• タグ別アーカイブ: カメラ
  • TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)を試す

    タムロンから新たに発売された大三元レンズの一つ、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)をゲットしたので試してみました。
    私は旧SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD無印も持っていますので、そちらとの比較もやってみたいと思います。

    SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2のパッケージ。

    ケースから中身を取り出してみました。
    レンズ本体、フード、ポーチなどが入っています。

    付属のポーチはレンズがすっぽり収まる大型のもの。
    クッション性は少ないですが、底部は固くなっており一般的な利用では全く問題ありません。

    SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2レンズ全体像です。
    旧レンズと比べるとシンプルな外観になったように感じます。

    SPはロゴ部品が組み込まれており印刷とは一味違った高級感がありますね。

    ズームロックスイッチです。旧レンズより大型化しており、操作性は非常に良いのではないでしょうか。

    AF/MF切り替えスイッチ、VC ON/OFFスイッチ。こちらも大型化されており操作性は良好です。
    またスイッチ自体の装飾がなく、シンプルなデザインも魅力的ですね。

    個人的には若干細いと感じるフォーカスリング。
    その下には「DESIGNED IN JAPAN」の印字。日本国内設計の証ですね。

    その隣には「MADE IN JAPAN」の文字。タムロンは国内生産ということで製造品質にも期待が高まります。
    A032という型番とともにフィルター計も印字されています。82mmと大型ですね。

    リアキャップです。
    デザイン的には旧レンズと比べて、こちらの方が操作しやすいように感じました。

    リアキャップを外してみました。
    接点端子はNIKON仕様で、目につくところは絞りレバーがなくなった点でしょうか。
    今回は電磁絞り仕様ということでレバーがありません。個人的には可動部が減ることで、ゴミ侵入経路が一つ少なるなることもメリットだと感じます。

    ではSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2と旧レンズを比較してみましょう。
    まずは各レンズともテレ端にしたうえで外観比較。
    同じ工学設計なのか、まったく長さが変わりませんね。

    同ワイド端。こちらも同サイズと考えてよさそうです。
    外観から察すると光学系に大きな変更はなさそうに感じます。

    続いてレンズキャップです。
    TAMRONロゴのフォントが変わった以外にも、取り外しつまみが奥深くなっており、フード装着状態でも簡単に着脱できるようになりました。

    レンズキャップを外してみました。
    のぞいた感じは全く同じ設計のように見えました。
    コーティングの色は若干違うように感じますね。

    角度を変えて比較。やはりコーティングは別物と考えてよさそうです。

    つづいてレンズマウント側の比較です。
    こちらもコーティングの影響か若干色が違いますね。

    こちらは旧レンズ。メカニカル絞り仕様なので、絞りレバーが装着されています。

    SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の場合は電磁絞り仕様となっており、絞りレバーに相当するものは装着されていません。

    絞りレバー部を横から見てみましょう。

    SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の絞りレバー跡地。開口部がないのはもちろん、右側のストッパーのようなものもなくなっていますね。

    そして絞りレバー逆側を見てみると、旧型レンズにはストッパーのようなものが装備されています。

    SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2にはストッパーのようなものも存在しません。

    電磁絞り仕様となったことで、マウント部の構成も一部異なっているようです。

    続いてレンズキャップ単体で撮影してみました。
    旧タイプと比較して深さがあるので、指どおりは良い感じ。着脱は非常にスムースに操作できます。

    つづいてレンズキャップ裏側です。
    バネ機構も新型となっています。レンズキャップ自身は若干分厚くなりましたが、なにより操作性が最優先ですよね。

    続いてフードの比較です。
    新旧共に花形フード採用です。

    そして旧レンズはこのように薄っぺらいフードが採用されていました。
    実際のフィールドでは外れやすく、落下させることもしばしば。

    新型では、なんとロックスイッチが装備されており、フードの意図しない外れとは無縁です。
    これは素晴らしいですね。
    ちなみに、フードは新旧どちらも互換性はありませんでした。フードのみ流用できないのが残念です(^^;

    フードはロックスイッチを搭載したことで複数部品を組み合わせて構成されています。
    ビス止め箇所も多く、重厚な雰囲気です。
    写真中央部は今回の変更ポイントであるロックスイッチ部です。

