• タグ別アーカイブ: SIMフリー
  • Xperia XZ1 SOV36 Android9 Pieにアップデートしてみた。

    Xperia XZ1 SOV36にAndroid9Pieの配信が開始されました。
    今まではAndroid8でしたが、どのように変化するのでしょうか?
    早速アップデートを実施してみましたので、その内容を紹介したいと思います。

    突然現れたXperia本体ソフトの更新画面。
    配信されたバージョンは 47.2.C.0.262で、1473.3MBとなっています。

    まずはアップデートの詳細を確認してみましょう。
    https://www.au.com/information/notice_mobile/update/update-201901-sov36/

    配信内容はXperia XZ1 SOV36 Android9Pieとなっており、配信開始日は2019/01/28です。
    アップデートファイルのサイズは約1.5GBで更新には25分必要となっています。

    更新内容を見ていると、利便性が向上する項目を見つけました!
    Xperiaといえば音楽機能も重要ですが、音量が15段階から30段階に細分化されました。
    これは音楽を楽しむうえでは大変うれしいポイントですね。快適音量でリスニングできます♪

    その他にも様々な更新がありますが、OSのバージョンがアップすることで、画面イメージの変更もあるようです。
    この辺りは慣れの問題でしょうか。

    その他アップデートによる変化点はこちらのPDFに詳しく書かれていますので、事前にチェックしておくことをおススメします。
    https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/sov36_software_update_manual_201901.pdf

    では早速ダウンロードしてアップデートしてみましょう。
    現在のバッテリー容量は62%です。このままでアップデート可能でした。
    念のため、ACアダプタに接続して充電をしながら進めたいと思います。

    約1.5GBの容量があるアップデートですが、1分ほどでダウンロードが完了。
    ファイルの整合性確認が始まりました。

    ファイルの整合性確認が完了したので、続行をタップしてアップデートを進めましょう。

    アップデートに要した時間は、ドロイド君アイコン画面から初回のパスコード画面まで15分20秒でした。
    そこから待つこと約1分で起動完了です。

    バージョン情報を確認してみましょう。
    Androidバージョン9
    Androidセキュリティパッチレベル 2018年12月1日
    ベースバンドバージョン 8998-8998.gen.prodQ-00278-10
    カーネルバージョン 4.4.148-perf+ #1 Fri Dec 7 20:38:21 2018
    ビルド番号 47.2.C.0.262

    ちなみにアップデート前には内蔵ストレージで33.03GBの空き容量がありました。

    アップデート後は30.64GBとなっており、約2.5GBを消費したようです。
    400GBのMicroSDカードは正常に認識しており特に問題は発生していません。

    アップデート内容として書かれていた音量は縦向けの音量バーに変わっていました。
    画面輝度などは従来通りの横バーでした。

    オーディオメニューを見てみましょう。
    特段変化はなさそうですね。

    カメラアプリは画面イメージががらりと変わりました。
    設定など細かな点はチェックできていませんが、写真好きな方は新しいインターフェイスを覚えて全機能を使いこなしたいですね☆

    その他スマートウォッチ等含めて互換性は問題なさそうです。

    いかがだったでしょうか。
    まず分解。の環境では特に問題はありませんでした。インターフェイスデザインの変化はありましたが慣れれば問題なさそうですね。
    気になるバッテリーの持ちについては、今後じっくりと検証してみたいと思います(^^


  • GPPLTE 4G+ 2017年4月発売の最新SIMロック解除アダプタを試す。

    GPPLTE 4G+ という2017年4月に発売されたばかりの最新SIMロック解除アダプタを試してみました。
    結論から言うとソフトバンク回線のiPhone6でDocomo系格安SIMのLTE通信がOKでした!
    従来よく使われていたR-SIMシリーズだと3G専用になりましたが、GPPLTE 4G+ならば4GつまりLTE通信が可能なんです!
    圏外病に陥ることもなく非常に安定して動作しています。
    今回はGPPLTE 4G+を紹介したいと思います。

    Amazonにて購入したGPPLET 4G+

    ビニールパッケージからカードを取り出してみました。
    GPPLET 4G+と書かれおり、「www.gpplte.com」と「www.china3gpp.com」のアドレスが記載されています。

    カード裏面。こちらも内容はほぼ同じ。

    カードにはSIMロック解除アダプタ「GPPLTE 4G+」がパッキンされています。

    裏面にはNewの文字。最新式という事でしょう。

    さらにダミーのNanoサイズSIMも付属しています。

    これはR-SIM10を利用しているSBM向けiPhone6の画面です。
    R-SIM10は3G固定しないと電波を見失う仕様なので、画面上部には「docomo 3G」の文字。

    設定画面を開いてみます。
    キャリアは「NTT DOCOMO」となっており、「インターネット共有」の項目は見当たりません。

    一般設定を開いて詳細を見てみましょう。
    R-SIM10はキャリアは「ソフトバンク 28.3」となった状態で、ネットワークのみ「NTT DOCOMO」になる仕様です。

