• タグ別アーカイブ: スマホ
  • NX717 クラリオン製ナビを買ってみた。ハードウェアレビュー。

    NX717 クラリオン製カーナビゲーションを買ってみました。
    従来よりクラリオン製のナビを使っていることもあり、今回のクルマにもクラリオン製を選びました。
    今回はハードウェア面を中心にカタログにない情報を集めてみました。

    もちろん取り付けは自分自身で行うので、いつも通りamazonにて格安で購入(^^
    パッケージはモノカラー印字のシンプルなもの。

    今回購入したNX717には無料の地図更新機能が装備されています。
    購入時期によりますが、最長で2021年3月末日まで対応しているようです。

    それではNX717のパッケージを開けてみましょう。
    開けてすぐ目に飛び込んでくるのはマニュアル類と接続ケーブル類。

    取り出してみました。
    NX717の付属品は取扱説明書、取付説明書、GPSアンテナ、地デジTVアンテナ、電源ケーブルです。

    付属品を取り出した後は、中敷きの段ポールがあり2階建て構造になっています。

    では、先ほどの中敷きをめくってみましょう。
    NX717が出てきました。ようやくご対面です。

    発泡スチロールの緩衝材からとりだしたNX717。
    一般的な2DINタイプのボディです。

    まだビニール袋を被った状態。
    袋には液晶画面部への注意喚起シールが貼られています。

    ビニール袋を脱ぎ捨てたNX717
    ブラックの質感が美しいボディですね。

    NX717の液晶面はフェイスパネルに対してフラット。
    操作ボタン部は出っ張っており不用意に液晶画面に触れる心配もなさそう(^^

    NX717のボタンはシートキーではなく物理ボタンとして装備されています。
    こちらの方が操作性や耐久性の面からも安心ですね。

    NX717本体の天板を見てみましょう。

    天板にはNX717の銘板が張り付けられています。
    DVDプレイヤー機能もあるので、地域No2の表記がありますね。
    そして驚いたことにMADE IN JAPANの文字☆

    NX717にはBluetooth機能があるため、無線設備の設計認証番号も記載してあります。
    認証番号はAD15-0038005となっており、端末型式はQY-7640と記載されています。
    あれっ、この銘板にはQY-7840の文字が。。。QY-7640はNX715なので違う機種のような??

    NX717左側面です。
    固定ビスの穴は沢山開いているので、さまざまな車種に絶妙な位置で取付できそうですね。

    NX717右側面も同様に多数のビス穴が装備されています。

    NX717底面です。
    ここは見るべきものは無いかもしれませんが、念のため撮影しておきました(笑)

    NX717裏面です。
    多数のコネクタや冷却ファンが並んでいます。

    NX717の地デジアンテナコネクタです。
    コネクタはGT13タイプを採用。4アンテナ4チューナーなので4コネクタ装備されています。

    NX717の電源コネクタ。
    付属の電源ケーブルを接続するところです。

    青いコネクタはETCユニットを接続するコネクタです。
    ここは従来規格のETCユニット、ETC015が適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    丸いミニDINタイプのコネクタは未使用となっています。大昔のCDチェンジャー用??
    緑のコネクタはオプションのバックカメラを接続するコネクタです。RC15Dが適合します。
    黒いコネクタは汎用カメラコネクタです。CCA-738-500ケーブルが適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    白い10Pコネクタはプリアウト用のコネクタです。CCA-727-500ケーブルを介して外部アンプ等に接続します。
    隣の白い12Pコネクタはビデオ映像の入出力に使用します。CCA-657-500ケーブルが適合します。
    丸い穴はラジオ用のJASO規格プラグの端子です。


    続いてこちらのコネクタです。
    グレーのコネクタはGPSアンテナ用のコネクタです。GT5規格になっています。
    緑のコネクタはETC2.0ユニット専用のコネクタです。DSC016が適合します。
    真ん中の黒いジャックは付属のハンズフリー用マイクを接続します。

    本体から直接出ている黒いケーブルは、USB端子です。
    付属のUSB延長ケーブルを利用して車内に引き込みます。

    本体の丸穴は冷却ファンになっていました。

    ファンブレードを観察してみると、羽の部分にリブが付いています。
    静穏性?効率アップ?

