• タグ別アーカイブ: USB充電
  • RAVPower 40W USB充電器を買ってみた。RP-PC026

    USB充電のガジェットが増加するなかで、旅行の際に使えそうなUSB充電器を探していました。
    amazonで検索してみると、コンパクトサイズなRAVPower 40W USB充電器を見つけたので買ってみました。
    USBポート数も4ポートあり、必要十分なスペックです。

    ポチっとした翌日に到着したRAVPower製の充電器です。
    白を基調としたシンプルなデザインのパッケージ。

    パッケージを開けてみました。
    Happy?と書かれたスマイリーが登場(^^

    内容物を取り出してみました。
    RAVPower 40W充電器本体のほかにマニュアルとスマイリーカードが入っていました。

    マニュアルは日本語対応されており、初心者の方でも安心して使えますね。
    製品スペックとしては、
    入力電圧:AC100~240V 50/60Hz
    出力電圧:5V 40W (計8A)
    サイズ:7.9cm x 7.0xm x 2.7cm
    重量:122.9g
    とコンパクトサイズながら、なかなかのパワーがあります。
    またメーカー保証も18ヶ月間あり、安心して長く使えるスペックとなっています♪

    本体をみてみましょう。
    RAVPower 40W充電器のUSBポート数は4ポートです。
    各ポートはRAVPowerのiSmart対応となっています。

    本体の印字部です。
    RAVPower 40W 4ポートUSB充電器と日本語で記載されています。もちろんPESマークもあるので日本国内でも安心して利用できますね。
    出力はトータルで8Aとなっていますが、各ポート単位での最大出力は2.4Aです。

    本体正面にはiSmartロゴがあるだけのシンプルな外観。

    もちろんコンセントは格納式となっているので、持ち運びにも便利です。
    まれに完全格納できないような設計の製品も見受けられるなか、コンパクトサイズながら完全に格納できるのはポイントが高いですね。

    RAVPower 40W USB充電器のコンセントを起こしてみました。
    ちゃんと丸穴が開いているので、コンセントにしっかりと差し込む事が可能です。

    外観チェックはこの程度にして、RAVPower 40W USB充電器の体力測定を行ってみましょう。
    今回も当サイトではおなじみの CENTURY USB POWER LOADER CT-PL-01 を使います。

    RAVPower 40W USB充電器をコンセントに接続しました。
    今回は写真撮影のため、直接壁コンセントに接続せず延長コードに差し込んでいます。
    ちなみに、まず分解。おすすめはやはり「工事物件タップ」ですね。
    一般家庭でよく見かける所謂延長コードとは一線を画す、質実剛健な感じが〇

    RAVPower 40W USB充電器には電源ランプがありませんが、その代わりにUSBポート内がうっすらと光ります。これは暗闇やベッドサイドなどでの利用に最適な感じですね。明るすぎずちょうどよい感じ☆

    では早速電流をながしてみましょう。
    まずは手始めに1A負荷から。

    スペック的には1ポート当たり2.4Aとなっており、1Aは余裕でクリア。
    電圧は5.27V出ています。

    続いて製品スペック上の1ポートmaxである2.4Aを流してみましょう。

    2.4A負荷でも5.16Vと非常に優秀なスペックです。
    大電流をとりだすと電圧降下して急速充電にならないような製品もあるなかで、非常にパワフルですね。

    ここから先は自己責任になりますが、2.4Aを超える電流負荷をかけてみましょう。
    まずは3A流してみました。

    3A流した状態で4.98VとようやくUSB規格の5Vになりました。

    まだまだ余裕がありそうなので、どんどん電流を増やしてテストしてみましょう。
    3.1A負荷。まだ動作しています。

    3.1A負荷で4.9Vまで電圧が下がりました。さすがに製品スペックを0.6A超過しているので仕方ないかもしれませんね。

    電圧が止まるところまで上げていきます。
    3.2Aもクリア。

    続いて3.3Aも問題ありません。

    どんどん電流を上げたところ3.5Aで出力停止しました。
    なので、最大値である3.4Aで体力測定してみました。

    製品限界スペックを1A超過した3.4A状態でも4.82Vを維持しています。
    これは今までテストした中では非常に優秀な値です。

    RAVPower 40W USB充電器は本当にパワフルですね!

