• タグ別アーカイブ: USB充電
  • ホンダフィット3 純正USB端子を社外ナビに接続する。

    ホンダフィットには純正ナビ用のUSB端子が設けられていますが、ナビ側は専用端子となっており、社外ナビへの接続は出来ません。
    今回は純正USB端子を社外ナビに接続する改造を紹介したいと思います。

    車体から取り外した純正USB端子につながるケーブル。

    センターコンソール部に見えている部分は一般的なUSBコネクタになっています。

    センターコンソールにパチッとはめ込みできるように、外側にはツメなどが付いています。

    そして問題の純正ナビ側コネクタ。
    こちらも抜け止めのラッチがついたコネクタになっています。

    コネクタの中身を見るとUSBコネクタに似た雰囲気ですが、周りのハウジングが特殊形状なので純正ナビ以外には差し込めません。

    こうやって見ると、通常のUSB A-Bケーブルに見えてきますが、やはりナビ側が曲者ですね。

    こちらのコネクタには白いロック機構?のようなモノがあるので、樹脂工具で外してみましょう。

    少々強引に引きちぎる形で取り外しました。
    しかし、ケーブルとコネクタが分離する気配はありません。

    ということで、ニッパを使ってハウジングを切り開いてみました。
    樹脂内部は厳重なシールド構造になっています。ニッパで解体する際は樹脂部だけを攻撃するようにしましょう。

    樹脂ハウジングをすべて取り除いて、金属シールドを開けてみました。
    中に見えているのは赤と黒のケーブルでUSBの電源部ですね。
    ここまで分解して通常のUSB Bコネクタと同一ということが分かりました。

    裏側のシールドも解体してみましょう。
    中央の樹脂部だけ残してバラバラにすることが出来ました。

    ここまで分解してみましたが、再使用は不可能なのでニッパでチョッキン!

    網線シールド構造になっているので、絶縁被覆と共にシールドをめくってみました。

    一般的なUSBケーブルを切断した事がある人ならわかると思いますが、通常は赤、黒、白、緑の4色で構成されています。しかしホンダ純正のUSB端子は赤、黒、紫、橙というパターンの4色構成でした。
    ケーブルを見ると極太の電源ケーブルと、厳重にシールドされた信号ケーブルが印象的です。
    さすがは自動車用として作られたことだけはありますね。PC用で売っているものとは全く別物です。

    今回は汎用性を追求して、USB延長ケーブル仕様に改造してみたいと思います。
    通販で購入したUSB Aタイプのコネクタセット。
    自分で半田付けすることで自由にケーブルを製作することが可能です。

    まずは通常のUSBケーブルを参考に半田付けしてみました。
    並びは左から黒、橙、紫、赤の順になります。
    ちなみに網線シールドはこのように左右に振り分けしました。

    続いて網線シールドをコネクタの左右に半田付けしました。
    これでケーブルが抜けてしまう事も防止できます。
    もちろんノイズ対策としても接続は必須です。

    半田付けが完了したので、樹脂ハウジングをはめるところですが、ケーブルが太すぎてフタが閉まりません。
    そこでコネクタの後ろ部分をチョッキン!

    ここまで切断して、なんとかケーブルが収まりそうな感じですね。

    ハウジングを切断して極太ケーブルが何とか収まりましたが、仕上がりの違和感はありませんね☆

    これで見た目もUSB延長ケーブルになりました。
    どんな機器でも接続できるので、ナビを買い換えても問題ありませんね。

    なぜ苦労して純正ケーブルを改造したのか?という答えはここからです。
    勘の良い方は、もうお判りでしょうか。

    これはナビに付属するような一般的なUSB延長ケーブルです。

    電流負荷をかけて体力測定してみましょう。
    まずは2.4Aほど。

    大幅に電圧降下しており、4.59Vまで低下しています。
    かなり抵抗値が高いケーブルのようですね。

    では続いて、ホンダ純正USB端子を改造したケーブルで同様のテストを実施してみましょう。
    まずは2.4A。

    結果は4.81Vとなりました。
    先ほどより0.2V以上高い電圧を維持しています。

    少し電流を下げて1.5A負荷で様子を見てみましょう。

    なんと電圧は4.99Vです。ほぼ電圧降下はゼロといって良いでしょう。
    この差がスマホ接続時に充電できるか、逆に放電していくか、そのような差になるんですよね。

