可能ですが、そのまま利用するのもアリだと思います。

    試しに36mm用のガラスフィルムを貼り付けてみましたが、すぐに剥がしてしまう事に。。。
    HUAWEI WATCH GTのガラスは高度な表面処理が施されており、普通のガラスフィルムだと指紋付着が少ない事や滑りの良さなどをスポイルしてしまいますからね。

    HUAWEI WATCH GTの重量は標準バンド込みで64gです。

    充電クレードルは11gと軽量ですが、普段の生活では持ち運ぶ必要もないでしょう。
    なぜならHUAWEI WATCH GTの電池持ちは異常なほど良く、実際に2週間装着したままでも問題ありませんでした。

    HUAWEI WATCH GTの充電クレードルと本体をくっつけてみました。
    マグネットリンクで方向も決まっているので、逆極性に接続される心配はありません。

    操作ボタン側にUSB TYPE-Cの端子が来るので、ケーブルを右側にしておけば充電中の表示方向は正しい向きになります。

    ではHUAWEI WATCH GTの電源をいれてみましょう。
    赤いHUAWEIロゴが表示されました。Wear OS by Googleではなく、HUAWEI独自のOSを採用しています。
    これは驚異的なバッテリーコンサプションを実現するためには必須だったのだと思います。

    電源を投入するとQRコードが表示されたので、利用中のスマホで読み込んでアプリのインストールを行いましょう。
    今回はAndroid端末で読み込んでみました。
    https://messagecenter.hicloud.com/messageH5/html/HwHealthQRCode.html

    するとGoogle Playに接続されました。
    勝手サイトからのインストールではありませんので、安心して利用可能ですね。

    実際の利用場面で取得したデータです。
    2週間以上のバッテリー持ちを実現しながら24時間連続で心拍数を記録してくれます。
    これは非常に重要なことで、夜間の睡眠中にバッテリー充電という従来の利用スタイルを大きく変えるものです。
    なので睡眠中を含めて記録できるです。

    それは睡眠記録にもつながり、睡眠の質を改善する手助けにもなりそうですね。

    HUAWEI WATCH GTは所謂スマートウォッチの部類としては驚異的なバッテリー持ちに驚きました。
    入手するまでは2週間以上のバッテリー持ち、そんな謳い文句を信じていませんでしたが実際に使ってみてビックリ!
    国ぐるみ、世界ぐるみでHUAWEI排除の動きがありますが、この技術力の高さを恐れての事ではないでしょうか。
    2週間装着しっぱなし、旅行でも充電器は不要、こんな使い方ができるのはとても快適です☆



  • Qi規格のワイヤレス充電器を分解してみた。

    iPhone8を入手したので、ワイヤレス充電を試してみることにしました。
    今回はQi規格に対応したエレコム製のW-QA03WFを購入したので充電テストと分解をしてみました。

    W-QA03WFのパッケージとiPhone8です。

    W-QA03WFを見てみるとQi正規認証品の文字。
    安心して使えますね。



    W-QA03WFをパッケージから取り出してみました。
    中身はMicroUSBケーブル、マニュアル等もセットになっています。

    今回はホワイトフェイスデザインのW-QA03WFを買ってみました。
    他のカラーはフェイスデザインではないので、ホワイトのみこのデザインになっています。

    裏面には滑り止めの大型ゴムが配置されており、充電中に滑るような心配はありません。

    充電器の入力部はMicroUSB端子です。
    Lightning端子ではないので、格安のケーブルを使えるのは魅力的ですね。

    W-QA03WFはホワイトモデルなので、ケーブルもホワイトになっています。

    付属ケーブルというだけあって、フィッティングはぴったり。

    裏面も表面もぴったり。
    出っ張ることもないので、端末を置いても引っかかる事はありませんね♪

    では早速通電してみましょう。
    W-QA03WFをUSB電源に接続すると、一瞬だけ青のLEDが点灯しました。

    その後はLEDが消灯して待機状態となっています。

    ワイヤレス充電に対応した端末を置いてみましょう。
    今回はiPhone8を置いてみました。

    すると、赤いLEDが点灯して充電が開始されました。
    iPhone8の画面上も充電中のマークが表示されていますね。

    続いてワイヤレス充電に対応していない端末を置いてみましょう。
    今回はiPhone7でチャレンジしてみます。
    (※本来は推奨される行為ではありませんので、自己責任でテストしてください)