    もちろん、4Gは手動でオフの状態。

    では不要になったR-SIM10を取り外しましょう。

    続いて今回購入したGPPLTE 4G+を開封します。
    SIMロック解除アダプタはシールで密封されているので、シールをはがして取り出しましょう。

    取り出したGPPLTE 4G+ SIMロック解除アダプタ。
    左側は比較用のR-SIM10です。
    見た目はほとんど同じようなものですね。

    続いて表面です。
    特徴的なのはGPPLTE 4G+の方がチップのサイズが大きいです。
    高機能の証でしょうか。なかなか気になるところ(^^

    チップ表面をよく見るべく、露出を調整して再撮影。
    なんとGPPLTE 4G+のチップ表面には矢印の模様が入っています。
    機能上必要という訳ではありませんが、おしゃれな演出です(^^

    ではSIMロック解除アダプタをiPhoneに装着していきましょう。
    GPPLTE 4G+に限らず、SIMロック解除アダプタは非常に精密なもの。極力端子部分に触れないようにして取り扱いましょう。
    私は基本的にESD対策品のピンセットを利用するようにしています。

    まずはiPhone6のSIMトレイにGPPLTE 4G+を装着しました。

    続いて、MVNOの格安SIMを重ね置きしましょう。

    こんな感じで収まりました(^^

    が、やはりSIMロック解除アダプタの厚み分だけ浮いています。

    このまま装着すると二度とiPhoneから取り出せなくなる恐れがあるので、少し対策をしておきましょう。
    カプトンテープを適量切り出します。

    このようにSIMトレイとSIMカードを押さえつけるように貼り付けることで、取り出し不能になるリスクを回避できます。

    裏面から見ると、Newの文字とGPPLTEロゴが見えています。

    では、いざ挿入!

    SIMトレイを差し込むと、「アクティベーションが必要です」のメッセージ。

    まずは指示に従い、iPhoneのアクティベート作業を行います。
    「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」と出ていますので、操作せず気長に待ちましょう。

    なお、アクティベーションには端末と紐づけられているApple IDが必要になります。
    登録しているメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

    無事にアクティベーションが完了し、iPhoneのメニュー画面が表示されました。

    本来必要ありませんが、念のためシャットダウンして再起動してみます。

    再起動が完了したらアクティベーションに利用したWi-Fiを一旦オフにしましょう。

    Wi-Fiをオフにすると、画面上部の表示が「docomo 3G」になりました。

    では設定画面の「モバイルデータ通信」を開きましょう。
    先ほどまで利用していたR-SIM10用に「4Gをオンにする」をオフにした状態ですので、これをオンに変えます。

    今回はデータ専用SIMを装着したので、「データ通信のみ」を選択しました。
    ちなみに私のテストでは「音声通話とデータ」を選んでも問題なく利用できています。

    すると画面上部の表示が「docomo 4G」になりました。
    大成功です。
    さらにGPPLTE 4G+の凄いところは画面下部の項目。

    先ほどまでは「ソフトバンク 28.3」と表示されていましたが、「ドコモ 28.3」に変わりました!

    圏外病が発生しないか不安なので、再起動を数十回くりかえしましたが全く問題なし。

    そして設定メニューを開くと、、、なんとR-SIM10ではマスクされていた「インターネット共有」が利用可能になっています。

    「インターネット共有」の画面を開くとWi-FiやBluetoothによるテザリングが利用可能に。
    これは思わぬ副作用といったところですが、通信もばっちりOKでした☆

    このように完全にdocomo端末の動きになってしまう、GPPLTE 4G+
    2017年4月、現時点では間違いなく最強のSIMロック解除アダプタでしょう。

    ちなみに、GPPLTE 4G+を取り外してもキャリア情報は「ドコモ 28.3」のまま!?

    半信半疑で購入した最新型のSIMロック解除アダプタですが、非常に高性能で動作も安定しています。
    格安で中古市場に出回っているソフトバンクモバイル端末をdocomo系MVNOで格安運用するのには最高の一枚ですね。

    今までかなりの種類のSIMロック解除アダプタを試してきましたが、これは完成系だと思います。
    皆様もぜひお試しを☆


  • DOOGEE X5 Pro ファームウェア更新の方法

    格安SIMフリー端末として人気のDOOGEE X5 Proですが、最近はワイヤレスアップデートされない状況が続いてしました。
    しかしファームウェアが更新されていないわけではありません。
    そこで、パソコンを使って最新ファームウェアに更新する方法を紹介したいと思います。

    見慣れたAndroidの設定画面です。
    メニュー上部の「ワイヤレスアップデート」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.0-R09-2015.12.01」となっています。
    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.1-R09-2015.12.01」となっています。(2016/11/06修正しました)
    doogee_x5pro_firmware_update-2
    この状態で「最新バージョンのファイルがあるか確認します」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-3
    しかし画面には「お使いの携帯はすでに最新のバージョンです」と表示されます。
    私個人は同型機を7台以上扱っており、もっと新しいバージョンの端末が存在することも確認済みです。