    では車に装着する前に、安定化電源を使用して動作チェックを行いましょう。
    装着してから不具合が発生すると着脱工数が無駄になりますからね。
    電源を投入すると初回起動用の画面が表示されました。
    動作テストなので、今回は「取り付け確認」を選びました。

    すると地図画面が表示されました。

    NX717は通常時で1.3A程度の電流で動いています。
    カーナビも省電力になったものですね。液晶のLEDバックライト化やCPUの省電力化など、様々な効果でしょう。

    NX717のパネルを開けてみました。

    NX717本体にはSDカードスロットが装備されていますが、その隣にはMAP DATAと書かれてカバーが。

    MAP DATAのカバーを開けてみると、地図データのSDカードが出てきました。

    NX717の電源を入れたままカードを抜いてしまったのでエラー画面が表示されました。
    地図データだけではなくて、システムソフトも格納されているのでしょうか??

    地図データが格納されているSDカードは台湾製のモノでした。

    NX717の地図データは16GBでCLASS10のSDHCカードとなっています。
    もっと高速なカードにコピーすればナビ全体の動作が軽快になるかも!?

    NX717に地図カードを戻して再起動してみました。
    今回は夜を模してのテスト。ボタン類は白く光ってオシャレな感じ。

    こんな感じでボタン自体の視認性は高いですね。

    またサイドには白いラインが入っており、デザイン上のアクセントにもなっています。

    では昼を模した条件で再びテスト。
    これは真正面から見た状況です。液晶の視認性は問題ありませんね。

    つづいて右側から見た様子。
    実際の車内でここまでの角度で見ることはありませんが、視野角の広い液晶が採用されています。

    つづいて上から。
    この角度でも表示内容はしっかりと視認可能でした。
    どのような車種に装着しても問題なさそうですね(^^

    NX717のメインメニューです。
    基本的にはタッチ操作でOK。

    NX717の設定メニューを開いてみました。

    画質調整は明るさのみ。

    ナビ設定には色々な項目が並んでいますね。

    NX717はVICS WIDEに対応しているので、VICS画面を開いてみました。
    従来からのVICSに加えて気象情報などの項目がありますね。

    またNX717はスマホとの連携も強化されています。
    設定メニューにもBluetoothやWi-Fiの設定画面がありますね。

    まずはSDカード連携を開いてみました。
    基本的にはデータのインポートを行う画面のようです。

    つづいてBluetooth設定を開いていみました。
    様々なBluetooth機器と接続できるようですので、それらの機器管理画面になっています。

    こちらはWi-Fi設定画面。
    テザリングしたスマートフォンと連携させるための接続設定です。

    その他の設定画面です。
    初期設定や時刻設定など、基本項目が並んでいます。

    目的地ボタンを押してみました。
    ルート検索方法は一般的なものばかり。

    右隣のスマートアクセスアイコンを押してみました。
    スマホと連携して動作する機能のようですね。

    続いて通話ボタンを押してみました。
    まだスマートフォンと連携設定をしていないので、機器登録以外はグレーアウトしています。

    続いてオーディオメニューです。
    ラジオやTV以外にもUSB、Bluetooth、SDカードなどにも対応しています。

    NX717のミュージックキャッチャー機能にはSDカードが必要なようですね。

    現状ではUSBも未接続なので「メモリが入っていません」の表示。

    Bluetoothオーディオはスマートフォンなどとの連携が必須。
    これも未接続なので設定画面へのリンクが表示されています。

    SDカードメニューも同様ですね。
    多彩なメディアに対応していることは十分わかったので、今後の運用が楽しみです。

    地デジフルセグTVは郵便番号で地域設定を行うようです。

