• カテゴリー別アーカイブ スマートフォン
  • R-SIM10でSoftbank版iPhone6のSIMロックを解除してみた。

    R-SIM10というSIMロック解除の下駄を買ってみました。
    これで手持ちのSoftbank版iPhone6をdocomo系の格安SIMで運用してみたいと思います。

    まずはR-SIM10のパッケージから。
    黄色い南京錠デザインのパッケージで届きました。

    iphone6_r-sim_unlock-13

    裏面にはコピー品ではなく正規品であることを確認できるQRコードが貼り付けされています。
    正常に動作したので、確認していませんが正規品だったようですね♪
    iphone6_r-sim_unlock-14

    今回実験に使用するiPhone6です。
    SB版のMG4J2J/Aモデル 64GB版になります。
    容量もそこそこあるので音楽プレイヤーなどに使えそうですね。
    iphone6_r-sim_unlock-15

    では早速セットアップしてみましょう。
    まずはSIMカードを取り外します。
    iphone6_r-sim_unlock-3

    そしてメイン画面から「設定」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-1

    続けて「モバイルデータ通信」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-3

    続いて、「通信のオプション」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-4

    「4G通信をオンにする」が有効になっていますので、オフにしましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-5

    こんな感じで、「4Gをオンにする」が無効になりました。
    iphone6_r-sim_unlock-6

    ではR-SIM10を取り出してみましょう。
    パッケージ内にはSIM変換トレイとSIM抜きピン、そしてR-SIM10本体が入っています。
    iphone6_r-sim_unlock-1

    R-SIM10の拡大写真です。
    フレキシブルケーブルタイプの基板にCOBチップが載っていますね。
    iphone6_r-sim_unlock-2

    R-SIM10をパッケージから取り出してみました。
    非常に薄いチップが搭載されています。
    iphone6_r-sim_unlock-4

    iPhone6のSIMトレイ、R-SIM10、SIMカードの順に並べてみました。
    R-SIM10はSIMカードと同じサイズになっていますね。
    iphone6_r-sim_unlock-5

    まずはiPhone6のSIMトレイにR-SIM10をセットします。
    iphone6_r-sim_unlock-6

    裏面から見るとこのような感じで、R-SIMと書かれたツバの部分がトレイからはみ出す感じでOKです。
    iphone6_r-sim_unlock-7

    続けて、今回使用するMVNOのSIMを装着しました。
    iphone6_r-sim_unlock-8

    この状態ではR-SIM本体の厚み等があり、SIMが少し浮き上がった状態になっています。
    このまま押し込んでも使用可能ですが、取り出し困難になることが予測されます。
    iphone6_r-sim_unlock-9

    そこで、カプトンテープで取り出し方向の段差をなくすように細工しました。
    iphone6_r-sim_unlock-10

    こんな感じで取り出し方向には段差がなくなりましたので、SIMトレイが抜けなくなることもないでしょう♪
    iphone6_r-sim_unlock-11

    ではiPhone6本体にR-SIMを装着します。
    iphone6_r-sim_unlock-12

    装着すると、R-SIMに内蔵されたソフトウェアが起動し、キャリア等の選択画面が表示されました。
    今回はソフトバンク版の本体を利用するので、「JP SoftBank」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-7

    続けて、装着するSIMの種類は「TMSI.2G3G4G」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-8
    バージョンはM1とM2がありますが、今回は「M2(iOS8-iOS9)」を選択しました。
    ちなみにこのiPhone6はiOS10にアップデートしていますが、この選択で問題ありません。
    iphone6_r-sim_unlock-9
    最後に確認画面がでるので、「了解」をタップし、端末を再起動しましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-10

    再起動が完了すると、画面左上の表示が「docomo」に変わりました!
    iphone6_r-sim_unlock-11

    続けて契約キャリアのAPN設定をインストールしましょう。
    今回はBB.exciteのSIMでテストしていますので、BB.exciteのwebサイトからダウンロードしたプロファイルをインストールします。
    iphone6_r-sim_unlock-13

    iPhone6のパスコードを入力します。
    iphone6_r-sim_unlock-14

    APN構成プロファイルと表示されるので、「次へ」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-15

    未署名の警告が出ますが、正常ですので「インストール」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-16

    最終確認画面が表示されるので、「インストール」をタップします。
    iphone6_r-sim_unlock-17

    これで、基本的な設定は完了です。
    実際に通信できるか確認するため、Wi-Fiをオフにした状態で通信テストをしてみましょう。
    iphone6_r-sim_unlock-18

    無事にウェブサイトの表示が確認できました!!
    iphone6_r-sim_unlock-19

    ちなみに設定画面を見ると、ネットワークは「NTT DOCOMO」でキャリアは「ソフトバンク26.0」となっています。
    この状態で正常に通信できるのはR-SIM10が頑張っている証拠ですね♪
    iphone6_r-sim_unlock-20


