• ★本サイトは独自ドメインに移行しました。 新しいアドレスは http://mazu-bunkai.com となります。 にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

  • MicroSDデータ復旧 物理破損を修理業者に出してみた。

    MicroSDデータ復旧 ということで書き始めましたが、Androidスマートフォンで利用しているMicroSDHCカードが突然データが読めない状態になってしまいました。
    カード自体はバッファロー製のClass4タイプの16GBです。

    よく見てみましたが、外観上は破損等がありません。

    裏面を見てみましたが、こちら側も表面と同様に破損等は見当たりません。

    試しにパソコンにセットして読み取り可能かチェックしてみることに。

    すると、カードを刺した瞬間だけ、「ドライブH:」として認識します。

    数秒後には「ドライブH:」が消えてしまいました。
    やはりカードが故障しているのでしょうか。
    この状況では市販のデータ復旧ソフトすら使うことができません。

    そこで、手持ちのカードリーダー類をすべて用意して様々な条件で読み出しにチャレンジしてみることに。

    USB直刺しタイプのリーダーなども試しましたが、結果は変わらず。

    PC以外の機器でも試してみようということで、Nikon1 J1を用意しました。

    カードを挿入した瞬間に、「このメモリーカードは壊れている可能性があるため、使用できません。カードを交換してください。」との表示。
    やはりだめでした。

    もう自分ではどうにもならないと感じたので、ネット上でデータ復旧業者を探してみました。
    するとフラッシュメモリ系専門で格安の業者さんを発見!
    http://www.anydata.jp/さんです。

    ここを選んだ理由ですが、何といっても価格が安いんです。
    他社では20万程度の見積もりが出てきたところもありましたが、ここは16GBの場合で48,000円と格安。

    またカードの物理破損に対しては、フラッシュチップへのワイヤリング作業を行って抽出することもできるというのが強みだと感じました。
    もちろん成功報酬制だったので、迷わず頼むことにしました。

    この手の業者さんに依頼することは初めてだったので、まずはカードを厳重に梱包しました。

    MicroSDの状態だと不安だったので、SDカード変換アダプタに取り付けて、SDカードケースに入れました。

    さらにファスナー付きの袋に入れました。

    それをボール紙製の丈夫な箱に貼り付けて、フローティングさせた状態にしました。
    これなら、少々の外圧に対して空間が確保できますからね♪

    その箱を入れるのはCD専用として売られているクッション入り封筒です。

    この封筒にボール紙製の箱を投入しました。

    最後は付属の両面テープでしっかりとふたを閉じます。

    そしてanydata.jpさんの発送先住所に送付します。

    封筒の準備と並行して、Web上の申込フォームから復旧の申し込みを行いました。
    早速返事が来ていますので、指示に従いMicroSDを発送しました。

    そしてその2日後にはデータ復旧に成功したとの連絡がありました。
    内容はファイル種別にファイル数が書かれており、非常にわかりやすいもの。

    JPEGデジカメ画像 1,934ファイル  / JPEG画像 1,174ファイル
    と大量のファイルが復旧できたようです!

    実際にサンプル画像のサムネイルも3枚添付されていました。

    失ったはずの画像が対象に復旧しています。

    あの写真も、この写真もみんな復活してます(^^)

    サンプル画像に満足したので、すぐ正規の料金を振り込みしました。
    16GBのMicroSDカードからほぼすべてのファイルを復旧してもらい、わずか51,840円と格安でした。