    最後にUSB規格を完全に無視して3.5Aもの負荷をかけてみました。

    3.5A流しても4.6Vを維持しています。
    一般的なUSB延長ケーブルと比較しても1.5倍以上は大電流に耐えられるようです。

    このように自動車用に使われるケーブルは総じて高品質、高耐久なんですよね。

    今回は自動車メーカー規格の高品質ケーブルを最大限活用する形で延長ケーブルを作ってみました。
    一般的な延長ケーブルよりも高品質で、内装とのフィッティングもぴったり。

    皆さんも簡単なDIYで美しい内装処理を目指してみてはいかがでしょうか。


  • RAVPowerジャンプスターター 8000mAhを分解する。

    RAVPowerジャンプスターターを買ってみました。
    今まで車にはブースターケーブルを積んでいましたが、結局のところ救援車がいない状況では役に立たず。
    というわけで、最近よく見かけるモバイルバッテリータイプのモノを探してみました。
    ジャンプスタートといえば100Aを超える大電流が流れることから、ノーブランド品には抵抗があります。

    今回は信頼できるメーカーということで、RAVPower社のRP-PB007を選びました。
    パッケージ自体は通常のモバイルバッテリーと同じようなデザイン。

    一般的なモバイルバッテリーとの違いは、この表記ですね。
    8000mAh CAR JUMP STARTER と書かれています。ジャンプスタート機能が売りのようです。

    パッケージを開けてみましょう。
    エメラルドグリーンが美しい小分けの箱が登場しました。

    さらにその箱を開けると、モバイルバッテリーが登場しました。
    これだけ見ればジャンプスターター機能があるのか!?と思ってしまいますね。

    もう一つの小箱を開けると、ブースターケーブルやポーチが出てきました。
    これを見ればジャンプスターターと一目でわかりますね(^^

    本体スペックをおさらいしましょう。
    Model:RP-PB007
    Battery Capacity:8000mAh/29.6Wh
    Input:DC 5V 2A
    Quick charge 2.0 Output:DC 5V/2.4A,9V/2A
    Starting Current:150A
    Peak Current:300A

    バッテリ容量は8000mAhと比較的大きなもので、バッテリーの充電は2Aの高速充電に対応。
    さらにUSB出力はQuick charge 2.0にも対応しているので、対応機器の急速充電も可能となっています。
    ジャンプスターターの性能としては12V150Aまで。ピークは300Aという性能です。

    USB出力コネクターはUSB3.0を連想させるブルーのもの。
    Quick chage 2.0対応というのがうれしいですね。

    さらに、LEDランプを内蔵。明るさ調整やSOS点滅などいろいろなモードがあります。
    ジャンプスターターとして使う時にもLEDランプは重宝しそうですね☆

    JUMPER CABLEと書かれたゴムキャップ。
    この奥にジャンプスターター用のコネクタが隠れています。

    ゴムキャップを開けてみました。
    大電流が流せそうな大きなコネクタが姿を現しました。
    金メッキ厚も十分といった風合いのコネクタです。

    ここに接続されるジャンパーケーブル。
    ケーブル根元には黒い箱が装備されており、ブーストボタンやLEDが並びます。

    reverseは赤いLEDが内蔵されており、逆接続時にLEDとブザー音で知らせてくれます。
    correctは緑のLEDが内蔵されており、正常接続時に点灯します。
    BOOSTボタンは完全に上がってしまったバッテリに対して、初期充電を行うボタン。

    裏面には利用方法が記載されています。
    英語表記ですが、簡単な単語ばかり並んでいるので問題ないでしょう。

    ジャンパーケーブル根元のコネクタ。
    こちらも金メッキの高級そうなコネクタになっています。
    ちなみにコネクタ真ん中の四角い穴も接点になっています。仕様上は3Pコネクタですね。

    ここでモバイルバッテリー本体のサイズを計測してみました。
    横幅は83mm

    高さは171mm

    厚みは18mm

    マニュアルにも仕様が記載されています。
    充電時間は3~4時間と大容量バッテリとしては標準的なモノ。
    これをジャンプスターター時は数秒で使い切るのですからなかなか恐ろしい代物。

    マニュアルは基本的に日本語表記なので安心ですね。

    ジャンプスターターとしての利用方法も日本語とイラストで詳細に記載されています。

    接続順序もこのマニュアルを見れば一目瞭然♪

    またトラブル時の対処方法まで記載されているので、安心して使えそうな感じです。

    ここでふとバッテリー本体に目をやると、六角ビスを発見しました♪

    というわけで、いつも愛用している精密ドライバーセットの登場です。
    あらゆる作業に対応できる便利なもの。HDDの分解などにも重宝しますね。

    今回は六角ビットをセレクト。

    精密ドライバーを差し込んで、くるくる回すだけ。

    計6本のビスが外れました。

    すると特に接着等もなく、パカッとフタが開きました♪
    やはり目につくのは極太の配線ですね!

