Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

ZALMAN ZM-VE300を試す

パソコン

最近、入手困難となりつつあるZALMANの仮想ドライブ機能付きのエンクロージャを買ってみました。
予備を含めて合計4台ゲットしています(^^

DSC_3650

 

今回追加で購入したのは、ブラックモデルを3台。

DSC_3651

 

以前に購入しているシルバーモデルと同じですね。

DSC_3652

 

しかし、基板ウラを見てビックリ。
私自身は4個しか持っていませんが、全部リビジョンが違います(^^;

DSC_3653

 

これはRev.1.48

DSC_3654

 

これはRev.1.51

DSC_3655

 

そして最新?のRev2.28

DSC_3656

 

STマイクロのチップだったり、

DSC_3657

 

PICマイコンだったり。設計変更の多さが謎ですが、どれも正常に動作するので問題ないでしょう。

DSC_3658

 

ケース自体はアルミ製で高級感がありますね。
今回は東芝製のSSDを取り付けてみました。

DSC_3661

 

基板を見ると、www.iodd.co.kr の文字が。なるほど韓国メーカー製というわけですね。

DSC_3662

 

SSDをNTFSフォーマットして取り付けてみました。
基本的には _iso という名前のフォルダを作成して、その中にISOイメージファイルを格納するというものです。

DSC_3663

 

そして、ジョグダイヤルからファイルを選んでクリックすると、仮想光学ドライブにマウントされCDやDVDとして認識されます。

DSC_3664

 

簡単に切り替えて使用できるので、windowsの復旧用ディスクやファームウェアアップデータなどを入れておくと便利ですね。
BIOSの種類にもよりますが、ほぼすべてのマシンでブートドライブとして使用することも可能です。

DSC_3665

 

本体にはいくつかの設定がありますが、基本的にはモード切替さえ正しく設定しておけば問題ないでしょう。

DSC_3666

 

モードは3種類。
・Dual Mode  HDDと光学ドライブの両方として振る舞います。
・HDD Mode  HDDのみ認識させます。
・ODD Mode  光学ドライブとしてのみ振る舞います。

DSC_3667

 

今回はDualモードにて。
Q:ドライブはZM-VE300に搭載したHDDの中身が見えています。
J:ドライブは仮想光学ドライブです。

zalman02

 

今回は3個のイメージファイルを格納し、Samsungのファームウェアアップデータをロードしてみました。

zalman01

 

このまま、BIOSからブートさせてファームウェアアップデートも正常に完了しました。
今回のように、一度だけ使うもイメージファイルや、CDbootLinux、その他OSイメージなどを格納しておくと重宝しますね。
なにより、光学ドライブとは段違いに速いのでストレスなく利用できます。

コメント