    ではナビの基本性能ともいえる地図の表示機能を試してみましょう。
    まずは64Kmスケール

    続いて16Kmスケール

    10Kmスケール

    4Kmスケール

    2Kmスケール

    1Kmスケール

    500mスケール

    200mスケール

    100mスケール

    50mスケール

    50mスケール

    25mスケール
    地図はなかなか細かいところまで収録されていますね。

    NX717のパネル角度はどの程度まで調整可能か?
    という訳でパネルのチルト角をチェックしてみましょう。

    NX717角度調整0

    NX717角度調整1

    NX717角度調整2

    NX717角度調整3

    NX717角度調整4

    NX717角度調整5

    NX717角度調整6

    NX717角度調整→パネル開
    淡い期待を抱いていた逆方向のチルト機能は存在しないようです(^^;

    液晶ディスプレイはタッチパネルより若干奥まった場所にあるように見えますね。

    NX717の液晶部を拡大してみましょう。

    NX717の液晶画素です。
    特段高性能な液晶というよりは一般的なスペックのモノでしょうか。

    NX717の付属ケーブルを並べてみました。
    昔のカーナビを知るものからすれば、配線のるいもシンプルになったものです。

    NX717のGPSアンテナはGT5コネクタを採用。

    NX717の地デジTVアンテナはGT13コネクタを採用。

    付属の電源ケーブルも必要最小限の長さとなっており、コンパクトにまとまっています。

    電源部とグランドアースは太いケーブルが採用されており、安心感がありますね。

    組み合わされるヒューズは15A。カーナビには十分な容量でしょう。

    いかがでしたか?
    ハードウェア面を中心にカタログ等ではわからない情報をまとめてみました。
    購入を検討されている方の参考になればと思います。


  • 400GB MicroSD Sandisk Ultra SDSQUAR-400G-GN6MAを試す。

    400GB MicroSD という世界最大容量のカードが発売されたので早速購入してみました。
    正式な型式はSDSQUAR-400G-GN6MAとなっており、現時点では海外版パッケージのみ存在しています。
    今回は米国amazon.comより直輸入する形で入手しました。

    amazonではSandisk Ultra 400GB Micro SDXC UHS-I Card with Adapter – SDSQUAR-400G-GN6MAという名称で出品されていました。
    在庫数は残りわずかだったので迷わずポチっと(^^

    待つこと4日。もう届きました。送料は数十ドル必要でしたがすぐに届くのは便利ですね。
    無料だったので無駄にギフトオプションも付けてみました。
    メッセージは「Hi,Enjoy your gift! From mazu-bunkai.com」です☆

    届いたパッケージを見てみましょう。
    赤いSanDiskロゴが鮮やかな見慣れたパッケージ。SDSQUAR-400G-GN6MAは海外版なのですべて英語表記です。

    容量は世界最大の400GB。速度表記は667倍速となっており、100MB/sの性能があるようです。

    また、A1という表記もあります。
    これは「Application Performance Class 1」という規格です。これは書き込み速度が500IOPS以上、読み込み速度が1500IOPS以上の物に表示できます。
    アクセス速度が遅い場合は表示できないものなので、SDSQUAR-400G-GN6MAに関しては速度面でも期待が高まります。

    では続いて裏面を見てみましょう。
    こちらも基本的には英語表記があるのみです。

    カードの耐環境性能も記載されていました。
    耐水、耐熱、耐衝撃、耐X線と、さまざまな環境でデータをしっかりと守ってくれるようです。

    またパッケージには10年保証のバッヂも。ただし日本国内では有効性は不明なので、故障しても捨てる!と割り切れる方のみ海外版に手を出すと良いでしょう(笑)

