• タグ別アーカイブ: 自動車
  • NX717 クラリオン製ナビを買ってみた。ハードウェアレビュー。

    NX717 クラリオン製カーナビゲーションを買ってみました。
    従来よりクラリオン製のナビを使っていることもあり、今回のクルマにもクラリオン製を選びました。
    今回はハードウェア面を中心にカタログにない情報を集めてみました。

    もちろん取り付けは自分自身で行うので、いつも通りamazonにて格安で購入(^^
    パッケージはモノカラー印字のシンプルなもの。

    今回購入したNX717には無料の地図更新機能が装備されています。
    購入時期によりますが、最長で2021年3月末日まで対応しているようです。

    それではNX717のパッケージを開けてみましょう。
    開けてすぐ目に飛び込んでくるのはマニュアル類と接続ケーブル類。

    取り出してみました。
    NX717の付属品は取扱説明書、取付説明書、GPSアンテナ、地デジTVアンテナ、電源ケーブルです。

    付属品を取り出した後は、中敷きの段ポールがあり2階建て構造になっています。

    では、先ほどの中敷きをめくってみましょう。
    NX717が出てきました。ようやくご対面です。

    発泡スチロールの緩衝材からとりだしたNX717。
    一般的な2DINタイプのボディです。

    まだビニール袋を被った状態。
    袋には液晶画面部への注意喚起シールが貼られています。

    ビニール袋を脱ぎ捨てたNX717
    ブラックの質感が美しいボディですね。

    NX717の液晶面はフェイスパネルに対してフラット。
    操作ボタン部は出っ張っており不用意に液晶画面に触れる心配もなさそう(^^

    NX717のボタンはシートキーではなく物理ボタンとして装備されています。
    こちらの方が操作性や耐久性の面からも安心ですね。

    NX717本体の天板を見てみましょう。

    天板にはNX717の銘板が張り付けられています。
    DVDプレイヤー機能もあるので、地域No2の表記がありますね。
    そして驚いたことにMADE IN JAPANの文字☆

    NX717にはBluetooth機能があるため、無線設備の設計認証番号も記載してあります。
    認証番号はAD15-0038005となっており、端末型式はQY-7640と記載されています。
    あれっ、この銘板にはQY-7840の文字が。。。QY-7640はNX715なので違う機種のような??

    NX717左側面です。
    固定ビスの穴は沢山開いているので、さまざまな車種に絶妙な位置で取付できそうですね。

    NX717右側面も同様に多数のビス穴が装備されています。

    NX717底面です。
    ここは見るべきものは無いかもしれませんが、念のため撮影しておきました(笑)

    NX717裏面です。
    多数のコネクタや冷却ファンが並んでいます。

    NX717の地デジアンテナコネクタです。
    コネクタはGT13タイプを採用。4アンテナ4チューナーなので4コネクタ装備されています。

    NX717の電源コネクタ。
    付属の電源ケーブルを接続するところです。

    青いコネクタはETCユニットを接続するコネクタです。
    ここは従来規格のETCユニット、ETC015が適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    丸いミニDINタイプのコネクタは未使用となっています。大昔のCDチェンジャー用??
    緑のコネクタはオプションのバックカメラを接続するコネクタです。RC15Dが適合します。
    黒いコネクタは汎用カメラコネクタです。CCA-738-500ケーブルが適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    白い10Pコネクタはプリアウト用のコネクタです。CCA-727-500ケーブルを介して外部アンプ等に接続します。
    隣の白い12Pコネクタはビデオ映像の入出力に使用します。CCA-657-500ケーブルが適合します。
    丸い穴はラジオ用のJASO規格プラグの端子です。


    続いてこちらのコネクタです。
    グレーのコネクタはGPSアンテナ用のコネクタです。GT5規格になっています。
    緑のコネクタはETC2.0ユニット専用のコネクタです。DSC016が適合します。
    真ん中の黒いジャックは付属のハンズフリー用マイクを接続します。

    本体から直接出ている黒いケーブルは、USB端子です。
    付属のUSB延長ケーブルを利用して車内に引き込みます。

    本体の丸穴は冷却ファンになっていました。

    ファンブレードを観察してみると、羽の部分にリブが付いています。
    静穏性?効率アップ?

