Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

ZenFone5 LCD 液晶を格安修理する2(バッテリー外し編)

スマートフォン

格安SIM端末として利用していたZenFone5ですが、不注意により液晶パネルを割ってしまいました。
メーカー修理に出すと長期間使えず不便なので、自分で格安修理してみました。

前回に引き続きメイン基板とバッテリーの取り外しを行います。

まずはこのコネクタを外します。
バッテリーコネクタですので、金属製のピンセットなどは使用禁止です。

ショートすると大事故につながりますので、必ず樹脂等の絶縁工具を利用してください。
DSC_0114

 

次にサイド面のスイッチ用コネクタを外します。
ケーブルとは逆側の黒いラッチを持ち上げます。
DSC_0115

次に黄色いカプトンテープを2箇所はがします。
このテープは再使用するので紛失しないように保管しておいてください。
DSC_0116

カプトンテープをはがすと幅広のコネクタが見えます。
DSC_0117

今度はケーブルと反対側の白いラッチを持ち上げます。
このコネクタの付近には小さなチップ部品が多数装着されているので、壊さないよう慎重に!
DSC_0118

次にサイド面のシールドテープをめくります。
この下にもコネクタが隠されています。
DSC_0119

こちらもケーブルとは反対側の白いラッチを持ち上げます。
壊さぬよう慎重に作業しましょう。
DSC_0120

 

次に基板を取り外します。この基板は2箇所のツメで固定されています。
DSC_0121

ツメを広げながら基板を持ち上げると、パチッと外れました。
この際、ケーブルの外し忘れがないか再確認してください。
ケーブルが接続されたまま無理に取り外すと、ケーブルが切断され再起不能になる可能性があります。
DSC_0122

取り外したメイン基板。
こちらは何度も見ている表面です。
DSC_0123

 

そして裏面です。
放熱とEMIシールドをかねて銅テープが貼られていますね。
表面に負けず、こちらも指紋だらけ。。。
DSC_0124

 

基板を外すと、ケーブルがびろーん!となりますが、切断しないよう注意しましょう。
DSC_0125

次にバッテリー上を通っているケーブルを外します。
両面テープで貼られているので、切断しないよう注意しながら慎重に外しましょう。
DSC_0126

先ほどの細いケーブルが外れたら、今度は太いケーブルのコネクタを外します。
白いラッチを持ち上げて外しましょう。
DSC_0127

すると、バッテリーを取り外すことができます。
つまりバッテリー交換も簡単にできますね♪
DSC_0128

 

これはバッテリーに貼り付けされているSIMスロット基板のコネクタです。
なかなか細かいピッチですね。指で触れたり傷つけたりすると動作不良の原因となりますので、慎重に取り扱いましょう。
DSC_0129

分解修理のついでに新品バッテリーに交換してみては??

 

 

【ZenFone5 液晶修理関連記事リンク】

ZenFone5 液晶を格安修理する1(解体編)

ZenFone5 液晶を格安修理する2(バッテリー外し編)

ZenFone5 液晶を格安修理する3(パネル交換編)

ZenFone5 液晶を格安修理する4(完結編)

コメント

  1. 4n1 より:

    アウトカメラご指摘の通り
    基盤裏のコネクタが問題でした
    なぜかロック解除してないのにコネクタがはずれてました^^;

    アドバイス本当にありがとうございました。

    • 4n1さん、こんにちは。
      カメラ復活おめでとうございます(^^
      症状から想定してコメントさせていただきましたが、処置が間違っていなくて良かったです♪
      では楽しいスマホライフを満喫してくださいね!

  2. stewart より:

    はじめまして。Zenfone5のバッテリー交換について、ご教示いただけないでしょうか。Zenfone5のバッテリー交換をやろうと思うのですが、新しいバッテリーをアルミケースに接着する際 両面テープも新しいものに変えた方がいいでしょうか?使用する両面テープの厚さは、どれぐらいのものがいいでしょうか?よろしくお願いします。

    • stewartさん、こんにちは。
      基本的にはビスでサンドイッチする構造なので、両面テープなしでも問題ないと思います。
      ただ、隙間があるとカタカタ音が出たりするので、隙間を埋める程度に両面テープを数ミリ貼る程度で良いのではないでしょうか?

      私自身は次回の分解を考えて、粘着力を弱くするようにしていますよ(^^