    RAVPower 40W USB充電器はコンパクトサイズながら、非常にパワフル。
    各種ガジェットの充電速度も高速で本当におススメできる一品です。
    QC3.0などの機能は備えていませんが、一般的な機器に使うのであればイチ押しです☆

    これは撮影終了後にコンセントから抜いた状態です。
    USBポート内を照らすLEDがなかなか消えないんですよね。
    10秒近く光っていましたので、これは非常に大きなコンデンサを装備している証明ですね。

    このように光り続けています。
    大容量のコンデンサは価格も高いので、コストダウン対象として容量削減される事も…。
    しかしながら、性能に妥協することなく大容量のコンデンサが搭載されている事は歓迎できますね。

    いかがだったでしょうか?
    RAVPower 40W USB充電器を実際に使ってみると非常にパワフルで、スマホを複数台接続しても充電速度は落ちませんでした。
    頻繁に旅行に出かける方や、多数のスマホを持ち歩く方にはおススメできる一品です。


  • ZEROTECH DOBBY ゼロテックドビーを買ってみた。

    ZEROTECH DOBBY を買ってみました。
    ポケットサイズで4Kカメラ付き、スマホで操縦可能と持ち運びには大変便利です。
    またドローンとしては200g以下の重量になるので、航空法の制限もなく気軽に楽しむことが可能です。

    今回は専用キャリングポーチ付きのデラックス版を購入してみました。
    リブが入っており強度は十分です。ドローン本体をしっかりと保護してくれそう!

    ポーチをパカッと開けてみました。
    本体以外にも予備バッテリーや充電器など沢山のものが収納できるので、お出かけにはぴったり。

    ZEROTECH DOBBY本体です。
    ホワイトパールのボディがキレイですね♪

    付属品などを含めて取り出してみました。
    内容物は大変充実しており、以下のような物が入っていました。
    ・ZEROTECH DOBBY本体
    ・ACアダプタ(QC2.0対応)
    ・充電器(QC2.0対応)
    ・バッテリー 2個
    ・Micro USB TYPE-Cケーブル(変換コネクタ付き)
    ・プロペラガード
    ・予備プロペラ
    ・専用NDフィルター

    本体のサイズを計測してみましょう。
    全長は135mmで、iPhone6よりも若干短いです。

    横幅は64mmと、これもiPhone6よりコンパクト。

    本体の厚みは35mm。
    スマートフォンとモバイルバッテリーを合わせたようなサイズなので、普段持ち歩くのにも問題ないサイズですね♪

    プロペラ部を展開してみました。
    アームはしっかりしており、動かすのに少し硬いかな?と感じるほど。
    飛行中の安定度にも期待が高まります。

    モーター部。
    アルミ部品自体が回転するようになっています。
    アルミ部品が露出していることで、モーター自体の冷却にも一定の効果があるのではないでしょうか。

    本体裏面です。
    真ん中の黒い部分はバッテリー装着部になっています。
    重量物が中央かつ、最低部に来ることで飛行安定性にも寄与しそうですね。

    バッテリーは4極の端子になっています。

    本体裏には黒いレンズとメッシュ状の部品が装着されています。
    黒いレンズは、本体下部の映像を撮影するカメラです。カメラといっても動画撮影に使用するものではなく、自己位置補正などに利用されます。
    またメッシュ部品からは超音波が発せられており、その反射を利用することで高精度に距離を計測しています。

    このようにGPS以外の情報を積極的に利用することで、安全かつ安定した飛行を実現しています。

    本体前方にはインジケータLEDと冷却ファンの吸気口が装備されています。
    このドローンは画像認識など、非常に高度な処理をおこなっておりCPUなどの冷却も必要なようですね。

    本体後部には電子ジンバル機能搭載の4Kカメラが装備されています。
    スペックとしては静止画が4K、動画はFHDとなっています。このサイズのドローンでは必要十分なスペックですね。

