• タグ別アーカイブ: スマホ
  • RS-WFIREX4 スマート家電リモコンで暑い夏を快適に過ごす

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンを買ってみました。今年も猛暑がやってきましたが、帰宅前にエアコンをONして快適に過ごしたい!
    そんなIoT環境を構築するべく、ラトックシステムの製品を選択したわけですが、これがとっても便利!
    赤外線リモコンで操作可能な機器であれば何でも対応可能です。では早速製品をチェックしてみましょう。

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンをチェック

    まずはRS-WFIREX4スマート家電リモコンのパッケージをチェックしてみましょう。
    外観はとてもシンプルなパッケージなので家電量販店でもそれほど目立った存在ではありませんでした。
    今回はあまり下調べしていませんでしたが、家電量販店の店頭で気になったので購入してみました。

    スマート家電リモコンとは?

    簡単な使い方や機能はパッケージに記載されていますが、情報は必要最小限ですね。
    スマート家電リモコンを自宅のWifiに接続し、スマートフォンから遠隔で赤外線リモコン信号を送信して遠隔操作することができます。
    ほかにもスマートスピーカー類と連携させたり、IFTTTによる各種自動化など様々な活用方法があります。

    詳細を知りたい人は店頭でQRコードを読み取ってサイトの情報を見てもらうような仕組みです。
    この手の製品を購入しようと考える人なら、スマホなどを活用されているはずなのでこの方法が正解かもしれませんね♪

    パッケージ横には温湿度センサーと明暗センサーの搭載、対応OSなどが記載されています。

    本体サイズは45mmx45mmx15mmと非常にコンパクト。
    対応しているWifi企画は2.4GHzのみなので注意が必要かもしれませんね。

    スマート家電リモコンを開封してみた

    パッケージを開けてみると、RS-WFIREX4本体に加えてMicroUSBケーブルが入っていました。
    USBのACアダプタ等は別売りなので、電源は別途準備しておきましょう。

    付属のMicroUSBケーブルはMicroUSB-Bタイプ。

    RS-WFIREX4の本体裏にはフックにひっかける穴があり、簡単に壁付けが可能です。
    またゴム足も装備されているので、床置きでも問題ありません。

    RS-WFIREX4本体にはWPS接続ボタン、MicroUSB端子、インジケータLEDが装備されるだけのシンプルなデザイン。

    RS-WFIREX4を分解して内部構造をチェック

    RS-WFIREX4を分解してみました。
    外側のケースはツメで固定されているだけなので、パリッと簡単に開くことができました。
    内部はメイン基板とWifi基板で構成されており、非常にコンパクトにまとめられています。

    メイン基板はプラスタイプのビスで固定されているので、プラスドライバーで取り外しましょう。

    一般的なプラスドライバーで作業OKでした☆

    取り出したRS-WFIREX4のメイン基板です。
    こちらは裏面になりますが、下部に装着されている基板はWifiモジュール基板です。
    RATOC Systems,IncのPI-928になります。技適 018-180377として認証されていますね。
    この基板は右側にスリットが入っており、積極的に何かを分離しようとする設計が見受けられますね。

    右側には一体何があるのでしょうか。
    裏面で気になるのはU4のICですね。これは想像ですが、SENSIRION社デジタル温湿度センサーSHTC3ではないでしょうか。
    そうであれば熱源などから距離を置きたいという思想にも合致しますね。

    続いて基板の表面です。
    こちらで目立つのは、赤外線受光部とパワー系のLEDでしょうか。

    本体中央部にはIC2個に加えて、レンズ付きのパワー系赤外線LEDが2個ありますね。

    赤外線LEDの素性は不明ですが、部屋中に赤外線を飛ばすパワーなので相当な出力があると思われます。
    人の目には見えませんが、あまり直視したくありませんね(笑)

    左側に見えるICはGD25Q16Cですね。
    16MbitのFlashになります。ファームウェア等が格納されているのでしょうか。右側のSTMicro製のICは型式が読み取れませんでした。

    基板表面にもスリットの部分にICが装備されていました。
    透明なパッケージなので、照度センサーと思われます。コンパクトながらも多数のセンサー類を装備しているので様々な活用ができそうですね。

    RS-WFIREX4を実際に使ってみる

    今回はスマートスピーカー類との連携はせずに、まずは外出先からエアコンを操作できる所までを試してみたいと思います。
    基本的にはスマートフォンに専用アプリをインストールして、メールアドレスを登録して遠隔操作するイメージです。
    Android端末で設定をしてみたところ、簡単にWifi接続までができました。スマートスピーカー連携などを気にしなければ初心者の方でも簡単に接続できると思います。

