• タグ別アーカイブ: カメラ
  • TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nのフード改造。

    サーキットや野鳥撮影で使っているA022Nですが、レンズのサイズが大きい事もあり、フィールドでのレンズ交換には少々苦労が伴います。
    センサーのダスト対策なども考えれば、本来はレンズフード側を下にしてレンズ交換したいのですが、環境によっては難しい事も。
    そこで、標準のフードに溝ゴムを取り付けすることで、この問題を解決することが出来ましたので、その手法を紹介します。

    TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 A022Nです。

    普段はこのように、カメラボディ側を下に置いた状態で交換するしかありません。

    しかしセンサーのダスト対策を考えれば、このようにレンズを下側に置いて交換したいところ。
    室内等であれば問題ありませんが、野外のフィールドで同じ事をやればフードは短期でボロボロになりそうです。

    まだまだキレイなレンズフード。この状態を維持したいところ(^^

    というわけで、ホームセンターコーナンで溝ゴムを買ってきました。


    溝ゴムとはこのようにV字やU字の形に形成されたゴムの事です。
    これをエッジ部分に差し込む事で、エッジ部を保護したり、エッジ部でケガすることを防いだり、そんな用途のゴムです。

    購入したものは「八幡 溝ゴム ボビン巻 #94 100m」です。
    JANコードは4979874025333となっており、どこでも購入可能です。
    今回はホームセンターでの切り売り品を1m購入しました。

    レンズフードの先端部分は直径が125mmほどあります。

    この数字をもとに円周率をかけて必要な溝ゴムの長さを算出しましょう。
    125mm×3.141592

    393mmという結果になりました。

    という訳で、溝ゴムを必要量切り出します。

    そして、あとはレンズフード先端に差し込んでいくだけ!!
    と言いたいところですが、やはり固定が弱いです(^^;

    そこで今回は0.2mmの激強力両面テープを活用して固定してみたいと思います。

    この激強力両面テープは基材レス仕様なので、長期使用でも安定した接着力を実現しています。
    購入したものは「和気産業 激強力両面テープ マルチ ( 8511200 )」です。
    JANコードは4903757301221となっており、どこでも購入可能です。

    このようにエッジ部分に折り返すように両面テープを施工します。

    そして溝ゴムを押し込むように接着していきます。

    ぴったり一周巻き終わりました。
    両面テープの施工個所を多めに取ることで、強度もしっかりしており外れる心配もなさそうです。

    溝ゴムなので、フード内側へのはみだしも最小限。
    ケラレ等の画像影響も皆無なので安心して撮影に望めます。

    溝ゴムを施工したことで、レンズフードを装着したまま地面においても大丈夫になりました。

    実際にサーキット等でコンクリートやアスファルトの上に置いて使っていますが、安定度は抜群です。
    レンズ交換もカメラ側を回すように操作することで、簡単かつ確実に作業できるようになりました。

    今回の内容は非常に簡単な加工です。
    同じレンズをお使いの方はぜひやってみてはいかがでしょうか。
    レンズフードをキズから守るだけではなくレンズ交換が容易になるので、レンズ交換時の落下事故なども防止できるのではないでしょうか。


  • Nikon MH-26aAK互換バッテリーチャージャーを分解する。

    Nikon D850で9枚/秒の連写を実現するには、マルチパワーバッテリーパック MB-D18Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18バッテリー室カバー BL-5などが必要となります。更にはEN-EL18専用の充電器も必要なりますが、価格も高く入手性も良くありません。
    そこで、今回はamazon等で販売されているMH-26aアダプターキット MH-26aAK 互換品を分解してその中身を探ってみたいと思います。

    今回分解するMH-26aAK互換バッテリーチャージャー。外観はNikon純正の充電器と似ています。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーの裏面。
    型式はFB-DU-EN-EL18となっています。
    入力はAC100V~AC240Vのマルチ入力タイプ。充電電流は1.2Aとなかなかパワフル。

    では早速分解してみましょう。
    今回はトルクスタイプのネジが使われているので、トルクスドライバーを用意しました。

    ネジロック等は施工されていないので、ドライバーさえ適合すれば簡単に外せます。

    4本のビスが外れました。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーの裏面。ビスを外したので4本の穴が開いています。

    パカッとカバーを外しました。
    まず見えたのは充電器全体を覆うサイズの基板です。

    基板をめくってみました。
    すると奥からもう一枚の基板が現れました。互換品とはいえ、なかなか凝った作りになっていますね。

    基板同士を接続するケーブルを外してみました。
    こちらは電源系の基板でしょうか。スイッチング電源と謎の抵抗で構成されています。
    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーですが、この基板の型式はBC-26Aとなっています。

