• タグ別アーカイブ: Nikon
  • TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nのフード改造。

    サーキットや野鳥撮影で使っているA022Nですが、レンズのサイズが大きい事もあり、フィールドでのレンズ交換には少々苦労が伴います。
    センサーのダスト対策なども考えれば、本来はレンズフード側を下にしてレンズ交換したいのですが、環境によっては難しい事も。
    そこで、標準のフードに溝ゴムを取り付けすることで、この問題を解決することが出来ましたので、その手法を紹介します。

    TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nです。

    普段はこのように、カメラボディ側を下に置いた状態で交換するしかありません。

    しかしセンサーのダスト対策を考えれば、このようにレンズを下側に置いて交換したいところ。
    室内等であれば問題ありませんが、野外のフィールドで同じ事をやればフードは短期でボロボロになりそうです。

    まだまだキレイなレンズフード。この状態を維持したいところ(^^

    というわけで、ホームセンターコーナンで溝ゴムを買ってきました。


    溝ゴムとはこのようにV字やU字の形に形成されたゴムの事です。
    これをエッジ部分に差し込む事で、エッジ部を保護したり、エッジ部でケガすることを防いだり、そんな用途のゴムです。

    購入したものは「八幡 溝ゴム ボビン巻 #94 100m」です。
    JANコードは4979874025333となっており、どこでも購入可能です。
    今回はホームセンターでの切り売り品を1m購入しました。

    レンズフードの先端部分は直径が125mmほどあります。

    この数字をもとに円周率をかけて必要な溝ゴムの長さを算出しましょう。
    125mm×3.141592

    393mmという結果になりました。

    という訳で、溝ゴムを必要量切り出します。

    そして、あとはレンズフード先端に差し込んでいくだけ!!
    と言いたいところですが、やはり固定が弱いです(^^;

    そこで今回は0.2mmの激強力両面テープを活用して固定してみたいと思います。

    この激強力両面テープは基材レス仕様なので、長期使用でも安定した接着力を実現しています。
    購入したものは「和気産業 激強力両面テープ マルチ ( 8511200 )」です。
    JANコードは4903757301221となっており、どこでも購入可能です。

    このようにエッジ部分に折り返すように両面テープを施工します。

    そして溝ゴムを押し込むように接着していきます。

    ぴったり一周巻き終わりました。
    両面テープの施工個所を多めに取ることで、強度もしっかりしており外れる心配もなさそうです。

    溝ゴムなので、フード内側へのはみだしも最小限。
    ケラレ等の画像影響も皆無なので安心して撮影に望めます。

    溝ゴムを施工したことで、レンズフードを装着したまま地面においても大丈夫になりました。

    実際にサーキット等でコンクリートやアスファルトの上に置いて使っていますが、安定度は抜群です。
    レンズ交換もカメラ側を回すように操作することで、簡単かつ確実に作業できるようになりました。

    今回の内容は非常に簡単な加工です。
    同じレンズをお使いの方はぜひやってみてはいかがでしょうか。
    レンズフードをキズから守るだけではなくレンズ交換が容易になるので、レンズ交換時の落下事故なども防止できるのではないでしょうか。


  • Nikon MH-26aAK互換バッテリーチャージャーを分解する。

    Nikon D850で9枚/秒の連写を実現するには、マルチパワーバッテリーパック MB-D18Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18バッテリー室カバー BL-5などが必要となります。更にはEN-EL18専用の充電器も必要なりますが、価格も高く入手性も良くありません。
    そこで、今回はamazon等で販売されているMH-26aアダプターキット MH-26aAK 互換品を分解してその中身を探ってみたいと思います。

    今回分解するMH-26aAK互換バッテリーチャージャー。外観はNikon純正の充電器と似ています。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーの裏面。
    型式はFB-DU-EN-EL18となっています。
    入力はAC100V~AC240Vのマルチ入力タイプ。充電電流は1.2Aとなかなかパワフル。