    接続が完了すると最新ファームウェアのインストールが始まりました。
    このような配慮も初心者でも使いやすくということに注力されているように感じました。

    この手の製品ではリモコンを学習させて使うパターンが多いと思いますが、実はかなり多くの家電がプリセット登録されています。
    今回は、パナソニック照明器具、パナソニックエアコン、山善扇風機、東芝レグザなどを接続テストしましたが、すべてプリセットから選択するだけでOKでした。

    本当に敷居が低くて使いやすい、そんな印象です。

    この画面はリビングの照明を登録したものです。
    ちなみにリモコンにはオプションでch1~ch3までチャンネル切り替えがありますが、それにもプリセットで対応済み☆

    そしてこちらは山善の扇風機です。扇風機は照明と違いでn電源OFFというものありません。
    電源ON/OFFを1種類の信号で操作するので、どちらか分からないときは切タイマー等を併用する必要がありますね。

    東芝レグザの画面です。入力切替やチューナーも選択可能ですが、4Kは別途設定が必要なようです。

    そして今回の本命、エアコンの操作パネルです。
    基本的には温度、風量、運転モードが設定可能です。帰宅の少し前にエアコンをONしておけば、帰宅時には快適な環境となります。
    電源タイミング等を自分で遠隔コントロールできるのが非常に便利ですね。

    温度センサーの使いどころ

    RS-WFIREX4には温湿度センサーが装備されていますが、これは一体なにに使うのでしょうか。
    答えはエアコン制御の参考値として十分機能します!

    購入時はRS-WFIREX4自身が発熱しており、温度センサーの精度には疑問を感じていました。
    しかし使ってみて分かったことは、非常に正確な温度が表示されるようになっていました。

    RS-WFIREX4の電源投入直後の画面です。
    照度は取得できていますが温湿度は30分後まで取得できないと表示されます。
    これはおそらくRS-WFIREX4自身の発熱が安定するのを待って、正確な温度を表示するようにとの設計ではないでしょうか。

    電源投入後30分以上経過すると、温度湿度ともに表示されます。

    その精度はどの程度あるのでしょうか?
    実際に温湿度センサー付きの時計を横に置いて数時間後の温度を比較してみました。
    スマートフォンの画面を見ていただければ分かりますが、ほぼ誤差無しとなっています♪

    実際に使ってみて、温度計の数値もかなり信頼が置けるものと分かりました。
    これなら安心してエアコンや扇風機の遠隔制御に使えますね。

    ちなみに本日帰宅時に部屋の温度を測ってみると、猛暑の影響か38.1℃まで上昇していました。
    もちろん、スマートにエアコンのスイッチをONして帰宅したので、帰宅直後に汗をかくことなく快適に過ごせました。

    RS-WFIREX4スマート家電リモコンまとめ

    実際に使ってみて非常に便利な製品であると感じました。また温度センサーの補正など非常に考えて作られておりその使用感には大満足しています。
    エアコンの遠隔操作なんて不要だと考える人も多いかとは思いますが、温度までモニタ出来るのでペット等を飼われている方にも安心ではないでしょうか。
    例えば、エアコンを入れてい外出や旅行などしているときに、もし停電等でエアコンが止まったら??
    そんな時にエアコンを再起動することもできますし、部屋の温度が見えるだけでも安心感がありますよね。

    工事も必要なく、部屋に置いておくだけでOKという手軽さです。ぜひ安心のためにも導入を検討されてはいかがでしょうか。


  • Xperia XZ1 SOV36 Android9 Pieにアップデートしてみた。

    Xperia XZ1 SOV36にAndroid9Pieの配信が開始されました。
    今まではAndroid8でしたが、どのように変化するのでしょうか?
    早速アップデートを実施してみましたので、その内容を紹介したいと思います。

    突然現れたXperia本体ソフトの更新画面。
    配信されたバージョンは 47.2.C.0.262で、1473.3MBとなっています。

    まずはアップデートの詳細を確認してみましょう。
    https://www.au.com/information/notice_mobile/update/update-201901-sov36/

    配信内容はXperia XZ1 SOV36 Android9Pieとなっており、配信開始日は2019/01/28です。
    アップデートファイルのサイズは約1.5GBで更新には25分必要となっています。

    更新内容を見ていると、利便性が向上する項目を見つけました!
    Xperiaといえば音楽機能も重要ですが、音量が15段階から30段階に細分化されました。
    これは音楽を楽しむうえでは大変うれしいポイントですね。快適音量でリスニングできます♪

    その他にも様々な更新がありますが、OSのバージョンがアップすることで、画面イメージの変更もあるようです。
    この辺りは慣れの問題でしょうか。

    その他アップデートによる変化点はこちらのPDFに詳しく書かれていますので、事前にチェックしておくことをおススメします。
    https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/sov36_software_update_manual_201901.pdf

