Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

NEW ニンテンドー 3DS LL 格安で液晶修理する3(液晶交換編)

分解&工作

NEW ニンテンドー 3DS LL ですが、ちょっとした不注意で液晶ガラスが割れてしまいました。
そこで、今回もDIYによる格安修理をやってみました(^^
作業自体は簡単ですが、iPhoneの液晶修理よりは難しいかもしれません。

最終回の今回は、液晶交換作業です。

液晶パネル差左右に取り付けされている、音声ボリューム基盤と、3D調整ボリューム基盤を外します。

DSC_0305

スピーカーを含む部品を外すことで液晶パネルがフリーな状態となります。
DSC_0321

液晶パネルは両面テープで貼り付けされていますので、樹脂工具等で端から剥がしていきます。
今回はドライヤー等を使用することなく剥がせましたが、硬い場合はドライヤーで温めると剥がしやすくなりますよ♪
DSC_0322

無事はがれました。
液晶パネルには表面の樹脂版もついていますので、後で剥がしましょう。
DSC_0323

このまま作業すると、フレキシブルケーブルを切断してしまう可能性もあるので、まずはフレキシブルケーブルを外しましょう。
金属パイプの中に丸めて通してありますので、順番や構造をよく覚えておいて作業してください。
不安な方はいろいろな角度から写真撮影しておくと安心ですよ(^^
DSC_0324

というわけで、上部部品から液晶パネルが外れました。
DSC_0325

今回交換用に用意した液晶パネルです。
NEWではない、通常のニンテンドー3DS LLのモノです。
Amazonで安く売ってますが、問題なく使用可能です。
DSC_0326

まずは割れた液晶パネルに装着されている樹脂版を外します。
表示面を傷つけないよう、切れ味の良いカッターナイフを使いテープをはがしていきます。
DSC_0327

この通り、ペリッと剥がれました。
DSC_0328

剥がしたパネルは、上部部品に貼り付けましょう。
両面テープは十分な粘着が残っていたので、そのまま貼り付けました♪
樹脂工具等でしっかりと押さえつけておきましょう。
DSC_0329

続いて購入した液晶パネルから、保護フィルムを剥がします。
ペリペリ♪
DSC_0330

液晶パネルを装着する前にエアダスターで埃を飛ばしておきましょう。
もちろん指紋の付着も論外です。取り付け前の最終確認をお忘れなく♪
DSC_0331

無事に取り付け完了です。
両面テープは再使用で問題ありませんでした(^^
DSC_0332

続いてフレキシブルケーブルを元に状態に戻していきます。
3本のケーブルを元あった順番に並べましょう。
DSC_0333

そして、ピンセット等で丸めながらリング部分を通します。
この作業は結構厄介ですが、焦ってケーブルを痛めてしまわないよう、慎重に作業してください。
この作業が成否を決めるといっても過言ではありません。
DSC_0334

リング内を無事にケーブルが通ったら、液晶部分のフレキシブルケーブルを接続します。
写真内上部のコネクタですが、交換用液晶とは一部サイズが異なります。
※この写真の向きでは、一番手前側に合わせてセットすることで3D機能も問題なく利用可能です。
DSC_0336

本体分解と逆手順でフレキシブルケーブルをスリット内に通します。
DSC_0347

3本のフレキシブルケーブルと赤い無線LANケーブルが通ったら、ヒンジ部分のピンを押し込みます。
マイナスドライバー等で簡単に入ると思います。
DSC_0349

続いて、本体基盤裏側のコネクタを接続します。
ところが、液晶コネクタは長さが足りずと届きません。
DSC_0355

そこで登場するのが、このケーブル。
(株)あすか修繕堂で販売されている変換ケーブルです。
これがあれば、NEW ニンテンドー 3DS LL に 旧3DS LLの液晶パネルが使用可能です!
DSC_0436

この向きにケーブルを接続します。
白いラッチを持ち上げて、ケーブルを奥まで差し込んでから、ラッチを倒すだけでしっかりと固定されます。
DSC_0437

その他のケーブルを先に接続していきましょう。
まずは基板表面のケーブルです。
DSC_0439

続いて裏面のこのケーブル。
DSC_0440

そして最後は変換ケーブルを装着します。
このような形状に折りたたんで装着してください。
裏表を間違えても装着できてしまいますが、必ずこの向きになるようにしましょう。
DSC_0446

