Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

CUBE U30GT2 のUSB充電を考察する その5(完結編)

分解&工作

CUBE U30GT2 USB充電テストが無事成功しました!
気になるDC-DC部の発熱具合を中心にレポートしたいと思います。

計測にはKEYENCE社の非接触温度計 IT2-60を使用しました。
あくまで参考程度ということで、放射率は1.00の設定で計測しています。
公正された機器ではありませんので、計測精度は???です。

 

充電開始直後では23.8℃です。

DSC_2132

 

 

30秒後

DSC_2133

 

 

1分後

DSC_2134

 

 

 

1分30秒後

DSC_2135

 

2分後
どんどん温度が上がってきましたが気にせず継続します。

DSC_2136

 

2分30秒後

DSC_2137

 

3分後。温度上昇がゆっくりになってきました。まもなく飽和するでしょうか??

DSC_2138

 

3分30秒後。まだまだ上がりますねぇ・・・

DSC_2139

 

4分後。もうすく60℃に達する勢いです・・・

DSC_2140

 

4分30秒後。ついに60℃を突破しました。
基板温度はこの近辺で上昇しなくなりました。

DSC_2141

 

 

USB 5V側の電流は1.24Aとモリモリ流れています。
この程度の温度では平気なようです。

DSC_2143

 

 

では、ここら辺でケースにフタをしてみましょう。
DSC_2144

 

そして充電完了付近まで放置しておきます。
3時間ほどで満充電にちかいところまで到達しました♪
そして肝心の電流も落ちることなくモリモリ流れています。

DSC_2147

 

 

この時点でケース温度を計測してみると。。。
問題なさそうですね。このまま継続使用してみたいと思います。

DSC_2149

 

この状態で10回程度のフル充電に使用してみましたが、U9GT5 / U30GT / U30GT2 いずれも問題なく使用できています。
放熱に余裕があれば、DC-DC基板を2台構成にして充電時間短縮なども試してみたいところですが、お出かけ時の荷物を減らしたいという当初の目的は達成できたので、一旦ここまでとします。
皆さんが実験される場合は火傷や火災などに十分注意してくださいね!

コメント