    パッケージの上から写真を撮ってみました。
    SanDisk Ultra 400GB MicroSDXC UHS-I A1の表記。

    MicroSDカードを取り出すにはパッケージを切り取る必要があります。
    ハサミで切り取り線に沿って切っていきましょう。

    パリッと切れました。
    コクヨのチタンコーティングハサミはなかなか良い切れ味を維持してくれています。

    切り取った箇所からMicroSDカードが格納された樹脂トレイを取り出します。

    取り出した樹脂トレイ。
    左にSDカード変換アダプタ、右側に400GB MicroSDが格納されています。

    では裏面を見てみましょう。
    SDカード変換アダプタの生産日は2017/10/08となっており、日本で買ったことを考えると、ほぼ出来立ての製品ですね。

    では樹脂トレイのシュリンクフィルムを剥がしましょう。

    改めて取り出したSDカード変換アダプタと、400GB MicroSDカードを撮影。

    SDSQUAR-400G-GN6MAのカードはインクジェットプリンタで直接印字したような仕上がり。
    ここまでズームしなければドットは見えませんが、ちょっと拡大しすぎたかも(^^;

    SDSQUAR-400G-GN6MAの裏面です。基板のパターンはなだらかなカーブを描いたもの。
    手書のプリント基板を彷彿とさせますね。なんだか懐かしい感じ(笑)

    続いてベンチマークテスト、いわゆる体力測定を行ってみましょう。
    今回はSONY製のUHS-II対応の高速リーダーMRW-E90を利用します。

    まずはSDSQUAR-400G-GN6MA付属のSDカード変換アダプタに400GB MicroSDカードを差し込みます。

    続いてカードリーダーに挿入しましょう。

    SONYのリーダーはカードの露出が最小限なので、突起部をぶつけることもなく安心して使えますね。

    まずは手元のWindows10Pro搭載PCに接続してみました。
    ドライブのプロパティでの総容量は393,803,202,560バイト 366GBが利用可能となっています。
    また空き容量も同じく366GB、SDSQUAR-400G-GN6MAの大容量が体感できる瞬間ですね。

    では定番のCrystal Disk Markで速度を計測してみましょう。
    今回は最新版のVer6.0.0 x64を利用しました。


    シーケンシャルリードは84MB/s、シーケンシャルライトは56MB/sを記録。なかなか高速なカードですね。MicroSDといえば基本的に遅い!といった印象でしたが、このカードはなかなかの速度が出ています。
    このスペックであれば、動画の直接録画等にも使えそうですね。

    システム的な頻繁な書き込みは寿命を縮める恐れがありますが、写真・動画・音楽等の格納にはぴったりではないでしょうか。大容量のデータを気軽に持ち出したい人にはおススメのSDSQUAR-400G-GN6MAでした。

    今なら400GBを持っている人は少ないので、話のネタにも最適ですよ~☆


  • RAVPower 40W USB充電器を買ってみた。RP-PC026

    USB充電のガジェットが増加するなかで、旅行の際に使えそうなUSB充電器を探していました。
    amazonで検索してみると、コンパクトサイズなRAVPower 40W USB充電器を見つけたので買ってみました。
    USBポート数も4ポートあり、必要十分なスペックです。

    ポチっとした翌日に到着したRAVPower製の充電器です。
    白を基調としたシンプルなデザインのパッケージ。

    パッケージを開けてみました。
    Happy?と書かれたスマイリーが登場(^^

    内容物を取り出してみました。
    RAVPower 40W充電器本体のほかにマニュアルとスマイリーカードが入っていました。

    マニュアルは日本語対応されており、初心者の方でも安心して使えますね。
    製品スペックとしては、
    入力電圧:AC100~240V 50/60Hz
    出力電圧:5V 40W (計8A)
    サイズ:7.9cm x 7.0xm x 2.7cm
    重量:122.9g
    とコンパクトサイズながら、なかなかのパワーがあります。
    またメーカー保証も18ヶ月間あり、安心して長く使えるスペックとなっています♪

    本体をみてみましょう。
    RAVPower 40W充電器のUSBポート数は4ポートです。
    各ポートはRAVPowerのiSmart対応となっています。