    いかがだったでしょうか?
    3G通信に限定されてしまいますが、格安SIMで運用するにはちょうど良いのではないでしょうか。
    ドコモ系の中古端末は価格が高いので、値段の安いソフトバンク系で遊んでみたい方には良い選択かと思います。


  • iPhone6s 割れた液晶を格安修理する

    iPhone6sを落下させてしまい、液晶とガラスが割れてしまいました。
    画面保護のガラスフィルムを貼っていましたが、その隙間から衝撃が加わってしまったようです。
    壊れた以上は修理するしかありません。今回もDIYでの格安修理に挑戦してみました。

    iPhone6などと基本的には変わりませんが、画面固定に両面テープが仕込まれているので少し分解しにくいのが違いでしょうか。

    落下の衝撃で画面が壊れてしまったiPhone6sです。
    ガラスフィルムは無事ですが、その奥のガラス本体が割れてしまっています。
    iphone6s_lcd_repair-1

    試しに電源を入れてみると、もはや何が表示されているかわからない状態です。
    iphone6s_lcd_repair-2

    タッチパネルもほとんど動作しない状態ですが、なんとか電源を切ることが出来ました(^^;
    iphone6s_lcd_repair-3

    作業の前に電源が切れたことを確認して、SIMカードを取り外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-4

    今回はこのようなドライバーを用意しました。
    iPhoneに使用されているT08サイズのドライバーです。
    iphone6s_lcd_repair-5

    まずはLightningコネクタ両端のビスを外します。
    非常に小さいのでなくさないように注意しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-6

    2本とも外れました。
    iphone6s_lcd_repair-7

    続いて液晶パネルを取り外します。
    今回も吸盤タイプの工具を用意しました。
    dsc_0811

    割れた液晶は吸盤が吸着しないので、養生テープ等で吸着面を仕込んでおきます。
    画面上部には液晶パネルのフレキシブルケーブルが通っていますので、必ずホームボタン側から開きましょう。
    iphone6s_lcd_repair-8

    iPhone6s以降の機種から両面テープによる液晶パネル固定がされています。
    今までの機種と比べると少し開きづらいですが、徐々に開いていけば大丈夫です。
    iphone6s_lcd_repair-9

    無事開きました。
    画面上部はプラスチックの爪で固定されているので、割らないように注意しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-10

    続いて液晶パネルのフレキシブルケーブルを固定している金属プレートを外します。
    iphone6s_lcd_repair-11

    4本のビスを外すと取り外せます。
    この際、基板やコネクタに金属が触れないよう注意しましょう。
    電源が切れていても通電している個所が存在する可能性があります。
    iphone6s_lcd_repair-12

    金属プレートとビスの位置関係です。
    右上部分が長いビス、その他は短いビスとなっています。
    iphone6s_lcd_repair-13

    続いて液晶パネルのフレキシブルケーブル先端のコネクタを外します。
    ショート等の事故を避けるため、必ず樹脂製の絶縁工具を使用しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-14

    3つのコネクタが外れました。
    コネクタの周りにはスポンジが貼られており、ダスト対策がされているようですね。
    iphone6s_lcd_repair-15

    無事に本体と液晶パネルが外れました。
    iphone6s_lcd_repair-16

    続いてamazonで購入した液晶パネルを並べてみました。
    赤いフィルムが貼られているものが、今回購入したパネルです。
    iphone6s_lcd_repair-17

    もともとのパネルと比較してみましょう。
    まずはTouchID部分ですが、購入したパネルにはボタンごと装着されていません。
    移植作業が必要になりますね。
    iphone6s_lcd_repair-18

    続いて画面上部のフロントカメラ側。
    こちらも購入したパネルには部品が装着されていませんので、移植作業が必要です。
    iphone6s_lcd_repair-19

    まずは、フロントカメラ部分を移植しましょう。
    3本のビスを外します。
    iphone6s_lcd_repair-20

    ビスとともに金属プレートがはずれました。
    金属プレートとビスの位置関係です。手前部分が短いビスになっています。
    iphone6s_lcd_repair-21

    つづいてスピーカーを外しましょう。
    磁力を帯びているので金属製のピンセットを使うと張り付いてきます。
    iphone6s_lcd_repair-22

    フロントカメラモジュール、近接センサーモジュールを外しました。
    iphone6s_lcd_repair-23

    そのほかにも、通話用スピーカー穴のメッシュ部品、近接センサー枠、フロントカメラ枠を外す必要があります。
    基本的に接着もしくは、溶着にて固定されていますので、軽く引っ張るだけで取り外すことが可能です。
    iphone6s_lcd_repair-24

