• タグ別アーカイブ: パソコン
  • Nikon D850のファームウェア Ver.1.03にバージョンアップしてみた。

    Nikon D850のファームウェアが更新され、Ver.1.03が公開されました。
    更新内容は「まれに AF 開始動作およびシャッターが切れるまでに時間が掛かってしまう現象を修正しました。」となっています。
    確かに今まで使っている中でシャッターが切れるまで時間がかかった事があったような。。。
    という訳で、早速新しいファームウェアにバージョンアップしてみました。

    今回バージョンアップを行うNikon D850

    バージョンアップ作業にはPC接続用のカードリーダとSDもしくはXQDのメディアが必要になります。

    今回はXQDカードを使ってファームウェアを転送してみることにしました。

    まずは、普段からカメラで使っているXQDカードをカードリーダーに挿入します。

    まずは「http://www.nikon-image.com」にアクセスしてファームウェアを探しましょう。
    「サポート」→「ダウンロード」の順にクリックしましょう。

    このページには細心ファームウェアの情報が掲載されています。
    現時点ではD850用ファームウェアが一番上に記載されてるので、それをクリックしましょう。

    するとD850のページが表示されました。
    初期値は「説明書」になっているので、画面中央部の「ファームウェア」をクリックします。

    今回は最新バージョンのVer.1.03が目的なので、迷わず、「D850用ファームウェア C:Ver.1.03」を選びましょう。

    「同意する」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックします。
    ダウンロードが完了すると、「実行」と「保存」の選択画面が表示されますが、まず「保存」してから「実行」してください。

    実行しても特に画面上は変化がありません。
    Windowsのエクスプローラを開いて、「ダウンロード」を開きます。
    すると、先ほどダウンロードしたファイルと共に「D850Update」と書かれたフォルダが作成されています。
    このフォルダを開いてみましょう。

    「D850Update」と書かれたフォルダの中には「D850_0103.bin」というファイルが保存されています。
    このファイルを右クリックし、「送る」→「NIKON D850」を選びましょう。
    ※普段使っているカードを挿入していれば、NIKON D850と表示されますが、違う場合は該当のSD/XQDを選択してください。

    ファイルの転送が完了したので、Nikon D850にファームウェアを保存したXQDカードを挿入します。

    Nikon D850のセットアップメニューを開いて、「ファームウェアバージョン」を選びます。

    すると現在インストールされているファームウェアバージョンが表示されます。
    私のD850は「C:1.01」となっていますので、若干古いですね(^^;
    続けて「バージョンアップ」を選択します。

    すると、「バージョンアップしますか?」の表示と共に更新前後のバージョンが表示されました。
    画面を確認して問題なければ、「はい」を選んで「OK」を押しましょう。

    バージョンアップが始まりました。
    この間はバッテリーの着脱は当然ながら、レンズ着脱、ホットシュー、各種ボタン類などに一切触れず、完了まで待ちましょう。

    体感的には2分程度かかったように感じます。
    もう少し待ちましょう☆

    完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。
    私は電源スイッチのOFFと共に、一度バッテリーを外して再起動させておきました。

    もう一度ファームウェアバージョンを確認すると、「C:1.03」となっており、バージョンアップが成功していることが確認できました。
    作業後は「バージョンアップファイルの削除」を選択してXQDカードからファイルを削除しておきましょう。

    続いてSB-5000スピードライトはもファームウェアが公開されていたので、ついでに作業してみることに。
    SB-5000スピードライトにはカードスロットなどは装備されていません。
    では、どうやってファームウェアをバージョンアップするのでしょうか?

    答えは、カメラに装着してカメラ経由でバージョンアップ作業を行います。

    先ほど、D850本体のファームウェアバージョンを確認しましたが、SB-5000スピードライトを装着した状態で確認してみると。。。
    Sという項目が増えており、「S:14.002」と表示されています。このSはスピードライトのSですね。
    先ほどと同じく、「バージョンアップ」を選択しましょう。

    すると、「スピードライトのファームウェアをバージョンアップしますか?」との確認が表示されます。
    今回のバージョンアップはNikon フルサイズミラーレスZ7/Z6への対応がメインですが、念のためにアップデートしてみました。

    先ほどと同じくバージョンアップには数分かかりますので、しばらく待ちましょう。

    ちなみにバージョンアップ中はSB-5000スピードライトの液晶表示が消えて、オレンジのLEDが点滅しています。

    あと少しで完了です(^^

    完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。

    カメラ本体の電源OFFを待たずして、SB-5000スピードライトは自動的に再起動しました。

    念のため、カメラ本体を再起動してからバージョン確認画面をチェックしてみました。
    すると、「S:14.003」となっており正常成功したようです。

     

