• タグ別アーカイブ: ネットワーク
  • FUJI-Wifiを数ヶ月使ってみた結果。。。めっちゃ使える!!

    FUJI-WifiのSIM 200GBプランを数ヶ月にわたり利用していますが、実際に使ってみた感想を率直に伝えたいと思います。
    タイトルにも書いていある通り、個人的にはめっちゃ使える!回線だと思いました。
    どのような点が使えると感じたのか、そのあたりを伝えていければと思います。


    FUJI-Wifiの内容物をチェック

    FUJI-WifiのSIM 200GBプランを申し込んで届いたものです。
    SIMだけレンタルのプランなので、基本的にはSIMとマニュアル類のみです。
    Wifiルーター等を自分で用意できる方にはコストメリットが大きくおススメです。

    SIMプランなので、内容物はこのようにシンプルなもの。

    ゴールドカラーの名刺ケースのような物がSIMカードケースになります。
    正面にはFUJI-Wifiのロゴシールが貼られていますね。

    裏面には管理番号のようなものが記載されていました。

    SIMカードケースを開けてみましょう。
    NanoSIMカード以外には変換アダプタやSIMカードピンなどが含まれています。
    どのようなルーターを持っていても対応できるので、ありがたい配慮ですね。

    SIMカードはNanoSIMサイズ。
    端子面にはキズなどもなく、新品のようですね。

    NanoSIMカードの表面をみると公表されている通りSBM回線でした。
    SoftBank(F)の記載があるので、IMEI制限のないマルチUSIMカード(F)という事ですね。


    FUJI-WifiのAPN設定

    FUJI-Wifi SIM 200GBプランのAPN設定は以下の通りです。
    APN名:plus.4g
    ユーザー名:plus
    パスワード:4g
    SoftBank 4G シアクセスインターネットプラスと同じ設定のようです。

    FUJI-Wifiで利用するルーターは据え置きタイプをチョイス

    今回利用するWifiルーターです。
    メイン回線として使う前提なので今回は据え置きタイプをチョイスしてみました。


    NECのAterm HT100LNです。
    対応バンドはLTE Band1/19/26の3バンドとなっています。
    理論速度は受信150Mbps/送信50Mbpsです。
    Wifi側のインターフェイスは2.4GHzと5.0GHzの切り替え式となっているので注意が必要かもしれませんね。

    Aterm HT100LNのインターフェイス部分です。
    基本的にはNanoSIMカードスロット、有線LAN(1000Base-T)、電源アダプタのみのシンプルな構成。

    FUJI-WifiのNanoSIMカードを挿入してみました。

    APN設定を済ませると、Aterm HT100LNのブルーLEDが点灯して接続が完了しました。

    モバイル用に所持しているAirCard AC785-100JPSでも試してみましたが、こちらも接続OKでした。


    Aterm HT100LNの設定画面です。
    電波状態は「非常に強い」となっており、自宅の中に設置していても問題なさそうです。


    FUJI-Wifiの魅力1 安価なプランでも速い!

    FUJI-Wifiの魅力を語るうえで重要な指標となるスピードテストをやってみました。
    当然、光回線等との比較をするわけではなく、モバイル回線としての実力値をみてみましょう。

    まずは、Fast.com にて。
    ダウンロード 93Mbps
    アップロード 27Mbps

    続いてSPEEDTEST.netにて
    ダウンロード 92.7Mbps
    アップロード 26.24Mbps

    主要なスピードテストサイトでは概ね90Mbps台を記録しています。
    ほぼどの時間でも同じような値がでており、ネット閲覧から動画ストリーミングまで問題なく使えています。

    ただし、Softbank回線という事を考えるとスピードテストサイトだけ最適化している可能性もあるので、Ubuntuサイトでのダウンロードも試してみました。

    結果は7.7MB/秒という速度が出ており、スピードテストサイトと変わりない速度です。
    (ちなみに計測時点で月間131GBほど使った状態です)

    格安SIMなどで大容量のプランを契約してもこのような速度が出ることはありません。
    GB単価としては非常に安価かつ、高速な回線として使えますね。


    FUJI-Wifiの魅力2 3日10GB制限がない!

