スポンサーリンク
分解&工作

USBケーブルの限界を計測①

最近のスマートフォンや小型電子機器では「MicroUSBケーブル」を使用した機器が多くなっています。 また電源容量を1A以上必要とするものも沢山あり、USBケーブルの限界を調べてみるべく機器を購入しました。 ...
分解&工作

SOL22 Xperia UL バッテリ交換

AUで買ってきたエクスペリアULですが、最近バッテリのもちが悪くなってきました。 裏面にはauと書いてあります。 ウラ蓋を開けてみると、BA950と書かれていますね。 と...
分解&工作

ホンダ スマートカードキー修理

ホンダフィットのスマートカードキーですが、最近ドアの解錠が不安定になってきました。 カードキー自体のバッテリを交換したり、色々と試してみるも状況は変わりません。 そこで、思い切ってカードキーを分解してみることに。 カー...
3Dプリンタ

PRN3D ヒートベッドレベル調整治具の評判が良いので。。。

昨日アップした、「PRN3D ヒートベッドレベル調整治具」ですが、何故かThingiverseで評判が良いのです(^^ たった1日で Like 30件、Collect 52件ととっても快調です。 気を良く...
3Dプリンタ

PRN3D ヒートベッドレベル調整治具

今回はABS樹脂によるチャレンジです! 熱収縮が大きい材料なので、設置面積の小さな部品でテストしています。 今回作成したのはこのような部品です。 ヒートベッドのレベル調整ですが、ナイロンナットを...
3Dプリンタ

PRN3D改良用パーツ続々到着♪

ようやくPRN3Dっぽいブログの再開です(^^ しばらく左手が使えず何もする気力が無かったわけですが、そうこうしながらもパーツはしっかりと手配しておきました。 まだ構想段階ですが、まずはX軸のシャフトおよびリニア...
3Dプリンタ

PRN3D関係の更新がとまってしまった理由。。。

しばらくサイトの更新が止まってしまい申し訳ありませんでした。 今回は3Dプリンタを使われている皆さんへの注意喚起ということで書かせていただきます。 PRN3Dでは高温になるヘッドやヒートベッドなどを危険部位がむき...
3Dプリンタ

SCOOVO C170を試してみる

「誰でも簡単に。インクジェットプリンタでペーパー印字をする感覚で。」でおなじみのSCOOVO C170の立ち上げに立ち会う機会がありました。 プリンタ自身は金属パーツ中心で構成されており、ベッドやヘッドの剛性は高いものでPRN...
パソコン

no-ip.biz復活。

GIGAZINEにも「ダイナミックDNSがマルウェアの温床になっているとしてMicrosoftがNo-IPのドメイン差し止め」として、取り上げられていたno-ipのDDNSサービスですが、先ほど確認したところ、自分の運用しているホス...
パソコン

no-ipサービス停止について

久々のパソコンネタですが、自宅サーバ等で運用しているno-ipがドメイン差し止めにあっているようです。 先日から接続できない状況となっており、いろいろと調査してみることに。 すると、マイクロソフト社からセキュリティに関す...
3Dプリンタ

PRN3D NEMA17モーターダストカバー製作

PRN3Dにとどまらず、reprapプリンタで数多く使われているNEMA17サイズのモーター。 モーター軸の後ろがむき出しになっており、ベアリング部分にホコリが溜まらないか心配になります。 そこで、このように養生テー...
3Dプリンタ

PRN3D ワーク冷却ファン取り付けパーツ

先日ブログに掲載した「PRN3D ヒートヘッドベース アライメント部品」ですが、実はもうひとつの機能がありました。 もう想像が付くかと思いますが、このナット埋め込み部分がその答えです。 組み合わせる部品はこん...
3Dプリンタ

PRN3D ヒートヘッドベース アライメント部品

PRN3Dを使っていて少し気になったのですが、ヒートヘッドベース部品がたわんでいることに気づきました。 これも印刷品質への影響は不明ですが、一度気づいたが最後、どんどん気になってくる(^^ スケールを上げると、やっぱり少...
3Dプリンタ

PRN3D 超軽量ファンガード製作

PRN3Dのワーク冷却ファン装着を見据えて、超軽量のファンガードを製作しました。 厚さ1mm/幅1.2mm以下で重量は1グラム以下です。 見た目は貧弱ですが、そこそこの強度がありファンガードとしては十分機能します。 またファンブレ...
3Dプリンタ

PRN3D X軸 エッジプーリー作成

PRN3Dですが、X軸のテンションによってはX軸ベルトとプーリーが接触してしまうことがあります。 これはテンションによって微妙にプーリーに角度が付いてしまうためだと考えられます。 そこでこんなモノを作ってみました。 一辺にエッジを...
3Dプリンタ

