PRN3D KIT 組み立て6 ヒートヘッド編1

 

いよいよ3Dプリンタの核心部分であるヘッドの組み立てです。
ココは樹脂を溶かして押し出すといった役割がある部分になります。
動作中は非常に高温になる部分ですので、確実に組み立てを行いましょう。

まずはノズルにシールテープを数回巻きつけます。
巻きつけ方向が間違っているとねじ込んだ際にはがれるので、締め付け方向に逆らわないように!

DSC_2252

 

こちらの部品にも巻きつけます。くびれのあるほうに巻きましょう。

DSC_2253

 

そしてアルミブロックと結合します。締め付けがゆるいと途中で外れたり樹脂が漏れたりします。
かといって強く締めすぎると中空パーツなので簡単に変形していまいます。
ちょうと良い加減でしめましょう。

DSC_2254

 

つぎに温度センサーASSYの製作です。
テフロンチューブとスミチューブを使います。

DSC_2255

 

センサーのサイズは結構小さい感じですね♪
まずはテフロンパイプを通します。
切断面がつぶれていると入らないので挿入前にあらかじめ確認しましょう。

DSC_2256

 

そしてカプトンテープを巻きます。

DSC_2257

 

そして先ほどのアルミブロックにボルトとワッシャーを使用して固定します。
相手はやわらかい部品なので、金属パーツや樹脂パーツと同じ力で締め付けると・・・
壊れますよね。やさしく固定しましょう。

DSC_2258

 

そしてセンサーをアルミブロックに密着させてカプトンでぐるぐる巻きつけます。

DSC_2259


PRN3D KIT 組み立て6 ヒートヘッド編1への4件のコメント

  1. こんにちは。thingiverse から辿ってきました。
    バレルについて質問です。
    マイクロファクトリーの説明書ページには
    「バレルには向きがあり中のPTFEチューブ(白)が見える側に巻いてください。 」
    とあります。
    うちに来たものも、くびれのあるバレルでしたが、PTFEチューブはくびれの無い方に
    入っていたので、そちらにテープを巻きまた。
    そこで、お伺いします。
    くびれ側に巻いたのはなにか意図があるのでしょうか?

    • アバター まず分解。
      まず分解。 コメント投稿者

      こんばんは!
      当サイト初のコメントありがとうございます!!

      バレル部分の取り付けですが、極力熱を上部に伝えないようにと考えてクビレ部分が下向きになるように取り付けしました。
      ちなみに「バレルには向きがあり中のPTFEチューブ(白)が見える側に巻いてください。 」の表記があることに気づいていませんでした(^^
      自分の取り付け方法が良い方向にか、悪い方向かは??ですが、この状態でPLA樹脂を1Kg以上印字していますが特に問題は発生していません。

  2. アバター 蓬莱
    蓬莱 コメント投稿者

    こんにちは!
    私が購入した物にはクビレ自体がありませんでした。
    改良された物なんでしょうが・・・ちっと不安です。

    • アバター まず分解。
      まず分解。 コメント投稿者

      こんにちは。
      おそらくメーカー側で改良もしくはコストダウン等による部品変更があったのではないでしょうか。
      ただテストした上で影響が無いという確認もされていると思いますし、元から上下方向は気にしなくて良かったのかもしれませんね。