    では早速分解してみましょう。
    今回はトルクスタイプのネジが使われているので、トルクスドライバーを用意しました。

    ネジロック等は施工されていないので、ドライバーさえ適合すれば簡単に外せます。

    4本のビスが外れました。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーの裏面。ビスを外したので4本の穴が開いています。

    パカッとカバーを外しました。
    まず見えたのは充電器全体を覆うサイズの基板です。

    基板をめくってみました。
    すると奥からもう一枚の基板が現れました。互換品とはいえ、なかなか凝った作りになっていますね。

    基板同士を接続するケーブルを外してみました。
    こちらは電源系の基板でしょうか。スイッチング電源と謎の抵抗で構成されています。
    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーですが、この基板の型式はBC-26Aとなっています。

    まず気になったのはこの抵抗部分。比較的ワット数の大きな抵抗が多数並んでいます。

    先ほどの抵抗部分の裏面パターンです。
    基本的にはすべて直列で配線されており、基板同士を接続するコネクターにパターンが伸びています。

    こちらは抵抗とは反対側のスイッチング電源部分です。
    ACインレットコネクタからダイオードで整流、そのままスイッチング電源を構成する形となっています。

    スイッチングの要となる半導体は「SDC社」の「SDC606」を採用。
    85V~265Vの入力に対応した12W出力のPWMコントローラーです。

    フィードバック用のフォトカプラには「SHENZHEN ORIENT TECHNOLOGY社」の「ORPC-817」を採用。
    型式からもわかる通り、フォトカプラの定番ともいえる「SHARP社」の「PC817XNNSZ0F」と同じようなスペック。

    スイッチングトランスには「ENEL18」と印字があるものの、素性は不明。。。

    続いてMH-26aAK互換バッテリーチャージャーの奥にある基板をチェックしてみましょう。

    3本のビスを外して基板を取り出しました。
    先ほどの基板とは違い、スルーホールタイプの両面基板が採用されています。

    基板表面です。
    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーではありますが、互換品とは思えない中々な作りではないでしょうか。

    メインのチップはマークが削除されており素性は不明です。

    完全にマークが消されていますが20ピンDIPということでATMEL系マイコン??
    Attiny2313A-Suかなぁ、などと想像を膨らませつつ観察は終了です(^^;

    SMT実装のコネクタなども非常にしっかりとした作りです。

    ちなみにこの基板はBC-26A-Bという型式になっていました。

    基板の各部をチェックしてみましたが、半田付け品質も問題なく、本当に互換品!?と思えるほど。

    そして基板を外した奥側はこのようになっており、バッテリー部のコネクタとはケーブルで接続されていました。

    型式はBC-26AとBC-26A-Bという基板のセットになっており、このチャージャー専用に作られたもののようです。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーでamazonのレビューではキャリブレーションが機能しないと評されています。
    実際にキャリブレーションボタンを押すとオレンジのLEDが点灯するところまでは確認できています。

    というわけで、MH-26aAK互換バッテリーチャージャーによるキャリブレーション時の動作を調べてみました。
    キャリブレーション中は充電電流が停止し、バッテリーには放電方向の負荷がかかっています。
    その負荷は最初に紹介した基板の抵抗部分が関与していました。
    実際にキャリブレーションLED点灯中は抵抗の温度が上昇し、放電させる動きをしています。
    ただし、この動作が長時間持続しないというのが実情のようです。

    もう一方のバッテリースロット側でもキャリブレーション機能は一定時間のみ動作する状態。
    充電に関しては両方のスロットにバッテリーを装着しておくと、1番→2番と順番に100%まで充電してくれました。

    amazonレビューにある通り、バッテリー放電機能の動作には疑問がありますが、充電機能や機器品質は問題なさそうです。
    キャリブレーション代わりのバッテリー放電に関しては、D850を動画撮影モードに設定して録画状態で放置する事で対処しています。
    写真ではロワジャパン製の互換バッテリを使用していますが、Nikon純正のEN-EL18でも正常に100%まで充電できていますので、安価に試してみたい方にはベストチョイスではないでしょうか?
    回路構造や内部構造については純正との分解比較もしてみたいところですね(^^