    本体の印字部です。
    RAVPower 40W 4ポートUSB充電器と日本語で記載されています。もちろんPESマークもあるので日本国内でも安心して利用できますね。
    出力はトータルで8Aとなっていますが、各ポート単位での最大出力は2.4Aです。

    本体正面にはiSmartロゴがあるだけのシンプルな外観。

    もちろんコンセントは格納式となっているので、持ち運びにも便利です。
    まれに完全格納できないような設計の製品も見受けられるなか、コンパクトサイズながら完全に格納できるのはポイントが高いですね。

    RAVPower 40W USB充電器のコンセントを起こしてみました。
    ちゃんと丸穴が開いているので、コンセントにしっかりと差し込む事が可能です。

    外観チェックはこの程度にして、RAVPower 40W USB充電器の体力測定を行ってみましょう。
    今回も当サイトではおなじみの CENTURY USB POWER LOADER CT-PL-01 を使います。

    RAVPower 40W USB充電器をコンセントに接続しました。
    今回は写真撮影のため、直接壁コンセントに接続せず延長コードに差し込んでいます。
    ちなみに、まず分解。おすすめはやはり「工事物件タップ」ですね。
    一般家庭でよく見かける所謂延長コードとは一線を画す、質実剛健な感じが〇

    RAVPower 40W USB充電器には電源ランプがありませんが、その代わりにUSBポート内がうっすらと光ります。これは暗闇やベッドサイドなどでの利用に最適な感じですね。明るすぎずちょうどよい感じ☆

    では早速電流をながしてみましょう。
    まずは手始めに1A負荷から。

    スペック的には1ポート当たり2.4Aとなっており、1Aは余裕でクリア。
    電圧は5.27V出ています。

    続いて製品スペック上の1ポートmaxである2.4Aを流してみましょう。

    2.4A負荷でも5.16Vと非常に優秀なスペックです。
    大電流をとりだすと電圧降下して急速充電にならないような製品もあるなかで、非常にパワフルですね。

    ここから先は自己責任になりますが、2.4Aを超える電流負荷をかけてみましょう。
    まずは3A流してみました。

    3A流した状態で4.98VとようやくUSB規格の5Vになりました。

    まだまだ余裕がありそうなので、どんどん電流を増やしてテストしてみましょう。
    3.1A負荷。まだ動作しています。

    3.1A負荷で4.9Vまで電圧が下がりました。さすがに製品スペックを0.6A超過しているので仕方ないかもしれませんね。

    電圧が止まるところまで上げていきます。
    3.2Aもクリア。

    続いて3.3Aも問題ありません。

    どんどん電流を上げたところ3.5Aで出力停止しました。
    なので、最大値である3.4Aで体力測定してみました。

    製品限界スペックを1A超過した3.4A状態でも4.82Vを維持しています。
    これは今までテストした中では非常に優秀な値です。

    RAVPower 40W USB充電器は本当にパワフルですね!

    RAVPower 40W USB充電器はコンパクトサイズながら、非常にパワフル。
    各種ガジェットの充電速度も高速で本当におススメできる一品です。
    QC3.0などの機能は備えていませんが、一般的な機器に使うのであればイチ押しです☆

    これは撮影終了後にコンセントから抜いた状態です。
    USBポート内を照らすLEDがなかなか消えないんですよね。
    10秒近く光っていましたので、これは非常に大きなコンデンサを装備している証明ですね。

    このように光り続けています。
    大容量のコンデンサは価格も高いので、コストダウン対象として容量削減される事も…。
    しかしながら、性能に妥協することなく大容量のコンデンサが搭載されている事は歓迎できますね。

    いかがだったでしょうか?
    RAVPower 40W USB充電器を実際に使ってみると非常にパワフルで、スマホを複数台接続しても充電速度は落ちませんでした。
    頻繁に旅行に出かける方や、多数のスマホを持ち歩く方にはおススメできる一品です。