    では車に装着する前に、安定化電源を使用して動作チェックを行いましょう。
    装着してから不具合が発生すると着脱工数が無駄になりますからね。
    電源を投入すると初回起動用の画面が表示されました。
    動作テストなので、今回は「取り付け確認」を選びました。

    すると地図画面が表示されました。

    NX717は通常時で1.3A程度の電流で動いています。
    カーナビも省電力になったものですね。液晶のLEDバックライト化やCPUの省電力化など、様々な効果でしょう。

    NX717のパネルを開けてみました。

    NX717本体にはSDカードスロットが装備されていますが、その隣にはMAP DATAと書かれてカバーが。

    MAP DATAのカバーを開けてみると、地図データのSDカードが出てきました。

    NX717の電源を入れたままカードを抜いてしまったのでエラー画面が表示されました。
    地図データだけではなくて、システムソフトも格納されているのでしょうか??

    地図データが格納されているSDカードは台湾製のモノでした。

    NX717の地図データは16GBでCLASS10のSDHCカードとなっています。
    もっと高速なカードにコピーすればナビ全体の動作が軽快になるかも!?

    NX717に地図カードを戻して再起動してみました。
    今回は夜を模してのテスト。ボタン類は白く光ってオシャレな感じ。

    こんな感じでボタン自体の視認性は高いですね。

    またサイドには白いラインが入っており、デザイン上のアクセントにもなっています。

    では昼を模した条件で再びテスト。
    これは真正面から見た状況です。液晶の視認性は問題ありませんね。

    つづいて右側から見た様子。
    実際の車内でここまでの角度で見ることはありませんが、視野角の広い液晶が採用されています。

    つづいて上から。
    この角度でも表示内容はしっかりと視認可能でした。
    どのような車種に装着しても問題なさそうですね(^^

    NX717のメインメニューです。
    基本的にはタッチ操作でOK。

    NX717の設定メニューを開いてみました。

    画質調整は明るさのみ。

    ナビ設定には色々な項目が並んでいますね。

    NX717はVICS WIDEに対応しているので、VICS画面を開いてみました。
    従来からのVICSに加えて気象情報などの項目がありますね。

    またNX717はスマホとの連携も強化されています。
    設定メニューにもBluetoothやWi-Fiの設定画面がありますね。

    まずはSDカード連携を開いてみました。
    基本的にはデータのインポートを行う画面のようです。

    つづいてBluetooth設定を開いていみました。
    様々なBluetooth機器と接続できるようですので、それらの機器管理画面になっています。

    こちらはWi-Fi設定画面。
    テザリングしたスマートフォンと連携させるための接続設定です。

    その他の設定画面です。
    初期設定や時刻設定など、基本項目が並んでいます。

    目的地ボタンを押してみました。
    ルート検索方法は一般的なものばかり。

    右隣のスマートアクセスアイコンを押してみました。
    スマホと連携して動作する機能のようですね。

    続いて通話ボタンを押してみました。
    まだスマートフォンと連携設定をしていないので、機器登録以外はグレーアウトしています。

    続いてオーディオメニューです。
    ラジオやTV以外にもUSB、Bluetooth、SDカードなどにも対応しています。

    NX717のミュージックキャッチャー機能にはSDカードが必要なようですね。

    現状ではUSBも未接続なので「メモリが入っていません」の表示。

    Bluetoothオーディオはスマートフォンなどとの連携が必須。
    これも未接続なので設定画面へのリンクが表示されています。

    SDカードメニューも同様ですね。
    多彩なメディアに対応していることは十分わかったので、今後の運用が楽しみです。

    地デジフルセグTVは郵便番号で地域設定を行うようです。

    ではナビの基本性能ともいえる地図の表示機能を試してみましょう。
    まずは64Kmスケール

    続いて16Kmスケール

    10Kmスケール

    4Kmスケール

    2Kmスケール

    1Kmスケール

    500mスケール

    200mスケール

    100mスケール

    50mスケール

    50mスケール

    25mスケール
    地図はなかなか細かいところまで収録されていますね。

    NX717のパネル角度はどの程度まで調整可能か?
    という訳でパネルのチルト角をチェックしてみましょう。

    NX717角度調整0

    NX717角度調整1

    NX717角度調整2

    NX717角度調整3

    NX717角度調整4

    NX717角度調整5

    NX717角度調整6

    NX717角度調整→パネル開
    淡い期待を抱いていた逆方向のチルト機能は存在しないようです(^^;

