• タグ別アーカイブ: 液晶
  • Amazon Echo Spotを分解してみた。

    Amazon Echo Spotを購入したので早速分解してみました。
    Echo SPOTにはタッチパネル付き液晶ディスプレイなどが搭載されており、過去に分解したEcho Dotとどのように違うのか、内部をチェックしてみましょう。

    Amazon Echo Spotのパッケージです。
    今回はブラックモデルを購入しましたが、水色のパッケージが特徴的ですね。



    パッケージ裏面を見てみましょう。
    Amazon Echo Spotの特徴などが分かりやすく記載されています。

    水色の外箱を外すと、アマゾンロゴの入った黒いパッケージが登場しました。

    シールテープを剥がしてみましょう。

    Amazon Echo Spotが姿を現しました。

    内容物をパッケージから取り出してみました。
    Amazon Echo Spotに加え、専用ACアダプタが出てきました。
    Echo Dotシリーズとは違い、USB給電ではないので少し利便性に欠けますね。



    Amazon Echo Spot付属のACアダプタです。
    仕様は12Vの1.25A(15W)となっています。

    プラグ形状はEIAJ#2に似ていますが、少し違うようです。
    ちなみにEIAJ#2のプラグを差し込むと、ちょっとスカスカな感じですが給電はOKでした。
    試しにUSBの5Vで動作するか実験したところ、液晶にAmazonロゴが表示されるところで再起動を繰り返しました。ちょっとパワー不足でしたね。

    第二世代Eoch Dotと比較してみました。
    フットプリントはそれほど変わらない気がしますが、見た目の存在感はかなり大きいですね。

    Amazon Echo Spotの上部には3つのボタンと4つのマイクアレイを搭載。

    Amazon Echo Spotの背面はDC入力ジャックと音声出力ジャックが装備されています。

    Amazon Echo Spotの本体裏側です。
    円周状のスリットはスピーカ出力部で、その他は滑り止めのゴムで構成されています。
    型式等はFCC ID:2ALBE-0301 MODEL NO VN94DQと印字されています。

    Amazon Echo Spotの裏面ゴムを弄っていると、パリッと剥がれました(笑)
    突然ですが、ここから分解が始まります(^^

    裏面には3つのトルクスビスがありました。
    一本抜けているように見えるところは、元からビスがありませんでした。(ビス穴ではありません)

    まずは大きい方のビスを外してみましょう。
    一般的なトルクスドライバーで簡単にビスを外すことが出来ました。

    色々いじってみたものの、やはり分解は液晶ディスプレイ部分からとしか考えられません。
    まだ通電もしていませんが、分解作業のため液晶ディスプレイの保護フィルムを剥がしましょう。

    Amazon Echo Spotの液晶ディスプレイは両面テープ等で固定されておらず、回転させて固定する仕組みになっていました。
    これは分解するにあたり、非常にありがたい構造ですね。
    液晶ディスプレイを回転させると、パリッと外れました。
    フレキシブルケーブルが多数つながっているので、回転時も最小限の回転にとどめましょう。

    内部は基本的にすべてトルクスビスで固定されています。
    まずは分解直後に見えたアルミダイキャスト部のビスをはずしてみました。

    アルミダイキャスト部のビスを外したものの、ガタガタするだけで取り出すことはできません。
    液晶ディスプレイを接続するケーブルを押さえるパーツもありますが、ビス固定とは違ったようです。

    そこで、ESDピンセットを取り出して引っ張ってみると。。。
    パリっと剥がれました。

    これでケーブル押さえを解除することが出来ました。
    あとはフレキシブルケーブルを外すだけですね。

    また別の場所にも両面テープで固定されたケーブル押さえを発見。
    ESDピンセットでどんどん外していきましょう。

    ここまで来てようやくAmazon Echo Spotの特徴的な液晶ディスプレイを外すことが出来ました。
    それぞれのケーブルはタッチパネル、液晶ディスプレイ、カメラを構成するパーツのようです。

    液晶ディスプレイを取り外した後のAmazon Echo Spotです。
    アルミダイキャストの部品でサンドイッチされており、非常に重厚なつくり。
    この重量感は本体を置いた時の安定性、冷却性、そして質感などにも寄与していますね。
    ちなみにこの状態では、まだ基板等を取り外すことはできません。

