格安XQDカードリーダーを試す。

格安XQDカードリーダーを試してみました。XQDといえば数有るメモリーカードの中でも高性能・高価格というイメージがありますよね。
そこで今回は最近amazonで売られている格安XQDリーダーを試してみました。

格安XQDカードリーダーとは

今回購入した格安XQDリーダーです。
XQD以外にもSDXCカード、USBポートまで装備されています。

今回はソニー製の高価格XQDリーダーである、MRW-E90と比較する形でその性能を検証してみたいと思います。


格安XQDカードリーダーを開封してみる

格安XQDリーダーのパッケージを開封してみました。
今回はシルバーモデルが出てきました。

格安XQDリーダーの対応規格をチェックしてみましょう。
PC側のインターフェイスはUSB3.0に対応。
その他はXQD2.0、SD2.0に対応となっています。

格安XQDリーダーの外観図です。
よく見ると、XQD(USB)と記載がありますね。これはおそらくUSBと表記のあるXQDカード以外では利用できないものです。
今回比較用に準備したMRW-E90であれば(USB)表記が無くても利用可能ですが、格安XQDリーダーだと対応カードを選ぶようですね。
ちなみにMRW-E90はUSB3.1とSDXC UHS-IIにも対応している点が大きな違いですね。

XQDカードリーダー本体です。
ケーブルは太く、短く。これは安心感がありますね。

ソニー製のMRW-E90と比較してみました。
ケーブル込みという事を考えると、サイズ感は同じようなモノでしょうか。
どちらもコンパクトサイズなのでノートパソコンと組み合わせてフィールドでの利用に便利な感じですね。

格安XQDリーダーはUSB3.0対応となっており、SSマーク入りのUSBコネクタになっています。

格安XQDカードリーダーの全面です。XQD、SDXC、USB3.0の各ポートが並んでいます。

まず分解。ということで頑張ってみましたが、全周がガチガチに接着されており、今回は断念する結果に。。。
申し訳ありません。

格安XQDカードリーダーをベンチマークテスト

今回はXQDカード以外にもSDカードの速度も比較してみたいと思います。
左から順に、
・Sandisk Extreme UHS-I 64GB
・TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB
・Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB
となっています。

それぞれ裏面を見てみましょう。
UHS-II対応の物はピンが2段構成になっており、高速通信対応のリーダーを利用する場合は2段目のピンも利用されます。
なお、従来のカメラ機器でも利用可能となっているので、将来のために買っておく場合でも安心して選べると思います。

まずは、ソニー製のMRW-E90でLexar XQD 2933x 64GBをテストしてみましょう。

Lexar XQD 2933x 64GB / SONY MRW-E90
リード200MB/s、ライト97MB/sと非常に高速な数字をマーク。流石は信頼のソニー製です。

続いて格安カードリーダーとLexar XQD 2933x 64GBの組み合わせでテストしてみましょう。

Lexar XQD 2933x 64GB / 格安Reader
なんとソニー製のMRW-E90を凌ぐ速度をマーク。リード202MB/s、ライト115MB/sと大きな差が出ました。
これはおそらくMRW-E90はUSBタイプ以外のXQDにも対応させるため、あえてカードリーダー内部でUSB変換しておりオーバーヘッドが存在するようです。

続いて、ソニー製のMRW-E90でSandisk ExtremePro UHS-II 64GBをテストしてみましょう。
私はNikonD850をメインに利用しており、UHS-II対応のSDカードが使えることがMRW-E90のメリットだと感じています。

Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
リード207MB/s、ライト189MB/sと書き込みが非常に高速ですね。

では同じカードを格安カードリーダーで試してみましょう。

Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / 格安Reader
リード91MB/s、ライト80MB/sとピーク速度は大幅に低下。これはUHS-II非対応であることが原因ですね。

続いてTOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBをソニーMRW-E90でテストしてみましょう。

TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
リード212MB/s、ライト125MB/sとなっています。Sandisk製のUHS-IIカードに比べて書き込み速度が遅いようですね。
これはD850で使っているときにも体感している事なので、このカードは予備用として利用することが多いですね。

TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBを格安カードリーダーに入れてみましょう。

TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / 格安Reader
リード92MB/s、ライト73MB/sとなりました。やはりUHS-II非対応ゆえのピーク速度の落ち込みです。ランダムアクセス自体には速度差はありませんね。

続いてSandisk Extreme UHS-I 64GBとソニー製MRW-E90の組み合わせです。
UHS-II対応のカードリーダーでUHS-I対応のカードを使ってみる実験です。

Sandisk Extreme UHS-I 64GB / SONY MRW-E90
リード93MB/s、ライト54MB/sという事で、リード速度はカードに記載された速度を上回っていますね。

最後はSandisk Extreme UHS-I 64GBと格安カードリーダーの組み合わせです。
これが最も一般的な使い方かもしれませんね。

Sandisk Extreme UHS-I 64GB / 格安Reader
リード93MB/s、ライト54MB/sとなっていますが、ランダムアクセス系はSONY MRW-E90よりも高速ですね。

格安XQDカードリーダーの検証まとめ

今回は格安XQDカードリーダーの実力をチェックしてみました。
XQDカードの利用に限れば全く問題なく利用できました。

UHS-II対応のSDXCカードもXQDカードも高速に使いたい、そんな用途であればソニー製のMRW-E90ですね。
逆にXQDカードさえ快適に利用できれば問題ないのであれば、今回のような格安XQDリーダーもオススメできます☆