    では早速ダウンロードしてアップデートしてみましょう。
    現在のバッテリー容量は62%です。このままでアップデート可能でした。
    念のため、ACアダプタに接続して充電をしながら進めたいと思います。

    約1.5GBの容量があるアップデートですが、1分ほどでダウンロードが完了。
    ファイルの整合性確認が始まりました。

    ファイルの整合性確認が完了したので、続行をタップしてアップデートを進めましょう。

    アップデートに要した時間は、ドロイド君アイコン画面から初回のパスコード画面まで15分20秒でした。
    そこから待つこと約1分で起動完了です。

    バージョン情報を確認してみましょう。
    Androidバージョン9
    Androidセキュリティパッチレベル 2018年12月1日
    ベースバンドバージョン 8998-8998.gen.prodQ-00278-10
    カーネルバージョン 4.4.148-perf+ #1 Fri Dec 7 20:38:21 2018
    ビルド番号 47.2.C.0.262

    ちなみにアップデート前には内蔵ストレージで33.03GBの空き容量がありました。

    アップデート後は30.64GBとなっており、約2.5GBを消費したようです。
    400GBのMicroSDカードは正常に認識しており特に問題は発生していません。

    アップデート内容として書かれていた音量は縦向けの音量バーに変わっていました。
    画面輝度などは従来通りの横バーでした。

    オーディオメニューを見てみましょう。
    特段変化はなさそうですね。

    カメラアプリは画面イメージががらりと変わりました。
    設定など細かな点はチェックできていませんが、写真好きな方は新しいインターフェイスを覚えて全機能を使いこなしたいですね☆

    その他スマートウォッチ等含めて互換性は問題なさそうです。

    いかがだったでしょうか。
    まず分解。の環境では特に問題はありませんでした。インターフェイスデザインの変化はありましたが慣れれば問題なさそうですね。
    気になるバッテリーの持ちについては、今後じっくりと検証してみたいと思います(^^


  • FINsix DARTが故障したので解体してみた。FINsix DART Broken

    FINsix DARTについては、2018年1月末に「FINsix DART 世界最小ACアダプタを試す。」として紹介していたのですが、わずか3ヶ月程度で故障してしまいました。
    個人的には非常にお気に入りで出かける際はこれを使うようにしていましたし、友人たちにも勧めていた手前もあり短期間での故障は非常に残念です。
    実質的な通電時間は50時間程度で、45wのモバイルノートでの使用が大半だったので、過負荷とも思えません。

    今は連休中なので修理にも時間がかかりそうです。
    とりあえずヒューズ程度の故障であれば自分で直してしまおうと思い、解体してみることに。

    故障したFINsix DART本体。


    故障時も異常な発熱などはなく、特に異変はありませんでした。
    日本の商用AC電源以外に接続したこともないので、矩形波UPSによる破損なども考えられません。

    さて、どうやって分解すべきか。。。

    プライヤ等で引っ張ったり、色々頑張ってみたものの全く歯が立ちません。
    スポっと抜けるような構造ではなさそうです。

    というわけで、今回はこのようなアイテムを用意しました。
    株式会社イチネンミツトモのスピコン付きミニルーターです。

    付属のブレードをセットして切断してみたいと思います。
    回転数はMAXの22,000rpmにセット!

    一瞬で外装に歯が入りました。
    アルミではなくプラスチック製だったので、サクサク作業が進みます。

    1分程度で1本カットできました。
    あまり歯を深く入れると内部の部品を切ってしまう可能性があるので、あくまで浅く。

    ここからが大変でした。
    ガチガチにモールドされており、外装との密着度がハンパない。
    高精度プラニッパを複数駆使してもぎ取りました。

    そして、この時点で元に戻すことはあきらめました(笑)

    というわけで、何とかここまで解体することが出来ました。
    これ以上はモールドを剥がすのが面倒なのでココまでです。もう修理する気もないので、出力コネクタも引きちぎりました。

    凄いモールドです。ポロポロ割れる系で剥がすのが面倒です。
    そしてコンデンサに触れてビリビリ感じたり、もうこれ以上の解体はやめました(^^;
    メインのコンデンサは日本メーカーのルビコン製です。

    そしてメイン基板側です。
    多数のチップコンデンサが見えています。その他には半導体が少々。

    FINsix DARTでは重要パーツのサプライヤであろう、「infineon」製のチップ。

    他には「東芝半導体&ストレージ」社の「TLP2361」と「TLP185

    全身フルモールドで分解を拒むような構造でした。

    結局ヒューズ等を発見することもなく、ゴミ箱行きとなりました。
    この製品に未練がないわけではありませんが、次は違うものを購入してみたいと思います。