    次はシールド板のような部品を外します。
    4本のトルクスビスがあるので、サクッと外しましょう。

    ネジロックは塗布されているものの、通常のトルクスビスなので簡単に外れました。

    このシールド板は両面テープ固定されていないので、簡単に取り外しできました。
    両面テープ固定されていると、剥がす時に曲がったり色々厄介なんですよね。

    隙間に棒を突っ込んだりしていますが、まだまだ外れる気配がありません。

    すると先ほど取り外したシールド板の奥にビスを発見。
    サクッと取り外しましょう。

    Amazon Echo Spotをここまでバラバラにして、見えるビスはすべて取り外したものの、まだ外れる気配がありません。
    ちょっと気になる中央の穴を覗いてみると。。。
    奥の方にビスがありました。

    かなり奥の方にあるので、特殊なドライバーを用意するなどした方がよさそうです。
    ビット交換式の物などではリーチが足りず、回すことはできません。

    先ほどのビスを外すと中身がごそっと出てきました(^^)

    ボディ上部にはスイッチ関係と4チャンネルマイクアレイの基板があります。
    今回はここに興味がないので分解対象外としています。

    Amazon Echo Spotの中身です。
    アルミダイキャストに包まれた本体基板、ウエイト用アルミダイキャスト、スピーカーで構成されています。

    本体下部のスピーカーです。モノラル仕様ですが、ハーネス部の防音処理などしっかりとやってる印象ですね。

    最初に見えたビスはスピーカー本体を固定しているものでした。

    こちらはウェイト用のアルミダイキャスト部品です。EMIシールドテープなども貼られており、しっかりした作りこみを感じられます。

    では本体基板部を見てみましょう。
    Amazon Echo Spotの仕様ではDC入力ジャックと音声出力ジャックのみとなっていますが、隠されたMicroUSB端子がありますね。
    これはメンテナスや改造に使う事が出来そうですね。DC入力自体は12Vとなっているので、電源給電用ではなさそうです。

    本体上部には基板で構成された無線アンテナがありました。

    無線アンテナの実装も厚みのある両面テープで固定されており、アンテナ感度を低下させない工夫がされています。

    Amazon Echo Spotのメイン基板です。アルミダイキャストにサンドイッチされており、基板の全体像を見ることができません。

    アルミダイキャストに止められているビスを外してみましょう。

    アルミダイキャスト部品には放熱ゲルが貼り付けされており、シールド板兼放熱板の役目を兼ねているようです。
    これだけ大型の部品なので365日24時間連続稼働するAmazon Echo Spotにも十分な熱容量が確保されています。

    Amazon Echo Spotのメイン基板表面です。
    大きなシールド板とコネクタ関係の部品がメインとなっていますね。

    Amazon Echo Spotのメイン基板裏面です。
    こちらも大多数はシールド板の奥に格納されています。

    Amazon Echo Spotのメイン基板にもアンテナパターンが構成されていました。

    こちらにもアンテナパターン。ドットで構成された面白い形状ですね。
    先ほどのアンテナと合わせて3アンテナ仕様となっています。

    では基板のチップ類を確認してみましょう。
    まずは「Goodix」の「GT5668」です。
    これは4.5~6インチLCD向けの10タッチ対応タッチパネルコントローラーです。
    省電力でのジェスチャー対応なども組み込まれており、スマートフォンから各種ポータブルデバイスまで幅広く対応します。

    続いて「Texas Instruments」の「TLV320DAC3203」です。
    超低消費電力のオーディオコーデックDACチップです。
    小型ですが、100dB SNRのスペックを誇ります。

    続いて「Texas Instruments」の「TPA3111D1」です。
    シングルチャンネルの10W D級アンプです。90%以上の効率で動作するためヒートシンクも不要となっています。
    小型機器ではデジタルアンプが当たり前の時代になりましたね。



