FINsix DART風の格安ACアダプタを買ってみた。

愛用していたFINsix DARTが故障したので、amazonでそれっぽい格安のアダプタを買ってみました。
名称はFINsixではなく、INLONGというもので、価格が非常に安価なのでお試しにはよさそうな感じ(^^

早速届いたINLONG製の65Wアダプタ。
デザインは某アダプタ(笑)のソックリさんですね。付属のプラグはビニール袋に入っていました。

INLONG製アダプタの付属プラグを袋から出してみました。
プラグの種類は6種類とFINsix DARTに比べると少なめです。


INLONG製ACアダプタの表示部。
品名:MINI CHARGER
入力:100-240V 1.5A 50/60Hz
出力:18.5-20V 3.65A
FCC、CE、RoHSなどの各種規制に対応しているようです。。。

ではINLONG製ACアダプタのサイズを測ってみましょう。
長さは69mmとなっており、本家FINsixの70mmと比較して1mmコンパクトに。

ちなみにACプラグ部分を含めた長さでも86mmとコンパクトです。

幅は35mmとなっており、本家FINsixの33mmより少し大きめ。

そして奥行きは30mmと本家FINsixの27mmに比較して3mmのサイズアップ。

体積的には少し大きい感じもしないでもないですが、感覚的には変わらないですね。
そして大きな違いとして、本家FINsixでは着脱式となっていた本体側のプラグが一体化。
自分的にはコネクタが増えることはトラブルの元と考えているので、これは有難い配慮ですね。

そしてプラグ部分のコネクタは3P使用となっています。
詳細は調査していませんが、抵抗値で出力電圧を切り替えるタイプでしょうか。

では付属プラグをチェックしてみましょう。
付属は6種類となっており、対応機種は若干少なめ。

本家FINsixより優れた点もあり、このように出力電圧が記載されています。
これは使うときの安心感としてぜひ表示してほしいモノです。単純にうれしい配慮☆

では実際にINLONG製ACアダプタを使ってみましょう。

まずはACアダプタのタイプが判別可能なDELL製ノートでチェック。
FINsixでは正しく65Wと認識されていましたが、INLONG製ACアダプタは65Wにも関わらず90Wとして認識。
要求電力の小さなサブノート類では問題ありませんが、ワークステーションタイプのノートには注意が必要ですね。

では実際に電源を入れてみましょう。
ノートパソコンはバッテリ搭載状態で22wの消費電力。この状態では発熱含めて全く問題ありませんね。

ではINLONG製ACアダプタのフルパワーに近いテストという事で、バッテリーを外してベンチマーク起動です。
消費電力は53Wという事で、約80%程度の負荷となります。(ACからDCの変換効率は無視してます)

この状態で1時間ほど放置してみました。
故障することなく正常に動作し続けていますが、筐体温度は45~46℃の状態で安定しました。
本家FINsixでも45℃程度だったことを考えるとなかなか頑張っていますね(^^

ではINLONG製ACアダプタですが、価格はFINsixの4分の1程度と非常に安価ですが今のところ問題なく利用できています。
電源波形など詳細は調査できていませんが、この価格であれば気軽に試してみようと思えるのが良いですね。