• タグ別アーカイブ: レビュー
  • テクノコアインターナショナル TC-S40Nを分解する。

    テクノコアインターナショナルのTC-S40N急速充電器を分解してみました。
    ニッケル水素電池を急速充電しながらもメモリ効果を発生させないIC&C方式の充電制御がされています。
    また大電流のパルス充電を行うことで少し弱ったバッテリが元気に復活する効果も。
    こんなに素晴らしい充電器ですが、数年前に採算等の面から販売が終了しており、今では入手困難となっています。

    予備を含めて2台所有しているもの。
    デジイチのストロボ用バッテリの充電用に重宝しています。
    ホワイトとシルバーの2色がありますが、基本的にどちらも同じものです。

    本体正面の印字を見てみましょう。
    Ultra High Speed Battery Charger with advanced I.C&Cと書かれています。

    裏面の銘版を見てみましょう。
    超高速充電器 形式:TC-S40N
    製造はもちろん日本製です。
    バッテリー1本当たりの出力電流は驚異の1.8V/3.5Aというスペック。この大電流をパルス印可することでメモリー効果を抑制しつつ高速充電を可能としているんですね。

    本体の電源はAC100-240Vまで対応。
    ノートPCなどと同じタイプの電源コードで接続します。

    大電流充電ということで発熱に対応させるための冷却ファンも装備。万全の体制です。

    さらに冷却ファンと反対側には大型の通風孔を装備。中には銅板も見えており、放熱には気を使った設計のようです。

    トルクスドライバーで分解可能なので早速開けてみましょう。
    ちなみに、こちらはメインで使っているホワイト機。冷却ファンのスリットを切り取って放熱性を向上させています。

    ビス4本を外すとパカッとひらきました。
    冷却ファンの配線が切れないように注意しましょう。

    まず基板を見て驚くことは、充電器とは思えないほど豪華な部品構成でしょうか。
    銅の放熱板2枚が目立ちますが、その周辺にもパワー系デバイスが多数備わっています。
    赤いシールが貼られてたものはワンチップマイコンで充電を制御しているソフトウェア等が格納されているようです。

    では基板の表面も見てみましょう。
    電源用のスイッチングトランスの周辺には大量の電解コンデンサを装備。
    3.5Aもの充電電流に対応した電源回路となっています。

    基板のこの部分だけを見ていると、汎用のスイッチング電源基板を見ているかのようです。
    ここまで作りこまれたニッケル水素充電器はなかなか見かけないですよね(^^

    中央の青い部品はセラロックです。
    これは従来の水晶発振子に代わるもので、充電がソフトウェア制御されている証ですね。

    この充電器は4本のバッテリーが同時充電可能となっていますが、実態は1本ずつ順番に充電するものです。
    そのため、電池ボックス1本ごとに同様の構成の充電回路が装備されています。
    同じ回路構成が4本並んでいるような感じです。

    この銅板は放熱用というよりは、裏面に装着されているAD/DCコンバータ「TOP246PN」のEMIシールド用のようですね。

    こちらのダイオードは大電流に対応するため銅板で放熱をしていますね。
    新電元「SF10SC4」のようですね。

    購入から数年ぶりに分解してみましたが、非常にお金がかかった設計になっていますね。
    今のところ2台とも調子よく動いていますが、故障すると同じものが手に入らないのは痛いところです。
    どこか国内メーカーでI.C&C方式の充電器を販売してくれないものでしょうか。


  • RAVPower 40W USB充電器を買ってみた。RP-PC026

    USB充電のガジェットが増加するなかで、旅行の際に使えそうなUSB充電器を探していました。
    amazonで検索してみると、コンパクトサイズなRAVPower 40W USB充電器を見つけたので買ってみました。
    USBポート数も4ポートあり、必要十分なスペックです。

    ポチっとした翌日に到着したRAVPower製の充電器です。
    白を基調としたシンプルなデザインのパッケージ。

    パッケージを開けてみました。
    Happy?と書かれたスマイリーが登場(^^

    内容物を取り出してみました。
    RAVPower 40W充電器本体のほかにマニュアルとスマイリーカードが入っていました。

    マニュアルは日本語対応されており、初心者の方でも安心して使えますね。
    製品スペックとしては、
    入力電圧:AC100~240V 50/60Hz
    出力電圧:5V 40W (計8A)
    サイズ:7.9cm x 7.0xm x 2.7cm
    重量:122.9g
    とコンパクトサイズながら、なかなかのパワーがあります。
    またメーカー保証も18ヶ月間あり、安心して長く使えるスペックとなっています♪