    先ほど、FUJI-Wifiの速度についてお伝えしましたが、モバイル回線で重要なもう一つのポイント。
    それは3日10GB制限などと言われる利用制限です。
    まず分解。の利用環境では土日の利用が多く、平日の利用は少ないという事も少なくありません。
    つまり、大手キャリア等の実施している3日10GB制限があれば、200GBプランの容量を使い切れないという事態が想像されます。

    しかしながら、FUJI-Wifiではそんな心配は無用でした☆
    コチラは実際の利用統計画面になります。
    ちょっと極端な使い方ですが、月末にGooglePhotoへの写真アップロードをした時の状況です。
    6月30日に106GBもの通信をしましたが、速度制限はありませんでした。
    (月間270GBも使ってゴメンなさい)


     

     

    先ほどの数値はかなり極端なテストをした結果ですが、一般的な使い方だとこのようになるのではないでしょうか。
    1GB使わない日もあれば、Amazonプライムビデオで数十GB使う日もある。
    そんなアンバランスな使い方=一般的な使い方。でも制限なく使えるところがFUJI-Wifiの魅力ですね。


    FUJI-Wifiのまとめ

    いかがだったでしょうか。
    実は現在、固定回線を引かずにFUJI-Wifiのみの環境でブログ更新など続けています。

    もともとは格安SIMが遅い、普段から大量のスマホを持ち歩く、などの理由から大容量のモバイルルーターを探して求めていたわけです。
    導入前は不安でいっぱいという事もありましたが、月単位で契約できるので軽い気持ちで試してみたところ、すでに半年近くユーザーを続けています。
    このスペックであれば、ヘビーユーザー以外の方、一般ユーザーの欲求を満たせる回線なのではないかと思います。

    格安SIMの遅さに疲弊した方にも、おススメしたい回線です(笑)



  • Intel X540-T2で10Gigabit Ethernetを試してみる(10gbase-t)

    最近では多くの家庭にWifiが浸透し、気軽に無線通信ができる環境となりました。
    Wifiの最新規格ではIEEE802.11acで4リンクを張って1734Mbpsもの速度を実現したものも製品化されていますね。

    ということは、有線LANの速度優位性がなくなったのか?

    そうではありません。

    というわけで、今回は銅線(カテゴリー6など)で利用できる10ギガビット(10G BASE-T)による通信環境をそろえてみました。

    DSC_3675

    今回利用する製品はインテル社のLANアダプタでPCI-Express接続のものです。

    搭載チップはIntel X540で使用メディアは銅線タイプになります。
    カテゴリー6ケーブルで55m、カテゴリー6Aケーブルで100mまでの距離で通信が可能です。

    DSC_3669

    銅線タイプは消費電力が多めで、このボードに搭載されているチップはTDP13.4Wとなっています。
    カード中心部にヒートシンクとファンが装備されていますが、その裏側にX540チップが鎮座しています。

     

    DSC_3673

    バスタイプはPCI-Express 8レーン仕様です。
    リンク速度は5.0 GT/s の Rev2.1になります。

     

    DSC_3676

    LANカードとしては消費電力が多いので、電源部も沢山の部品が搭載されていますね。


    DSC_3674

    X540チップ裏側を見ても大量のチップコンデンサが搭載されており、消費電力の多いチップと見て取れます(^^;


    DSC_3677

    コネクタ部分は普通の RJ-45タイプが2ポート装着されています。

     

    DSC_3678

    このように2箇所のコネクタを接続するのは間違いですね。。

     

    team10

    今回は同一カードを2枚用意して、一般的なカテゴリー5Eケーブルにて接続してみました。
    ケーブル長さは3メートル程度のものですが、問題なくリンクしました。
    本来はカテゴリー6以上のケーブルが必要となりますが、今回は実験をかねて低グレードのケーブルを利用しました。

     

    team12

    この状態でWindows機同士でファイルコピーを実施してみました。

    スループットは驚きの733MB/sを記録!!
    ケーブルなど、あえて悪条件を用意したにも関わらず驚きの速度で通信しています。

    本来であればもっと高速だと思いますが、今回準備したストレージ速度の限界でこれ以上の領域は確認できませんでした。
    実際に数テラバイトのデータを連続転送してみましたが、エラー等も発生せず非常に安定していました。


    team6

    今回は2ポートのカードを利用していますので、静的リンクアグリゲーションによるチーム化をやってみました。

    最近は携帯会社のCMなどでもリンクアグリゲーションという言葉が流れていますので、聞いたことがあるかもしれませんね。

    通信を複数本束ねて速度を向上させたり、通信遮断に対する信頼性を確保したりする技術です。


    team7

    今回はインテルのカードを利用しているので、簡単に設定することができました。


    team9

    実際にはMACアドレスベースで通信するため、20Gbpsの速度が出るわけではありませんが、ネットワークでこの数字を表示させることができます(^^

    まだカードやスイッチなど、高価な機器ではありますがファイルコピーが非常に高速になり快適な事は間違いありません。
    ネットワークストレージを介したビデオ編集や、デジタル一眼のRAW編集など大きなデータを頻繁にやりとりされている方であれば、導入を検討されてはいかがでしょうか。

    Windows用のデバイスドライバは以下からダウンロードできます。
    intel x540-t2 Driver for Windows7

    intel x540-t2 Driver for Windows8

    intel x540-t2 Driver for WindowsServer2012R2