Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

PRN3D X軸 エッジプーリー作成

3Dプリンタ
スポンサーリンク

PRN3Dですが、X軸のテンションによってはX軸ベルトとプーリーが接触してしまうことがあります。
これはテンションによって微妙にプーリーに角度が付いてしまうためだと考えられます。

そこでこんなモノを作ってみました。
一辺にエッジを設けてフレームと接触させテンションを掛けても水平が出るようにというアイディアです。

4つあるのはそれぞれエッジの出しろを変更しており、個体差に対応するためです。

DSC_2688x

 

早速組み立てです。
ボルト側のプーリーを交換します。

DSC_2683

DSC_2684

 

ボディ側は純正プーリー、外側のみエッジプーリーに交換します。

スポンサードリング

DSC_2685

 

取り付け時はボルトが水平になるように取り付けします。

ボルトがキツイ場合は出しろの違う部品で試してみてください。

DSC_2686

 

このパーツに交換したところ、印刷を繰り返してもベルトとプーリーの接触がなくなりました♪

DSC_2687

 

印字品質に対する影響はないかもしれませんが、気持ちよく使えますよね(^^

 

エッジプーリー部品 データダウンロード

コメント