    本体をみてみましょう。
    RAVPower 40W充電器のUSBポート数は4ポートです。
    各ポートはRAVPowerのiSmart対応となっています。

    本体の印字部です。
    RAVPower 40W 4ポートUSB充電器と日本語で記載されています。もちろんPESマークもあるので日本国内でも安心して利用できますね。
    出力はトータルで8Aとなっていますが、各ポート単位での最大出力は2.4Aです。

    本体正面にはiSmartロゴがあるだけのシンプルな外観。

    もちろんコンセントは格納式となっているので、持ち運びにも便利です。
    まれに完全格納できないような設計の製品も見受けられるなか、コンパクトサイズながら完全に格納できるのはポイントが高いですね。

    RAVPower 40W USB充電器のコンセントを起こしてみました。
    ちゃんと丸穴が開いているので、コンセントにしっかりと差し込む事が可能です。

    外観チェックはこの程度にして、RAVPower 40W USB充電器の体力測定を行ってみましょう。
    今回も当サイトではおなじみの CENTURY USB POWER LOADER CT-PL-01 を使います。

    RAVPower 40W USB充電器をコンセントに接続しました。
    今回は写真撮影のため、直接壁コンセントに接続せず延長コードに差し込んでいます。
    ちなみに、まず分解。おすすめはやはり「工事物件タップ」ですね。
    一般家庭でよく見かける所謂延長コードとは一線を画す、質実剛健な感じが〇

    RAVPower 40W USB充電器には電源ランプがありませんが、その代わりにUSBポート内がうっすらと光ります。これは暗闇やベッドサイドなどでの利用に最適な感じですね。明るすぎずちょうどよい感じ☆

    では早速電流をながしてみましょう。
    まずは手始めに1A負荷から。

    スペック的には1ポート当たり2.4Aとなっており、1Aは余裕でクリア。
    電圧は5.27V出ています。

    続いて製品スペック上の1ポートmaxである2.4Aを流してみましょう。

    2.4A負荷でも5.16Vと非常に優秀なスペックです。
    大電流をとりだすと電圧降下して急速充電にならないような製品もあるなかで、非常にパワフルですね。

    ここから先は自己責任になりますが、2.4Aを超える電流負荷をかけてみましょう。
    まずは3A流してみました。

    3A流した状態で4.98VとようやくUSB規格の5Vになりました。

    まだまだ余裕がありそうなので、どんどん電流を増やしてテストしてみましょう。
    3.1A負荷。まだ動作しています。

    3.1A負荷で4.9Vまで電圧が下がりました。さすがに製品スペックを0.6A超過しているので仕方ないかもしれませんね。

    電圧が止まるところまで上げていきます。
    3.2Aもクリア。

    続いて3.3Aも問題ありません。

    どんどん電流を上げたところ3.5Aで出力停止しました。
    なので、最大値である3.4Aで体力測定してみました。

    製品限界スペックを1A超過した3.4A状態でも4.82Vを維持しています。
    これは今までテストした中では非常に優秀な値です。

    RAVPower 40W USB充電器は本当にパワフルですね!

    RAVPower 40W USB充電器はコンパクトサイズながら、非常にパワフル。
    各種ガジェットの充電速度も高速で本当におススメできる一品です。
    QC3.0などの機能は備えていませんが、一般的な機器に使うのであればイチ押しです☆

    これは撮影終了後にコンセントから抜いた状態です。
    USBポート内を照らすLEDがなかなか消えないんですよね。
    10秒近く光っていましたので、これは非常に大きなコンデンサを装備している証明ですね。

    このように光り続けています。
    大容量のコンデンサは価格も高いので、コストダウン対象として容量削減される事も…。
    しかしながら、性能に妥協することなく大容量のコンデンサが搭載されている事は歓迎できますね。

    いかがだったでしょうか?
    RAVPower 40W USB充電器を実際に使ってみると非常にパワフルで、スマホを複数台接続しても充電速度は落ちませんでした。
    頻繁に旅行に出かける方や、多数のスマホを持ち歩く方にはおススメできる一品です。


  • 新型ホンダフィット買いました♪ GK5 Honda SENSING

    購入から1か月が経過しましたが、新しいホンダフィットGK5 Honda SENSINGを購入しました。
    今回は外観を中心に車両の紹介をしたいと思います。

    購入したグレードはRSのGK5で Honda SENSING搭載車となっています。
    Honda SENSINGの技術に興味があり、このグレードを選択しました。