  • 売切れ続出のTAP-in Console TAP-01NをGETして分解してみた。

    最近なぜか売切れが続いているTAP-in Console TAP-01Nですが、運よく店頭で購入することが出来たので分解してみました。
    TAP-in Console TAP-01は対応するタムロン製レンズに対して、フォーカス調整やファームアップなどが自分で出来るというアイテムです。
    対応レンズを所有している方であれば、一つ持っておいて損はなさそうですね。

    TAP-in Console TAP-01のパッケージです。
    シンプルな白い箱に入っています。

    パッケージを開封してみました。
    タムロン製レンズと同じような構成のようになっていますね。

    内容物を取り出してみました。
    ・TAP-in Console TAP-01本体
    ・MicroUSBケーブル
    ・マニュアル類
    などが同梱されていました。

    TAP-in Console TAP-01の製品仕様です。
    対応OSはWindows系、MacOS系の両対応となっています。
    インターフェースはUSB2.0バスパワー対応となっており幅広いPCで利用可能です。

    TAP-in Console TAP-01の利用には専用ソフトウェアが必要となりますが、CD-ROM等による同梱はありませんでした。
    インターネットからダウンロードして利用するタイプでの供給となっています。

    TAMRON TAP-in Utility最新版のダウンロードはこちらから。
    http://www.tamron.com/ja/tapin

    PCとの接続はUSB端子となっており、TAP-in Console TAP-01側はMicroUSB仕様です。
    いまだにMiniUSB仕様の機器も存在していますが、より一般的なMicroUSBというのは有難いですね。

    TAP-in Console TAP-01本体です。
    角の取れた丸っこいデザインが特徴的です。マウント形状ごとに型番が異なっており、これはNikon用の物となっています。

    TAP-in Console TAP-01のマウント側です。
    見慣れたNikon Fマウントが見えています。

    サイド面にはレンズロック解除用のリリーススイッチ。

    そして反対側にはPC接続用のMicroUSB端子が装備されています。

    TAP-in Console TAP-01のマウント部分です。
    タムロン製キャップを外してみたところですが、Nikonカメラのマウントと全く相違ありませんね。

    通信用の接点端子もNikon Fマウントと同じです。

    マウント部はビスで固定されているので、ここから分解できそうな感じです。

    というわけで、TAP-in Console TAP-01の分解を開始しましょう。
    まずは精密ドライバーでマウント部のビスを外します。

    一般的なプラスネジが使われているので、どなたでも簡単に取り外し可能です。

    4本のビスを外すと、Fマウントぶのリングが外れました。

    その奥にはさらに4本のビスが見えています。
    Fマウントリングは外れましたが、接点やロックピンなどはまだ本体に装着されたままです。
    ちなみに銘版を確認すると、型式はTAP-01NでMADE IN JAPANとなっています。

    ではFマウントリングの奥から出てきた4本のビスを外しましょう。

    パカッと開きました。
    Fマウント接点とメイン基板を接続するフレキシブルケーブルを切断しないよう注意が必要です。

    フレキシブルケーブルを精密ピンセットで慎重に取り外します。

    無事に分離できました。

    さらに分解を進めましょう。基板を固定している4本のビスを外します。

    基板のいなくなった抜け殻です。

    TAP-in Console TAP-01を構成する、すべての部品を並べてみました。
    マウント部分はFマウントを忠実に再現した金属製ですが、その他はプラスチック部品で構成されています。
    剛性のある作りでもないので、TAP-in Consoleにレンズを装着するというよりは、レンズにTAP-in Consoleを装着するという感じでしょうか。