    パリッとはずれました。
    iphone6s_lcd_repair-25

    では新しい液晶パネルに部品を移植していきましょう。
    まずはフロントカメラ部分のスポンジテープを移植します。
    これはカメラ部へのダスト侵入対策ですので、必ず移植しておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-26

    そして、ゴム系接着剤を用意します。
    今回はバスボンドを使用してみました。
    iphone6s_lcd_repair-27

    バスボンドでフロントカメラ枠と近接センサー枠を貼りつけます。
    しっかり固定されるまで放置しておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-28

    バスボンドが乾いたら、フロントカメラモジュールを装着します。
    iphone6s_lcd_repair-29

    通話用スピーカーを装着して、金属プレートを元に戻します。
    iphone6s_lcd_repair-30

    続いて、液晶パネルの裏に装着されている金属プレートを取り外します。
    まずは左右の6本のビスを外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-31

    続いて、フロントカメラ横のビスを外します。
    iphone6s_lcd_repair-32

    最後にTouchIDセンサー部分のビスを外すと金属プレートが外れました。
    iphone6s_lcd_repair-33

    次はTouchIDセンサーの移植作業です。
    金属プレートを固定しているビス2本を外します。
    iphone6s_lcd_repair-34

    TouchIDセンサーは周りの黒いゴム部品が接着されています。
    金属プレートを外してからゆっくりとボタンを押さえて接着を外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-35

    新しいパネルにTouchIDセンサーを取り付けます。
    位置関係がズレるとボタン操作に引っかかりが発生しますので、センターを狙って貼りつけてください。
    iphone6s_lcd_repair-36

    TouchIDセンサーのフレキシブルケーブルと、金属プレートを取り付け出来たら、赤い保護フィルムを剥がします。
    iphone6s_lcd_repair-37

    そして、液晶裏の金属プレートを取り付けてビスで固定しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-38

    ここまでで、細かな作業はほぼ終了となります。
    移植し忘れた部品がないか、ビスが余ってないかを確認しておきましょう。

    続いて組み立てが完了した液晶パネルを本体に接続します。
    このとき、コネクタだけを接続して金属プレートはまだ固定しない状態にしておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-39

    一旦この状態で電源を入れてみましょう。
    表示品質に問題がないか、タッチパネルは正常に動作するか、TouchIDセンサーは正常に動作するか。
    このような所をシッカリと動作チェックしてください。
    ※この段階で不具合がある場合は、液晶パネルの組み立て作業に問題が無いか確認してください。
    iphone6s_lcd_repair-40

    動作に問題がなければ、一度電源を切りましょう。
    iphone6s_lcd_repair-41

    電源が切れたことを確認して、金属プレートを固定します。
    iphone6s_lcd_repair-42

    続いて、液晶パネルをシッカリとはめ込んで、最後にビスを締めて完了です。
    iphone6s_lcd_repair-43
    以上で
    、液晶パネルの交換作業は完了です。お疲れさまでした。

     

     

    ※国内正規品の場合は画面上に”技術基準適合証明情報”を表示することが可能なようです。
    この場合、ネジを外したりするだけでも電波を出してはいけないとの事です。
    Wi-fiやTD-LTEを含め電波を出さなければ運用可能かもしれません。
    私のように修理を楽しんだ後は、分解して廃棄するというのが安心ですね♪


  • DOOGEE X5 Pro ファームウェア更新の方法

    格安SIMフリー端末として人気のDOOGEE X5 Proですが、最近はワイヤレスアップデートされない状況が続いてしました。
    しかしファームウェアが更新されていないわけではありません。
    そこで、パソコンを使って最新ファームウェアに更新する方法を紹介したいと思います。

    見慣れたAndroidの設定画面です。
    メニュー上部の「ワイヤレスアップデート」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.0-R09-2015.12.01」となっています。
    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.1-R09-2015.12.01」となっています。(2016/11/06修正しました)
    doogee_x5pro_firmware_update-2
    この状態で「最新バージョンのファイルがあるか確認します」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-3
    しかし画面には「お使いの携帯はすでに最新のバージョンです」と表示されます。
    私個人は同型機を7台以上扱っており、もっと新しいバージョンの端末が存在することも確認済みです。

    というわけで、ネット上を徘徊しながら最新ファームを探してみると。。。
    オフィシャル版の新バージョンを発見しました。

    まずは、「needrom.com」にアクセスしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-6
    画面上には各メーカーのロゴマークが並んでいますが、「DOOGEE」ももちろん存在します。
    「DOOGEE」をクリックすると、同社の機種が沢山表示されました。

    その中からDOOGEE X5Proを選択する必要があります。
    画面右側の「Serial X」をクリックしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    つづいて「X5 Pro」をクリックします。
    すると同型機のファームが沢山表示されます。
    今回はオフィシャルファームの最新版を使ってみることにしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-5

