Ticwatch E防水スマートウォッチが浸水故障した。

Ticwatch Eをamazonにて購入したのですが、気が付くと浸水して故障していました。
精密なスマートウォッチですが、ダメもとで分解して修理できるかチャレンジしてみました。

Ticwatch Eの浸水状況です。
防塵防水性能は「IP67」となっていますが、この有様です。
この窓は心拍数センサーの部分です。

浸水時の基本的な対処としては、電源を切断して乾かすことですが、内蔵バッテリをすぐに切断することはできません。
まずはシリカゲル乾燥剤と密閉袋を用意して、Ticwatch Eを乾かすことに。

一週間ほど放置してみましたが、内部の水気は取れていないようです。

スマートウォッチ本体を見ると、トルクスタイプのビスを発見しました。

iPhone用のトルクスドライバーが適合するようで、簡単に外すことができました。
ビスの根元にはゴムガスケットが装備されていますが、ここに水分はありませんでした。

先ほどのビスを外すと、パカッと本体が開きました。
ビス一本とツメ固定という事を考えると、防水性能はあまり期待できないような気が。。。

Ticwatch Eの裏蓋内部です。
右に見えるのは充電端子用のバネ接点です。
そして中央の穴は先ほどの浸水写真にあった心拍数センサーの穴になります。

そしてTicwatch E本体側です。
中央の心拍数センサーあたりの浸水が激しいですね。。。

今回の浸水で発生したのかわかりませんが、充電端子部も激しく損傷しています。

有機ELディスプレイ側はキレイない状態ですが、若干水分が残っていました。

Ticwatch Eのメイン基板裏面です。
大部分はシールド板に格納されており、内部構造は不明です。

結局、Ticwatch E内部は水浸し、バッテリーまで水分を含んで膨らんでいる状態です。

取り出した全バーツです。
時計としては筐体の剛性不足を感じる設計です。

このバラバラ状態で再び、Ticwatch Eを乾燥処理します。

乾燥処理後に細部をチェックしてみました。
有機ELディスプレイ部の端子ですが、半田部を中心に腐食が発生しています。

こちらはメイン基板ですが、やはりコネクタ部を中心に腐食がありますね。。

コネクタ部以外でも、各部が激しく腐食しており復旧は難しそうです。

浸水の原因となった心拍センサー部分です。
その横にはSIMスロットらしきものがあり、セルラーモデルも用意される予定があったのでしょうか。

再び組み立てて充電をしてみましたが、やはり復旧させることは不可能でした。

今回の浸水は中央部の心拍センサー部分が原因と思われます。
実際にはボディ全体の剛性不足、それに加え防水設計の悪さが影響して浸水したと思われます。

スマートウォッチはまだまだ新しい分野の製品ですが、こういった初歩的な問題に関しては時計メーカー製の物を選択するのも良いかもしれませんね。