    TAP-in Console TAP-01のメイン基板表面です。
    MicroUSBコネクタ、フレキシブルケーブル用コネクタ、ピンヘッダーのパターンなどで構成されています。

    TAP-in Console TAP-01のメイン基板裏面です。
    LEDとフレキシブルケーブルのコネクタがある以外に目立った装備はありません。
    基板にはTAMRON AY042-901-0000-K1のシルク印字。
    また1735の記載から2017年35週に生産された生基板ですね。

    TAP-in Console TAP-01のメインチップです。
    734AZ00 F51116A DFL と印字されていますが、詳細は不明です。カスタムチップでしょうか。

    では実際にTAP-in Console TAP-01を使ってみるために、もう一度組み立てました。
    レンズロックのリリーススイッチ部分は組み立てが少々面倒でした(笑)

    まずテストするのは対応レンズのひとつ、TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)です。
    比較的大型のレンズなので前玉を下にして立てたまま装着してみます。

    TAP-in Console TAP-01とレンズ双方のキャップを外します。
    後はカメラにレンズを装着するのと同じ要領ですね。

    TAP-in Console TAP-01とレンズの合いマークを合わせてカチッと装着しましょう。

    装着完了です。
    TAMRON G2世代のレンズとマッチングしたデザインが良い感じですね。

    では実際にPCと接続してみましょう。
    正常に接続されると青いLEDが光ります。

    TAMRON TAP-in Utility最新版のダウンロードはこちらから。
    http://www.tamron.com/ja/tapin

    TAMRON TAP-in Utilityを起動すると、TAP-in Console TAP-01自体のファームウェアアップデートが表示されました。

    やはり最新のソフトが一番ですので、手順に従いアップデートを実施しましょう。

    TAP-in Console TAP-01アップデート時の注意事項が表示されます。
    要はアップデート中に余計な操作をしない。ということですね(^^;

    ではアップデートを実施しましょう。

    アップデートは短時間で終了しました。

    TAP-in Console TAP-01にレンズを装着した状態でソフトを起動してみました。
    装着レンズは「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」と表示されています。
    モデル名は「A022」、マウント種別は「Nikon」となっています。
    そしてレンズのファームウェアは「バージョン1」表記なので、隣のファームウェアアップデートをクリックしてみましょう。

    すると、バージョン1が最新版だったようで、アップデートは必要ありませんでした。

    先ほどの画面はピント調整の項目でしたが、それ以外にもフォーカスリミット設定が調整できます。

    またフルタイムマニュアルの利用可否や、VC手振れ補正モードの設定も可能です。
    鳥を撮影したい、飛行機を撮影したい、など用途に合わせて微調整できるのは便利ですね。

    ここでちょっとした実験をやってみました。
    そう、公式では非対応とされているレンズを装着したらどうなるのか?

    TAP-in Console TAP-01 + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)

    TAP-in Console TAP-01 + SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009)

    結論は全く認識してくれませんでした💦

    ここからは遊びで色々なレンズを付けてみました(^^

    TAP-in Console TAP-01 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
    ×エラー表示で認識せず

    TAP-in Console TAP-01 + Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
    ×エラー表示で認識せず

    TAP-in Console TAP-01 + Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR
    ×エラー表示で認識せず

    TAP-in Console TAP-01 + TOKINA AT-X116 PRO DX2 11-16mm/F2.8
    ×エラー表示で認識せず

    TAP-in Console TAP-01 + KENKO AF 2X TELEPLUS PRO 300 DGX +  TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)
    〇この組み合わせだとレンズを正しく認識しました。あまり意味はありませんが、テレコン通しでも正常に通信できるようです。

    対応レンズを所有されている方であれば、一つ持っておいて損はないと思います。
    とくにフォーカスリミッターの設定変更は大変便利なものだと思います。

    価格も安いので、お手軽なカスタム用パーツとしても楽しめますよ☆