あとはこの写真を参考各種コネクタを戻していきましょう。
DSC_0300

さて、緊張の瞬間、電源を入れてみましょう!
バッチリ起動しました。
電源を入れた時に、「ブチッ」と音がして青LEDが消える場合は、コネクタの接触不良が原因です。
スライドパット周辺の細い信号線(タッチパネル系)が緩い場合が該当しますので、コネクタを押さえながら電源を入れたりして原因を探ってください。
※上部液晶が正しく接続されていなくでも、「ブチッ」現象は発生しません。他のコネクタが原因の場合が多いです。

DSC_0479

この通り、3D表示機能もばっちりOKです。
DSC_0481

旧3DS LLの液晶を流用することで、格安修理することができました♪

 

【NEW ニンテンドー 3DS LL 液晶修理関連記事リンク】

NEW ニンテンドー 3DS LL 格安で液晶修理する1(本体解体編)

NEW ニンテンドー 3DS LL 格安で液晶修理する2(上下分離編)

NEW ニンテンドー 3DS LL 格安で液晶修理する3(液晶交換編)

コメント

  1. すいんず より:

    初めまして、こちらのサイトを見させて頂き液晶交換に成功出来ました。
    一つお聞きしたいのですが、組み立てたらHOMEボタンが動かなくなってしまったのですが
    ケーブルもちゃんと付いていますし原因がわかりません。
    なにかアドバイスなどありませんでしょうか?

    • すいんずさん、こんにちは。
      DSに使われているコネクタは非常に緩みやすいタイプですので、ホームボタンの接続先のコネクタをテープ等で押さえて状況を確認してみてくださいね。
      押さえると正常に動作する場合は、スポンジ等を挟んでしまう方法でも対処可能かと思います♪

  2. カモノハシ より:

    すみません液晶の下画面が割れてしまったのですが自分で治したくてもできないでお願いしたいのですがいくらでやっていただけます?

  3. カモノハシ より:

    カモノハシです。無理なお願いすみません自分でやってみる予定です。中学生でもできますよね?

    • まず分解。 より:

      カモノハシさん、こんにちは。
      作業自体は細かいものになります。
      趣味等でデジタル機器の分解をやった経験があれば成功する確率はUPすると思います。
      逆に分解作業が初体験というのであれば、かなり難しい物と考えてもらった方が良いかもしれません。

    • まず分解。 より:

      カモノハシさん、こんにちは。
      追記です。
      ヤフオクやメルカリ等で故障したDSを買ってみて、分解&組み立て作業を練習しておくと安心かもしれませんね。
      特に下側の液晶は壊れにくいので、上側液晶の壊れたジャンク品を買うと一石二鳥かと思います(^^

  4. にくまん より:

    はじめまして。New3DSLLの液晶が割れて自分で修理できないかと検索をしてここにたどり着き、こちらの手順通りに作業を行い、無事組み立てが完了したのですが、電源が入らなくなってしまいました。充電をすればオレンジのランプがつきますが、原因がよくわかりません。思い当たる節としてlanケーブルを切断してしまった他、フレキシブルケーブルを差すときにピンセットで摘んだ跡が残ってしまったり、ネジを回すときにずれて基盤に当たってしまったことぐらいです。何か打開策のようなものはありますか?

  5. にくまん より:

    はじめまして。自分New3DSLLが液晶漏れし、こちらのサイトの手順通りに作業を行いましたが、電源が入らなくなってしまいました。充電時オレンジ色のランプは点灯します。思い当たる節としてlanケーブルを切断してしまったり、フレキシブルケーブルにピンセットで摘んだ時の跡ができてしてしまったり、ネジを回す時にネジが基盤に当たってしまったなどです。何か打開策のようなものはありますか?

    • まず分解。 より:

      にくまんさん、こんにちは。
      電源が入らない場合ですが、どこかのコネクタが接触不良となっている可能性が高いです。
      緩んだ可能性のあるコネクタを押さえながら電源投入してみて、それで解消すればそのコネクタが原因です。
      対処法としては、コネクタ交換は非常に難しいので、スポンジテープ等で簡易的に抑え込む方法が使えるかと思います。