Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

PRN3D Y軸回転⑧

3Dプリンタ

 

引き続きY軸で遊んでいます。
前回はモータブロック部などを中心に再設計を行いましたが、今度は基本的な剛性が不足していたY軸エンドパーツを再設計しています。

ターゲットはY軸エンドのベースフレーム
DSC_3409

もうひとつはY軸エンドのバックプレート
DSC_3410

 

 

剛性アップでどんどん大きくしてしまうと、オーバーハングの重量増という結果につながります。
そこで、厚みを持たせる箇所と、軽量化する箇所、両方を考えつつ設計変更します。

DSC_3411

 

 

Y軸エンド自体の奥行きは1.9mm小さくしました。

DSC_3412

 

そしてX軸方向の補強リブは3.15mmから厚みをアップさせることに。

DSC_3413

 

 

0.9mm厚みを増やしています。

DSC_3414

 

 

そして、ヒートベッド部へのリーチ長を少し伸ばしてみることに。

DSC_3415

 

 

はい、わずか1mmに見えますが、奥行きを減らしており実際には3mm近く伸びたことになります。

DSC_3416

 

 

Y軸エンドのバックプレートは使用する過程で反りが発生していたので、大胆に厚みをアップさせました。

DSC_3419

 

 

そして、ボルト固定部だけはホールを作り突起自体は大きくしない方向に。

DSC_3420

 

 

思いのほか効果があったのがこの部分です。
シャフトを締め付けた際のたわみが目に見えて少なくなりました。

DSC_3421

 

 

そして最後にY軸リミットスイッチのポッチを追加。
金属フックで微調整しつつ最適なサイズに設定しています。

DSC_3422

 

現在、最終テストを実施していますので、次回あたりでstlデータ等を公開できるかと思います。

コメント