• タグ別アーカイブ: 更新
  • Windows10 1809アップデートを手動でインストールしてみた。

    いよいよ日本でもWindows10の1809アップデート、October2018Updateが配信されるようになりました。
    オンラインのPCは順次適用されていくようですが、スマホ連携など大幅な機能アップも魅力的ですよね。
    自動配信を待たずに、いち早く試したい。そんなときのインストール方法を紹介します。

    自信もニュースサイトで1809アップデートの配信を知り、WindowsUpdateをかけてみましたが、まだ1803の更新パッチが配信されているような状況でした。

    そこでMicrosoftのサイトから直接インストーラを起動してみましょう。
    まずは「https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10」にアクセス。

    Windows10のダウンロードというページが表示されたら、「今すぐアップデート」をクリックします。

    すると、「Windows10Upgrade9252.exe」というファイルがダウンロードされるので、実行しましょう。

    現在インストールされているWindowsバージョンと最新のバージョンが表示されます。
    このPCではバージョン1803が実行されています。最新のバージョンは1809です。と書かれていますね。
    「今すぐ更新」をクリックしてみましょう。

    CPU能力、メモリ容量、ディスク容量がチェックされ、インストール可否が判断されます。
    このPCは1809アップデートに適合していると判定されたので「次へ」をクリックします。

    するとインターネット回線を介して、インストーラがダウンロードされインストールが始まります。
    PCやディスクの速度にも依存しますが、数十分程度でインストールは完了するようです。

    無事にプレインストールが完了すると、再起動までの時間30:00という表示がされ、自動的にカウントダウンが始まります。
    ボーっと30分待つのも時間の無駄というわけで、「今すぐ再起動」をクリックしましょう。

    自動的に再起動が実施されます。
    この際、「サインアウトしようとしています。更新を完了するために、Windows10更新アシスタントによりデバイスが再起動されます。」というメッセージが表示されます。
    「閉じる」を押して十数秒待ちましょう。

    自動的に数回さ起動され、無事に1809アップデート適用済みのWindows10が起動しました。

    起動後は「Windows10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」というメッセージが表示されます。
    「終了」をクリックしてメッセージ画面を閉じましょう。

    念のために設定画面からWindowsバージョン情報をチェックしてみましょう。
    Windwosの仕様という欄で以下のようになっていました。
    エディション:Windows10 Pro
    バージョン:1809
    インストール日:2018/10/03
    OSビルド:17763.1

    続いて1809アップデート時に発生した不要なファイルを削除してHDD/SSDの整理をしておきましょう。
    今回はWindowsがインストールされているCドライブを右クリックして、プロパティを開きます。

    ディスクの容量は237GBで空き容量は159GBとなっています。
    「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

    つづいて「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

    「C:にどれくらいの空き領域を作成できるか計算しています。この処理には数分かかることがあります。」と表示され、クリーンアップで削除可能なファイル一覧が作成されます。しばらく待ちましょう。

    画面が切り替わったら、「以前のWindowsのインストール」という項目で23.2GBもの容量が確保できることが分かりました。
    「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

    「これらのファイルを完全に削除しますか?」と確認画面が表示されるので「ファイルの削除」をクリックします。

    つづいて、「以前のWindowsのインストールまたは一時インストールファイルをクリーンアップすると、コンピュータを以前のバージョンのWindowsに復元することはできなくなります。この操作を実行しますか?」と確認が表示されます。今回は「はい」をクリックして、容量を確保することとしましょう。

    すると「このコンピュータにある不要なファイルを整理しています」「クリーンアップ中:以前のWindowsのインストール」と表示され、ファイルが削除されるのでしばらく待機しましょう。

    しばらく待機するとファイルのクリーンアップが完了しました。
    先ほどは159GBだった空き領域が174GBになっています。
    159GB→174GBで単純に15GBもの容量を確保することが出来ました。

    このようにWindowsアップデートを実行した後にディスククリーンアップを実施することで、空き容量を確実に確保することが可能となります。
    特にWindowsタブレットなど、空き容量に不安のあるPCをお使いの場合はアップデートのたびにディスククリーンアップをすると良いでしょう☆


  • WindowsUpdate エラー対策。(Windows7/Xp 2016年版)

    以前、当ブログで「2015年でもWindowsXpをアップデートする方法という記事を掲載しましたが、アップデート出来ないという問い合わせが多いので、WindowsUpdate エラー対策をまとめてみました。

    2015年でもWindowsXpをアップデートする方法」の記事に従い作業したうえで、どうしてもダメな場合は以下の手順を試してみてくださいね。
    なお、ここに記載している方法はWindowsUpdate全般のトラブルを解消するための技になります。
    WindowsXp以外にもWindows7でも適用可能となっていますので、お困りの方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

     

    まずは見慣れたWindowsXpの画面。

    スタートをクリックして、ファイル名を指定して実行をクリックします。
    するとウィンドウが開くので、cmd と入力してOKをクリックします。

    XpUpdateFix01

    すると、黒い画面でコマンド入力の画面が開きますので、以下の順番に呪文を入力してエンターを押してください。
    XpUpdateFix02

    net stop wuauserv と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    自動更新サービスを停止中です。
    自動更新サービスは正常に停止されました。
    XpUpdateFix03
    net stop bits と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Background Intelligent Transfer Service サービスを停止中です。
    Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に停止されました。
    XpUpdateFix04
    net start bits と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Background Intelligent Transfer Service サービスを開始します。
    Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に開始されました。
    XpUpdateFix05
    net stop cryptsvc と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Cryptographic Services サービスを停止中です。
    Cryptographic Services サービスは正常に停止されました。
    XpUpdateFix06
    net start cryptsvc と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Cryptographic Services サービスを開始します。
    Cryptographic Services サービスは正常に開始されました。
    XpUpdateFix07
    net stop bits と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Background Intelligent Transfer Service サービスを停止中です。
    Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に停止されました。
    XpUpdateFix08
    net start bits と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    Background Intelligent Transfer Service サービスを開始します。
    Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に開始されました。
    XpUpdateFix09
    net start wuauserv と入力し、エンターを押すと以下のメッセージが表示されます。
    自動更新 サービスを開始します。
    自動更新 サービスは正常に開始されました。
    XpUpdateFix10
    wuauclt.exe /resetauthorization /detectnow と入力し、エンターを押すと完了です。
    XpUpdateFix11