    液晶ディスプレイはタッチパネルより若干奥まった場所にあるように見えますね。

    NX717の液晶部を拡大してみましょう。

    NX717の液晶画素です。
    特段高性能な液晶というよりは一般的なスペックのモノでしょうか。

    NX717の付属ケーブルを並べてみました。
    昔のカーナビを知るものからすれば、配線のるいもシンプルになったものです。

    NX717のGPSアンテナはGT5コネクタを採用。

    NX717の地デジTVアンテナはGT13コネクタを採用。

    付属の電源ケーブルも必要最小限の長さとなっており、コンパクトにまとまっています。

    電源部とグランドアースは太いケーブルが採用されており、安心感がありますね。

    組み合わされるヒューズは15A。カーナビには十分な容量でしょう。

    いかがでしたか?
    ハードウェア面を中心にカタログ等ではわからない情報をまとめてみました。
    購入を検討されている方の参考になればと思います。


  • RAVPowerジャンプスターター 8000mAhを分解する。

    RAVPowerジャンプスターターを買ってみました。
    今まで車にはブースターケーブルを積んでいましたが、結局のところ救援車がいない状況では役に立たず。
    というわけで、最近よく見かけるモバイルバッテリータイプのモノを探してみました。
    ジャンプスタートといえば100Aを超える大電流が流れることから、ノーブランド品には抵抗があります。

    今回は信頼できるメーカーということで、RAVPower社のRP-PB007を選びました。
    パッケージ自体は通常のモバイルバッテリーと同じようなデザイン。

    一般的なモバイルバッテリーとの違いは、この表記ですね。
    8000mAh CAR JUMP STARTER と書かれています。ジャンプスタート機能が売りのようです。

    パッケージを開けてみましょう。
    エメラルドグリーンが美しい小分けの箱が登場しました。

    さらにその箱を開けると、モバイルバッテリーが登場しました。
    これだけ見ればジャンプスターター機能があるのか!?と思ってしまいますね。

    もう一つの小箱を開けると、ブースターケーブルやポーチが出てきました。
    これを見ればジャンプスターターと一目でわかりますね(^^

    本体スペックをおさらいしましょう。
    Model:RP-PB007
    Battery Capacity:8000mAh/29.6Wh
    Input:DC 5V 2A
    Quick charge 2.0 Output:DC 5V/2.4A,9V/2A
    Starting Current:150A
    Peak Current:300A

    バッテリ容量は8000mAhと比較的大きなもので、バッテリーの充電は2Aの高速充電に対応。
    さらにUSB出力はQuick charge 2.0にも対応しているので、対応機器の急速充電も可能となっています。
    ジャンプスターターの性能としては12V150Aまで。ピークは300Aという性能です。

    USB出力コネクターはUSB3.0を連想させるブルーのもの。
    Quick chage 2.0対応というのがうれしいですね。

    さらに、LEDランプを内蔵。明るさ調整やSOS点滅などいろいろなモードがあります。
    ジャンプスターターとして使う時にもLEDランプは重宝しそうですね☆

    JUMPER CABLEと書かれたゴムキャップ。
    この奥にジャンプスターター用のコネクタが隠れています。

    ゴムキャップを開けてみました。
    大電流が流せそうな大きなコネクタが姿を現しました。
    金メッキ厚も十分といった風合いのコネクタです。

    ここに接続されるジャンパーケーブル。
    ケーブル根元には黒い箱が装備されており、ブーストボタンやLEDが並びます。

    reverseは赤いLEDが内蔵されており、逆接続時にLEDとブザー音で知らせてくれます。
    correctは緑のLEDが内蔵されており、正常接続時に点灯します。
    BOOSTボタンは完全に上がってしまったバッテリに対して、初期充電を行うボタン。

    裏面には利用方法が記載されています。
    英語表記ですが、簡単な単語ばかり並んでいるので問題ないでしょう。

    ジャンパーケーブル根元のコネクタ。
    こちらも金メッキの高級そうなコネクタになっています。
    ちなみにコネクタ真ん中の四角い穴も接点になっています。仕様上は3Pコネクタですね。

    ここでモバイルバッテリー本体のサイズを計測してみました。
    横幅は83mm

    高さは171mm

    厚みは18mm

    マニュアルにも仕様が記載されています。
    充電時間は3~4時間と大容量バッテリとしては標準的なモノ。
    これをジャンプスターター時は数秒で使い切るのですからなかなか恐ろしい代物。

