MX-C181 DCモーターファン扇風機を買ってみた。

レビュー

 

まもなく夏到来、ということで省電力なDCモーターファン扇風機を買ってみました。
購入したのはYAMAZENのMX-C181というモデルです。

DSC_0147

特徴的なブレード部。カタログによるとツインブレード構造になっているそうです。
DSC_0150

 

ブレードのネジを外してみました。
モーターシャフトとブレードの固定ネジはゴムつきのものになってました。
緩み防止でしょうか。
DSC_0154

カタログに謳われているツインブレードですが、実際のモノは一枚モノのプラスチックです。
エアコン室外機等に使われているBatwing Bladeと似たような効果を狙ったものでしょうか。
DSC_0151

ファンの軸受け部にはミネベアのボールベアリングが使用されていました。
DSC_0153

DCモーターなので、とても薄型に仕上がっているモーター部。
首振り機構は別モーターによる駆動です。
DSC_0155

本体操作パネル。
DSC_0148

 

電源を入れるとこのように光ります。
丸いスイッチはホイールになっていてクルクルと回ります。
ローターリーエンコーダ方式なのでどこまでもクルクルと。
DSC_0157

今回購入したものは定格10Wになっています。
DSC_0156

そして10年以上使ってきたものは、関西60Hzなので46Wの電力。
電気代は1/4になるというわけですね。エコなDCモーターです。
DSC_0159

最近の機械ということで、設計上の標準使用期間も記載されていました。
6年となっていますが、内訳はこのようになっています。

DSC_0160

運転時間が長いほど電気代がお得になるDCモーター扇風機。
夏本番がやってくる前に購入しましょう。

 

コメント