PRN3D リミットスイッチ補強

PRN3Dのリミットスイッチを眺めていると・・・ このように斜めになっている固体があったり、取り付け位置が微妙に前後していたり。 良く見ると半田のみで固定されており、リミットスイッチ自体も穴あきのものなので基板穴にポッチ?がはま...
3Dプリンタ

PRN3D PCBカバー取り付け

先日作成した、PCBベースに引き続きカバーを装着してみました。 まずはこの状態で仮付け。 各部との干渉等もなさそうなので、基板を一度取り外してカバーを取り付けてみます。 カバー自体はM3*30のボル...
3Dプリンタ

PRN3D PCBベース取り付け確認

昨日、ブログに載せていたPCBベースを実際に取り付けてみました。 まずはベース部分のみ装着テストです。 基板部分は標準と同じボルトで、フレーム取り付け部はM4*10mmを使用しました。 無駄に太いベースとし...
3Dプリンタ

PRN3D PCBベース

ちょっと大き目の部品を作ってみました。 印字に時間がかかりますが機械が勝手にやってくれるので待つだけですね(^^ 1個目はこんな部品。 そして2個めも大きな部品です。 今回はタイトルのとお...
3Dプリンタ

PRN3D Y軸改良 データ公開

改良版Y軸ブロックについて、取り付けおよび動作確認が取れたので、データを公開したいと思います。 まず、取り付けに際しては干渉等なく、正常な動作が確認できました。 またZ軸高さ等も純正と同一仕様ですので、特に注意することなく使用できま...
3Dプリンタ

PRN3D Y軸改良

PRN3Dのウィークポイントと言われているY軸の構造について研究しています。 写真は純正状態のものです。 まずは強度試験をするため、同じ部品を再作成してみます。 Y軸シャフトの構造的な問題を抜きにしても、やはりこの...
3Dプリンタ

PRN3D LED照明付きワイヤーポール使用時の注意!

先日ブログに掲載させていただいた「LED照明付きワイヤーポール」についての注意事項です。 PRN3Dメーカー純正状態で組み立てた場合、Z軸リミットスイッチ干渉する可能性があることが分かりました。 ワイヤポール部品を使用される際は、Z...
3Dプリンタ

PRN3D Z軸原点出しの精度。。。

PRN3Dでは通常のマイクロスイッチを利用して、Z/Y/Zの各軸で原点出しをしています。 X軸やY軸はアバウトな位置で問題ないものの、やはりZ軸のばらつきが気になるところ。 直接印字品質に関わるところでもあり、毎度の調整はや...
3Dプリンタ

PRN3D LED配線コネクタの圧着

先日のブログで「PRN3D LED照明付きワイヤーポール製作」というのを掲載していましたが、 よくよく考えればXHコネクタの圧着工具を持っていませんでした・・・(^^; とりあえずということで、ラジペンやハンダで何とか接続したものの、効...
3Dプリンタ

PRN3D LED照明付きワイヤーポール製作

PRN3Dに関わらずZ軸の高さ調整やベッド部の水平出しはやはり面倒な作業ですよね。 私の場合はいつもLEDライトで照らしながら調整していたので、ワイヤポール部品にLEDを組み込む場所を設けてみました。 黒が標準タイプ、白が今回作成したも...
3Dプリンタ

PRN3D フィラメントクリーナー製作

PRN3D導入後、Amazonで買った「3Dプリンター用 PLAフィラメント 【1.75mm】【1kg】【カラー選択可】 (白/ホワイト)」を1本使い果たす直前までやってきました。 現在はカバー等を装着せずオープン状態で設置しており、どう...
分解&工作

PRN3D Z軸改造とX軸改造その3

先日の「PRN3D X軸改造」で作成した剛性強化パーツを組み込むためには、Z軸クランプの改造も必要です。 それは何故かというと、剛性強化パーツとZ軸クランプが干渉してしまうという単純な問題です。 しかし、これはデータを作成するときに...
分解&工作

PRN3D X軸改造その2

まず標準状態のX軸ユニットASSY。 エクストルーダのクリップのみ部品変更した状態です。 ステッピングモーターに貼り付けている養生テープはベアリング部のホコリ付着防止のため。 まずは各部品を作り直します。 ...
分解&工作

PRN3D Z軸シャフト磨き

今日はPRN3DのZ軸昇降シャフト周りの改善ということで、シャフト交換、シャフト磨き、ナット変更をやってみることに。 シャフト自体はMonotaroにて購入。 本来2本あれば十分なのですが、個体差を考えて4本購入してから、偏...
分解&工作

PRN3D ハイスピードカメラによる振動解析

PRN3Dでは先駆者による機構改善がどんどん行われていますが、実際の印刷時の挙動はどうなのか? というわけで、ハイスピードカメラを使用して実際の印刷状況を撮影・解析してみました。 これらの内容から改善すべき方向性が明らかになって...
スポンサーリンク