    正面から写真を撮ってみました。
    カラーはブリリアントスポーティーブルー・メタリックというカラーで、落ち着きと鮮やかさを備えた深みあるブルーです。
    今回はRSグレードを選択したのでバンパー下部にオレンジのラインが入っています。

    横からの写真。
    タイヤサイズは16インチ。
    初期装着タイヤはダンロップ製のSP SPORTS 2030で185/55R16 83Vが装着されていました。

    斜めリアからの写真。
    リアバンパー下部にもオレンジのラインが入っています。

    リアからの写真です。
    今回のマイナーチェンジでテールランプ部分の形状が一部変わっていますね。
    またバンパー下部サイドのダクト部分も先代では三角形だったものが、シャープな印象になっています。

    リアバンパーはディフューザー形状の部分とその他の部分で2色に分かれています。

    テールランプは内側がブラックアウト処理されており、シャープな印象。

    ドアハンドルにはドア施錠用のボタンが装着されています。
    これはメーター内の設定画面からボタン操作不要に設定変更できます。

    ミラーはブラック。
    艶ありの処理がされています。

    ヘッドライトも印象が変わりませした。
    今回は標準でLEDヘッドライトとなっており、明るさは必要にして十分といったところ。

    フロント部にはRSの文字。
    ホンダマークが樹脂封止タイプとなっていますが、これはHonda SENSING装着の証です。
    この中に超音波ソナーが内蔵されています。

    フロントガラス上部にはHonda SENSINGのカメラモジュール。

    Honda SENSINGでは単眼カメラと超音波ソナーを併用することで高性能を実現しています。
    これはTOYOTA Safety Sense P と同じ方式で、この価格帯の車両に搭載されることが驚きです。
    また、スバルのアイサイトではデュアルカメラのみで処理していますが、今後どちらが生き残るのでしょうか。

    ドアミラーのサイド部分にはLEDのウィンカーも内蔵されています。

    装着したオプションは無限製ドアバイザー。
    これ、実は純正の標準ドアバイザーと同じ価格なんです。装着するなら換気機能を備えたこちらがおススメです。

    もう一つは、ステアリングガーニッシュ。
    RSは内装の各部にオレンジのラインが入っているのでそれに合わせる形で装着。
    装着に当たってはHDSによる初期設定も必要との事でした。

    ステアリング右側のボタンです。
    Honda SENSINGに関連したボタンが並びます。

    ステアリング右側下部。
    これはメーター内の表示や車両の初期設定を行うボタンです。

    運転席には多数のボタンがあります。
    緑に光っているものは車線逸脱防止機能のスイッチ、その上はCMBSブレーキシステム、左側はVSAのスイッチです。

    ステアリング左側を見てみましょう。
    こちらはナビやオーディオ関係のスイッチが並びます。

    その下には電話関係のスイッチ。
    Bluetooth等でナビをスマホを連動した際に活用できるものです。

    ウインカーレバーはいたって普通。
    今回はLEDフォグも標準装備されているので、そのスイッチもありますね。

    こちらはワイパースイッチ。
    走行速度に応じて速度が変わったり、いろいろな機能があるようです。

    そしてセンターコンソール部分。
    いわゆるシガーソケットに加えて、USB端子とHDMI端子も装備されています。

    カバーを開けてみました。
    今回はナビ装着用スペシャルパッケージを選択したのですが、ナビは未装着です。
    という訳でUSBは動作せず、HDMIに至っては端子すら存在しません(笑)

    今回のマシンは3ペダル。

    つまり6MTということです。
    ギア比は比較的クロスしており、街乗りでも6速までガンガン使えます。
    100Km/h時に6速で3000Rpm程度の回転域です。サーキットでもそのまま活用できそうな感じ。

    そして、アイドリングストップ機構も標準装備。
    これは機能無効化のボタンですが、2ペダルATよりも人の感性に近い制御がされています。
    信号待ちなどでも、ギアをニュートラルにしてサイドを引いて止まる、そいうったシチュエーションでのみ動作します。AT車でありがちな右折街でエンストしたり、そのような不快感はありません。
    マニュアルだからこそ違和感なく装備できた機能だと感じました。

    メーターです。
    Honda SENSING装着車はメーターがかなり違う印象です。
    まずメカニカルな針式のメーターはスピードメーターだけです。
    左側はTFT液晶ディスプレイ、タコメーターも液晶方式です。

    タコメーターはS2000のようなバーグラフ方式。
    メカニカルな針式メーターよりレスポンスは良いのかもしれませんね。

    いかがだったでしょうか?
    まだ外観が中心の紹介となりましたが、Honda SENSINGのテストなど含めて今後も記事にしていきたいと思います。