    ちなみにカメラは手動で角度を調整できるので、どのような撮影にも対応できそうです。

    付属していたプロペラガード。
    非常に軽く作られており、飛行時間や運動性能への影響も最小でしょう。

    プロペラガードはツメによる固定となっており、簡単に着脱可能です。

    プロペラガードを装着してみました。
    モーター部を包み込むように装着します。

    このように位相をずらしたツメになっており、着脱はとても簡単です。

    プロペラガードを装着した全体像です。
    機体の大部分が保護されており、室内で飛ばした際にも安心ですね♪

    バッテリはー2個付属していました。
    型式がD150とD151の2種類でしたが同容量でPSEマークもついています♪

    バッテリーは、7.6V 970mAhの容量となっています。
    小型ながらもなかなかの大容量を実現していますね♪

    バッテリー端子は本体と同じく4極仕様です。

    付属の充電器。
    非常に軽量かつコンパクトなのでドローン本体と共に持ち歩いても邪魔にはなりません。

    充電器の入力端子はMicroUSB TYPE-Cとなっています。
    モバイルバッテリー等と組み合わせることで、バッテリー容量の心配はありませんね。

    充電器ですが、5Vもしくは9Vに対応したQC2.0仕様となっています。
    9V入力ならば充電電流は2A確保できるので高速充電可能です。

    こちはら付属のACアダプタ。
    USBポートが1個装備されています。

    こちらも充電器と同様にQC2.0仕様で18W出力となっています。
    QC2.0のACアダプタが付属しているのは、なかなかポイントが高いですね。

    その他の付属品としては、予備のプロペラと、明るい場所できれいに撮影するためのNDフィルターが入っていました。これらも別売で購入すると、高いモノなので非常にお得☆

    そうこうしているうちに充電が完了しました。
    バッテリーにはLEDインジケーターが装備されているので、充電状況が一目でわかります。

    まずはお手軽に室内で飛行させてみました。
    驚くほど安定しており、この状態で1分ほど放置しましたがピタッと止まっています。
    一眼レフカメラで写真を撮る余裕があるほどです(笑)

    色々なアングルから撮影しました(^^)

    このように非常に安定したホバリングを実現するドローンです。
    まだ野外飛行は試していませんが、GPS補足時の動作も非常に気になるところ。

    価格が安いとは言えませんが、空中からの自撮りを気軽に楽しめるという、新しい楽しみ方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
    オプションパーツや保守パーツが豊富なので、気軽にどんどん飛ばして楽しみたいですね。


  • グラグラになったMicroUSB端子 を強化する。

    グラグラになったMicroUSB端子 ということで、充電速度が遅い、充電が途中で止まる、などの症状が出ていたスマホを修理してみました。MicroUSB端子を強化すべく今回登場してらったのはDOOGEE X5proです。
    Android5.1とAndroid6.0の2台を運用していますが、よく利用する方の端末は充電用MicroUSB端子がグラグラなので修理してみたいと思います。

    DOOGEE製格安スマホ。
    左の端末はオフィシャルファームでAndroid6.0化されています。
    そして右側はAndroid5.1のもの。


    DOOGEE X5proの充電端子は本体上部にあります。


    ここに充電用のMicroUSBケーブルを接続してみると左にグラグラ。。


    右にグラグラ。。。
    こんな状況なので、ショートして故障しないか心配になります(^^;


    MicroUSB端子を観察してみましょう。
    こちらは正常な端末のMicroUSB端子。


    そしてこちらがグラグラになってしまったMicroUSB端子。
    端子が開いているのがわかりますが、金属ハウジング自体の厚みも異なるように感じます。


    端子自体が少し奥まった場所に存在していることもあり、金属ハウジングの部分が短いということも影響しているのかもしれませんね。

    充電部分を修理する作業なので、当然のことながら電源を切ります。


    電源が切れたら、SIMカードとMicroSDカードを取り出しましょう。
    バッテリーも同様に取り外します。


    続いて本体裏面のビスをすべて外しましょう。
    一般的なプラスドライバーでOK。


    取り外すビスは本体下部スピーカ部の6箇所以外をすべて取り外します。


    一本だけネジロックが塗布された、若干長いビスがあります。
    それ以外は共通のビスなのでどんどん外していきましょう。

    iPhoneなどは狂気のビス種で構成されていますが、このスマホは共通部品が多く助かりますね。


    長いビスはこの部分に使用されていました。
    それ以外はすべて同じビスなので、ビスは2種類と覚えておきましょう。


    続いて樹脂工具でバックパネルを取り外します。
    基本的には外周部がツメで固定されているので、角の部分から攻めていきましょう。


    比較的簡単に、パリパリと外れます。


    取り外しに成功しました。
    両面テープや配線類はありませんので、思い切って作業しましょう。


    取り外したバックパネルです。
    左右に見える端子はバックパネルに一体化されたアンテナ部品です。


    左側の端子はLET系統のアンテナです。


    右側はWi-fi等のアンテナとなっています。
    Zenfoneもこのようなタイプのアンテナになっていましたね。


    続けて本体部分を見てみましょう。
    格安スマホですが、本体はアルミ鋳造のフレームで比較的堅牢に作られています。


    本体上部のメイン基板です。
    コネクタは右側の液晶パネルに接続されるもの。それ以外は上部に集中している感じですね。
    主要パーツはシールドケースに収められています。


    まずは本体上部に並んだ3つのコネクタを外します。
    樹脂製の絶縁工具を利用すると安心ですね。


    バックカメラ、フロントカメラも取り外しました。
    どちらも同じコネクタになっていますね。互換性があるのでしょうか?


