• タグ別アーカイブ: USB
  • 格安XQDカードリーダーを試す。

    格安XQDカードリーダーを試してみました。XQDといえば数有るメモリーカードの中でも高性能・高価格というイメージがありますよね。
    そこで今回は最近amazonで売られている格安XQDリーダーを試してみました。

    今回購入した格安XQDリーダーです。
    XQD以外にもSDXCカード、USBポートまで装備されています。

    今回はソニー製の高価格XQDリーダーである、MRW-E90と比較する形でその性能を検証してみたいと思います。


    格安XQDリーダーのパッケージを開封してみました。
    今回はシルバーモデルが出てきました。

    格安XQDリーダーの対応規格をチェックしてみましょう。
    PC側のインターフェイスはUSB3.0に対応。
    その他はXQD2.0、SD2.0に対応となっています。

    格安XQDリーダーの外観図です。
    よく見ると、XQD(USB)と記載がありますね。これはおそらくUSBと表記のあるXQDカード以外では利用できないものです。
    今回比較用に準備したMRW-E90であれば(USB)表記が無くても利用可能ですが、格安XQDリーダーだと対応カードを選ぶようですね。
    ちなみにMRW-E90はUSB3.1とSDXC UHS-IIにも対応している点が大きな違いですね。

    XQDカードリーダー本体です。
    ケーブルは太く、短く。これは安心感がありますね。

    ソニー製のMRW-E90と比較してみました。
    ケーブル込みという事を考えると、サイズ感は同じようなモノでしょうか。
    どちらもコンパクトサイズなのでノートパソコンと組み合わせてフィールドでの利用に便利な感じですね。

    格安XQDリーダーはUSB3.0対応となっており、SSマーク入りのUSBコネクタになっています。

    格安XQDカードリーダーの全面です。XQD、SDXC、USB3.0の各ポートが並んでいます。

    まず分解。ということで頑張ってみましたが、全周がガチガチに接着されており、今回は断念する結果に。。。
    申し訳ありません。

    今回はXQDカード以外にもSDカードの速度も比較してみたいと思います。
    左から順に、
    ・Sandisk Extreme UHS-I 64GB
    ・TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB
    ・Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB
    となっています。

    それぞれ裏面を見てみましょう。
    UHS-II対応の物はピンが2段構成になっており、高速通信対応のリーダーを利用する場合は2段目のピンも利用されます。
    なお、従来のカメラ機器でも利用可能となっているので、将来のために買っておく場合でも安心して選べると思います。

    まずは、ソニー製のMRW-E90でLexar XQD 2933x 64GBをテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / SONY MRW-E90
    リード200MB/s、ライト97MB/sと非常に高速な数字をマーク。流石は信頼のソニー製です。

    続いて格安カードリーダーとLexar XQD 2933x 64GBの組み合わせでテストしてみましょう。

    Lexar XQD 2933x 64GB / 格安Reader
    なんとソニー製のMRW-E90を凌ぐ速度をマーク。リード202MB/s、ライト115MB/sと大きな差が出ました。
    これはおそらくMRW-E90はUSBタイプ以外のXQDにも対応させるため、あえてカードリーダー内部でUSB変換しておりオーバーヘッドが存在するようです。

    続いて、ソニー製のMRW-E90でSandisk ExtremePro UHS-II 64GBをテストしてみましょう。
    私はNikonD850をメインに利用しており、UHS-II対応のSDカードが使えることがMRW-E90のメリットだと感じています。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード207MB/s、ライト189MB/sと書き込みが非常に高速ですね。

    では同じカードを格安カードリーダーで試してみましょう。

    Sandisk ExtremePro UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード91MB/s、ライト80MB/sとピーク速度は大幅に低下。これはUHS-II非対応であることが原因ですね。

    続いてTOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBをソニーMRW-E90でテストしてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / SONY MRW-E90
    リード212MB/s、ライト125MB/sとなっています。Sandisk製のUHS-IIカードに比べて書き込み速度が遅いようですね。
    これはD850で使っているときにも体感している事なので、このカードは予備用として利用することが多いですね。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GBを格安カードリーダーに入れてみましょう。

    TOSHIBA EXCERIA UHS-II 64GB / 格安Reader
    リード92MB/s、ライト73MB/sとなりました。やはりUHS-II非対応ゆえのピーク速度の落ち込みです。ランダムアクセス自体には速度差はありませんね。

    続いてSandisk Extreme UHS-I 64GBとソニー製MRW-E90の組み合わせです。
    UHS-II対応のカードリーダーでUHS-I対応のカードを使ってみる実験です。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / SONY MRW-E90
    リード93MB/s、ライト54MB/sという事で、リード速度はカードに記載された速度を上回っていますね。