    マニュアルは基本的に日本語表記なので安心ですね。

    ジャンプスターターとしての利用方法も日本語とイラストで詳細に記載されています。

    接続順序もこのマニュアルを見れば一目瞭然♪

    またトラブル時の対処方法まで記載されているので、安心して使えそうな感じです。

    ここでふとバッテリー本体に目をやると、六角ビスを発見しました♪

    というわけで、いつも愛用している精密ドライバーセットの登場です。
    あらゆる作業に対応できる便利なもの。HDDの分解などにも重宝しますね。

    今回は六角ビットをセレクト。

    精密ドライバーを差し込んで、くるくる回すだけ。

    計6本のビスが外れました。

    すると特に接着等もなく、パカッとフタが開きました♪
    やはり目につくのは極太の配線ですね!

    ジャンプスターター用のコネクタにはCP-3000と書かれた青いコネクタを装備。

    コネクタの先はリチウムバッテリーに直結されています。
    モバイルバッテリー内にはヒューズ等の保護系統は装備されていません。

    USB出力部分を見てみましょう。
    最近のモバイルバッテリーとしては若干部品点数が多め。

    USB出力部のチップには「fitipower」の「FP6600Qを採用。
    Qualcomm® QC 2.0/3.0両対応のチップとなっていますが、本バッテリでは2.0対応機能のみ利用されているようです。

    もう一つ目立つICは「HOLTEK」の「HT66F0185」を搭載。
    EEPROM搭載の組み込み向けマイコンですね。

    基板裏面を見てみましょう。
    コイルとICが並んでいますね。充電用の昇圧回路でしょうか。
    コイルの横には「NCEPOWER」の「NCE30P25S」が装着されていました。
    P-Channel Power MOSFETですね。

    このモバイルバッテリーはジャンプスタート時の監視機能なのか、バッテリーにも多数の配線が伸びています。

    太い線はジャンプスタート用ですが、それ以外に赤、白、黒と複数伸びていますね。

    さらにバッテリーにはサーミスタも装備されていました。
    最近のモバイルバッテリーではサーミスタを省略した製品が多いですが、しっかりと外付けしているのは安心感がありますね。

    さらに基板表面からも配線が一本。
    CP-3000というコネクタに伸びていますので、ジャンプスターター用の信号線となっているようです。

    となると、先ほどの黄色い線の行き先が気になりますね。
    このようにジャンパーケーブルの根元には黒い箱が付いているので、この中身も調査したいところ。

    ジャンプスタート用ということで、強力なワニ口もついています。
    バネもなかなか強力で、しっかりと電流を流せそうな感じ。

    ケーブルには10AWGの極太線を採用。
    長さが短いことも相まって、電力供給用としては十分ではないでしょうか。

    先ほどの根元の黒い箱がやっぱり気になりますよね。
    という訳で、様々な工具を用意してみました。

    格闘すること数分。。。
    何とか先が見えてきました(^^

    苦労の末、パカッと開きました。
    このような作業をする際は、手をケガしないように工具の持ち方、力を入れる向きなど、しっかりと考えてからおこないましょう。

    開いたというよりは割ったに近い断面(笑)

    黒いボックスの内部に格納されていた基板です。
    黒い線は直結、赤い線は何か表面のデバイスを経由しているようです。

    基板を裏返してみました。
    赤い線から伸びているデバイスは大容量のリレーでした。

    搭載される大容量リレーは自動車用グレードのもの。
    hongfa」の「HFV7-P」です。
    リレー本体には70Aと書かれていますが、モータのような誘導負荷には150Aまで耐えられるようです。

    続いて基板を眺めてみましょう。
    逆接続時の警告ブザーやLEDなどが目立ちますね。

    唯一搭載されているICはは「HOLTEK」の「HT66F004」を搭載。
    本体側と似通ったチップが採用されていますね。

    リレー付近には逆接続検出用の回路が装備されていました。

    その他にはスイッチや三端子レギュレータなど、一般的な部品で構成されていました。

    基板内部を通過する配線の半田状況をみてみましょう。
    しっかりと大量の半田で処理されていますね。

    リレー側も同様に大量の半田で接続されています。
    これであれば接触不良や電流不足による不具合も皆無でしょう。

    この黒い箱にはリレーによる安全回路が組み込まれていました。

    恐ろしいことですが、世の中にこのような安全装置が存在しないジャンプスターターも流通しているそうです。
    皆様もジャンプスターターを購入される際は、価格だけではなく、安全性という面からも製品選びをされてみることをお勧めします。