    スピードライトを複数台持っている方は、スピードライトを交換しながらどんどん作業を進めましょう。

    今回、SB-5000のファームウェアもアップしてみましたが、「CactusV6II」でも問題なく動作することが確認できました。
    互換性は問題なさそうですね♪

    基本的には機能改善というよりは、不具合対策がメインとなっていた「ファームウェア Ver. 1.03」でした。
    常に最新のファームウェアをインストールしておくことで、機材の性能を最大限発揮できると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


  • Excelで更新できないリンクエラーの解決方法

    このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています。のエラーを解除できない場合の解決方法です。一般的にWeb等で紹介されている手順ではエラーを解除することが出来ません。今回はその対策を紹介したいと思います。
    皆さんはExcelで外部ファイルをリンクして使われてますか?便利な機能ですが、元ファイルとリンクが切れてファイルを開くたびにエラーが発生する事があります。

    今回は特別に破損したファイルを作成したうえで、実際の対策手順を紹介します。
    リンクエラーの出るファイル.xlsxというファイルを準備したので開いてみます。

    先ほどのエクセルファイルを開くと次のようなエラーが表示されました。
    ・このブックには、ほかのデータソースへのリンクが含まれています。
    ・リンクを更新すると、Excelは最新のデータを取り込もうとします。
    ・リンクを更新しないと、以前の情報が使用されます。
    ・注意:データリンクは許可なく機密情報にアクセスして共有するのに使用される可能性があります。また、その他の問題を起こす可能性のある操作に使用される場合があります。このブックの作成元が信頼できない場合は、リンクを更新しないでください。
    選べる操作は「更新する」「更新しない」「ヘルプ」の3つです。

    今回は破損したリンク情報を修復したいので、まずは「更新する」を選択しましょう。

    すると以下のような画面が表示されます。
    ・このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています。
    ・リンク元を変更するか、再度値の変更を試す場合は「リンクの編集」をクリックしてください。
    ・リンクをそのままにするには、「続行」をクリックしてください。

    今回は破損した情報を修正したいので、迷わず「リンクの編集」をクリックしましょう。

    するとこのようなリンクの編集画面が表示されます。
    リンク元の状態には、「エラー:ソースがみつかりません。」と書かれています。
    一般的なマニュアルによると「リンクの解除」をクリックすればOKと書かれていますが、実際にはエラーを解除することはできません。

    モノは試し、という事で「リンクの解除」をクリックしてみました。
    すると次のようなメッセージが表示されました。
    ・リンクを解除すると、既存の値への外部参照と数式が変更されて元に戻すことはできません。このバージョンを保持するには、新しい名前を付けてファイルを保存して再度リンクの解除を実行してください。今すぐリンクを解除しますか?

    今回はリンクエラーの解除が目的なので、迷わず「リンクの解除」をクリックしましょう。

    そして元の画面に戻って状況を確認してみましょう。
    リンク元の状態には、「エラー:ソースがみつかりません。」と書かれており、状況は改善していないようです。。。

    では、ここから先が具体的な復旧手順となります。
    まずは先ほどのエラーが出るファイルと同じフォルダに空のエクセルファイルを作成します。
    手順はフォルダの白い部分を右クリック→新規作成→Microsoft Excel ワークシートをクリック。

    すると、「新規Microsoft Excelワークシート.xlsx」というファイルが作成されました。

    続いて最初に開いたリンクエラーの発生しているExcelを開き、「リンクの編集」画面を開きます。
    そして今回は「リンクの解除」ではなく、「リンク元の変更」をクリックします。

    先ほど新規作成した、「新規Microsoft Excelワークシート.xlsx」を選び、「OK」をクリックします。

    すると「リンクの編集」画面でエラーが解除されました。
    この状態で上書き保存してからExcelを終了しましょう。

    この段階では元々のエラーが発生するファイルと、新規作成した空ファイルの2つが存在しています。

    では、先ほどエラー対策をしたファイルを開いてみましょう。
    しかしながら、リンク元の更新には成功したものの、リンクエラーは引き続き表示された状態です。

    ここで最後の手順です。
    先ほどのリンクエラーの画面をとじて、Excelの画面から「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。
    そして先ほどリンク先として設定した「新規Microsoft Excelワークシート.xlsx」を選んで上書き保存します。

    上書き保存の確認が表示されますが、「はい」をクリックしましょう。

    では先ほど上書き保存した、「新規Microsoft Excelワークシート.xlsx」を開いていみましょう。

    すると、あら不思議。リンクエラーが完全に解除され起動時のエラーメッセージが表示されなくなりました☆
    これで破損したリンク情報のクリアが完了しました。

    最後に「新規Microsoft Excelワークシート.xlsx」の名前を変更しておきましょう。

    そして壊れたファイルを削除すれば再びエラー画面に遭遇することはないでしょう。

    エラーを繰り返した憎きファイルはゴミ箱にポイッ!