    ジャンプスターター用のコネクタにはCP-3000と書かれた青いコネクタを装備。

    コネクタの先はリチウムバッテリーに直結されています。
    モバイルバッテリー内にはヒューズ等の保護系統は装備されていません。

    USB出力部分を見てみましょう。
    最近のモバイルバッテリーとしては若干部品点数が多め。

    USB出力部のチップには「fitipower」の「FP6600Qを採用。
    Qualcomm® QC 2.0/3.0両対応のチップとなっていますが、本バッテリでは2.0対応機能のみ利用されているようです。

    もう一つ目立つICは「HOLTEK」の「HT66F0185」を搭載。
    EEPROM搭載の組み込み向けマイコンですね。

    基板裏面を見てみましょう。
    コイルとICが並んでいますね。充電用の昇圧回路でしょうか。
    コイルの横には「NCEPOWER」の「NCE30P25S」が装着されていました。
    P-Channel Power MOSFETですね。

    このモバイルバッテリーはジャンプスタート時の監視機能なのか、バッテリーにも多数の配線が伸びています。

    太い線はジャンプスタート用ですが、それ以外に赤、白、黒と複数伸びていますね。

    さらにバッテリーにはサーミスタも装備されていました。
    最近のモバイルバッテリーではサーミスタを省略した製品が多いですが、しっかりと外付けしているのは安心感がありますね。

    さらに基板表面からも配線が一本。
    CP-3000というコネクタに伸びていますので、ジャンプスターター用の信号線となっているようです。

    となると、先ほどの黄色い線の行き先が気になりますね。
    このようにジャンパーケーブルの根元には黒い箱が付いているので、この中身も調査したいところ。

    ジャンプスタート用ということで、強力なワニ口もついています。
    バネもなかなか強力で、しっかりと電流を流せそうな感じ。

    ケーブルには10AWGの極太線を採用。
    長さが短いことも相まって、電力供給用としては十分ではないでしょうか。

    先ほどの根元の黒い箱がやっぱり気になりますよね。
    という訳で、様々な工具を用意してみました。

    格闘すること数分。。。
    何とか先が見えてきました(^^

    苦労の末、パカッと開きました。
    このような作業をする際は、手をケガしないように工具の持ち方、力を入れる向きなど、しっかりと考えてからおこないましょう。

    開いたというよりは割ったに近い断面(笑)

    黒いボックスの内部に格納されていた基板です。
    黒い線は直結、赤い線は何か表面のデバイスを経由しているようです。

    基板を裏返してみました。
    赤い線から伸びているデバイスは大容量のリレーでした。

    搭載される大容量リレーは自動車用グレードのもの。
    hongfa」の「HFV7-P」です。
    リレー本体には70Aと書かれていますが、モータのような誘導負荷には150Aまで耐えられるようです。

    続いて基板を眺めてみましょう。
    逆接続時の警告ブザーやLEDなどが目立ちますね。

    唯一搭載されているICはは「HOLTEK」の「HT66F004」を搭載。
    本体側と似通ったチップが採用されていますね。

    リレー付近には逆接続検出用の回路が装備されていました。

    その他にはスイッチや三端子レギュレータなど、一般的な部品で構成されていました。

    基板内部を通過する配線の半田状況をみてみましょう。
    しっかりと大量の半田で処理されていますね。

    リレー側も同様に大量の半田で接続されています。
    これであれば接触不良や電流不足による不具合も皆無でしょう。

    この黒い箱にはリレーによる安全回路が組み込まれていました。

    恐ろしいことですが、世の中にこのような安全装置が存在しないジャンプスターターも流通しているそうです。
    皆様もジャンプスターターを購入される際は、価格だけではなく、安全性という面からも製品選びをされてみることをお勧めします。


  • RAVPower 40W USB充電器を買ってみた。RP-PC026

    USB充電のガジェットが増加するなかで、旅行の際に使えそうなUSB充電器を探していました。
    amazonで検索してみると、コンパクトサイズなRAVPower 40W USB充電器を見つけたので買ってみました。
    USBポート数も4ポートあり、必要十分なスペックです。

