Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

DSO Nano V2 の基板だけ買ってみた。(ケース設計編)

DSO Nano V2基板ですが、リチウムイオンバッテリを接続することで、充電式ポータブル機として利用できるようです。
汎用のリチウムイオンバッテリを探してみましたが、大容量かつ適切なサイズのモノがなかなか見つかりません。
最近のスマホを見てみると、大容量かつ薄型のバッテリが多数ありますね。

今回は手元にある、Xperia用バッテリを流用してみる方向で検討します。
DSC_0066

 

サイズ感はピッタリですが、端子は接触端子です。
DSC_0067

接触端子がないか、手持ちの端子ボックスを探してみると。。。
DSC_0069

使えそうなものを見つけました!
DSC_0074

基板に挟み込んでバネ端子として使えそう。金メッキもされており高級感たっぷり。
DSC_0070

というわけで、バネ端子とバッテリー押さえ板を組み込んだケースを設計しました。
DSO_Nano_v2_cad01

斜めから見るとこんな感じです。
うまくいくか分かりませんが、まずはこのデータで試作してみたいと思います。
DSO_Nano_v2_cad02

コメント