Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

激安ノートパソコンm-Book MB-B501E を買ってみた

パソコン

最近ネット上の広告などでよく見かけるマウスコンピュータ製の格安ノートPC m-Book B501Eを買ってみました。
まずはどのようなモノなのか簡単にレビューしたいと思います。

Amazonにて購入した、m-Book MB-B501E
マウスコンピュータらしくチーズの欠けらが印刷されていますね♪
DSC_0587

詳細なスペックを見てみましょう。
正式な型式は MB-B501E です。
CPUにはインテルCeleron N3160を搭載。詳しいスペックは→「IntelARK N3160
メモリはDDR3Lを4GB搭載。さらに4GBを増設することも可能です♪
そしてストレージには120GBのSSDを搭載。
その他、Wi-fiはa/b/g/n/ac対応でBluetooth4.2も搭載と申し分ありませんね(^^
DSC_0588

パッケージから取り出してみました。
内容物は MB-B501E本体、バッテリー、ACアダプタ、マニュアル類とシンプルなもの。
DSC_0589

付属バッテリは14.8Vの2150mAhと小容量。
こんな容量でも大画面PCを数時間使えるほど省電力になっています。
DSC_0590

ACアダプタを見てみましょう。
電圧は19Vの2.1A出力とわずか40Wです。
DSC_0591

続いて MB-B501E背面の銘版です。
電源仕様などが記載されています。
DSC_0592

MB-B501E本体天板にもマウスコンピュータのロゴマーク。
シンプルな感じで良いですね♪
DSC_0593

パソコン本体の液晶を開いてみましょう。
DSC_0594

キーボードは最近流行りのアイソレートタイプ。
テンキー回りなど、慣れれば問題なさそうですが、私は「0」を押そうとして「→」をよく押してしまいます(^^;
DSC_0595

本体右面のインターフェースです。
USB2.0が2個、SCカードスロット、RGB出力、RJ45-LANなど充実。
DSC_0596

そして本体左面のインターフェースです。
19V ACアダプタ入力、HDMI出力、USB3.0が2個、オーディオ入出力とそろっています。
RGB出力とHDMI出力の両方があるので、業務でも家庭でも便利に使えそうですね!!
DSC_0597

本体パームレスト部分にはメーカー製PCによくあるシールが貼られています。
個人的にはあまり好きではないので、ペリッと剥がしました。
DSC_0598

そして本体裏面の空いたスペースに貼りつけておきました♪
DSC_0599

そして、皆さん気になるであろうACアダプタのサイズを測ってみました。
長さは90mm
DSC_0600

そして奥行きは37mm
DSC_0601

厚みは27mmでした。
なかなかコンパクトに仕上がっていますので、持ち運びにも苦痛はありません♪
DSC_0602

電源を入れてみるとSSDならではの高速起動でWindows10が立ち上がりました。
DSC_0626

サクッと設定すればすぐに使える状態に。
DSC_0627

いかがだったでしょうか?
格安ノートパソコンとして売り出されていますが、ネット中心の使い方であれば全く不満はありません。
充実したインターフェースやSSDを搭載していますので、幅広い人に使っていただけるような仕様だと思います。

台数限定のようですので、気になった方はお早めにどうぞ♪

次回はメモリ増設の方法を紹介したいと思います。


コメント