    ポチっとした翌日に到着したRAVPower製の充電器です。
    白を基調としたシンプルなデザインのパッケージ。

    パッケージを開けてみました。
    Happy?と書かれたスマイリーが登場(^^

    内容物を取り出してみました。
    RAVPower 40W充電器本体のほかにマニュアルとスマイリーカードが入っていました。

    マニュアルは日本語対応されており、初心者の方でも安心して使えますね。
    製品スペックとしては、
    入力電圧:AC100~240V 50/60Hz
    出力電圧:5V 40W (計8A)
    サイズ:7.9cm x 7.0xm x 2.7cm
    重量:122.9g
    とコンパクトサイズながら、なかなかのパワーがあります。
    またメーカー保証も18ヶ月間あり、安心して長く使えるスペックとなっています♪

    本体をみてみましょう。
    RAVPower 40W充電器のUSBポート数は4ポートです。
    各ポートはRAVPowerのiSmart対応となっています。

    本体の印字部です。
    RAVPower 40W 4ポートUSB充電器と日本語で記載されています。もちろんPESマークもあるので日本国内でも安心して利用できますね。
    出力はトータルで8Aとなっていますが、各ポート単位での最大出力は2.4Aです。

    本体正面にはiSmartロゴがあるだけのシンプルな外観。

    もちろんコンセントは格納式となっているので、持ち運びにも便利です。
    まれに完全格納できないような設計の製品も見受けられるなか、コンパクトサイズながら完全に格納できるのはポイントが高いですね。

    RAVPower 40W USB充電器のコンセントを起こしてみました。
    ちゃんと丸穴が開いているので、コンセントにしっかりと差し込む事が可能です。

    外観チェックはこの程度にして、RAVPower 40W USB充電器の体力測定を行ってみましょう。
    今回も当サイトではおなじみの CENTURY USB POWER LOADER CT-PL-01 を使います。

    RAVPower 40W USB充電器をコンセントに接続しました。
    今回は写真撮影のため、直接壁コンセントに接続せず延長コードに差し込んでいます。
    ちなみに、まず分解。おすすめはやはり「工事物件タップ」ですね。
    一般家庭でよく見かける所謂延長コードとは一線を画す、質実剛健な感じが〇

    RAVPower 40W USB充電器には電源ランプがありませんが、その代わりにUSBポート内がうっすらと光ります。これは暗闇やベッドサイドなどでの利用に最適な感じですね。明るすぎずちょうどよい感じ☆

    では早速電流をながしてみましょう。
    まずは手始めに1A負荷から。

    スペック的には1ポート当たり2.4Aとなっており、1Aは余裕でクリア。
    電圧は5.27V出ています。

    続いて製品スペック上の1ポートmaxである2.4Aを流してみましょう。

    2.4A負荷でも5.16Vと非常に優秀なスペックです。
    大電流をとりだすと電圧降下して急速充電にならないような製品もあるなかで、非常にパワフルですね。

    ここから先は自己責任になりますが、2.4Aを超える電流負荷をかけてみましょう。
    まずは3A流してみました。

    3A流した状態で4.98VとようやくUSB規格の5Vになりました。

    まだまだ余裕がありそうなので、どんどん電流を増やしてテストしてみましょう。
    3.1A負荷。まだ動作しています。

    3.1A負荷で4.9Vまで電圧が下がりました。さすがに製品スペックを0.6A超過しているので仕方ないかもしれませんね。

    電圧が止まるところまで上げていきます。
    3.2Aもクリア。

    続いて3.3Aも問題ありません。

    どんどん電流を上げたところ3.5Aで出力停止しました。
    なので、最大値である3.4Aで体力測定してみました。

    製品限界スペックを1A超過した3.4A状態でも4.82Vを維持しています。
    これは今までテストした中では非常に優秀な値です。

    RAVPower 40W USB充電器は本当にパワフルですね!

    RAVPower 40W USB充電器はコンパクトサイズながら、非常にパワフル。
    各種ガジェットの充電速度も高速で本当におススメできる一品です。
    QC3.0などの機能は備えていませんが、一般的な機器に使うのであればイチ押しです☆

    これは撮影終了後にコンセントから抜いた状態です。
    USBポート内を照らすLEDがなかなか消えないんですよね。
    10秒近く光っていましたので、これは非常に大きなコンデンサを装備している証明ですね。

    このように光り続けています。
    大容量のコンデンサは価格も高いので、コストダウン対象として容量削減される事も…。
    しかしながら、性能に妥協することなく大容量のコンデンサが搭載されている事は歓迎できますね。

    いかがだったでしょうか?
    RAVPower 40W USB充電器を実際に使ってみると非常にパワフルで、スマホを複数台接続しても充電速度は落ちませんでした。
    頻繁に旅行に出かける方や、多数のスマホを持ち歩く方にはおススメできる一品です。