    すると、ダウンロードにはログインが必要と表示されています。
    doogee_x5pro_firmware_update-7

    画面右上に「Register」や「Login」のボタンがありますので、ユーザー登録を行いましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-8

    ユーザー登録が完了したら、先ほどの「Login」からログインしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-9

    そして、もう一度DOOGEE X5 Proの画面を開いてみましょう。
    今回は数種類のROMがダウンロードできるようになってますね(^^
    私はオフィシャル最新版のUpdate R17を選択しましたが、各自お好みのモノを選んでくださいね♪
    doogee_x5pro_firmware_update-10

    続いて、ファームウェアの書き込みツールをダウンロードしましょう。
    今回は、「spflashtool.com」サイトから、「SP Flash Tool – Latest v5.1524.00」をダウンロードして使用しました。
    doogee_x5pro_firmware_update-11

    それぞれのファイルがダウンロード出来たら、WinRAR等のソフトウェアで解凍しましょう。
    解凍が完了したら「SP_Flash_Tool」のフォルダを開きます。
    doogee_x5pro_firmware_update-12

    そして、「flash_tool.exe」を実行しましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-13

    ソフトを起動すると、このような画面が表示されました。
    画面右上にある、「Scatter-loading」をクリックします。
    doogee_x5pro_firmware_update-14

    ここは、ファームウェアを選択する画面となりますので、先ほどダウンロードしたファームウェアのフォルダを開きましょう。
    「MT6735M_Android_scatter.txt」というファイルを探して選択します。
    doogee_x5pro_firmware_update-15

    すると、画面左のスマホ風画面に「MT6735M」という文字が表示されます。
    また、画面下部には白と緑の表示で沢山のファイルが表示されます。
    doogee_x5pro_firmware_update-16

    続いて、転送方法を選択します。
    今回は「Format All + Download」を選択してみました。
    doogee_x5pro_firmware_update-17

    ここまで用意できたら、DOOGEE X5 Proの電源を切り、MircoUSBケーブルでパソコンと接続します。
    充電マークが表示されますが、それが消えるまで待ちましょう。

    画面が消えたら、「音量+ボタン」と「電源ボタン」を同時に長押しします。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    5秒くらい押し続けるとバイブが作動し、このような画面が表示されます。
    「音量+ボタン」でカーソルが移動、「音量-ボタン」で決定という操作方法になります。
    今回は、「Recovery Mode」ですのでカーソルが一番上の状態で、「音量-ボタン」を押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-2

    すると、ドロイド君が倒れた画面で動作を停止します。
    一瞬ドキッとするかもしれませんが、正常な動作なので安心してくださいね(^^
    doogee_x5pro_firmware_update-3

    この状態で「Download」ボタンを押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-18

    続けて、DOOGEE X5 Proの電源ボタンを長押しして、画面を消しましょう。
    (10秒くらい押し続けると電源が切れます。)

    すると、電源が切れた瞬間に転送が始まりました!!
    doogee_x5pro_firmware_update-19

    プログレスバーの色が変わりながら進捗しますが、スマホやパソコンに触れず、2分ほど待ちましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-20

    成功すると画面上に巨大な「✔」マークが表示されます。
    ファームウェアの送信は無事成功です。お疲れさまでした。
    doogee_x5pro_firmware_update-21

    さて、ドキドキの瞬間です。
    MicroUSBケーブルを抜いて、DOOGEE X5 Proの電源を入れてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    この方式のファームウェアアップデートは本体を完全に初期化してしまうので、初期状態に戻ってしまいました。
    doogee_x5pro_firmware_update-22

    購入時と同様に「Welcome」画面が表示されました。
    doogee_x5pro_firmware_update-23
    さて、設定画面でファームウェアのバージョンを確認してみましょう。
    すでにこの画面でも違いがありますね。
    先ほどまで表示されていなかった「Androidセキュリティパッチレベル」の項目が増えました。
    doogee_x5pro_firmware_update-24
    ワイヤレスアップデートの項目を見ても現在のバージョンが「DOOGEE-X5pro-Android5.1-R17-2016.07.01」に更新されていますね。
    doogee_x5pro_firmware_update-25

    最近、Windows10環境からUSBマスストレージが利用できないというコメントでの問い合わせがありましたが、このバージョンでも正常に接続・ファイル閲覧ができています♪
    doogee_x5pro_firmware_update-26

    ファームウェア送信用のソフトがよく出来ていますので、それほど難易度は高くないと思います。
    スマホが初期化されてしまうという事はありますが、クリーンな環境が構築できますので、バックアップ等を取ったうえでチャレンジされてみてはいかがでしょうか。