    フードの取り付け方法は旧型と同じ。マークを合わせてくるっと回すだけ。

    すると、レンズ本体とフードのロックスイッチが勘合してしっかり固定されます。
    フィールドで何度も落として自分で踏みつぶしてを繰り返した経験からすると、個人的にはロック機構の評価が高いですね。

    NIKON D7100に装着してみました。
    デザイン的にもマッチしており違和感はありませんね。電磁絞り機構を含む動作はOKでした。

    続いてちょっと古めの機械ということで、NIKON D3100でもテスト。
    こちらも電磁絞りを含む動作が可能でした。

    新旧レンズでAF速度を比較してみました。
    NIKON D7100で中央フォーカス固定です。

    まずは旧レンズで無限大に設定してAFチェック。

    続いてG2でもテストしてみました。

    体感的にはSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の方が初動レスポンスが高いですが、動画では明確な差はありませんね(^^;
    この辺りは圧倒的高性能な手振れ補正も含めて、一度体感していただくのが良いかと思います。


    いかがだったでしょうか?
    画作り等の評価はこれからになりますが、旧レンズの良いところを踏襲したモノになっており、どなたにでも安心して使っていただけるのでは無いかと思います。



  • ZEROTECH DOBBY ゼロテックドビーを買ってみた。

    ZEROTECH DOBBY を買ってみました。
    ポケットサイズで4Kカメラ付き、スマホで操縦可能と持ち運びには大変便利です。
    またドローンとしては200g以下の重量になるので、航空法の制限もなく気軽に楽しむことが可能です。

    今回は専用キャリングポーチ付きのデラックス版を購入してみました。
    リブが入っており強度は十分です。ドローン本体をしっかりと保護してくれそう!

    ポーチをパカッと開けてみました。
    本体以外にも予備バッテリーや充電器など沢山のものが収納できるので、お出かけにはぴったり。

    ZEROTECH DOBBY本体です。
    ホワイトパールのボディがキレイですね♪

    付属品などを含めて取り出してみました。
    内容物は大変充実しており、以下のような物が入っていました。
    ・ZEROTECH DOBBY本体
    ・ACアダプタ(QC2.0対応)
    ・充電器(QC2.0対応)
    ・バッテリー 2個
    ・Micro USB TYPE-Cケーブル(変換コネクタ付き)
    ・プロペラガード
    ・予備プロペラ
    ・専用NDフィルター

    本体のサイズを計測してみましょう。
    全長は135mmで、iPhone6よりも若干短いです。

    横幅は64mmと、これもiPhone6よりコンパクト。

    本体の厚みは35mm。
    スマートフォンとモバイルバッテリーを合わせたようなサイズなので、普段持ち歩くのにも問題ないサイズですね♪

    プロペラ部を展開してみました。
    アームはしっかりしており、動かすのに少し硬いかな?と感じるほど。
    飛行中の安定度にも期待が高まります。

    モーター部。
    アルミ部品自体が回転するようになっています。
    アルミ部品が露出していることで、モーター自体の冷却にも一定の効果があるのではないでしょうか。

    本体裏面です。
    真ん中の黒い部分はバッテリー装着部になっています。
    重量物が中央かつ、最低部に来ることで飛行安定性にも寄与しそうですね。

    バッテリーは4極の端子になっています。

    本体裏には黒いレンズとメッシュ状の部品が装着されています。
    黒いレンズは、本体下部の映像を撮影するカメラです。カメラといっても動画撮影に使用するものではなく、自己位置補正などに利用されます。
    またメッシュ部品からは超音波が発せられており、その反射を利用することで高精度に距離を計測しています。

    このようにGPS以外の情報を積極的に利用することで、安全かつ安定した飛行を実現しています。

    本体前方にはインジケータLEDと冷却ファンの吸気口が装備されています。
    このドローンは画像認識など、非常に高度な処理をおこなっておりCPUなどの冷却も必要なようですね。

    本体後部には電子ジンバル機能搭載の4Kカメラが装備されています。
    スペックとしては静止画が4K、動画はFHDとなっています。このサイズのドローンでは必要十分なスペックですね。