    振り込み翌日にはデータがもう到着しました。
    企業相手ではなく、個人相手でも非常に対応が早く助かりました。

    内容物は破損したMicroSDカードとデータの書き込まれたDVD-Rです。

    復旧いただいたデータはもちろん大切ですが、ワイヤリングされたカードも気になるところ(笑)
    データDVD-Rよりも先にカードに目が行っちゃいました(^^

    早速ケースからカードを取り出しました。

    そしてSDカードアダプタからMicroSDカードを取り出します。
    この時点では普通のカードにしか見えないですね。

    では、カードを裏返してみましょう。
    このようにカード裏面が研磨され、基盤のランド部分に半田痕が見られます。

    さらに拡大してみましょう。
    この裏側はデータが格納されたフラッシュチップが搭載されています。
    基盤越しにチップに直接配線したのと同じ状況を作り出し、データを吸い出しされたのでしょう。
    今回はMicroSDカードのコントローラ不良ということでしたが、フラッシュチップのフォーマットを解析することで大半のデータが抽出できたそうです。

    今回はブログネタというわけではなく、本当に緊急事態ということでお願いしたわけではありますが、
    あっさりとデータが復旧された事に驚いています。

    物理障害で困ったときは専門業者に出さないと無理だと実感しました。
    もし皆様も同様の状況になられた際は、格安かつ迅速な「http://www.anydata.jp/」おすすめです!


  • ZenFone2をAndroid6.0にアップデートする。

    ZenFone2ですが、Andoroidのアップデートについて調べてみると、WebサイトでAndroid6.0のアップデートが公開されているのに気づきました。というわけで、早速試してみることに。
    今回はお手軽にスマホ単体ででできる方法です。

    ※面倒な人は一番最後のリンクからどうぞ!

    まずは、お手持ちのZenFone2(ZE551ML)から、以下のリンクに接続してください。
    ASUS ZenFone2 ヘルプデスク

    サイトの下の方に「ドライバ&ツール」という欄があります。

    その中に「OSを選択してください」という項目があるので、「Android」を選択します。
    現時点ではファームウェアが65種類掲載されているようです。

    上の方ほど新しいバージョンになっていますので、お手持ちの機種に適合するファームを探してください。
    「バージョン WW」と書かれているものはワールドワイド版になります。

    そして、「バージョン JP」と書かれたものが日本版です。
    お手持ちの機種に適合するファームをダウンロードしましょう。

    この画面の例ではワールドワイド版をダウンロードしてみます。
    ファームウェア説明欄の下に「グローバル」と書かれた欄がありますので、タップします。

    するとダウンロードが始まりますが、ファイル容量は1GB以上あります。
    Wi-fiを利用するか、月末に余ったLTE高速通信分を使い果たしたいなど、状況に応じて回線を厳選しましょう(^^;

    自宅の環境では約6分ほどでダウンロードが完了しました。

    ダウンロードしたファイルは、特定のフォルダに移動させることでアップデート用のファイルとして認識されます。ここからはファイルを移動する手順になります。

    まずはZenFone2に元から入っている、「ASUSファイルマネージャー」を開きます。

    ダウンロードしたファイルはZIP形式なので、「圧縮」のカテゴリに分類されています。

    「圧縮」を開くと先ほどダウンロードしたファイルが表示されています。
    そのファイルを長押しして、チェックマークを入れましょう。

    続いて右上のマークをクリックして、「移動先」を選びます。

    現在のフォルダーは「/sdcard/Download」となっています。
    これは標準のダウンロード先ですので、ここから少し移動させましょう。

    ローカルストレージ内の「内部ストレージ」を開きます。

    そして、移動先として「>ルート>sdcard」を選び、画面下の「OK」をタップします。

    移動が完了したら、ZenFone2を再起動させましょう。

    再起動が待ち遠しいです♪
    操作が成功すると、起動後に通知バー部分にアップデートの通知が表示されるので、指示に従い実行します。

    なお、再起動後にアップデートの通知が表示されない場合は以下の項目を確認ください。
    ・ファイルの移動先は間違っていないか?
    ・ダウンロードしたファイルは間違っていないか?
    ※ワールドワイド版 or 日本版の違いでもファイル自体を認識しません。

    無事にアップデートが始まると、ドロイド君の画面が表示されます。

    しばらく待つとASUSロゴが表示されました。

    続いて見慣れた起動画面。

    すぐに起動するのかと思いきや、、、
    「Androidをアップグレードしています・・・」の表示が。
    全部で122個のファイルを最適化するようです。しばらく時間がかかりますね。