  • ストーナーインビジブルガラスクリーナー

    ストーナーインビジブルガラスクリーナー を買ってみました。
    元々はKURE社のイベントで試す機会があり、半信半疑で使ってみました。
    自動車の内窓は様々なケミカルを使って掃除しましたが、どうしても拭き残しができてしまいます。
    そして冬場の夜などは、拭き残し部分が曇ってしまったり不快なものです。
    しかし、このクリーナーを使えば適当なタオル類で拭いたにもかかわらず、拭きスジが全く残りません。
    感動的な使い心地で大満足です。

    というわけで、その場で衝動買いしてしまった、ストーナーインビジブルガラスクリーナーです(^^
    パッケージは黒と黄色のプラスチックで構成されたカラーリングが目立ちます。


    取り付けられたタブを見ると。。。
    Auto Glass Cleaner USA No.1 と書かれています。自動車大国アメリカで一番の商品だそうです!
    そしてうたい文句は「拭きスジが残らない!驚きの透明感!」


    裏面には詳細な説明が書かれています。
    ここにも拭きスジが残らないことが謳われています。
    ガラス以外にも着色フィルムやUVカットフィルムにも使用可能ということですので、プラスチック系の素材にも安心なようです。


    そしてバーコードの下には「Made in U.S.A.」の文字。
    これは本物のアメリカ製ですね(^^
    使う前から期待が高まります。


    ちなみに、ストーナーインビジブルガラスクリーナーを使う前は、ウェットティッシュなどでガラスを拭いていました。


    しかしウェットティッシュの成分が残ってしまって、このような拭きスジが目立つので困っていました。


    拡大するとこんな感じ。
    夜間のドライブ等では曇りの原因になったり、視界不良となり安全運転にも支障が出かねません。


    そこで、今回はストーナーインビジブルガラスクリーナーでスッキリクリアな視界を取り戻そうというわけです。
    普段はマイクロファイバー等のクロスを使っていましたが、今回はあえて普通のタオルでテストします。
    ケミカル自身の性能を試すにはちょうど良いでしょう。


    スプレーは液体を吹き付けるタイプなので、出口にON・OFFの切り替えがあります。
    まずはノズルをONにセットしましょう。


    そして、タオルに数回プッシュします。


    このように、ムースタイプではなく液体をそのまま吹き付けるタイプになります。
    最初は少量で試すと良いでしょう。


    そして、特に気を使うことなく適当に拭いてみました。
    なんと!全く拭き残しが発生しておらず非常にクリアな視界を確保できました。
    ウインドウ端から真ん中まで軽く拭きあげただけですが、全体がスッキリ。

    今までの苦労は一体何だったのでしょうか。。。


    気を良くしたので車内の様々なものを拭いてみました。
    まずはHKS社のサーキットアタックカウンター。
    サーキットで自動的にタイム計測してくれる機器ですが、レーシンググローブを装着したまま操作するので、やはり黒ずんだ汚れが付着していました。
    しかし、ストーナーインビジブルガラスクリーナーでひと拭きすれば、この通りスッキリ!


    続いては、10年以上愛用している追加メーターです。
    表面のガラス部分を軽く拭きましたが、新品時のようなくっきりとした表示面が現れました。
    サーキット走行では非常に重要な役目を果たすメーターも、スッキリ!
    太陽光が映り込むような条件でもしっかりと視認できそう。


    続いてはエアコンパネル。
    液晶表示部分ですがタオルが映り込むほどキレイになりました。


    最後はホーンボタン。
    MOMOの鮮やかなイエローですが、指紋なども消えてピカピカに♪


    このようにウィンドウ以外にも多数の使い道がある万能ケミカル、それがストーナーインビジブルガラスクリーナーです。

    ウィンドウの曇りや汚れの除去に苦労されている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
    量販店で安売りされているムーススプレータイプのクリーナとは一線を画す、そんな使い心地に大満足しました。

    他にも沢山のラインナップがありますので、目的に応じて使い分けてくださいね。