• タグ別アーカイブ: 改造
  • 東芝レグザ43vと50vを分解比較してみた。50M520X vs 43M520X

    以前購入したTOSHIBA 43M520Xに引き続き、50インチの50M520Xを購入してみました。
    このテレビも分解して内部を比較してみたいと思います。分解前の予想としては電源部とパネルが違うだけでメイン基板は同じではないか?
    と考えています。
    では実際に分解してみましょう☆

    43インチモデルの徹底分解記事はコチラ

    東芝レグザ50M520Xをチェック

    今回購入した東芝レグザ50M520Xです。
    新4K放送対応のチューナーを搭載した機種としては比較的安価なモデルです。

    パッケージにはBS/CS 4K視聴チップ搭載品のシールが貼り付けされています。
    これは43インチモデルの43M520Xと同じですね。

    梱包重量は22.5Kgとなってます。
    一人で運べない事もないですが、階段等の運搬には気を付けたいところですね。


    東芝レグザ50M520Xを開封してみた

    まずは付属品からチェックしてみましょう。
    ・スタンド
    ・固定用ビス
    ・電源ケーブル
    ・単四電池
    ・リモコン
    などが出てきました。

    スタンドの裏側です。
    基本的には樹脂製となっており剛性は高くありませんが、必要にして十分なサイズ。
    転倒防止のためには付属のビスでガッチリと固定しておく事を忘れずに☆

    では東芝レグザ50M520Xの本体をチェックしてみましょう。
    本体は画面を守るために段ボールとビニールで厳重に梱包されています。

    本体裏面をチェックしてみましょう。
    基本的には43インチモデルの43M520Xと同じデザインのサイズ違いといったところ。

    下部スピーカーの開口部は43インチモデルよりも一回り大きなサイズになっています。
    もっとも音質的には褒められたものではなく、外部スピーカー前提と考えておくのが正解でしょうか。

    東芝レグザ50M520の端子部をチェック

    背面入力端子です。
    有線LAN、HDMI入力2~4、光デジタル音声出力、コンポジット入力、USB録画端子が装備されています。
    これは43インチモデルの43M520Xとまったく同じ配列ですね。

    つづいて側面のコネクタ部です。
    地上デジタルアンテナ、BS110度CSアンテナ、HDMI入力1、アナログ音声出力、USB端子、B-CASスロットが装備されています。
    ここも43インチモデルの43M520Xとまったく同じ配列ですね。

    この辺りから、43インチモデルと50インチモデルのメイン基板が同じものではないか。という線が濃厚になってきました。

    50M520Xの銘版です。
    消費電力は146Wとなっており、43M520Xの121Wと画面サイズが大きくなった分、増加していますね。
    インチ当たり消費電力は50M520Xが2.92wで43M520Xが2.81wとなっています。
    効率面では43インチモデルがお得!?

    東芝レグザ50M520Xの4K視聴チップを確認

    続いて4K視聴チップを見てみましょう。
    背面の電源スイッチ部分のカバー内部に4K視聴チップが搭載されています。
    これは43インチモデルと同じですね。


    背面カバーをパカッと開けてみましょう。
    中からTOSHIBAと記載された4K視聴チップが現れました。

    43インチモデルと同じ形状のA-CASチップですね。
    今は過渡期という事もありますが、コストダウンや不正改造防止の為に、いずれは機器に内蔵される形となるのでしょう。

    見た目はUSB3.0のコネクタですが、電気的なピンアサインも不明なため、パソコン等に差し込む勇気はありません。

    最近の液晶テレビは狭枠仕様のものが標準的になっており、画面破損の注意書きが貼り付けてありました。

    東芝レグザ50M520Xを分解してみる

    構造的には43インチモデルと変わりないので、いつもの手順でサクッと分解してみましょう。

    東芝レグザ50M520Xの裏ブタをパカッと開けてみました。
    電源基盤が大きくなった印象を受けますが、それ以外は43インチモデルと同じ??

    メイン基板から液晶パネルまでの部分も43インチモデルと同等に見えますね。

    電源基板です。
    こちらはヒートシンクの数が増加しており、43インチモデルとは別部品ですね。

    液晶パネル型式は「HE500T5U51TA」となっていましたが、詳細なデータは見当たりませんでした。
    43インチモデルは「HE425T5U51TA」が搭載されていましたので、同じシリーズのサイズ違いでしょう。