    裏面にはフィルター用のコイルが装着されていました。

    装備される各種コネクター類も面実装だけではなく、しっかりとした固定が得られるものが採用されています。

    とにく頻繁に抜き差しするであろう音声出力ジャックはビス止めまでする念の入れようです。

    一通りの分解が終わったので、組み立てて電源を入れてみましょう。
    電源を入れるとAmazonロゴのあとにechoロゴが表示されました。

    液晶ディスプレイはタッチパネルなので簡単に操作することが出来ます。

    Wifiに接続するとファームウェアのアップデートが始まりました。
    液晶ディプレイ自体は視野角も広く高解像度なので非常に高級感がありますね。

    今後のスマートホーム端末を担ってくれるAmazon Echo Spotに期待です(^^

    Amazon Echo Spotの分解ですがいかがだったでしょうか。
    価格は高いように感じていましたが、分解してみて納得。非常に高品質なつくりという事がわかりました。
    マイクアレイは4チャンネルになっていましたが、CPUなどの高性能化も寄与しておりEcho Dot(第2世代)より音声認識精度は高めですね。

    画面が装備された事でプライムビデオの再生にも対応しており、Echo Dotに比較して利用頻度は明らかに高くなりました。
    Amazon Echo Spotは非常に多機能になっていますので是非試してみてくださいね。




  • iPhone7 画面割れを格安修理する方法。 LCD REPAIR 液晶交換

    iPhone7マットブラックですが、ちょっとした不注意で液晶パネルを割ってしまいました。
    アップルケアにも未加入なので修理は高額になりそうな予感。そこで今回はDIYにて格安修理する方法を紹介したいと思います。

    iPhone7マットブラック 128GBモデル。
    艶消しのボディと艶ありのアップルマークを組み合わせたカラーリングがお気に入りです。

    無残にも割れてしまった液晶パネル。
    画面表示は正常で、タッチパネルも問題はありません。

    落下時に地面に直撃した部分は激しく割れています。
    それ以外は画面全体に亀裂が入っているものの大きく破損はしていません。さすがは化学強化ガラスですね。

    修理ということで、まずはiPhone7の電源をオフにします。

    左側の赤いフィルムが貼られたものは、今回交換用に購入したiPhone7用LCDパネルです。

    iPhoneシリーズの分解ではお馴染みの0.8星形ドライバーです。
    頻繁に利用される方は、金属製のしっかりしたものを利用すると安心ですね。

    まずは、Lightning端子両サイドのビスを外します。

    このように非常に小さなビスです。なくさないように注意しましょう。

    続いて液晶パネルの取り外し工具です。
    iPhone7では防水のためにシーリングされていますので、この手の工具は必須でしょう。

    本体下部側から吸盤で隙間を作り、樹脂工具で徐々に広げていきます。

    パカッと開きました。
    真ん中に見える黒いものは、本体と液晶パネルを接続するフレキシブルケーブルです。
    勢いよく開くと切断してしまう恐れがあるので、慎重に作業してくださいね。