    先ほどの写真で赤のLEDが点灯したので、まさか!?と思いましたが、続いて青のLEDが点灯しました。
    赤⇔青と交互に点滅しているので、エラーを示しているようです。

    続いてXperiaXZ1です。これもワイヤレス充電には非対応なので、先ほどと同じエラー表示です。

    続いてスマホ以外の物でも試してみましょう。
    プラスチック製のレンズキャップです。予想通りLEDは全く反応しませんね。

    やはりプラスチックでは全く反応しない。。。
    というわけで、今度はエネループです。当然LEDはエラー表示ですね。
    (※本来は推奨される行為ではありませんので、自己責任でテストしてください)



    W-QA03WFの詳細をチェックしてみましょう。
    待機中の電流は5V/0.09Aと少し電流を消費しています。

    その状態でiPhone8を置いてみましょう。
    W-QA03WFのスペックは5W出力となっていますが、入力側は5V/1.22Aとなっており、6.1W消費しています。
    つまり15%ほどの電力ロスが発生するという事です。

    ワイヤレス充電は充電パッドとの距離や位置関係が重要になってきます。
    今回は手帳型ケース装着などを想定して、少し浮かせてみましたが、問題なく充電できています。

    しかしながら、入力側の電流は5V/1.69Aとなっており、実に8.5Wもの消費。
    この状態だと送電ロスは約40%と半分近い電力を失っています。

    W-QA03WFのパッケージ裏面にはケースを付けたまま充電可能と書かれていますが、送電ロスなどの特性も理解したうえで利用するようにしたいですね。

    ワイヤレス充電も十分楽しんだので、W-QA03WFを分解してみましょう。
    本体にはビスなどは見当たりません。
    接着かツメによる固定だと思われるので、スマホ用の分解工具で隙間を広げていきます。

    少し格闘したところで、パカッと開きました。
    固定は接着(溶着)のようなので、元に戻すには接着作業が必要になりそうです。

    見えるパーツは基板とコイル、一部のディスクリートパーツのみ。

    基板自体は固定されておらず、隙間に収まっているだけです。
    中央部のコイルは両面テープで固定されているので、破壊しないように慎重に取り外しましょう。

    パリッと剥がれました。
    基板自体はパワー系のチップが乗ったシンプルなもの。

    基板全体像です。円周に沿ってチップが配置されています。
    このコイルは電磁誘導の原理を応用したものなので、わかりやすく言えばHIクッキングヒーターと同じようなモノです。

    W-QA03WFの電源入力部をチェックしてみましょう。
    端子はMicroUSB端子、データ端子は接続されておらず電源線のみ結線されています。
    基板の型式はVM001-5W 20180424 Rev:1.0となっています。

    電源入力部を通って最初のチップは、「Texas Instruments」の「LM358」です。
    低消費電力のデュアル汎用オペアンプとなっていますが、Qiの発振用でしょうか。
    Qi規格自体は110kHz~205kHzの周波数と規定されていますね。

    続いてのチップは「MIFENG DIANZI」の「BQT151」です。
    Qi認証を取得したワイヤレス充電専用のコントローラーICです。
    Qi Ver1.2に対応し、温度制御や異物検出などをサポートしています。

    沢山並んだトランジスタはコイル駆動用のブリッジ回路でしょうか。
    BQT151」のリファレンス回路をそのまま使った感じですね。

    コイル駆動部には2種類のFETが使われていました。
    Si9926ADY」Dual N-Channel 2.5-V MOSFET
    Si4953ADY」Dual P-Channel 30-V MOSFET

    黒い部品は「334J63」と書かれており、0.33uf63Vのフィルムコンデンサでした。

    いかがだったでしょうか?
    Qi規格のワイヤレス充電器には沢山のICが搭載されて、異物検知などを含めた安全対策もバッチリです。
    電磁誘導ということもあり、安全性の高い製品を選ぶようにしたいですね。