    まず気になったのはこの抵抗部分。比較的ワット数の大きな抵抗が多数並んでいます。

    先ほどの抵抗部分の裏面パターンです。
    基本的にはすべて直列で配線されており、基板同士を接続するコネクターにパターンが伸びています。

    こちらは抵抗とは反対側のスイッチング電源部分です。
    ACインレットコネクタからダイオードで整流、そのままスイッチング電源を構成する形となっています。

    スイッチングの要となる半導体は「SDC社」の「SDC606」を採用。
    85V~265Vの入力に対応した12W出力のPWMコントローラーです。

    フィードバック用のフォトカプラには「SHENZHEN ORIENT TECHNOLOGY社」の「ORPC-817」を採用。
    型式からもわかる通り、フォトカプラの定番ともいえる「SHARP社」の「PC817XNNSZ0F」と同じようなスペック。

    スイッチングトランスには「ENEL18」と印字があるものの、素性は不明。。。

    続いてMH-26aAK互換バッテリーチャージャーの奥にある基板をチェックしてみましょう。

    3本のビスを外して基板を取り出しました。
    先ほどの基板とは違い、スルーホールタイプの両面基板が採用されています。

    基板表面です。
    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーではありますが、互換品とは思えない中々な作りではないでしょうか。

    メインのチップはマークが削除されており素性は不明です。

    完全にマークが消されていますが20ピンDIPということでATMEL系マイコン??
    Attiny2313A-Suかなぁ、などと想像を膨らませつつ観察は終了です(^^;

    SMT実装のコネクタなども非常にしっかりとした作りです。

    ちなみにこの基板はBC-26A-Bという型式になっていました。

    基板の各部をチェックしてみましたが、半田付け品質も問題なく、本当に互換品!?と思えるほど。

    そして基板を外した奥側はこのようになっており、バッテリー部のコネクタとはケーブルで接続されていました。

    型式はBC-26AとBC-26A-Bという基板のセットになっており、このチャージャー専用に作られたもののようです。

    MH-26aAK互換バッテリーチャージャーでamazonのレビューではキャリブレーションが機能しないと評されています。
    実際にキャリブレーションボタンを押すとオレンジのLEDが点灯するところまでは確認できています。

    というわけで、MH-26aAK互換バッテリーチャージャーによるキャリブレーション時の動作を調べてみました。
    キャリブレーション中は充電電流が停止し、バッテリーには放電方向の負荷がかかっています。
    その負荷は最初に紹介した基板の抵抗部分が関与していました。
    実際にキャリブレーションLED点灯中は抵抗の温度が上昇し、放電させる動きをしています。
    ただし、この動作が長時間持続しないというのが実情のようです。

    もう一方のバッテリースロット側でもキャリブレーション機能は一定時間のみ動作する状態。
    充電に関しては両方のスロットにバッテリーを装着しておくと、1番→2番と順番に100%まで充電してくれました。

    amazonレビューにある通り、バッテリー放電機能の動作には疑問がありますが、充電機能や機器品質は問題なさそうです。
    キャリブレーション代わりのバッテリー放電に関しては、D850を動画撮影モードに設定して録画状態で放置する事で対処しています。
    写真ではロワジャパン製の互換バッテリを使用していますが、Nikon純正のEN-EL18でも正常に100%まで充電できていますので、安価に試してみたい方にはベストチョイスではないでしょうか?
    回路構造や内部構造については純正との分解比較もしてみたいところですね(^^




  • TAMRON 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)とD850

    フルサイズのD850導入に伴い、手持ちのTAMRON SP 70-200 f/2.8 DI VC USDでは望遠側が不足する状況となったため、新たにTAMRON SP 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)を購入してみました。
    主にサーキットや野鳥などの撮影に使う予定ですが、まずは開封して細部をチェックしてみましょう。

    TAMRON SP 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)のパッケージ。
    レンズの写真が大きくプリントされており、一目で中身がわかるデザインとなっています。

    TAMRON SP 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)パッケージ裏面です。
    こちらにもレンズ写真と各種スペックが印字されています。


    TAMRON SP 150-600 F/5-6.3 Di VC USD G2 (A022N)のパッケージに記載されているスペック表です。
    Model:A022 (A022N)
    Mount:For Nikon
    FilterSize:95mm
    LensHood:HA022

    また各種アイコンの説明も。
    SP:Super Performance
    USD:Ultrasonic Silent Drive
    eBAND:eBAND Coating
    Minimum object distance:2.2m(86.6inch)
    Fluorine coating

