ZenFone2 LCD 格安で液晶修理する4(パネル装着編)

ASUS Zenfone2 ZE551MLですが、不注意により液晶パネルを割ってしまいました。 修理に出すと長期間使えず不便なので、自分で格安修理してみました。
メーカー修理だと高額ですが、自己修理だと非常に安価(^^
修理方法も簡単ですのでこのサイトを参考に頑張ってみてくださいね!

 

前回、液晶パネルを剥がし終えたフレーム部品。
もう機能パーツは一切残っていませんのでとても軽く感じますね。
DSC_0344

さっそく液晶パネルの取り付け!と言いたい所ですが、まずは下準備をシッカリとやりましょう。
ここを確実に作業することで仕上がり品質にも大きな差が出ます(^^

というわけで、残存している古い両面テープを確実に除去します。
少しも残っているとパネルが浮いてしまうので、4面すべてを確実にはがしましょう。
DSC_0345

両面テープを除去したあとは、微細なホコリなどを除去するため、養生テープを押し付けてゴミ取り。
特に角の部分にごみがたまりやすいので、シッカリと押さえつけてクリーニングしましょう。
DSC_0346

クリーニングが完了しました。
とてもキレイな状態で、これなら新しい両面テープもシッカリと貼り付けできそうです。
DSC_0347

この状態でよく見ると、フレームが反っているのが分かります。
前回使用したヒートガンで過熱してまっすくの状態に戻しました。
DSC_0348

では、新しい液晶パネルと割れたパネルを比較してみましょう。
新しいパネルはamazonにて購入したものです。
DSC_0349

割れた液晶パネルのコントローラ部分。
DSC_0351

新しい液晶パネルのコントローラ部分。
まったく同じ部品にしか見えないですね。
部品配置、シルク記号、カプトンテープなどまったく同じ部品です(^^
DSC_0350

フレキケーブルには FHD(フルHD)、ZE551MLの記載があります。
まさにZenfone2のための液晶パネルですね。
DSC_0352

液晶上部をみてみましょう。
カメラや近接センサー用の穴もバッチリ。
DSC_0354

液晶パネルのロット番号を良く見ると。。。
なぜか、ウンチちゃん(笑)
製造工場での検査員の遊び心でしょうか。まぁ正常に動作すれば問題ありませんね(^^;
DSC_0355

 

次に液晶パネルの固定ですが、このようなアイテムを準備しました。
(透明両面テープは今回未使用です)
DSC_0142

液晶パネルの固定には薄めの強力両面テープが必須です。
今回は0.3mm厚のコチラを利用。


DSC_0143

作業性を考えて、ノリの付きにくチタンコートハサミを購入!
DSC_0145

これ、強力両面テープでもまったくノリが付かず、スイスイ切れました。
本当にオススメです!
DSC_0147

DSC_0357

そして、両面テープの整形にはNTカッター 30度ナイフを利用。
カッターといえばNTの30度です。他のものは使えなくなりますね♪

 

では両面テープ作業の開始です。
まずはフレーム側面の内溝にあわせて両面テープを貼り付けます。
隙間がないようにツライチでピッタリと貼り付けます。貼り付けは工具を利用してシッカリ圧着してください。
DSC_0358

十分に圧着したら、NTカッターでサクッと不要部分を除去します。
本当に良い切れ味で気持ちよく作業が進みます(^^
DSC_0359

簡単な直線部分が終わったら、次は本体上部の局面部にはいります。
ここではコーナー部の処理が重要です。シッカリと圧着してNTカッターでサクッと切り落とす。
丁寧な作業は、美しい仕上がりにつながりますので妥協せず頑張って作業しましょう。
DSC_0356

本体上部はカメラホールなどを避けつつ貼り付けしていく必要があるので、難所といえば難所です。
そして忘れがちなのが、通話スピーカー用のメッシュパーツ。
割れた液晶側に居ることが多いので、取り付け忘れしないよう注意しましょう。
メッシュの上から両面テープを貼り付ければOKです。
DSC_0360

ほぼ全体に貼り付けが完了しました。
なお今回は充電LEDが明るすぎると感じていたので、あえて充電ランプも両面テープで塞いで暗い表示を実現しました。

両面テープが貼り終わったら、液晶パネルの取り付けシミュレーション(練習)をしておきましょう。
実際の作業は一発で決めないと、両面テープ処理をやり直す羽目になります。それは避けたいですよね(^^;
DSC_0363

シミュレーションが完了したら液晶パネルの両面テープ剥離紙をはがします。
これは液晶パネルにフレキ基板を貼り付けする為のものです。
DSC_0369

2箇所あるのでどちらもはがします。
DSC_0370

そして液晶パネル裏面の金属シールドに貼り付けしますが、貼り付け基準がマーキングされています。
金属の溝がそれですので、その位置に合わせて貼り付けます。
DSC_0371

こんな感じで液晶パネルと水平になるように貼り付けます。
DSC_0372

貼り付けが終わったら、先端部分を起こしておきましょう。
これでパネル装着作業がやりやすくなります。
DSC_0373

では心の準備が済んだ段階で、両面テープの剥離紙をはがしていきます。
両面テープごとはがしてしまわないように、慎重にはがします。
DSC_0364

すべてはがし終わりました。
いよいよ接着です。
DSC_0365

まずはタッチパネルのフレキ基板をスリットに通します。
DSC_0375

次に液晶パネルの信号ケーブルを穴に通します。
両方が確実に通ったことを確認してから液晶パネルと両面テープを接触させます。
パネル貼り付けに集中するあまり、合体したあとにケーブルが出ていなかったというミスは避けましょう。
DSC_0376

バッチリ取り付けできました。
DSC_0378

この状態で軽くヒートガンで暖めてシッカリと圧着しましょう。
これにより剥離等の事故を防ぐことができます。
DSC_0379

これで液晶パネルの取り付けは完了です。
次は本体の再組み立て作業です。もう少しで完成ですね。

 

【ZenFone2 液晶修理関連記事リンク】

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する1(解体編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する2(バッテリー外し編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する3(パネル外し編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する4(パネル装着編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する5(完結編)


ZenFone2 LCD 格安で液晶修理する4(パネル装着編)への1件のコメント

  1. アバター 中村冴花
    中村冴花 コメント投稿者

    はじめまして。この度スマートフォンの液晶パネルを交換してみたのですが、音が全くでなくなってしまいました。 
    原因はなにでしょうか。。zenfone2ze551mlです。

    • 中村冴花さん、こんにちは。

      修理後に音が出ないということですが、どの部分の音になりますでしょうか?
      ・通話用スピーカー
      ・裏面スピーカー
      ・ヘッドホン端子
      場所がわかればある程度の原因は推測できるかと思います☆