    続いて本体下部に伸びているアンテナコネクタを外します。
    こちらも樹脂製の絶縁工具が安心♪


    続いて右側の液晶パネルへとつながるコネクタを外します。
    このコネクタは黒い部分を持ち上げることで緩めるタイプです。慎重に作業しましょう。


    これで終わり!
    と焦ると事故がおこります。サイドボタンは半田付けされているので、ボタンシートを外します。


    このように樹脂工具を使って両面テープで接着されている面を外します。


    最後にメイン基板を固定しているビス4本を外します。


    ビスが外せたらメイン基板を持ち上げますが、タッチパネル系のケーブルが裏面に残っています。
    勢いよく持ち上げると引きちぎってしまう恐れがあるので、注意しましょう。
    ここも、液晶パネルのケーブルと同様に、黒い部分を持ち上げて外しましょう。


    メイン基板を取り外した後の本体。
    アルミ部品は左右だけかと思っていましたが、基板裏側もアルミ製でなかなかしっかりした作り。


    では、外したメイン基板を眺めてみましょう。
    こちらは基板表面です。
    左からMicroUSB端子、SIMカードスロット、SIMカードスロットと並びます。
    こういったインターフェイスだけで、基盤の1/3以上を占めているんですね。


    そして裏面です。
    こちらはCPUや無線部などが格納されたシールドケースが大部分を占めています。


    では、問題のMicroUSB端子を見てみましょう。
    こちらは裏面ですが特に問題はありません。半田状態もよさそうですね。


    そして表面です。嵌め合い部分が外れて、ぱっくりと開いていますね。
    これが原因でグラグラしていたというわけです。


    まずはピンセット等で元の形にもどします。
    この状態でケーブルを差し込んでみると、カッチリとした状態に戻りましたが、すぐに再発しそうな予感。。。
    半田等で補強するのがよさそうですね。


    半田付けをする前にカプトンテープを用意します。


    カプトンテープを適当なサイズに切り取りましょう。


    そして、MicroUSB端子の内側に貼り付けます。
    これは半田が浸透してしまって、コネクタ内部に付着するのを防止する目的です。


    今回はセラミックヒーター搭載のGoot CXR-41を使用しました。
    すぐに加熱するのに加え温度回復も早いので、簡単な作業にはもってこいですね。


    使用した半田は0.3mmの極細タイプ。
    太い半田だと供給量が過剰になりがちなので、このような細かい半田を少し常備しておくと活用範囲が広がりますね。


    単純にハウジングの上部に半田を供給して補強してみます。


    こんな感じで、パックリ開いていた箇所がキレイに元通り♪


    しかし、半田だけでは強度面で不安があるので、さらなる補強を考えます。
    準備したのはMicroUSB端子が半田付けされた基板。


    ペンチを使って、バリバリとむしり取りました(笑)


    取り外したMicroUSB端子を解体します。
    今回は周りのハウジング部分の金具のみ使用したいと思います。


    先ほど解体したハウジングをニッパでカットし、スマートフォンのMicroUSB端子の上にセットしました。
    サイズはこの程度でよさそうです。


    接合させたい面に薄く半田メッキを行います。


    スマートフォンのMicroUSBに重ねて、上から半田コテで加熱しました。
    すると、半田が溶け出してガッチリと接合されました。
    これでMicroUSB端子が開いてしまうことはありません。


    横から見ても、しっかりと半田が浸透しています。
    端子自体の厚みが増すことについては、本体側にスペース的余裕があることを確認してあるので大丈夫です♪


    試しにMicroUSBケーブルを差し込んでみると、凄い剛性感が!
    新品時ですら比較にならないくらい、しっかりとした感触です。


    仕上げにダスト侵入を防止するため、カプトンテープで端子部分の隙間をふさいでおきました。


    あとは元通り組み立てるだけ。
    忘れがちなのはカメラ部分のホコリ対策です。ブロアーでしっかりとダストを飛ばしておきましょう。


    いかがだったでしょうか?
    DOOGEE X5proと違う機種でも同様の事例があるのではないでしょうか?
    コネクタの形状にもよりますが、比較的簡単に補強できるので試してみてはいかがでしょうか。
    充電速度が遅い、充電が途中で止まる、などの症状はこれで解消することも多いと思います。