    これでエラーの出なくなったファイルだけが残りました。
    無事修復完了です。お疲れさまでした。

    参考書やWebを検索しても「リンクの解除」をクリックする方法しか紹介されていませんが、破損したリンク情報を持っている場合には全く無意味です。
    少々手間がかかりますが、確実にエラーを解除できますので毎回エラーが出て困っている方は、ぜひ試してみてくださいね。


  • Windows10 1809アップデートを手動でインストールしてみた。

    いよいよ日本でもWindows10の1809アップデート、October2018Updateが配信されるようになりました。
    オンラインのPCは順次適用されていくようですが、スマホ連携など大幅な機能アップも魅力的ですよね。
    自動配信を待たずに、いち早く試したい。そんなときのインストール方法を紹介します。

    自信もニュースサイトで1809アップデートの配信を知り、WindowsUpdateをかけてみましたが、まだ1803の更新パッチが配信されているような状況でした。

    そこでMicrosoftのサイトから直接インストーラを起動してみましょう。
    まずは「https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10」にアクセス。

    Windows10のダウンロードというページが表示されたら、「今すぐアップデート」をクリックします。

    すると、「Windows10Upgrade9252.exe」というファイルがダウンロードされるので、実行しましょう。

    現在インストールされているWindowsバージョンと最新のバージョンが表示されます。
    このPCではバージョン1803が実行されています。最新のバージョンは1809です。と書かれていますね。
    「今すぐ更新」をクリックしてみましょう。

    CPU能力、メモリ容量、ディスク容量がチェックされ、インストール可否が判断されます。
    このPCは1809アップデートに適合していると判定されたので「次へ」をクリックします。

    するとインターネット回線を介して、インストーラがダウンロードされインストールが始まります。
    PCやディスクの速度にも依存しますが、数十分程度でインストールは完了するようです。

    無事にプレインストールが完了すると、再起動までの時間30:00という表示がされ、自動的にカウントダウンが始まります。
    ボーっと30分待つのも時間の無駄というわけで、「今すぐ再起動」をクリックしましょう。

    自動的に再起動が実施されます。
    この際、「サインアウトしようとしています。更新を完了するために、Windows10更新アシスタントによりデバイスが再起動されます。」というメッセージが表示されます。
    「閉じる」を押して十数秒待ちましょう。

    自動的に数回さ起動され、無事に1809アップデート適用済みのWindows10が起動しました。

    起動後は「Windows10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」というメッセージが表示されます。
    「終了」をクリックしてメッセージ画面を閉じましょう。

    念のために設定画面からWindowsバージョン情報をチェックしてみましょう。
    Windwosの仕様という欄で以下のようになっていました。
    エディション:Windows10 Pro
    バージョン:1809
    インストール日:2018/10/03
    OSビルド:17763.1

    続いて1809アップデート時に発生した不要なファイルを削除してHDD/SSDの整理をしておきましょう。
    今回はWindowsがインストールされているCドライブを右クリックして、プロパティを開きます。

    ディスクの容量は237GBで空き容量は159GBとなっています。
    「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

    つづいて「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

    「C:にどれくらいの空き領域を作成できるか計算しています。この処理には数分かかることがあります。」と表示され、クリーンアップで削除可能なファイル一覧が作成されます。しばらく待ちましょう。

    画面が切り替わったら、「以前のWindowsのインストール」という項目で23.2GBもの容量が確保できることが分かりました。
    「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

    「これらのファイルを完全に削除しますか?」と確認画面が表示されるので「ファイルの削除」をクリックします。

    つづいて、「以前のWindowsのインストールまたは一時インストールファイルをクリーンアップすると、コンピュータを以前のバージョンのWindowsに復元することはできなくなります。この操作を実行しますか?」と確認が表示されます。今回は「はい」をクリックして、容量を確保することとしましょう。

    すると「このコンピュータにある不要なファイルを整理しています」「クリーンアップ中:以前のWindowsのインストール」と表示され、ファイルが削除されるのでしばらく待機しましょう。

    しばらく待機するとファイルのクリーンアップが完了しました。
    先ほどは159GBだった空き領域が174GBになっています。
    159GB→174GBで単純に15GBもの容量を確保することが出来ました。

    このようにWindowsアップデートを実行した後にディスククリーンアップを実施することで、空き容量を確実に確保することが可能となります。
    特にWindowsタブレットなど、空き容量に不安のあるPCをお使いの場合はアップデートのたびにディスククリーンアップをすると良いでしょう☆