• タグ別アーカイブ: レビュー
  • 衣類スチーマー ZNT-E301を試す。

    衣類スチーマーというジャンルの製品、最近よく見かけるので気になっていました。
    普段はアイロンがけもしないし、どの製品を買ってよいのかわかりません(笑)
    今回は入門編?ということで、amazonで売られていたZNT社のZNT-E301という製品を買ってみました。

    amazonから届いたZNT-E301、白いボディと白い箱。白物家電ってやつですね(^^

    パッケージに書かれた特徴を見てみましょう。
    なんとハンガーに掛けたまま使えたり、ニオイ消しにも使えたり、なかなか便利そう!

    ZNT社と聞いても、知らない人が多いと思います。私も先日まで知らなかったです(^^
    たまたま購入した「USBシガーアダプタ」がこのメーカー製で非常に性能が良かったため、最近はお気に入りメーカーのひとつになっています(笑)
    PSEマークもあるので、安心して使えますね。

    パッケージから内容物を取り出してみました。
    本体以外にも先端アダプタや耐熱グローブなどが入っています。

    衣類スチーマー本体です。
    白いボディに青い水位窓があり清潔感がありますね。

    本体裏面の銘版です。
    消費電力は700W、水タンクの容量は130mlです。

    本体サイズを計測してみました。
    本体の直径は85mmほどとスリムなボディです。

    高さは133mmです。
    ほぼ水タンクの容量分だけといった感じですね。

    スチーム吹き出し口の先端ノズルです。

    ノズル部分の幅は70mm以上あり、コンパクトサイズながらもワイドな気流を実現しているようです。

    上記吹き出し口は5ノズルあり、スリットも入っています。
    なかなかよさそうな感じですね。

    ちなみに、本体とノズルの接続部分にはシリコンゴムのガスケットが装着されており、高温の蒸気や水が漏れだす心配は皆無です。
    格安製品なのにしっかりと作られている印象を受けます(^^

    先端ノズルの着脱は、このキー溝に合わせてノズルを差し込みます。

    先端ノズルを差し込むと、矢印マークがあるのでぴったりと合うところまで回します。

    こんな感じでマークがぴったり合えば、ロック完了です。
    先ほどのシリコンゴムの効果で節度感ある締め付け感覚が安心感を与えてくれます。

    先端ノズルを装着するとこんな感じです。
    ZNT社のロゴマークが可愛いですね(笑)

    ちなみにマニュアルは日本語のものが入っています。
    使い方は簡単なので読む必要はないかもしれませんが、高温のスチームを扱う製品なので一読しておきましょう。

    ヤケド等につながる事項については、安全上の注意が書かれたカードが別途添付されています。

    では、早速水を注いでみましょう。使った水は普通の水道水です。

    ひとまず、MAXラインまで水を入れてみました。

    コンセントを差し込んで、スイッチをONすると赤いLEDが点灯します。

    そして10秒たらずでヒーター部分に気泡が発生しました。
    なかなかの速さで加熱してくれる感じです。

    30秒程度でグツグツと沸騰が始まりました。もうスチームが発生してますね。

    今回は撮影のために、先端ノズルを外した状態で加熱しましたが、安全のため先端ノズルを装着してから通電するようにしましょう。

    沸騰中はこんな感じで水位窓の中で水の沸騰する姿が見えます。

    さあ、いよいよ試してみる時がやってきました。

    今回はこのようにシワの入ったシャツで実験です。

    マニュアルの手順通り、ハンガーに掛けてスチームーを当ててみました。
    上から下にスライドさせる感じで、あっという間に作業完了♪

    作業自体は数十秒といった具合ですが、こんなにキレイになりました☆

    本来であれば、アイロン台とアイロンを用意してシワ伸ばしするのが正しいのかもしれません。
    しかし、ハンガーに掛けたまま気になる部分だけをサッとシワ伸ばし。
    こんなに便利ならもっと早く買えばよかった!!

    衣類スチーマーは様々なメーカーから発売されていますが、私の使用頻度から考えれば高価な大手メーカー製はオーバースペック(笑)
    これくらいがちょうどいい!と感じました。皆様もぜひお試しを。


  • Nikon SU-800 格安販売の互換機を試す。

    Nikon SU-800 ワイヤレススピードライトコマンダーですが、SB-5000導入に伴い購入を検討していました。しかし純正品は価格が高いことと、電源としてCR123Aリチウム電池を必要とします。今回はそのような点でアドバンテージのあるサードパーティー品を購入してみました。
    メーカーは「DEBAO」で、型式は純正と同じ「SU-800」となっています(^^

    赤いパッケージとなっているSU-800、Nikonとはイメージカラーが違いますね(笑)