    exit と入力し、エンターを押すとコマンド画面が終了します。
    たくさんの入力お疲れさまでした。

    この状態で「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押して、Windowsタスクマネージャを起動します。
    操作が成功すると、数分後にCPU使用率が増加します。
    この状態で放置しておくと、画面右下のタスクバーに黄色いWindowsUpdateアイコンが表示されました。
    XpUpdateFix12

    黄色いWindowsUpdateアイコンをクリックすると、自動更新の画面が開きインストールの内容が表示されました。
    XpUpdateFix13

    念のために、「カスタム インストール(詳細)」を選択して中身を確認してみました。
    内容を確認したら「インストール」をクリックすればOKです。XpUpdateFix14

    インストールがどんどん進行していきます。
    XpUpdateFix15

    いくつかのインストールに失敗することもありますが、再起動して再びWindowsUpdateアイコンをクリックして再開しましょう。
    XpUpdateFix16

    いかがだったでしょうか?
    この技はWindows7にも適用可能ですので、どうしてもWindowsUpdateがうまくいかない場合は是非試してくださいね。

    今回のコマンドは大量に入力する必要がありますので、面倒な方のためにバッチファイルを用意しました(^^

    WindowsUpdateFIX.zip」←ダウロードリンク①
    WindowsUpdateFIX.rar」←ダウロードリンク②

    上記ファイルをダウンロードして解凍すると、WindowsUpdateFIX.bat というファイルが出てきます。
    それをダブルクリックすると、先ほどのコマンドを自動実行してくれます。


  • 2017年でもWindowsXpをアップデートする方法

    (2018/01/08追記)

    Win10化でお困りの方はこちらをどうぞ!
    2018年でもWindows10に無料アップデートする方法。

    (2017/12/29追記)

    Win10化でお困りの方はこちらをどうぞ!
    Windows10無償アップグレードのエラー対策。

    WindowsXpといえば、2014年4月9日にアップデートなどのサポートが終了し、脆弱性の修正などが受けられない状態となっています。
    しかし、特定のソフトウェアやハードウェアを利用している環境などで、Windows7以降のOSに移行出来ない人も沢山いてるはず。

    Windows XP Embeddedと呼ばれるOSに見せかけることで、Microsoft純正のアップデートを受けれるようになります。
    というわけで、レジストリを少し触るだけでWindowsXpのアップデートが継続できる裏技を紹介したいと思います。

    やり方は簡単で、レジストリに以下の内容を追加するだけでOK.

    Windows Registry Editor Version 5.00
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\WPA\PosReady]
    “Installed”=dword:00000001

    実際の作業は以下のように行います。

    スタートをクリックして、ファイル名を指定して実行をクリックします。
    するとウィンドウが開くので、regedit と入力してOKをクリックします。

    xp_update_Enabled_00

    HolyGhost2

    このような画面でレジストリエディタが起動します。
    先ほど説明したレジストリを追加するだけでOKです(^^
    xp_update_Enabled_01

    (2017/05/04追記)

    レジストリエディタの画面から、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\WPA」という項目を探してください。
    次にWPAを右クリックして「新規」→「キー」を選ぶと新しいキーが追加されますので、名称を「PosReady」に変更します。
    「PosReady」を右クリックして、「新規」→「DWORD」を選ぶと新しい値が追加されますので、名称を「Installed」に変更します。
    最後に「Installed」をダブルクリックして、「10進数」を選択して値に数字で「1」を入力します。

     

    上記の方法が面倒だ、分からない、自信がない、と言った方のために、便利なファイルを準備しました♪
    xp_UpdateEnabled.zip」←ダウロードリンク①
    xp_UpdateEnabled.rar」←ダウロードリンク②

    上記ファイルをダウンロードして解凍すると、xp_UpdateEnabled.reg というファイルが出てきます。
    それをダブルクリックすると、以下の画面が表示されます。

    OKをクリックすると、上記で説明したレジストリ操作を自動的に適用してくれます。
    xp_update_Enabled_02

     

    レジストリ操作を行った後は、パソコンを再起動してしばらく待ってみましょう。
    すると、画面右下に黄色いアップデートアイコンが表示されました!!
    成功です!
    xp_update_Enabled_03

     

    アップデートをやってみました。
    今回は43個ものアップデートが表示されました。
    xp_update_Enabled_04

    順調に推移しています。
    あと少し♪
    xp_update_Enabled_05

    無事にエラーなく完了しました♪
    これでまだまだ安心して使うことが出来ますね!!

    xp_update_Enabled_06

    WindowsXpをどうしても使わなくてはいけないユーザーの方は是非お試しを!!

    ※2016/07/28追記
    2016年7月現在でもアップデート可能なことを確認できました(^^
    コメント欄への問い合わせでアップデートに失敗するという書き込みが多いため、
    一般的なWindowsUpdateエラー対策を以下のページにまとめてみました。
    WindowsUpdate エラー対策。(Windows7/Xp 2016年版)

    ※2017/05/04追記
    2017年5月現在でもアップデート可能な事を確認できました(^^
    旧タイトル(2015年でもWindowsXpをアップデートする方法)から変更しました♪