    すべて完了すると「ブートを終了しています。」の文字。

    無事に起動したら、端末情報の画面を開いてみましょう。
    ・Androidバージョン → 6.0.1
    ・Androidセキュリティバッチレベル → 2017年1月1日

    最新版になってます(^^

    念のため、システムアップデートを実行しても最新版となっていました。
    私の端末ではビルド番号が「MMB29P.WW-ASUS_Z00A-4.21.40.223_20161216_7766_user」となっていました。

    最後にアップデートに使用したファイルは不要ですので削除しておきましょう。
    再びASUSファイルマネージャーを開きます。
    カテゴリから「圧縮」を開きます。

    先ほどダウンロードしたファイルが表示されるので、「ファイルを完全に削除する」にチェックをいれて削除しておきましょう。

    これで内部ストレージの空き容量が増加しました。

    いかがだったでしょうか?
    ZE551MLを使っているのに、なかなかAndroid6.0アップデートが配信されないとお困り方は、この手順をお試しくださいね。

    最後にせっかちな人のために、アップデートファイルへのリンクを掲載しておきますね(笑)
    ASUS ZenFone2 ZE551ML Android6.0 JP SKU 4.21.40.196
    ASUS ZenFone2 ZE551ML Android6.0 WW SKU 4.21.40.223


  • SB-5000でリモートフラッシュ撮影を試してみる

    先日購入したSB-5000ですが、リモートフラッシュ撮影とはどんなものか?を試してみました。
    初めて使うリモートフラッシュなので作品づくり、というよりは色々な機能を実験中という感じです。

    今回準備した機材はNikon D7100 と SB-5000 2機です。
    電波制御CLS非対応のボディになるので、従来の光制御CLSでの実験です。

    今回撮影に使ったオブジェたち。
    光の加減を見るために、反射素材やクリア素材など組み合わせて準備してみました。
    SDカードはグレー部分がありますので、ホワイトバランス調整の目的もあります。

    大まかにはこんな感じで実験を進めてみます。
    全体像の撮影にはいつもブログで使っているNikon D3300 + SB-800を利用しました。

    まずはフラッシュ無しの撮影です。
    レンズは AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gです。
    絞り値はすべてF10固定としています。

    フォーカスだけは固定した状態で、何も考えずにとってみた写真です。
    SDカードの下には影がくっきり。全体的に影が目立つ仕上がりになりました。

    続いて内蔵フラッシュを使っています。
    まずは一般的なTTLモードにセット。

    先ほどと同じセッティングのまま撮影しまいした。
    至近距離からのフラッシュ照射なので、高コントラストの仕上がりに。
    先ほどよりも、影がよりクッキリした仕上がりですね。コンデジ的というかそんな感じです。

    続いて、SB-5000をクリップオンで装着してみました。

    SB-5000側のセッティングはTTLモード。
    焦点距離や画角、F値などはカメラと通信して最適なセッティングになるようです。

    ではそのまま撮影してみました。
    今回は上の方しか光が届いていません。
    やはりクリップオンだと近距離は難しいようですね。

    こんな時はSB-5000のワイドパネルが有効です。
    パチッと引き出してセットしました。

    ワイドパネルを使用すると、下の方にも光が届いています。
    お手軽に光の照射角度を広げられるのは便利ですね(^^

    では、いよいよリモートフラッシュ撮影にチャレンジしてみます。
    まずはこのように左右にSB-5000を配置してみました。

    SB-5000は光制御リモートモードに設定します。
    今回は2台使用するので、それぞれグループAとグループBに設定しました。

    光制御CLSを利用するにはカメラ側の設定も必要です。
    D7100のメニューから内蔵フラッシュ発光の項目を開き、コマンダーモードに変更します。

    ではこの状態で撮影してみましょう。
    カメラのシャッターに連動して2機のSB-5000が発光しました。
    両サイドから光を照射したため、影の出方が大きく変わりましたね♪
    今まではSDカードの下にくっきりと出ていた影が柔らかな印象になりました。