    パッケージ側面にはレンズ前玉の写真。

    では早速開封してみましょう。
    最初に出てきたのはマニュアル、保証書などのドキュメント類。

    中の仕切りを外すとレンズ本体が見えてきました。
    レンズ本体とフードは個別に梱包されています。

    付属品をすべて取り出してみました。
    レンズ本体、フード、運搬用ポーチ、三脚座となっています。

    タムロン・レンズライフ・メンバーズ登録の用紙が入っていました。
    ユーザー登録しておけば、万一の修理の際に修理代金が割引になるそうです。これはお得ですね。

    レンズ本体です。G2となったことで、マウント部の金属装飾や各種スイッチ類の大型化など、外観的なポイントは他のG2シリーズと同様です。
    三脚座が比較的大型になっているので、持ち運び時はハンドルとしても活用できそうです。

    G2シリーズ共通デザインのスイッチ類です。
    フォーカスリミッターに加え、VCモードも3種類用意されています。用途に合わせて適切に選択することで、より使いやすくなりますね。

    鏡筒部分の刻印です。
    SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2と書かれています。

    今回のA022NはMADE IN CHINAとなっていました。
    タムロンがタムロン基準で管理する工場なのでどこの国製でも問題ありませんね♪

    標準付属の三脚座です。アルカスイス互換タイプとなっており、活用の幅は広そうですね。

    三脚座の裏には4か所のビス穴が装備されています。
    センターの2か所は一般的な三脚に対応するビス穴です。1/4-20UNC (ISO 1222規格)の物です。
    アウト側の2か所はアルカスイス互換マウントとして使用する際に落下防止のための付属ボルトを打ち込む穴です。

    サーキットでの使用を考慮してレンズプロテクターを手配しました。
    やはり飛び石などから前玉を守るためには必須アイテムです。

    フィルターはMARUMIのEXUSをチョイス。
    95mmともなれば、そこそこのお値段がしますよね。

    やはり95mmのフィルターは迫力がありますね!

    早速フィルターを装着しました。
    フィルターは薄型を謳っていないものをあえてチョイスしています。
    これは薄枠設計の物だとレンズキャップがすぐに外れたりすることがあるからです。

    付属のフードを装着してみました。
    150mm側のワイド端ですが、なかなかのサイズ感ですね。

    そして600mmのテレ端にしてみると、こんなに長くなります。
    重心位置がかなり前方に行くのではと不安もありましたが、それほどでもありません。

    つづいて収納時を想定したワイド端でのフード逆付け状態です。
    ここでも三脚座の大きさが目立ちますね。

    A022Nのマウント部分です。
    このレンズは電磁絞り機構となっており、いわゆるF-Mountの絞りレバーがありません。
    電気的に絞りを動かすため連射等でも高速かつ正確に絞り制御ができるようになっています。

    ちなみに三脚座はネジを緩めて回すことで着脱可能です。
    少しでもコンパクトに軽量にしたい、そんな時は取り外しておくのも手ですね。

    Nikon D850 + MB-D18互換 + A022Nを組み合わせてみました。
    ワイド端でもなかなかの迫力ですね。

    Nikon D850 + MB-D18互換 + A022Nでテレ端の状態です。
    カメラ側にもそれなりの重量があるので、重量バランスの悪さは感じませんでした。

    Nikon D850 + MB-D18互換 + A022Nを合わせた総重量は3,496g。
    およそ3.5kgという事ですが、この程度なら一日中持ち歩いても苦痛にはなりませんね。

    ズームロックスイッチは150mmのワイド端でのみ使用可能です。

    そして150-600mmがG2型になって大変便利になったポイント。
    例えば350mmの状態でズームを固定したい!と思えば、ズームリングを前方にスライドさせます。

    すると、カチッと子気味良い感覚と共にズームリングが前方にスライドします。
    この状態では白い表示が見えていますが、350mmでズームロックされています。
    つまり、任意の場所で気軽にズームロックが可能です。これは便利!

    野外で使うとチリが侵入するよなぁと思いながら、クリーンな状態のレンズ内部を撮影(笑)

    いかがだったでしょうか?
    まだ撮影には使用していないので、撮影レビューは後の掲載となりますが、細かなディティール等伝わったでしょうか。
    気が付けば、24-70 F2.8 / 70-200 F2.8 / 150-600 F5-6.3 とすべてタムロンを買いそろえていました(笑)
    そろそろTap-in Consoleも欲しいところですね☆