    パッケージを開封してみました。
    DEBAO SU-800の文字。最初に出てきたのはユーザーマニュアルです。

    マニュアルと本体を取り出してみました。
    なんと本体は携帯用ポーチまで付属しています。格安品なのに素晴らしいサービス♪

    携帯用ポーチから、本体を取り出してみました。
    心配していた「DEBAO」のロゴマークはなく、ブラックで統一されたシンプルなデザインが好印象。

    背面の操作パネル。液晶パネルとプッシュボタンで構成されています。

    本体下部のマウント部。
    本体シューとの固定はネジタイプ。接点数の多さがi-TTL対応の証ですね。

    本体上部のカバーを開いてみました。
    Nikon純正はCR123Aリチウムバッテリーが必要ですが、DEBAO製は一般的な単3電池が利用可能♪
    これは非常に大きなアドバンテージですね。

    今回はエネループを2本セットしてみました。
    どこでも簡単に入手できるバッテリーが使えるのは本当にありがたいです。
    そして、発光パワーの強さやチャージサイクルの短さなど、バッテリーからくる恩恵も大きいんですよね。


    電源をいれてみました。
    青いバックライトが特徴的な液晶画面です。
    デフォルトではグループA、グループBともにTTLモードとなっていました。

    マニュアルによるとTTL表示はNikonで言うi-TTLモードということです。

    TTLモードですが、グループごとに0.3EV単位での発光量調整が可能です。
    これは純正スピードライトと通信して明るさを調整する機能が備わっている証拠です。

    ちなみに調整幅は明るい方に最大で+3.0EVまで調整可能。

    暗い方は -3.0EVまでと、広範囲に調整可能です。
    これがグループ別に個別設定できますので、スタジオ撮影等でライティングを楽しむ方にも問題はなさそうですね。

    またリピーティング発行など、特殊な発光コマンドに関してもSU-800から制御可能です。

    すこしマニュアルに目を通してみましょう。
    このページは先ほど紹介したi-TTLベースの制御にEV調整を行う内容が記載されています。
    普段使いとしては最もよく使うモードではないでしょうか?

    これはグループBに対して、スピードライト内蔵センサーによるオート発光をさせる設定。
    グループAはi-TTL、グループBはオートと個別に設定可能です。

    これはグループCに対して、完全マニュアル制御の信号を送信するパターンです。
    複数のスピードライトにi-TTL、オート、マニュアルと違う制御信号を同時送信可能です。

    SU-800さえあれば、コマンダーモードを持たないD3x00/D5x00シリーズでもワイヤレスライティングを楽しむ事が可能です。
    実際にサブで利用しているD3300に装着してみました。

    一般的なクリップオンストロボよりもコンパクトなので、エントリー機に装着しても違和感はありませんね♪

    ちなみに、AF補助光の機能も備わっており、SU-800では赤色レーザーが装備されています。
    純正のムギ球とは違う感じですね。

    ちなみにSU-800のAF補助光ですが、このようなレーザー式エイミングになっています。
    カメラ本体の内蔵補助光と比較すると、高速でフォーカシングしてくれるように感じます。
    被写体が平面のものであってもレーザー式なのでキッチリと合わせられるのは大きなメリットですね。

    SU-800を上から見るとこのような感じです。
    バッテリーは装着したまま上部から交換可能で、無駄なロゴもなくスッキリした感じ☆

    ちなみに純正品にはない特徴として、ヘッドの角度が調整可能なんです。
    何段階かでクリック感があり細かく設定可能です。

    ちなみに最大まで回すと、、、なんとこんな所まで調整可能です。

    右も左も同様に-130°~+130°の範囲で角度が調整できます。
    縦撮りや後ろに設置したスピードライトに関してもしっかりと制御信号を届けることが可能です。

    DEBAO製マニュアルに記載されているSU-800の仕様書です。

    ニコン純正とDEBAO製でスペック比較してみました。

    Nikon純正 SU-800 DEBAO製 SU-800
    発光パワー 13W 20W
    到達距離 20メートル 35メートル
    ヘッド角度 正面固定 -0° 左右可変 -130°~+130°
    発光サイクル 4秒以下 2秒以下
    使用バッテリー CR123A 単3電池(eneloop)

    ほぼすべての項目で純正品を上回るスペックを実現しています。
    発光サイクルが半分以下であること、これに関しては撮影時のストレス軽減にも直接影響する部分ですので、バリバリ撮影する方はぜひ試していただければと思います。
    また発光パワーが強いということは、野外での撮影でもワイヤレススピードライトが発光しない!といった状況を回避できる可能性が高くなります☆


    いかがだったでしょうか?
    スピードライトは純正命!という方も多いようですが、ライティング関連はサードパーティー製が豊富ですので、まずは色々なモノを試してから判断されるのも良いかと思います♪


  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。