• タグ別アーカイブ LED
  • iPhoneのアップルマークを光らせる改造

    iPhoneのアップルマークを光らせる改造というタイトルですが、実は専用のLEDキットが販売されています。
    今回は海外の友人から分けてもらった部品でiPhoneを改造してみたいと思います。

    これが光るロゴマークのパッケージ。
    各種カラーがあるようですが、これはホワイトに光るものです。
    iphone_logo_led-1

    パッケージ裏面には電源を取る場所が簡単に書かれています。
    マニュアルはこれだけなのでいろいろと考えながら組み付けてみましょう。
    iphone_logo_led-2

    パッケージを開封すると光るアップルマーク部品とテープ類が入っています。
    iphone_logo_led-3

    今回のターゲットはローズゴールドのiPhoneです。
    iphone_logo_led-4

    まずはiPhoneを分解します。
    Lightningコネクタ両端に存在するビスを専用ドライバーで外します。
    iphone_logo_led-5

    そして、画面パネルをパカッと開きましょう。
    iphone_logo_led-6

    つづいて、液晶パネルを完全に分離します。
    iphone_logo_led-7

    アップルマークを交換する必要がありますので、バッテリーの取り外しが必要です。
    まずは、バッテリーコネクタの押さえプレートを外します。
    iphone_logo_led-8

    続いてバッテリーを取り外します。
    バッテリーの取り外しは慎重に
    iphone_logo_led-9

    続いて、標準のアップルマークを外します。
    ステンレス製のプレートがはめ込まれているので、精密ピンセットなどで徐々に剥がしましょう。
    iphone_logo_led-10

    パリッとはがれました。
    リンゴの形に穴が開いていますね(^^
    iphone_logo_led-11

    続いて光るアップルマークの取付です。
    今回は超薄型の両面テープを周囲に貼り固定させました。
    この両面テープは出代調整の意味もあります。
    iphone_logo_led-12

    両面テープを貼ったことで、光るアップルマークと本体がフラットになりました。
    そのまま固定すると少しはみ出してしまい、質感が低下します。
    iphone_logo_led-13

    今回は写真のようにメイン基板の下を通す形で取付しました。
    iphone_logo_led-14

    続いて液晶パネルのこの部分にある、黒いテープを剥がします。
    すると、バックライト系の電源が出てきます。
    ここに光るアップルマークを接続するというわけです。
    iphone_logo_led-15

    このようにハンダ部分にフレキシブルケーブルの端子を接触させます。
    iPhoneはバックライト系に15ボルト以上の高電圧が使われていますので、ショート等させるとDC-DCコンバータを破損させる恐れがあります。
    ここは慎重に作業を進めましょう。
    iphone_logo_led-16

    位置が決まったら、付属のテープで上から固定します。
    iphone_logo_led-17

    付属テープだけでは不安なので、今回はカプトンテープを利用して絶対にズレないよう、しっかりと固定しました。これでショートなどの事故を防止できますね。
    iphone_logo_led-18

    接続が完了したら液晶パネルと本体を合体させます。
    iphone_logo_led-19

    そして、端子部分に重ねる形で付属のスポンジテープを貼りつけます。
    このスポンジがバッテリーとの間に挟まることで端子部をシッカリと密着させる仕組みです。
    iphone_logo_led-20

    そして組み立てて電源を入れてみましょう。
    iphone_logo_led-21
    アップルブックのようにキレイな発光です。
    バックライト系から電源を取っているため、画面輝度と連動します。

    ケース等で差をつけるのも良いですが、この改造は夜間に目立って楽しいですよ♪


  • PRN3D ヒートベッドのLED修理

     

     

    ちょっとした不注意でヒートベッドの通電LEDを破壊してしまいました。。。
    DSC_3438

     

     

    壊れたものは修理しないといけません。
    しかし元々のチップは大変小さいものなので、少し大きめの物を買ってみることに。

    DSC_3440

     

    純正は抵抗で電流調整されていますので、ヒートベッドの電圧変更などを行うと不具合を生じる可能性があります。
    そこで、今回は電圧に影響されないよう、CRD(定電流ダイオード)を試してみるることに。

    LEDとCRDはAmazonで小分け販売されている物を利用しました。
    また精密な部分なので、細めのハンダも使ってみました。

     

    まずは破損したLEDとハンダをキレイに除去します。

    DSC_3444

     

     

    次にLEDとCRDを直列に接続しました。
    なお、LEDは切りかけのあるほうがマイナス側になります。
    CRDは青いラインの入っていないほうにプラス側を配線します。
    CRDを使うメリットは電圧変動しても常に一定の電流でLEDをドライブしてくれるので、ヒートベッドの電圧を可変させても明るさは常に一定となります。

    DSC_3447

     

     

    そして取り付け時の注意点です。
    LEDやCRDは熱に弱い部品なので、100℃近い温度で運用するヒートベッドの環境は苛酷です。
    そこで、少しでもヒーター部から遠ざけるように、基板から浮かせて出来る限り外側に配置しましょう。

    DSC_3448

     

     

    修理完了したので、通電してみましょう。
    ちょっと明るすぎますね。15mAとはいえこれほどの輝度がでるとは。。。

    DSC_3449

     

     

    あまりにまぶしいので、減光カバーを作成しました♪
    さらに修理部の破損を防ぐ効果も期待できます!

    DSC_3451

     

     

    このようにかぶせると、LEDやCRDはもとより、配線も含めて総合的に保護できます。

    DSC_3452

     

     

    そして、LED点灯時もちょうど良い明るさになりました。

    DSC_3453

     

    ダウンロードはこちら!

    ヒートベッド LED保護カバー データダウンロード