    最後はSandisk Extreme UHS-I 64GBと格安カードリーダーの組み合わせです。
    これが最も一般的な使い方かもしれませんね。

    Sandisk Extreme UHS-I 64GB / 格安Reader
    リード93MB/s、ライト54MB/sとなっていますが、ランダムアクセス系はSONY MRW-E90よりも高速ですね。

    今回は格安XQDカードリーダーの実力をチェックしてみました。
    XQDカードの利用に限れば全く問題なく利用できました。

    UHS-II対応のSDXCカードもXQDカードも高速に使いたい、そんな用途であればソニー製のMRW-E90ですね。
    逆にXQDカードさえ快適に利用できれば問題ないのであれば、今回のような格安XQDリーダーもオススメできます☆


  • HUAWEI WATCH GTを買ってみた。

    HUAWEI WATCH GTをクリスマスにプレゼントしていただきました(^^)
    先日、「Ticwatch E防水スマートウォッチが浸水故障した。」という事故があり落ち込んでいたのですが、一気に元気回復です♪
    今回はHUAWEI WATCH GTの特徴や使用感などを紹介したいと思います。

    相方にプレゼントしてもらったHUAWEI WATCH GTです。
    艶消しブラックのパッケージにゴールドのHUAWEIロゴ。

    パッケージ側面には「HUAWEI WATCH GT」のロゴが入っています。
    以前購入したTICWatchなどとは違い高級感のあるパッケージですね。



    裏面には電子機器らしく、Buletoothロゴなどが印字されています。
    Model: FTN-B19 / Color:Black Stainless Steel / Wristband Type:Graphite Black Silicone Strap
    JAN/GTIN 6901443262328

    ではHUAWEI WATCH GTのパッケージを開けてみましょう。

    パッケージを上に持ち上げて開けると、HUAWEI WATCH GTが姿を現しました。
    パッケージ内部も高級感ある仕上がりで所有欲を満たしてくれます(^^)

    PULLと書かれたタブがあるので、サッと持ち上げてみましょう。

    すると内部の仕切りが現れました。
    それにしてもHUAWEI WATCH GTは美しいですね。

    仕切りを開けると、マニュアルや充電用ケーブルなど梱包されていました。

    HUAWEI WATCH GTの内容物をすべて取り出してみました。
    HUAWEI WATCH GT本体
    ・充電クレードル
    ・MicroUSB TYPE-Cケーブル
    ・クイックスタートガイド
    ・保証カード

    ちなみにマニュアルは日本語対応しているので初心者の方でも安心して利用可能です。

    HUAWEI WATCH GTを構成する素材も詳細に書かれています。
    本体はステンレスSUS316Lを採用しており、耐食性にすぐれた素材なので安心です。
    本体裏のカバーはポリアミド樹脂+グラスファイバーの複合素材を採用。ポリアミド樹脂自体は温度変化に強く、引っ張りなどに対しても良好な特性を示します。
    そこにグラスファイバーを配合することでさらに強度や質感を増した素材という事ですね。

    またHUAWEI WATCH GT本体は1年保証、周辺機器は3か月保証となっています。

    付属のケーブルはUSB TYPE-Cを採用しています。
    極性なく両面使えるので大変便利ですよね。

    充電クレードル側も当然USB TYPE-C。



    HUAWEI WATCH GTの充電クレードルは接触式なので端子が露出しています。
    ちなみに本体側の充電パッド部はSUS316Lを採用しているので、錆の心配は一切ありません(^^

    充電クレードル裏面には製造番号のバーコードが印字されていました。
    このような小さな部品でもトレーサビリティが行われているんですね。
    こちらの型式はAF38-1となっています。

    ちなみに充電クレードルはマグネットリンク方式。
    金属製のドライバーなどを近づけると、パチッと貼り付きました。

    また裏面もマグネットが効いているので、充電クレードルの固定にも活用できそうですね。

    ではHUAWEI WATCH GTを詳細に見ていきましょう。
    まずは本体を斜めから。時計としての質感も高くビジネス用途でも使えそうですね。

    HUAWEI WATCH GTのバンド部はシリコン素材を採用。
    スポーツタイプという扱いではありますが、好みのバンドに交換することも可能です。

    HUAWEI WATCH GTのフロントフェイスです。
    ステンレスSUS316Lを採用しており、非常に高強度です。仕事柄サーバラックやコンクリート面に接触させた事もありますが、キズ一つ入っていません☆
    5分刻みでの数字が入っており、画面オフの状態でも時計らしさを感じれますね。

