Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

HKSサーキットアタックカウンターの修理(液晶バックライト)

分解&工作

サーキット走行の際に、自動的にタイム計測してくれる便利な機器。
それが今回修理する「HKSサーキットアタックカウンター」です。

今回の症状は液晶バックライトの不点灯。

DSC_3681

症状はこんな感じで叩くと点灯するということで、ハンダ不良の可能性が。


まずはクルマから取り外し、分解してみましょう。

DSC_3685

 

 

裏側のビスを4本はずすと、パカッと開きました。
圧電スピーカーとメイン基板がつながっていますので、作業中は断線に注意しましょう。

DSC_3686

 

 

基板の拡大写真。
まずはハンダクラックを探してみますが、とくに問題点は見当たらず。

DSC_3688

 

 

基板を取り外して液晶面を観察してみることに。

DSC_3689

 

 

通電すると、ボタン用の赤いLEDは点灯するも、液晶バックライトは点灯しません。

DSC_3691

 

バックライトの構造を確認してみましょう。
液晶パネルの足の内側にLED基板が装着されています。

DSC_3690

 

 

かるく指で触れてみるとバックライトが点灯。

DSC_3693

 

 

ということは、この基板に問題があるということですね。
個の基板は液晶パネルの足の内側なのでちょっと面倒では。。。

DSC_3694

 

 

まずは裏側のチップ抵抗を検査します。
が、ハンダクラックは見当たらず。

DSC_3695

 

 

そして、基板の左側を見ると、半田が外れて基板が浮いていました。
ここなら、液晶パネルを取り外さなくても修理できそうです!

DSC_3700

 

 

見た目はキレイではありませんが、鉛入りのハンダをしっかりと足しておきました。
熱や振動が多い環境で使用する場合は鉛フリーよりも旧来のハンダが良さそうと考えていますが、果たして??

DSC_3702

 

 

そして、通電すると無事にバックライト点灯しました。

DSC_3704

 

ケースに組み込んで動作確認OKとなりました。
フタをする際は、エアダスターやトレシーを利用して、表示部をキレイにしてから組み付けしましょう。

 

DSC_3705

 

 

 

 

 

コメント