    というわけで、ネット上を徘徊しながら最新ファームを探してみると。。。
    オフィシャル版の新バージョンを発見しました。

    まずは、「needrom.com」にアクセスしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-6
    画面上には各メーカーのロゴマークが並んでいますが、「DOOGEE」ももちろん存在します。
    「DOOGEE」をクリックすると、同社の機種が沢山表示されました。

    その中からDOOGEE X5Proを選択する必要があります。
    画面右側の「Serial X」をクリックしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    つづいて「X5 Pro」をクリックします。
    すると同型機のファームが沢山表示されます。
    今回はオフィシャルファームの最新版を使ってみることにしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-5

    すると、ダウンロードにはログインが必要と表示されています。
    doogee_x5pro_firmware_update-7

    画面右上に「Register」や「Login」のボタンがありますので、ユーザー登録を行いましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-8

    ユーザー登録が完了したら、先ほどの「Login」からログインしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-9

    そして、もう一度DOOGEE X5 Proの画面を開いてみましょう。
    今回は数種類のROMがダウンロードできるようになってますね(^^
    私はオフィシャル最新版のUpdate R17を選択しましたが、各自お好みのモノを選んでくださいね♪
    doogee_x5pro_firmware_update-10

    続いて、ファームウェアの書き込みツールをダウンロードしましょう。
    今回は、「spflashtool.com」サイトから、「SP Flash Tool – Latest v5.1524.00」をダウンロードして使用しました。
    doogee_x5pro_firmware_update-11

    それぞれのファイルがダウンロード出来たら、WinRAR等のソフトウェアで解凍しましょう。
    解凍が完了したら「SP_Flash_Tool」のフォルダを開きます。
    doogee_x5pro_firmware_update-12

    そして、「flash_tool.exe」を実行しましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-13

    ソフトを起動すると、このような画面が表示されました。
    画面右上にある、「Scatter-loading」をクリックします。
    doogee_x5pro_firmware_update-14

    ここは、ファームウェアを選択する画面となりますので、先ほどダウンロードしたファームウェアのフォルダを開きましょう。
    「MT6735M_Android_scatter.txt」というファイルを探して選択します。
    doogee_x5pro_firmware_update-15

    すると、画面左のスマホ風画面に「MT6735M」という文字が表示されます。
    また、画面下部には白と緑の表示で沢山のファイルが表示されます。
    doogee_x5pro_firmware_update-16

    続いて、転送方法を選択します。
    今回は「Format All + Download」を選択してみました。
    doogee_x5pro_firmware_update-17

    ここまで用意できたら、DOOGEE X5 Proの電源を切り、MircoUSBケーブルでパソコンと接続します。
    充電マークが表示されますが、それが消えるまで待ちましょう。

    画面が消えたら、「音量+ボタン」と「電源ボタン」を同時に長押しします。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    5秒くらい押し続けるとバイブが作動し、このような画面が表示されます。
    「音量+ボタン」でカーソルが移動、「音量-ボタン」で決定という操作方法になります。
    今回は、「Recovery Mode」ですのでカーソルが一番上の状態で、「音量-ボタン」を押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-2

    すると、ドロイド君が倒れた画面で動作を停止します。
    一瞬ドキッとするかもしれませんが、正常な動作なので安心してくださいね(^^
    doogee_x5pro_firmware_update-3

    この状態で「Download」ボタンを押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-18

    続けて、DOOGEE X5 Proの電源ボタンを長押しして、画面を消しましょう。
    (10秒くらい押し続けると電源が切れます。)

    すると、電源が切れた瞬間に転送が始まりました!!
    doogee_x5pro_firmware_update-19

    プログレスバーの色が変わりながら進捗しますが、スマホやパソコンに触れず、2分ほど待ちましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-20

    成功すると画面上に巨大な「✔」マークが表示されます。
    ファームウェアの送信は無事成功です。お疲れさまでした。
    doogee_x5pro_firmware_update-21

    さて、ドキドキの瞬間です。
    MicroUSBケーブルを抜いて、DOOGEE X5 Proの電源を入れてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    この方式のファームウェアアップデートは本体を完全に初期化してしまうので、初期状態に戻ってしまいました。
    doogee_x5pro_firmware_update-22

    購入時と同様に「Welcome」画面が表示されました。
    doogee_x5pro_firmware_update-23
    さて、設定画面でファームウェアのバージョンを確認してみましょう。
    すでにこの画面でも違いがありますね。
    先ほどまで表示されていなかった「Androidセキュリティパッチレベル」の項目が増えました。
    doogee_x5pro_firmware_update-24
    ワイヤレスアップデートの項目を見ても現在のバージョンが「DOOGEE-X5pro-Android5.1-R17-2016.07.01」に更新されていますね。
    doogee_x5pro_firmware_update-25

    最近、Windows10環境からUSBマスストレージが利用できないというコメントでの問い合わせがありましたが、このバージョンでも正常に接続・ファイル閲覧ができています♪
    doogee_x5pro_firmware_update-26

    ファームウェア送信用のソフトがよく出来ていますので、それほど難易度は高くないと思います。
    スマホが初期化されてしまうという事はありますが、クリーンな環境が構築できますので、バックアップ等を取ったうえでチャレンジされてみてはいかがでしょうか。