    50インチモデルのスピーカーは10W品が採用されています。
    お世辞にも高音質とは言い難いので、おまけ程度に考えておきましょう。

    43インチモデルとの大きな違いである電源基板です。
    ヒートシンクやコンデンサが増加しており、電源容量が増えているという事でしょう。

    分解してすぐに目についた点はこのフレキシブルケーブルですね。
    43インチモデルでは2本だったものが、50インチモデルでは4本に増加しています。

    50M520Xのメイン基板です。

    型式は「V28A001612B1」Rev.Bとなっており、43インチモデルとまったく同じ。

    先ほどの電源基板に戻りましょう。
    このフレキシブルケーブルが伸びている箇所の基板ですが、液晶バックライトのLEDドライバ基板です。

    iW7027」と「PIC24FJ32GA002」の組み合わせは43インチモデルと同じですね。

    ただし、43インチモデルとの違いとしてこのチップが増えているという点は変化があります。

    4N10AEと書かれたチップ、素性は不明ですがLEDドライバICという事で間違いはないでしょう。
    液晶パネルの大型化で、バックライトLEDのチャンネル数が増えたと考えるのが自然ですね。

    採用されているコンデンサはNFCと記載されており、「韓国SAMYOUNG ELECTRONICS」のものです。

    NXA記載のこちらも同様ですね。

    CapXonと書かれたコンデンサは「台湾CAPXON ELECTRONIC IND.CO.,LTD.」の物ですね。
    基本的に43インチモデルと同じメーカーのパーツで構成されているようです。

    電源基板のメーカーは「HISENSE Japan Corporation」となっています。
    電源出力は、5V 1.4A、12V 4A、18V 2A、54V 1.9Aとなっています。
    43インチモデルは5V 1.4A、12V 3.5A、18V 2A、54V 1.4Aとなっていました。
    一回り大きな電源容量となっていますね。

    レグザ分解43インチ⇔50インチの違いまとめ

    いかがだったでしょうか。
    今回は43インチモデルと50インチモデルの両方を比較してみましたが、基本的な設計は同じという結果になりました。
    電源とパネルが違うだけですが、原価と販売価格の違いが気になるところですね(笑)

    基本的には安価で4K放送が受信できるという事で、良いテレビだと思います。
    個人的にはスピーカーが残念な音質なので、外部スピーカーの利用を強く推奨したいですね☆



  • TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nのフード改造。

    サーキットや野鳥撮影で使っているA022Nですが、レンズのサイズが大きい事もあり、フィールドでのレンズ交換には少々苦労が伴います。
    センサーのダスト対策なども考えれば、本来はレンズフード側を下にしてレンズ交換したいのですが、環境によっては難しい事も。
    そこで、標準のフードに溝ゴムを取り付けすることで、この問題を解決することが出来ましたので、その手法を紹介します。

    TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nです。

    普段はこのように、カメラボディ側を下に置いた状態で交換するしかありません。

    しかしセンサーのダスト対策を考えれば、このようにレンズを下側に置いて交換したいところ。
    室内等であれば問題ありませんが、野外のフィールドで同じ事をやればフードは短期でボロボロになりそうです。

    まだまだキレイなレンズフード。この状態を維持したいところ(^^

    というわけで、ホームセンターコーナンで溝ゴムを買ってきました。


    溝ゴムとはこのようにV字やU字の形に形成されたゴムの事です。
    これをエッジ部分に差し込む事で、エッジ部を保護したり、エッジ部でケガすることを防いだり、そんな用途のゴムです。

    購入したものは「八幡 溝ゴム ボビン巻 #94 100m」です。
    JANコードは4979874025333となっており、どこでも購入可能です。
    今回はホームセンターでの切り売り品を1m購入しました。

    レンズフードの先端部分は直径が125mmほどあります。

    この数字をもとに円周率をかけて必要な溝ゴムの長さを算出しましょう。
    125mm×3.141592

    393mmという結果になりました。

    という訳で、溝ゴムを必要量切り出します。

    そして、あとはレンズフード先端に差し込んでいくだけ!!
    と言いたいところですが、やはり固定が弱いです(^^;

    そこで今回は0.2mmの激強力両面テープを活用して固定してみたいと思います。

    この激強力両面テープは基材レス仕様なので、長期使用でも安定した接着力を実現しています。
    購入したものは「和気産業 激強力両面テープ マルチ ( 8511200 )」です。
    JANコードは4903757301221となっており、どこでも購入可能です。

    このようにエッジ部分に折り返すように両面テープを施工します。

    そして溝ゴムを押し込むように接着していきます。

    ぴったり一周巻き終わりました。
    両面テープの施工個所を多めに取ることで、強度もしっかりしており外れる心配もなさそうです。

    溝ゴムなので、フード内側へのはみだしも最小限。
    ケラレ等の画像影響も皆無なので安心して撮影に望めます。

    溝ゴムを施工したことで、レンズフードを装着したまま地面においても大丈夫になりました。

    実際にサーキット等でコンクリートやアスファルトの上に置いて使っていますが、安定度は抜群です。
    レンズ交換もカメラ側を回すように操作することで、簡単かつ確実に作業できるようになりました。