    ちなみにカメラは手動で角度を調整できるので、どのような撮影にも対応できそうです。

    付属していたプロペラガード。
    非常に軽く作られており、飛行時間や運動性能への影響も最小でしょう。

    プロペラガードはツメによる固定となっており、簡単に着脱可能です。

    プロペラガードを装着してみました。
    モーター部を包み込むように装着します。

    このように位相をずらしたツメになっており、着脱はとても簡単です。

    プロペラガードを装着した全体像です。
    機体の大部分が保護されており、室内で飛ばした際にも安心ですね♪

    バッテリはー2個付属していました。
    型式がD150とD151の2種類でしたが同容量でPSEマークもついています♪

    バッテリーは、7.6V 970mAhの容量となっています。
    小型ながらもなかなかの大容量を実現していますね♪

    バッテリー端子は本体と同じく4極仕様です。

    付属の充電器。
    非常に軽量かつコンパクトなのでドローン本体と共に持ち歩いても邪魔にはなりません。

    充電器の入力端子はMicroUSB TYPE-Cとなっています。
    モバイルバッテリー等と組み合わせることで、バッテリー容量の心配はありませんね。

    充電器ですが、5Vもしくは9Vに対応したQC2.0仕様となっています。
    9V入力ならば充電電流は2A確保できるので高速充電可能です。

    こちはら付属のACアダプタ。
    USBポートが1個装備されています。

    こちらも充電器と同様にQC2.0仕様で18W出力となっています。
    QC2.0のACアダプタが付属しているのは、なかなかポイントが高いですね。

    その他の付属品としては、予備のプロペラと、明るい場所できれいに撮影するためのNDフィルターが入っていました。これらも別売で購入すると、高いモノなので非常にお得☆

    そうこうしているうちに充電が完了しました。
    バッテリーにはLEDインジケーターが装備されているので、充電状況が一目でわかります。

    まずはお手軽に室内で飛行させてみました。
    驚くほど安定しており、この状態で1分ほど放置しましたがピタッと止まっています。
    一眼レフカメラで写真を撮る余裕があるほどです(笑)

    色々なアングルから撮影しました(^^)

    このように非常に安定したホバリングを実現するドローンです。
    まだ野外飛行は試していませんが、GPS補足時の動作も非常に気になるところ。

    価格が安いとは言えませんが、空中からの自撮りを気軽に楽しめるという、新しい楽しみ方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
    オプションパーツや保守パーツが豊富なので、気軽にどんどん飛ばして楽しみたいですね。


  • SB-5000でリモートフラッシュ撮影を試してみる

    先日購入したSB-5000ですが、リモートフラッシュ撮影とはどんなものか?を試してみました。
    初めて使うリモートフラッシュなので作品づくり、というよりは色々な機能を実験中という感じです。

    今回準備した機材はNikon D7100 と SB-5000 2機です。
    電波制御CLS非対応のボディになるので、従来の光制御CLSでの実験です。

    今回撮影に使ったオブジェたち。
    光の加減を見るために、反射素材やクリア素材など組み合わせて準備してみました。
    SDカードはグレー部分がありますので、ホワイトバランス調整の目的もあります。

    大まかにはこんな感じで実験を進めてみます。
    全体像の撮影にはいつもブログで使っているNikon D3300 + SB-800を利用しました。

    まずはフラッシュ無しの撮影です。
    レンズは AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gです。
    絞り値はすべてF10固定としています。

    フォーカスだけは固定した状態で、何も考えずにとってみた写真です。
    SDカードの下には影がくっきり。全体的に影が目立つ仕上がりになりました。

    続いて内蔵フラッシュを使っています。
    まずは一般的なTTLモードにセット。

    先ほどと同じセッティングのまま撮影しまいした。
    至近距離からのフラッシュ照射なので、高コントラストの仕上がりに。
    先ほどよりも、影がよりクッキリした仕上がりですね。コンデジ的というかそんな感じです。

    続いて、SB-5000をクリップオンで装着してみました。

    SB-5000側のセッティングはTTLモード。
    焦点距離や画角、F値などはカメラと通信して最適なセッティングになるようです。

    ではそのまま撮影してみました。
    今回は上の方しか光が届いていません。
    やはりクリップオンだと近距離は難しいようですね。

    こんな時はSB-5000のワイドパネルが有効です。
    パチッと引き出してセットしました。

    ワイドパネルを使用すると、下の方にも光が届いています。
    お手軽に光の照射角度を広げられるのは便利ですね(^^

    では、いよいよリモートフラッシュ撮影にチャレンジしてみます。
    まずはこのように左右にSB-5000を配置してみました。

    SB-5000は光制御リモートモードに設定します。
    今回は2台使用するので、それぞれグループAとグループBに設定しました。

    光制御CLSを利用するにはカメラ側の設定も必要です。
    D7100のメニューから内蔵フラッシュ発光の項目を開き、コマンダーモードに変更します。

    ではこの状態で撮影してみましょう。
    カメラのシャッターに連動して2機のSB-5000が発光しました。
    両サイドから光を照射したため、影の出方が大きく変わりましたね♪
    今まではSDカードの下にくっきりと出ていた影が柔らかな印象になりました。