    先ほどの撮影では内蔵フラッシュの発光を停止した状態で、SB-5000の光量補正は無しとしていました。

    ここから先がコンCLSの便利な所です。
    SB-5000にはAグループ、Bグループと設定をしましたが、カメラ本体からそれぞれの発光量を調整することができます。
    この画面ではAグループを-1.0に、Bグループを+1.0に設定しました。

    撮影した写真はこのようになります。
    右側のSB-5000は発光量が減り、左側のSB-5000は発光量が増加しました。

    次は左右の光量を逆に設定してみました。

    右側のSB-5000は発光量が増加し、左側のSB-5000は発光量が減少しました。
    このようにフラッシュ本体を調整せず、カメラだけで補正できるはとても便利ですよね。
    今回は双方ともにTTL測光としましたが、指定グループだけをマニュアル発光させることも可能です。

    続いてバウンス撮影にチャレンジしてみます。
    SB-5000はあえて被写体の反対側に向けての撮影してみました。

    すると、先ほどとは違って、影がクッキリ写ることはなくなりました。

    続いて、両方とも真上を向けて撮影してみます。

    光の入り込み方が違うため、影の出方が変わりましたね。

    続いては、片方のSB-5000のみ直接照射、もう片方はバウンスという設定です。

    すると、先ほどのCLSによる左右の光量調整だけで撮影した場合よりも、より柔らかい感じで影の向きをコントロールすることが出来ました。
    リモートフラッシュの利点は、フラッシュの設置場所や設置方向で影の出し方を楽しめます♪

    SB-5000でいろいろと撮影していて驚いたのは、測光から発光量までの精度の高さです。
    このようにカメラに向いて光るような設置で撮影してみても。。。

    白飛びして破綻することなく、暗いところから明るいところまで撮影されています。

    全く意味のない配置ですが、フラッシュが直接写り込むような配置にしても。。。

    このように破綻することなく、映像が記録されていました。

    続いて、フラッシュにティッシュをかぶせてどのように光が変化するか試してみました。
    フラッシュ専用のディフューザーなども多数販売されていますが、まずはお手軽に♪

    こちらはティッシュディフューザー有りの写真。

    こちはら、ディフューザー無しの写真。
    やはり光の柔らかさ、拡散具合が大きく違いますね。
    シルバーのパーツに映り込んだ光や、影の形状などに変化が見られます。

    ここからは超高精度を確かめる、お遊び的な要素です。
    フラッシュのワイドパネルを開いた状態で、2台のSB-5000をリモート撮影してみました。
    光量セッティングはTTL任せの完全オートです。
    この状態で10枚以上撮影してみましたが、光量の変化は一切ありませんでした。

    フラッシュの前にオブジェを配してみても、光量は変わらず暗いところ明るいところまでシッカリ写っています。

    続いてこのような配置で撮影。
    やはり白飛びすること無くキレイに調光されています。

    フラッシュの距離を変化させても調光精度は変わらず。

    なぜ、このような実験をしたかというと、SB-5000やSB-800を利用する前は安価なアフターメーカー品を使っていました。
    作品作りという点においては、マニュアルで光量調整していればアフターメーカー品でも全く問題はありませんでした。むしろヘッドの回転がフリーであるなど、純正よりも使いやすい場面も多かったです。

    しかし、一発勝負の撮影などにおいてはTTLに頼る事となりますが、その際に調光のバラつきに悩まされていました。その悩みが純正フラッシュを購入したとたんに解消してしまったので、いろいろと実験をしてみたというわけです。

    SB-5000は高い調光精度や電波制御CLSなど、様々なメリットがありますが、お値段が高いのも事実。
    まずはアフターメーカの格安品でフラッシュ撮影を試してみるのも良いと思いますし、予算と目的に合わせて適切なモノを選びたいですね♪