    今回の内容は非常に簡単な加工です。
    同じレンズをお使いの方はぜひやってみてはいかがでしょうか。
    レンズフードをキズから守るだけではなくレンズ交換が容易になるので、レンズ交換時の落下事故なども防止できるのではないでしょうか。


  • レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを分解してみた。

    レトロゲーム搭載のゲームボーイ風iPhoneケースを入手したので早速分解&改造してみることに。
    まず分解。は基本的にAndroid派なのです。
    今回はケースを装着してみたい気持ちから、ほとんど使ってないiPhoneを取り出してみました。

    数か月ぶり?に充電すると無事に起動したiPhone7
    一応SIMフリーで128GBあるのでそれなりには使えるハズ(^^;

    裏面にはどこの家庭にも転がっている、カッティングプロッタで切り出したURLステッカー。
    今回のケースを装着すると見えなくなるというオチもありますが。。

    今回購入したiPhone用ケースです。
    iPhone7/8両対応なので、カメラ穴は大きめになっています。

    そして何故かケース内側に電池ホルダーのようなものが。。。
    ココにはCR2032バッテリが入るようになっています。

    なぜ電池が必要なのか??
    そう、この形状からわかる通り実際にゲームが出来るiPhoneケースになっています。

    では早速分解してみましょう。
    ケース内面のシールにはビスが隠された場所があります。
    指で押さえればすぐにわかるので、そのまま精密ドライバーを突き刺して分解しましょう。

    というわけで、数本のビスを外すと、内ブタがパカッと開きました。

    基板と液晶モジュール、スピーカーなどを取り外します。
    特に固定もされていないので、持ち上げるだけで簡単に外れました。

    ケース内面はこのようになっています。
    液晶部分にはプラスチック製の保護カバー、各種ボタンはメンブレン仕様です。

    ボタンはブラック、グレー、レッドとゲームボーイ風のカラーを再現。

    メイン基板と液晶モジュールをチェックしてみましょう。
    こちらの面は基板に部品は搭載されていません。液晶モジュールと基板はヒートシールコネクタで接続されています。

    反対面を見てましょう。

    メイン基板の要は、中央部の黒いCOBパッケージ。
    チップコンデンサ等の外部部品は見当たりません。なかなかの集積度ですね(笑)

    このようなケースで気になるのは、画面部分へのホコリの侵入でしょうか。
    幸いこのプラスチック製の窓は全周が両面テープで接着されており、ホコリの侵入は大丈夫な感じ。

    しかし、裏面は液晶が置いてあるだけで隙間だらけなんですね。
    このままだと持ち運びしている間にホコリが侵入しそうです。

    そこで、今回は特殊な両面テープを用意しました。
    主にスマートフォンの防水シールや液晶パネルの固定に使われている高機能な両面テープです。

    このように細く、薄いので今回のようなシール作業には最適です。

    液晶パネルが接触する部分全周に両面テープを貼り付けました。
    角の部分を含めて隙間ができないように施工しましょう。

    そして離型紙を剥がしましょう。
    この時、画面部分に傷をつけたり汚れを付けないように注意が必要です。

    そして液晶モジュールをペタリと貼り付けます。
    シッカリと押さえつけて接着しましょう。

    最後にメンブレンのボタン類を戻してから、基板を戻します。

    無事に組みあがった、ゲームボーイ風iPhoneケース。
    これでボタン部分やカメラ穴部分からのホコリ侵入にも強くなりました。
    また液晶をキッチリと接着したことでケース自体の剛性も格段にアップしています。

    正面から見ればiPhoneそのもの。特に違和感のないデザインが良いですね。

    このようにiPhoneの携帯性を損ねることなく、ゲームボーイ風のデザインに仕上がっています。
    電池を入れなくてもケースとしてもなかなかの質感で、ボタンが押せるあたりなかなか楽しいですね。

    ケースとしては少々厚みがありますが、iPhone本体をしっかり保護してくれると考えれば問題ないレベルです。

    実際に持ち歩いてみると、ゴム製のボタンが滑り止めの役目も果たすため、思った以上に機能性の高いケースでした。
    もしiPhoneのバッテリが切れても、ゲームボーイ部分はボタン電池のみで動作するので、暇つぶしにもぴったり。

    思いのほか高い質感に満足しています。
    ゲームボーイ風のイラストが印字されたようなケースとは一線を画す、素晴らしいケースです。
    価格も安いので試してみてはいかがでしょうか?