    先ほどの撮影では内蔵フラッシュの発光を停止した状態で、SB-5000の光量補正は無しとしていました。

    ここから先がコンCLSの便利な所です。
    SB-5000にはAグループ、Bグループと設定をしましたが、カメラ本体からそれぞれの発光量を調整することができます。
    この画面ではAグループを-1.0に、Bグループを+1.0に設定しました。

    撮影した写真はこのようになります。
    右側のSB-5000は発光量が減り、左側のSB-5000は発光量が増加しました。

    次は左右の光量を逆に設定してみました。

    右側のSB-5000は発光量が増加し、左側のSB-5000は発光量が減少しました。
    このようにフラッシュ本体を調整せず、カメラだけで補正できるはとても便利ですよね。
    今回は双方ともにTTL測光としましたが、指定グループだけをマニュアル発光させることも可能です。

    続いてバウンス撮影にチャレンジしてみます。
    SB-5000はあえて被写体の反対側に向けての撮影してみました。

    すると、先ほどとは違って、影がクッキリ写ることはなくなりました。

    続いて、両方とも真上を向けて撮影してみます。

    光の入り込み方が違うため、影の出方が変わりましたね。

    続いては、片方のSB-5000のみ直接照射、もう片方はバウンスという設定です。

    すると、先ほどのCLSによる左右の光量調整だけで撮影した場合よりも、より柔らかい感じで影の向きをコントロールすることが出来ました。
    リモートフラッシュの利点は、フラッシュの設置場所や設置方向で影の出し方を楽しめます♪

    SB-5000でいろいろと撮影していて驚いたのは、測光から発光量までの精度の高さです。
    このようにカメラに向いて光るような設置で撮影してみても。。。

    白飛びして破綻することなく、暗いところから明るいところまで撮影されています。

    全く意味のない配置ですが、フラッシュが直接写り込むような配置にしても。。。

    このように破綻することなく、映像が記録されていました。

    続いて、フラッシュにティッシュをかぶせてどのように光が変化するか試してみました。
    フラッシュ専用のディフューザーなども多数販売されていますが、まずはお手軽に♪

    こちらはティッシュディフューザー有りの写真。

    こちはら、ディフューザー無しの写真。
    やはり光の柔らかさ、拡散具合が大きく違いますね。
    シルバーのパーツに映り込んだ光や、影の形状などに変化が見られます。

    ここからは超高精度を確かめる、お遊び的な要素です。
    フラッシュのワイドパネルを開いた状態で、2台のSB-5000をリモート撮影してみました。
    光量セッティングはTTL任せの完全オートです。
    この状態で10枚以上撮影してみましたが、光量の変化は一切ありませんでした。

    フラッシュの前にオブジェを配してみても、光量は変わらず暗いところ明るいところまでシッカリ写っています。

    続いてこのような配置で撮影。
    やはり白飛びすること無くキレイに調光されています。

    フラッシュの距離を変化させても調光精度は変わらず。

    なぜ、このような実験をしたかというと、SB-5000やSB-800を利用する前は安価なアフターメーカー品を使っていました。
    作品作りという点においては、マニュアルで光量調整していればアフターメーカー品でも全く問題はありませんでした。むしろヘッドの回転がフリーであるなど、純正よりも使いやすい場面も多かったです。

    しかし、一発勝負の撮影などにおいてはTTLに頼る事となりますが、その際に調光のバラつきに悩まされていました。その悩みが純正フラッシュを購入したとたんに解消してしまったので、いろいろと実験をしてみたというわけです。

    SB-5000は高い調光精度や電波制御CLSなど、様々なメリットがありますが、お値段が高いのも事実。
    まずはアフターメーカの格安品でフラッシュ撮影を試してみるのも良いと思いますし、予算と目的に合わせて適切なモノを選びたいですね♪