    HUAWEI WATCH GTの操作部は2つのボタンとタッチパネルで構成されています。

    ではHUAWEI WATCH GTの裏面を見てみましょう。
    ここはステンレスではなく樹脂素材を採用しています。なので冬場でも冷たい感覚はなく快適です。

    HUAWEI WATCH GTの裏面には光学式の心拍センサーをデュアルで搭載。
    光学式センサーは腕との密着度合い等にも影響を受けますから、デュアルセンサーはうれしい配慮ですね。
    心拍センサー両脇の金属端子はステンレスSUS316L製の充電パッドです。

    HUAWEI WATCH GTのバンドは22mmタイプで任意の物に交換可能です。
    フロントフェイスは一般的な時計のデザインなので、金属製バンドや革バンドも似合いそうですね。

    HUAWEI WATCH GTの裏蓋はトルクスタイプのビスで固定されていました。

    ステンレス部分と樹脂部分のフィッティングも良好で防水性も安心ですね。
    またTICWatchとの大きな違いは裏蓋の樹脂部を含めて剛性感がとても高い事です。

    HUAWEI WATCH GTはバンド幅22mmとなっていますが、念のために再計測。。。
    やはり22mmでした(笑)

    HUAWEI WATCH GTのディスプレイは36mmサイズです。
    36mmタイプの汎用ガラスフィルムも装着可能ですが、そのまま利用するのもアリだと思います。

    試しに36mm用のガラスフィルムを貼り付けてみましたが、すぐに剥がしてしまう事に。。。
    HUAWEI WATCH GTのガラスは高度な表面処理が施されており、普通のガラスフィルムだと指紋付着が少ない事や滑りの良さなどをスポイルしてしまいますからね。

    HUAWEI WATCH GTの重量は標準バンド込みで64gです。

    充電クレードルは11gと軽量ですが、普段の生活では持ち運ぶ必要もないでしょう。
    なぜならHUAWEI WATCH GTの電池持ちは異常なほど良く、実際に2週間装着したままでも問題ありませんでした。

    HUAWEI WATCH GTの充電クレードルと本体をくっつけてみました。
    マグネットリンクで方向も決まっているので、逆極性に接続される心配はありません。

    操作ボタン側にUSB TYPE-Cの端子が来るので、ケーブルを右側にしておけば充電中の表示方向は正しい向きになります。

    ではHUAWEI WATCH GTの電源をいれてみましょう。
    赤いHUAWEIロゴが表示されました。Wear OS by Googleではなく、HUAWEI独自のOSを採用しています。
    これは驚異的なバッテリーコンサプションを実現するためには必須だったのだと思います。

    電源を投入するとQRコードが表示されたので、利用中のスマホで読み込んでアプリのインストールを行いましょう。
    今回はAndroid端末で読み込んでみました。
    https://messagecenter.hicloud.com/messageH5/html/HwHealthQRCode.html

    するとGoogle Playに接続されました。
    勝手サイトからのインストールではありませんので、安心して利用可能ですね。

    実際の利用場面で取得したデータです。
    2週間以上のバッテリー持ちを実現しながら24時間連続で心拍数を記録してくれます。
    これは非常に重要なことで、夜間の睡眠中にバッテリー充電という従来の利用スタイルを大きく変えるものです。
    なので睡眠中を含めて記録できるです。

    それは睡眠記録にもつながり、睡眠の質を改善する手助けにもなりそうですね。

    HUAWEI WATCH GTは所謂スマートウォッチの部類としては驚異的なバッテリー持ちに驚きました。
    入手するまでは2週間以上のバッテリー持ち、そんな謳い文句を信じていませんでしたが実際に使ってみてビックリ!
    国ぐるみ、世界ぐるみでHUAWEI排除の動きがありますが、この技術力の高さを恐れての事ではないでしょうか。
    2週間装着しっぱなし、旅行でも充電器は不要、こんな使い方ができるのはとても快適です☆



  • EaseUS Todo Backup Homeのシステムバックアップに救われた件

    EaseUS Todo Backup Homeというソフトをご存知でしょうか?
    実はブログ更新専用に使用していたPCのOSが起動不良となり、それの復旧に大いに役立ったソフトなんです(^^;
    今回はSSDだから故障しないという考えは間違いであるという事を再認識しました。

    起動不良となったPCです。
    分解を試みるも、SSDはSATAタイプではなく手持ちの機器ではデータを救い出す事は出来ませんでした。

    症状としてはWindowsUpdateの途中で動作がおかしくなった感じです。

    ディスクチェックの画面が繰り返し表示されます。

    ドライブをスキャンするも、復旧には至らず。

    何度も繰り返される悪夢。
    見飽きた画面です。。。

    ブログ用のPCは重要な機器として扱っているので、数か月ごとにEaseUS Todo Backup Homeというソフトでシステム全体のバックアップを取っていました。
    今回はそれを使って復旧させてみることにしました。
    私はUSBメモリにWindowsPEブートイメージ、SDカードにシステムバックアップを保存するようにしています。