    このように比較的短いフレキシブルケーブルです。
    これ以上開くと切れてしまいそう。。。

    というわけで、iPhone7はこのように横向けに開くの正解です。
    iPhone6s以前の機種とは若干ことなりますので、注意しましょう。

    本体と液晶パネルの接続部は2か所です。
    こちらは本体下側の接続部。液晶パネル、タッチパネル、指紋センサーが接続されています。

    こちらは本体上部側の接続部。
    フロントカメラ、近接センサ、スピーカーなどが接続されています。

    ちなみにiPhone7での大きな変化点は新種ビスの採用です。
    このようにY字型になったビスが使われていますので、従来の工具では太刀打ちできません。

    そこで今回はY0 0.6サイズのドライバーを用意しました。
    金属製でしっかりした作り。長持ちしそうな感じです♪

    まずは本体下部のフレキシブルケーブルを外します。
    ここにはY字ビスが使われているので、先ほどのドライバーを使って4本のビスを外します。

    ビスを外すと、プレートが外れました。
    続いてバッテリーからのコネクタを外しましょう。

    取り外したビスはこのように外した並びで配置しておくと、戻すときに長さを間違うことはありません。
    ちょっとした工夫でミスを防止するようにしましょう。

    バッテリーコネクタに続いて、液晶パネルと接続されているコネクタを外します。
    もちろん作業には安心安全な樹脂工具を使うようにしましょう。

    コネクタが外れました。
    ダスト防止用のガスケットも装備されており、信頼性には細心の注意を払って設計されているようですね。

    続いて本体上部側のコネクタを外します。
    こちらは通常のプラスドライバーでOK。

    ビスを2本外して、プレートを取り外しました。

    続いてカメラ等のコネクタを外していきます。

    以上の作業で、本体と液晶部分が分離しました。
    左から、iPhone7本体、割れた液晶、交換用液晶となります。

    本体側の周囲には両面テープが残っています。
    きれいに除去して新しい液晶パネルの装着に備えましょう。

    パーツクリーナーや綿棒などを併用して掃除することで、こんなにスッキリ。

    では、外した液晶パネルと交換用の液晶パネルを比較してみましょう。
    交換用の液晶にはフロントカメラやスピーカーなどの部品が装着されていません。移植作業が必要ですね。

    続いて、液晶下部側。
    こちらもTouchIDセンサーなどが装着されていないので、要移植です。

    では移植作業を進めていきましょう。
    まずは、iPhone7の顔ともいえる新型TouchIDセンサーから。
    ここもセキュリティの観点からか、Y字ビスが使用されています。
    専用ドライバーを使ってビスを外しましょう。

    ビス4本を外すことで、プレートが外れました。

    続いて液晶パネルとTouchIDセンサーを接続しているコネクタを外します。
    ここにもダスト防止用のガスケットが採用されています。

    液晶パネルとTouchIDセンサーの基板は両面テープで貼り付けされているので、破損させないように慎重に外しましょう。

    続いて画面上部側、フロントカメラやスピーカーを取り外します。
    ここは通常のビスが使用されています。

    ビスをすべて外しました。

    まずは固定用プレートを外します。
    このような金属には非磁性体ESDピンセットがぴったり。

    続いて通話用兼スピーカーを外します。
    なかなか強力なマグネットで音量を稼いでいるようですね。

    続いて、フロントカメラや近接センサーを含むフレキシブルケーブルを外しました。
    このときカメラレンズや各種センサーに触れないよう注意しましょう。

    そして交換用の液晶パネルに部品を装着していきます。
    今回購入したものはセンサーフレーム部品があらかじめ装着されていました。
    そうでない場合は、クリア色の樹脂パーツを事前に移植して接着しておきましょう。

    センサー類はガラスの窓に合わせて装着していきます。
    ここまで装着出来たら、スピーカーを乗せましょう。

    さらにスピーカーの上からフロントカメラモジュールを装着し、金属プレートで固定します。

     

     


    続いて、液晶パネル裏のシールドプレートを移植します。
    このプレートもY字ドライバーが必要です。

    無事にシールドプレートが外れました。

    新しい液晶パネルの保護フィルムをはがします。

    そして先ほど取り外したシールドプレートを装着します。
    液晶部の配線処理はこのような引き回しが正解です。

    続いてTouchIDセンサーを新しい液晶パネルの表側から挿入します。

    先ほどと逆の手順でビスを締めていけばOKです。

    ここまで作業出来たら、本体と液晶パネルを仮装着して動作テストを実施しましょう。

    電源をいれてみましょう。
    画面表示の正常性はもとより、タッチパネル動作を良くチェックしましょう。
    iPhone系のパネルでタッチパネル不良が多い場合、先ほどのシールドプレートの再装着で直ることも多いです。
    部品不良を疑うことも必要ですが、交換作業を見直してみることで直る場合もありますよ♪

    今回は正常に動作したので、金属プレートを装着して修理完了としましょう。
    まずは本体上部側の金属プレートを固定します。

    続いて本体下部側の金属プレートを固定します。
    最後に液晶パネルを閉じてLightingコネクタ両サイドの星形ビスを固定して完了です。

    最後に画面保護として、ガラスフィルムを貼り付けしておきました。
    これで少々の落下でも安心でしょう。

    いかがだったでしょうか?
    iPhone6やiPhone6sの修理をやったことがある方なら、比較的簡単に作業できるかと思います。
    Y字ビスが数多く使われているので、しっかりしたY字ドライバーを準備しておくと安心ですね♪