Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

Windows10無料インストール作業

パソコン

さて、先日お伝えした「Windows10アイコンがなくてもアップデートする方法」についての続きです。

前回はダウンロード作業の途中で終わっていましたが、今回はその続きの作業について紹介します。

ダウンロード中の画面です。
容量が大きいですので高速回線を利用してサクッと完了させましょう。

win10_upgrade_ 01

 

ダウンロードが完了すると、データの検証画面が表示されました。
この作業は結構時間がかかりました。
win10_upgrade_ 02

 

検証作業中にタスクマネージャを見てみると、なるほどCPUをフルに使って処理しているようです。
CPUファンもゴーゴーと音を立てながら頑張っています(^^;
win10_upgrade_ 03

 

検証が無事完了すると、更新プログラムのダウンロードが始まりました。
WindowsUpdateを同時に完了させてくれるのでしょうか。
win10_upgrade_ 04

しばらく待っていると、ライセンス条項が表示されました。
内容を熟読し完全に理解したうえで「拒否(D)」または「同意する(A)」のどちらかをクリックしましょう。
win10_upgrade_ 05

ここでようやくインストールの準備完了画面が表示されました。
インストールをクリックしてみましょう。
win10_upgrade_ 06

全画面表示でインストール画面が表示されました。
しばらく待機します。
win10_upgrade_ 07

するとパソコンが自動的に再起動され、黒い画面でインストールが継続されます。
win10_upgrade_ 08

再び再起動しデバイス準備の画面に。
さらに待ちましょう。
win10_upgrade_ 09

するとWindowsをアップグレードする画面が表示されました。
さらに我慢強く待つことにしましょう。
win10_upgrade_ 10

すると、設定についての説明画面が現れました。
今回は「簡単設定を使う」をクリックしてみます。
win10_upgrade_ 11

最後の処理が表示されました。
本当に最後でしょうか??

win10_upgrade_ 12

はい、無事起動完了しました。
ここまでおよそ2時間ほどかかりましたが、パソコンにより時間は変動すると思います。
時間に余裕があるときに実施されることをオススメします。
win10_upgrade_ 13

Windowsロゴをクリックすると、スタートメニューが表示されました。
ちゃんと動いているようです♪
win10_upgrade_ 14

 

試しにコントロールパネルからシステムを開いてみると。
Windowsはライセンス認証されています。との表示がありますね。
アップグレードは無事完了したようです。
win10_upgrade_ 15

念のため、デバイスマネージャを開いてみました。
今回の環境ではすべてのハードウェアが正常に認識され、動作しているようです。
win10_upgrade_ 16

回復オプションを開いてみると。。。
「Windows7に戻す」の項目がありました。

なるほど、動作が安定しないときや互換性の問題が発生した際には元に戻すことが可能なようです。
win10_upgrade_ 17

 

と言うわけで、特に苦労することもなくWindows10Proへのアップグレードが完了しました。
皆さんも是非試してみてくださいね♪

コメント