    まずはUSBブートが可能な状態へBIOS設定を変更しましょう。
    これは機器によって画面が違いますので、お手持ちのマニュアルを参考にしてくださいね。
    メーカーや機器によってさまざまですが、電源投入後に「DEL」、「F2」、「F10」、「ESC」などを連打していると入れることが多いです。

    事前に作成していた、USBメモリとバックアップデータのSDカードを挿入して、PCの電源をONしましょう。
    するとWindowsPEブートイメージから、EaseUS Todo Backup Homeが起動しました。
    これはバックアップやリカバリーの専用ソフトなので、この状態ではWindowsを操作することはできません。

    画面にある「Browse to Recover」をクリックしましょう。

    するとバックアップ済みのデータが表示されます。
    今回は「2018/08/09 23:53」にバックアップを取ったデータが見つかりました。
    このデータからPCを復旧させるので「Recovery」をクリックしましょう。

    するとリカバリー対象のディスクイメージの選択画面が表示されます。
    通常は一番上にチェックを入れて「Next」をクリックしましょう。

    続いて書き戻し先のディスクを選択する画面が表示されます。
    これも通常は一番上にチェックを入れるだけでOKです。「Next」をクリックしましょう。

    するとディスクの上書き警告が表示されますが、すでに起動不能となったPCです。
    気にせず「Yes」をクリックしましょう。

    すると即座にリカバリーが開始されました。
    時間がかかる作業なのでコーヒーでも用意しながらゆっくりと待ちましょう。

    と思ったのもつかの間、5分程度でリカバリーが完了してしまいました!
    今回はSDカードとSSDという組み合わせなので短時間で完了したのかもしれませんが、まさに爆速といえる感じですね。

    期待半分、不安半分といったところですが、PCを起動させてみました。
    アップデート等の関係か何度か再起動が繰り返されます。。。

    そして見事に復活することが出来ました。

    EaseUS Todo Backup Homeですが、USBメモリやSDカードを使ってバックアップできる手軽さや、簡単な操作は初心者の方にもおススメです。
    写真や音楽などのデータだけ外付けHDDにコピーしている方も多いかと思いますが、Windowsの状態まで完全にバックアップできるのは大変心強い存在です。

    バックアップというと難しいと感じるかもしれませんが、故障したときの強い味方になりますね。
    今回は身をもって体感し、嬉しさのあまりブログ記事のネタにしてみました(笑)

    そんな感じでブログ記事を書き始めましたが、ついでなのでバックアップの取得方法についても紹介しておきたいと思います。
    まずはEaseUS Todo Backup Homeを起動します。

    メニューから「ブータブルディスクの作成」を選択しましょう。
    これが先ほどのWindowsPEブートイメージUSBを作成する手順になります。
    それほど大きな容量は不要ですので、適当なUSBメモリをPCに接続して、「作成」をクリックしましょう。

    すると「WinPE ISOを作成中…」というメッセージが表示されます。

    続いてUSBメモリに書き出す作業が始まりました。

    USBメモリが削除されるので、「選択したデバイスはフォーマットする必要があります。続行しますか?」と聞かれます。
    本当に削除して問題ないUSBメモリであれば、「OK」をクリックしましょう。

    すると、「WinPE ISOがエクスポートされました。」と表示され作業は完了です。
    時間にして2分程度でしょうか。非常に快適でサクサクと作業が進む感じですね。
    「完了」をクリックして完了です(^^

    画面が戻ると「システムバックアップ」というボタンが現れました。
    「システムバックアップ」をクリックしましょう。

    対象となるディスクやWindowsのバージョンなどが表示されます。
    今回はSDカードに保存するので、宛先だけ変更しましょう。

    このようにバックアップの保存先も様々な箇所を選択することが出来ます。
    今回はSDカードですが、ネットワーク上の他のPCに保存したり、NASに保存したりとなかなか便利なバックアップソフトですね。

    保存先を選んだら、「実行」をポチっとクリックしましょう。
    これだけでバックアップが開始されます。

    バックアップ中はこのように進行状況が逐次表示されます。

    私の環境だと5分足らずでバックアップ作業が完了しました。

    このようにわずか数分の作業で安心を得ることが出来るのが、バックアップソフトの役目なんですね。
    競合他社の物なども使ったことがありますが、EaseUS Todo Backup Homeは3980円と価格が安いので試しやすいのが良いですね。
    またダウンロード販売もされているので、amazon等でCD版のソフトを買う必要もありません。

    今回はシステムバックアップ機能しか使っていませんが、ほかにもメールのバックアップやスケジュールによる自動バックアップなどの機能も実装されています。
    メーカーページでは無料体験版も配信されているようなので、まずは無料体験でバックアップソフトを体験してみてはいかがでしょうか?
    https://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html